【2024年版】世界の製薬会社売上トップ25の売上ランキングの変化|伸びた会社、M&A、コロナの影響は?

最新の世界の売上ランキングと過去のランキングを比較して、どの会社が伸びたのか、日本の大手製薬会社がどの位置にいるのかを見てみたいのですが?

[このウェブサイトにはPRリンクが含まれています]

この記事からわかること

  • 2016年から2023年度までのグローバル大手製薬会社の売上とランキング
  • 過去8年間の世界の製薬業界の動き、順位をあげた会社、下げた会社がわかる
  • ランキングに大きな影響を及ぼしたM&A、コロナの影響は?

本記事では、世界の製薬会社売上ランキングトップ25の推移から、この8年間に製薬業界でなにが起きたのかを解説します。

大型M&A、画期的な新薬の上市、そして新型コロナウイルスのパンデミックなど順位に影響を及ぼす大きな出来事が多くありました。

世界では首位が入れ替わり、日本からは、武田薬品がこの期間に日本の製薬会社としてはじめてトップ10入りを果たしています。

2023年度の売上ランキングを新たに更新し、直近の8年間(2016年度から2023年度)の世界の製薬会社の売上とランキングから、この間に、製薬業界でなにが起きたのかを解説します。

世界の製薬会社売上ランキング:16年から23年度までの推移

社名2023年度2022年度2021年度20年順位19年順位18年順位17年順位16年順位
ロシュ672.7億ドル(1663.2億ドル(2)687.04億ドル(2)624.06億ドル(1)618.69億ドル(1)579.83億ドル(1)543.65億ドル(1)515.88億ドル(2)
米メルク601.2億ドル(2)592.8億ドル(3)487.4億ドル(6)479.94億ドル(3)468.4億ドル(4)422.94億ドル(4)401.22億ドル(4)398.07億ドル(4)
ファイザー585億ドル(3)1003.3億ドル(1)812.88億ドル(1)419.08億ドル(8)517.50億ドル(2)536.47億ドル(2)525.46億ドル(2)528.24億ドル(1)
ジョンソン&ジョンソン(医薬)547.6億ドル(4)525.6億ドル(5)520.8億ドル(4)455.73億ドル(5)421.98億ドル(6)407.34億ドル(6)362.56億ドル(7)334.64億ドル(7)
アッヴィ543.2億ドル(5)580.5億ドル(4)561.97億ドル(3)458.04億ドル(4)332.66億ドル(8)327.47億ドル(8)282.16億ドル(8)256.38億ドル(9)
サノフィ466億ドル(6)453.2億ドル(8)446.71億ドル(9)410.87億ドル(9)404.66億ドル(7)406.66億ドル(7)396.12億ドル(5)375.41億ドル(6)
アストラゼネカ458.1億ドル(7)443.5億ドル(9)374.17億ドル(10)266.17 億ドル(11)243.84 億ドル(11)220.9億ドル(13)224.65億ドル(12)230.02億ドル(10)
ノバルティス454.4億ドル(8)505.5億ドル(6)516.26億ドル(5)486.59億ドル(2)474.45億ドル(3)519億ドル(3)491.09億ドル(3)485.18億ドル(3) 
ブリストル・マイヤーズスクイブ450.1億ドル(9)461.6億ドル(7)463.85億ドル(8)440.59億ドル(7)261.45億ドル(10)225.61億ドル(11)207.76億ドル(14)194.27億ドル(14)
グラクソ・スミスクライン377.3億ドル(10)362.7億ドル(10)469.14億ドル(7)440.59億ドル(6)431.02億ドル(5)413億ドル(5)389.4億ドル(6)379.29億ドル(5)
イーライリリー341.2億ドル(11)285.4億ドル(12)283.18億ドル(12)345.40億ドル(14)223.2億ドル(14)245.56億ドル(9)228.71億ドル(10)212.22億ドル(13)
ノボノルディスク336.8億ドル(12)251.3億ドル(16)223.87億ドル(17)190.42億ドル(17)182.96億ドル(17) 167.75億ドル(18)167.54億ドル(17)167.67億ドル(17)
武田薬品工業298.5億ドル(13)322.2億ドル(11)321.21億ドル(11)287.80億ドル(10)302億ドル(9) 190.85億ドル(16)157.57億ドル(19) 159.35億ドル(18)
アムジェン281.9億ドル(14)263.2億ドル(14)259.79億ドル(14)255.24億ドル(12)233.62億ドル(12)237.47億ドル(10)228.49億ドル(11)229.91億ドル(11)
ベーリンガーインゲルハイム277.1億ドル(15)254.5億ドル(15)243.91億ドル(15)223.05億ドル(15)212.79億ドル(15)206.48億ドル(14)204.03億ドル(15)175.94億ドル(16)
ギリアド・サイエンシズ271.2億ドル(16)272.8億ドル(13)273.05億ドル(13)246.89億ドル(13)224.49億ドル(13)221.27億ドル(12)261.07億ドル(9)303.9億ドル(8)
バイエル(医薬)195.6億ドル(17)202.9億ドル(17)217.07億ドル(18)196.57億ドル(16)202.2億ドル(16)197.60億ドル(15)190.37億ドル(16) 182.26億ドル(15)
テバ158.5億ドル(18)149.3億ドル(21)158.78億ドル(21)166.59億ドル(18)168.87億ドル(18)188.54億ドル(17)223.85億ドル(13)219.03億ドル(12)
ヴィアトリス154.3億ドル(19)162.6億ドル(20)178.86億ドル(20)119.46億ドル(21)
大塚HD141.3億ドル(20)139億ドル(22)134.84億ドル(22)128.05億ドル(20)128.12億ドル(21)117.57億ドル(23)110.36億ドル(25)109.99億ドル(24)
CSL133.1億ドル(21)102.4億ドル(24)103.1億ドル(25)
リジェネロン131.2億ドル(22)
アステラス製薬112.3億ドル(23)121.5億ドル(23)116.65億ドル(23)112.46億ドル(22)119.36億ドル(22)118.87億ドル(22)115.73億ドル(24)120.67 億ドル(20)
第一三共112.1億ドル(24)102.3億ドル(25)
ビオンテック100億ドル未満182.5億ドル(19)224.49億ドル(16)
モデルナ100億ドル未満192.6億ドル(18)184.71億ドル(19)    
バイオジェン100億ドル未満101.7億ドル(26)109.82億ドル(24)134.45億ドル(19)143.78億ドル(20)134.53億ドル(21)122.74億ドル(22)114.49 億ドル(21)
アラガンアッヴィと合併  160.89億ドル(19)157.87億ドル(19)159.41億ドル(18)145.71億ドル(19)
セルジーン BMSと合併  152.81億ドル(20)130.03億ドル(21)112.29億ドル(22)
シャイアー   武田と合併 151.61億ドル(20)
マイラン合併してヴィアトリスへ115.01億ドル(23)114.34億ドル(24)119.08億ドル(23)110.77億ドル(23)
売上単位は億ドル。AnswersNewsの100億ドル以上の世界の製薬企業のランキング記事を抜粋、編集して纏めています。

多くのグローバルで売上ランキングに入っている会社は日本でも日本法人を設立、転職を考える人にとっても人気です。

製薬会社へ転職を希望する人の多くは、製薬業界で実績のある転職エージェント複数登録しています。とくに外資系の製薬会社には、英語に強い転職エージェントをやMRに特化した転職エージェントの活用が有効です。

アンサーズビズリーチJACリクルートメント
製薬業界特化
業界内の非公開多数
製薬業界の実績多数
スカウト型でハイクラスに強い
英語にも強い総合型
製薬業界での実績も多数
公式ページ公式ページ公式ページ

製薬業界につよいエージェント

2023年度世界の売上ランキング|ポストコロナでファイザー首位陥落

2023年度の製薬業界は、コロナ特需が終わりを告げ、各社の売上に大きな影響を与えました。特に、ファイザーは22年度の1000億ドル超えから585億ドルに減少し、3位に後退しました。

モデルナやビオンテックも100億ドルの売上を達成できず、今回のランキングでは掲載となりませんでした。

首位に返り咲いたロシュ、2位が米メルク

ロシュは首位に返り咲きました。新型コロナウイルス感染症治療薬「ロナプリーブ」の需要が減少したものの、眼科用VEGF/Ang-2阻害薬「バビースモ」や多発性硬化症治療薬「Ocrevus」といった新製品が好調で、672億7000万ドルを売り上げました。

2位には抗がん剤「キイトルーダ」を持つ米メルクが入りました。米メルクも新型コロナウイルス感染症治療薬「ラゲブリオ」の販売減の影響を受けましたが、全体としては601億2000万ドルの売上で2位にランキングを上げています。

急成長のノボノルディスク

特に注目すべきは、ノボノルディスクの急成長です。GLP-1受容体作動薬である糖尿病治療薬「オゼンピック」と同成分の肥満症治療薬「ウゴービ」の売上が伸び、336億ドル(前年は251億ドル)に成長しました。

この成長により、ノボノルディスクはランキングを16位から12位へと大きく上昇させました。

エバリュエートファーマのグローバルの製薬会社の売上の将来予測によれば、2028年には500億ドルに達し、ランキング10位以内に食い込むと予想されています。

2016年から21年までの5年間でランキングに及ぼした影響と変化と?

2017年から2020年度までロシュが首位をキープ

ロシュが、2017年から2020年まで首位をまもりました。

2017年に抗体医薬による抗がん剤で売上を伸ばし、前年首位のファイザーから首位を奪還した後、4年間に渡って首位をキープしました。

543億ドルの売上の2017年から毎年売上も伸ばし、2020年には、首位を譲ったものの2位の687億ドルの売上を出しています。ロシュは、5年間で売上ベースで26%の成長を果たしています。

2021年度、ファイザーが首位に返り咲き

2021年度、ファイザーが5年ぶりの首位に返り咲きました。実は前年には8位まで後退していました。

後退は、特許切れ薬のアップジョン事業部門を切り離し、米大手後発品メーカーのマイランと新会社「ヴィアトリス」を設立したことで前年から19.0%の売り上げが減少したことによります。

2017年度に首位を譲った後も、この年度以外はランキング2位を維持していました。

ファイザーの首位奪還を牽引したのは4兆円以上の売上を全世界で上げた新型コロナウイルスワクチン「コミナティ」。2021年度の9兆円の売上の約5割を新型コロナ関連が占めています。

なお、この「コミナティ」2021年度の売上高は368億ドル(約4.2兆円)でした。これは、9年連続でトップだった自己免疫疾患むけの「ヒュミラ」(320億ドル)を抜いています。

ファイザーが、この売上で得られた豊富な資金を活用し、トリリウム社、アリーナ社、バイオヘイブン社、グローバル・ブラッド社など積極的に買収戦略を展開しています。

順位を上げた企業、新たにトップ25へ登場した企業

トップ10を含めた上位の製薬会社の顔ぶれには大きな変化はありませんでした。

そのような中で順位を上げたのがアッヴィ(8位から3位)、BMS(14位から8位)、武田薬品(19位から11位)が挙げられます。これら3社は、買収によって順位を伸ばしたことでも共通しています。

この5年間で新たに、モデルナ、ビオンテック、CSL3社が100億ドル以上の売上規模を達成しています。これら3社はすべて新型コロナウイルスワクチンが売上に大きく貢献という点で共通しています。

21年度、モデルナは184億ドルで19位、ビオンテックは224億ドルで16位、CSLが103億ドルで25位に新たにランクインしています。

ランキング順位に影響を及ぼした大型のM&A

100億ドル以上の規模同士の会社がM&Aをした場合、ランキングへの影響は大きく、今回対象の5年間で以下の6社がM&Aにより合併しています。

武田薬品とシャイア

21年ランキング17年のランキング
武田薬品工業11位(+8)19位
シャイア20位

2017年度の売上で19位の武田薬品が20位のシャイア社が合併しています。2017年度の売上は、それぞれ、157億ドル、151億ドルでした。2021年度の武田薬品の売上が321億ドルで11位でした。

このことで、武田薬品は日本の製薬会社としてはじめて10位以内を2019年度と2020年度に2年連続で世界の製薬会社ランキングで果たしています。

アッヴィとアラガン

21年ランキング17年のランキング
アッヴィ3位(+5)8位
アラガン19位

2019年度の売上が160億ドルでランキング19位であったアラガン社をアッヴィが買収しています。この買収で、8位だったアッヴィは2020年度には4位まで順位を伸ばし、21年度には3位に躍進しています。

BMSとセルジーン

21年ランキング17年のランキング
ブリストル・マイヤーズスクイブ8位(+6)14位
セルジーン21位

BMSが、2018年度売上152億ドルだったセルジーンを買収。この買収後、BMSは、2年連続でトップ10入りを果たし、売上規模も450億ドルを超えています。

それぞれが約150億ドル前後の売上規模の製薬会社を買収。武田薬品は買収した際の両社の合算金額を21年に達成、アッヴィ、BMSは、ともに、21年には買収当時の両社の合算金額以上の売上を出しています。

新たな治療法

大型の医薬品の登場は、販売する製薬会社の売上に大きく貢献し、ランキングにも大きな影響を及ぼします。

10億ドル以上の売上の医薬品をブロックバスター医薬品と言いますが、現在は、100億ドル、日本円で1兆円をゆうに超える規模の売上を上げる製品があります

新たな治療薬や治療方法は、製薬会社の売上ランキングにも大きな影響をおよぼしています。

コロナ特需:新型コロナウイルスのワクチン、治療薬

この5年間の売上ランキング推移を見る際に、新型コロナウイルスの影響は無視できません。

この間に、mrna 治療とはワクチンが世界ではじめて承認され、その他のワクチンや治療薬も承認され、販売されました。まさに、コロナ特需のような現象が起きたことも特筆するべき期間であったことが言えます。

一方で、コロナ特需とも言え、ある期間のみに限定されるものであることも言えます。

がん免疫療法

がん領域においては、いくつかの画期的な治療薬が承認されています。オプジーボ、キイトルーダといったがん免疫療法が市場を席巻した5年間であったと言えます。

オプジーボの販売開始が2014年、キイトルーダが2016年、それ以降、単剤投与から併用投与、そして対象癌腫の拡大とがん治療に大きな変化を与えているがん免疫療法のポジションを更に確立した5年間でもあったと言えます。

CAR-T療法

ノバルティスが、2017年FDAから世界ではじめてCAR-T療法であるキムリアの承認を得ました。これは、遺伝子治療としてはじめてのFDAによる承認でした。

画期的な治療法に対しては、がん免疫療法でもそうであったように、キムリアの薬価も大きな話題となりましたが、キムリアの承認は遺伝子・細胞治療の大きな一歩で間違いないでしょう。

その後、CAR-T療法の開発はすすみ、BMSの「ブレヤンジ」、第一三共の「イエスカルタ」が承認に至っています。

アンサーズビズリーチJACリクルートメント
製薬業界特化
業界内の非公開多数
製薬業界の実績多数
スカウト型でハイクラスに強い
英語にも強い総合型
製薬業界での実績も多数
公式ページ公式ページ公式ページ

売上ランキング推移からみた世界の製薬業界の8年間のまとめ

世界の製薬業界を過去5年間の世界の製薬会社売上ランキングの動向からどのような起きたのかを解説しました。

2017年から2020年までロシュが首位を維持していましたが、2021年にファイザーが首位に返り咲きました。これはファイザーの新型コロナワクチンの影響が大きいもののファイザーは製薬会社としてはじめて800億ドル超えを記録しています。

ランキングの中に、新たに上位25社に登場したモデルナ社、ビオンテック社もコロナ関連での大きな売上の伸びが影響をしています。まさにコロナ特需であったと言えます。

ランキングの変動に影響を与えた要因で忘れてはならないのが、大規模なM&Aです。武田薬品とシャイア、アッヴィとアラガン、BMSとセルジーンなどトップ25にランクインしている製薬会社の合併は順位に大きな影響を及ぼています。

ランキングに影響を及ぼす要素として、新たな治療法があります。特需とも言える新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の需要が急増し、その特需がランキングに反映されました。

新たな画期的な治療薬として、がん免疫療法やCAR-T療法なども大きな注目を集めた期間とも言えます。

世界の製薬業界を過去5年間の世界の製薬会社売上ランキングの動向からどのような起きたのかを解説しました。

2017年から2020年までロシュが首位を維持していましたが、2021年にファイザーが首位に返り咲きました。これはファイザーの新型コロナワクチンの影響が大きいもののファイザーは製薬会社としてはじめて800億ドル超えを記録しています。

ランキングの中に、新たに上位25社に登場したモデルナ社、ビオンテック社もコロナ関連での大きな売上の伸びが影響をしています。まさにコロナ特需であったと言えます。

ランキングの変動に影響を与えた要因で忘れてはならないのが、大規模なM&Aです。武田薬品とシャイア、アッヴィとアラガン、BMSとセルジーンなどトップ25にランクインしている製薬会社の合併は順位に大きな影響を及ぼています。

ランキングに影響を及ぼす要素として、新たな治療法があります。特需とも言える新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の需要が急増し、その特需がランキングに反映されました。

新たな画期的な治療薬として、がん免疫療法やCAR-T療法なども大きな注目を集めた期間とも言えます。

  1. ADAで注目は肥満症治療薬、ライセンス契約ニュース、米メルクの肺炎…

  2. リリー社ドナネマブ承認へ近づく、ファイザー社DMD、アッヴィ抗TL1A…

  3. 【全130社製薬会社年収ランキング】外資系、バイオテック、国内製薬…

  4. 【2024年版】これから伸びる製薬会社は?ノボとイーライリリーが肥…

  5. 製薬業界【薬剤師の資格】を活かすおすすめ転職エージェント5選|…

  6. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  7. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  8. 製薬業界で転職を考えたらするべき「5つの準備」とは?基本的なセ…

  9. アンサーズってどうなの?求人数やサポート、製薬特化の転職エージ…

  10. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  1. 製薬・医薬品業界のおすすめ転職エージェント一覧|成功する転職の…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. 【キャリアアップの近道】TOEICスコア800点以上を目指す人に「役に…

  4. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  5. TOEICで高スコア目指すおすすめ「英語スクール」5選|製薬業界キャ…

  6. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  7. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  8. 【2023年版】米国で特許切れの大型医薬品ランキングTOP10|ヒュミラ…

  9. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  10. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  8. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー
【Insights4 Pharma】ランキング・データで見る製薬業界発行の「無料メルマガ」ご利用ください
無料メルマガ登録はこちら
メルマガ登録はこちら