【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つの効果とは?

多くのビジネスパーソンにとっての課題である英語学習。いま、新しい英語学習のメソッドとして注目されているのが「英語コーチング」です。

効果的な英語学習の方法ですが、比較的新しいこともあり「怪しい」ですとか、英会話スクールに比べるとかなり「高い」といった声を聞きます。今日は、「英語コーチング」のメリットとデメリット、英語コーチングを活用することで得られる5つの効果に関して徹底的に解説します

英語コーチングとはどのようなサービスなのかを理解して頂き、そのことで得られる効果をしっかりと把握できます。

このような声を聞きます。

■ もっと実践的な英語を短期間でに身につけたい
■ 自分の弱みの「リスニング」「スピーキング」を強くしたい
■ 独習はモチベーションが上がらない。習慣化出来ない

「本気」で英語力をもっと強くしたいというビジネスパーソンむけに、最近注目の英語学習「英語コーチング」に関して解説します。

「英語コーチング」とは?

英語コーチングとは、受講生に専属コーチが付いて英語学習をサポートしてくれる学習方法です

決められた時間に英会話のレッスンをする英会話スクールとは異なります。

以下のようなサービスがあります。

■ 英語学習の目標を設定
■ 目標を達成するためのカリキュラム作成
■ 受講生の弱点や課題の発見
■ 弱点克服のための最適な学習方法提案
モチベーションと進捗管理

専属コーチは英語指導のプロフェッショナルであり、受講生一人ひとりの適切な学習をサポートします。しっかりと学習することで、短期間で英語力を着実に伸ばすことを目的としている英語学習方法が英語コーチングです。

なお、具体的なサポート内容は提供する個人もしくはスクールによって変わりますので、活用する場合はしっかりとサービス内容を確認してから活用しましょう。

英語コーチングを活用するメリット

明確な目標と詳細な学習計画

明確な学習目標の設定は極めて重要です。これは英語コーチングにおいても同じく当てはまります

受講生それぞれが異なる目標やニーズを持つため、コーチングプログラムでは受講生に合わせた目標を設定します。

たとえば、転職やキャリアアップを目指す受講生が、3ヶ月でTOEICのスコアを800点を達成したい場合、コーチは800点を達成するための具体的な学習プランを立案します

目標の明確な設定にそって、学習内容だけでなく、1日あたりどれだけの自己学習時間が必要かなど、細部にわたる学習計画も立て、受講者をサポートします。

答えがみつかる環境で学習

英語コーチングでは、「答えがみつかる環境」を提供します。

英語学習においては、質問や課題に対して回答を得ることが重要です。独習のみや通常の英会話スクールでは英語コーチングと同等の学習効果は期待できません。

なぜなら、英語コーチングにおいては、経験豊富な英語コーチが質問に対して対話形式で即座に回答、学習効果を高めます

例えば、英語の発音やイントネーションは自分でも気が付かない改善ポイントですが、コーチが改善方法をリアルタイムで提供してくれます。

英語学習のプロフェッショナルであるコーチが、受講生の疑問や改善点に対してリアルタイムで回答を提供、英語学習の効果を高めることができます。

英語学習に集中できる

英語コーチングの英語学習に集中できる環境を提供する点をメリットとして挙げます。

受講生は、設定した目標を達成するために、英語学習に多くの時間を割かねばなりません。宿題、自習も含まれ、学習に集中する時間や期間をしっかりと確保することが必要で、結構たいへんです。

英語コーチングでは、半ば強制的に英語学習に集中する環境を提供します。

独学だけではモチベーションを保ちながら学習を続けることが難しいため、集中して英語学習できる環境は、英語コーチングの独自のメリットとして挙げられます。

本気の英語学習「英語コーチング」活用で得られる5つの効果

1.弱点をみつけ「つよみ」にする

英語学習として弱点を把握して、その弱点を強化することが、総合的な英語力を高めるために効果的です。

なぜなら、多くの人は自分の弱点を直視せず、苦手だからといって学習を怠りがちだからです。これでは、弱点の克服はできません。

例えば、多くのビジネスパーソンにとって「リスニング」と「スピーキング」は弱点です。

強みに変えるには多くの学習時間と効果的な学習方法が必要です。英語コーチングでは容赦なく弱点を指摘する一方で、効果的な隔週方法を提供します。

自分の弱点を直視することが「こわい」ものですが、英語コーチングによって、弱点を直視、克服することで、自身にも繋がり、総合的にも英語力を高めることができる効果が期待できます

2.学習の習慣化

多くの人は、英語学習に一度もしくは二度以上挫折しています。英語学習を継続する「習慣化」は非常に難しいと言えます。毎日の業務で多忙なビジネスパーソンにとってそのような英語学習を習慣化、時間を作るハードルは非常に高いと言えます。

英語コーチングを活用することで、英語学習の習慣化という効果が期待できます

例えば、業務以外にも仕事上や付き合いや、友人との飲み会は非常に都合の良い「エクスキューズ」です

短期間でも集中的にゴールを目指す英語コーチングでは、日々の課題や自習をしないと目標達成が遠のいてしまいます

英語コーチングを活用して目標を目指している期間は、そのようないいわけは使えない可能性があります

コーチが進捗や計画を管理し、脱落を防いでくれる英語コーチングを活用することで、英語学習の「習慣化」を効果として期待できます。

3.学習の方法がわかる

英語コーチングでは、英語学習方法を把握することができるため、自己流で学習していた人でも効果的な学習方法を身につけることができます

なぜなら、英語コーチングでは、英語学習に取り組む人の目的や目標、レベル、苦手分野を専属のコーチが把握した上で、個人にあった学習カリキュラムを作成する学習支援サービスが含まれます

自習も含めて一定期間集中して英語学習をすることで、英語コーチング中はもちろん、コーチング期間が終わったあとも、課題やカリキュラムを自ら作成して実践するなど、英語学習を把握できます。

いままで、自己流で学習していた人でも効果的な学習方法を身につけるという効果が期待できます

4.ゴール達成

英語コーチングでのゴール達成は決して安易なものではありません。しかしながら、英語コーチングにおいて、英語学習のゴールを設定することはとても重要です。

なぜなら、設定した英語学習のゴールは、受講者にとってキャリアアップをはじめとした次のステップにとって重要なものであることが多いからです。

例えば、海外赴任のために必要なTOEICのスコアを期日までに達成するというゴールは、達成することにより、受講者の今後のキャリアを大きく広げるものとなります。

このようなゴール設定と達成したときに得られるものは達成感のみならず、受講者にとって大きなステップアップにつなげることができる効果が期待できます。

英語学習のゴールは、TOEICのスコアであったり、今後控えている海外企業との商談であったり、海外駐在の日程であったり一人一人異なりますが、ゴールを達成の効果は受講者にとって大きな財産となります。

5. 英語力を活かした転職に有利

英語を向上することで、英語力を活かした転職に高い効果が期待できます。

なぜなら、英語力を必要としている企業や求人は非常に多く、条件交渉でも英語力が高い人は有利に交渉できます。

例えば、国際的な企業や職場では、英語力の高い人材を優先的に配置する傾向が高いことが言えます。高い英語力を持つ候補者は国際的な職場へのアクセスが容易です

英語力を高めることは、転職によってキャリアアップや英語を活用する必要がある職場や環境へのステップアップにとってとても効果的な方法と言えます。

英語コーチングのメリットだけではなくデメリットも把握したい

英語コーチングのメリットや効果はわかりましたが、英語コーチングは、まだ新しい英語学習方法でもあり、怪しいイメージもあるので、デメリットもしっかりと把握した上での活用をしましょう。

料金が高い

英語コーチングが英会話スクールと比較して、価格が高いことがあげられます

料金が高いのは、個別のコーチのアドバイスやカウンセリング、日々の要望への対応など「コーチング」に対する費用と言えますが、英会話スクールに比べるとはるかに高いことはデメリットと言えます。

では、効果が期待できるもののやはり料金がかかってしまう「海外への留学」と比較するとどうでしょうか?

海外語学留学も、短期だと1-2週間ですが、6ヶ月から1年という期間、英語学習に費やします。社会人の中には、休暇、求職、場合によっては会社を辞めて語学留学をする人もいます

費用的には、渡航先や語学学校にもよりますが、渡航費や滞在費、授業料等を含めるとだいたい200万円から400万円かかります

海外語学留学と比較した場合、「英語コーチング」は、時間的、費用的な負担は少ないようです。また、会社を辞めずにしっかりと英語学習をすることが出来ます。

高い料金と時間は、自分へ投資ですので、無駄にしないようにしっかりと英語学習に集中して、目標を達成することが大切です

コンスタントに1-3時間毎日学習する必要がある

コーチングにおける英語学習は、学習計画にそったレッスンに加え自習をすることが求められます

自習の課題の確認はコーチが行うケースが多いので、サボることはあまり許されません

英語コーチングで英語学習を始めるということは、英語力の強化のための日々の積み重ねをすることであり、普段の生活を大きく変えなければならずかなりの負担が強いられます

3から6ヶ月間の英語学習に費やす負担は増えるのは確実ですが、今後の長いキャリアなどを踏まえ、この期間で英語学習の方法学び、習慣化、目標を達成し英語力を強化する機会にしてはいかがでしょうか?

英語コーチングを使うべき人とは?

英語コーチングは比較的新しい英語学習のスキルで、主にビジネスパーソンの人が活用している場合が多いようですが、かなりのコミットメントと費用と時間がかかります。そのような中で、英語コーチングを活用する受けるべき人は、どのような人でしょうか

1. 英語力を短期間で向上させたいと考えている人
2. グローバルなビジネスに携わっている人
3. 英語力を活かした転職を目指している人

1. 英語力を短期間で向上させたいと考えている人

目標や達成したい日が明確に決まっていて、短期間で英語力を確実に向上させたい人には英語コーチングがおすすめです。

なぜなら、独力での英語学習は挫折のリスクもあること、英会話スクールでは自分のゴールを達成するための英語学習方法とは異なる可能性があるからです。

例えば、海外への留学、TOEICなどの試験対策をしている人は、ゴールがより明確にせっていされています。独学での英語学習も有効ですが、より確実に目標を達成したい場合には、英語コーチングのメリットを最大限活用することで、求めている英語力まで短期間で向上させることが出来ます。

2. グローバルなビジネスに携わっている人

英語コーチングは、英語学習を効果的かつ効率的に進めたいグローバルなビジネス関連のプロフェッショナルにとっておすすめです。

なぜなら、個別指導を受けることで、その人のニーズに合わせた英語スキル向上が実現できます。

グローバルなビジネスにすでに携わっている人は、英語をビジネスで常に活用する環境にいます。しかしながら、仕事だけで英語を活用していても、英語上達には限界があります。同じような言い回しや、業界でよく使われている単語には詳しいことなどから、あるレベルまで向上するとそこからレベルアップは難しくなります

そのような人は、新たに目標を決めて短期間、英語コーチングを実践することで、飛躍的に英語力が伸びる可能性があります

すでに、グローバルなビジネスの環境にいる人にとっても、英語コーチングはおすすめです。

3. 英語力を活かした転職を目指している人

英語力を活かしてさらなるキャリアアップとして転職を目指している人も、英語コーチングの活用がオススメです。

業界、業種を問わず、転職市場において英語力は条件アップの「武器」となります。なぜなら、英語をつかう仕事は増えている一方で、高い英語力をもつ人材がまだまだ少ないことが言えます。また、英語力があるものの、まったく英語を活用しない部署に配属されている人も中にはいます。

例えば、製薬業界のMRが英語力を向上させ、グローバルでの医薬品の開発や販売を担当する部門へ転職を果たした実例があります。英語力を活かした転職の成功事例の一つです。

MRは医師とコミュニケーションをとる仕事ですが、国際的な業務を担当するには、英語力が必要です。英語力を向上することで、グローバルでの医薬品開発を担当するポジションに転職、グローバルなチームメンバーと仕事をしています。

英語力の向上は、キャリアの新たな可能性を開き、国際的な仕事をする機会を提供します。

このように、英語力を強みにすることで、新たな仕事や転職にも有利になることもあり、英語力強化で転職を有利に進めたい人には英語コーチングがおすすめです

4.英語コーチングの英語力向上が役に立つ業種は?

英語コーチングで集中して英語力を高める人は、すでに英語を活用する仕事やこれから転職で英語を活かす仕事を目指すビジネスパーソンが多いと思います。

会社内の業務にもよりますが、実践的で高い英語力は、以下のような会社では需要が高く、英語力向上の効果を効率よく仕事で活かせる機会が多いでしょう。

これらの業界にすでにいる人、今後転職を通じて挑戦する人にとっては、英語学習で高めた英語力を効果的に活用できるので、英語コーチングも一つの学習方法としておすすめです。

■ 総合商社(総合職): 総合商社は国際的な取引やビジネスに関与し、世界中のクライアントとのコミュニケーションが頻繁に発生します。高いビジネス英語力は、国際的な業務での成功に貢献できます

■ 製薬会社: 製薬会社は医薬品の開発、業務提携、海外市場への進出などで急速にグローバル化が進んでいます。また、論文や海外の情報を頻繁に英語で扱うため、多くの部門で高い英語力が求められます。より実践的な英語力を見つけることは、業界内でのキャリアアップに有効です。製薬業界に特化して英語力に関する記事を紹介します。

※ 製薬業界のキャリアアップに英語力を活かすには?
製薬業界のキャリアアップと転職に有効な7つの英語学習方法【完全ガイド】
【必見】製薬業界のキャリアアップに英語力は必要なのか?
製薬業界で英語力を活かす転職の手順!

メーカー(国際業務): 国際市場での製品販売と取引には英語が必要です。国際業務の向上、効果的なコミュニケーションには高い英語力には常に需要があります。

通訳・翻訳: 通訳や翻訳業界では高い言語スキルが必要です。TOEICの高いスコアをはじめ高い英語力による翻訳や通訳の能力を示すことは、信頼性を高めるのに必須です。

旅行関連会社: 旅行業界では、観光客とのコミュニケーションが重要です。TOEICの高スコア以上に、実践的な英語力が必要です。英語コーチングは、効果的な実践的な英語力を身につけることに役立ちます。

外資系会社: 外資系企業では、英語がビジネスの共通言語として使用されたり、自分の上司がネイティブの外国人であることが普通にあります。海外の拠点との会議、出張も多いので高い英語力は、すなわち自分のキャリアの一部と言えます。高い英語力は、外資系企業でのキャリアアップの機会を広げます

英語力を高めることは、これらの業種での成功に寄与し、国際的なビジネス環境での競争力を高めます。英語スキルが高いと、グローバルなキャリアの機会が広がり、国際的な経験を積むことができます

英語コーチングは、ビジネスパーソンにとって、英語力を高めるための最も効果が期待される英語学習の一つです。英語力を高めて、上記のような業界でキャリアアップを目指す人にはオススメの学習方法の一つです

英語コーチングの選び方

英語コーチングでは、専任のコーチが、個人の目標にあった学習計画を提案、その計画に沿って英語学習を進めます。通常3ヶ月から6ヶ月という短期間で目標の英語力のアップを目指しますが、英会話スクールに比べると高額で、宿題なども含め英語学習に多くの時間が割かれます

英語コーチングを活用する際は、メリットとデメリットをしっかりと踏まえ、最良の選択をする必要があります

いくつか、英語コーチングを選ぶ際のポイントがあるので解説します。

まずは、無料の体験レッスンや無料カウンセリングを活用して比較する

「英語コーチングスクール」を決める際は、複数のスクールの無料レッスンもしくは無料カンセリングを受けることをおすすめします

多くの英語コーチングスクールでは、無料での体験やカウンセリングを提供していますので、いきなりの申し込みをするのではなく、何社かを比較検討して、自分にピッタリの英語コーチングを選択することが大切です。

マンツーマンとグループ形式

英語コーチングには、「マンツーマン」と「グループコーチング」の2つがあるので自分にあったスタイルを選択しましょう。それぞれ、以下のようなメリットがあります。

※ マンツーマン形式
■ 自分の学習目的や弱点に合わせて、学習プランや授業の内容をカスタマイズできます。
■ コーチがひとりの受講者に焦点を当て、効果的な指導を行います。
■ 個別指導のため、学習者は自分のペースで確実に英語を話す機会が得られます。
■ スピーキングスキルを向上できます。

※ グループ形式
■ グループでの英語のアウトプットに慣れることができる
■ リアルなコミュニケーションスキルを向上させます。
■ 勉強仲間と出会える
■ 仲間とモチベーションを高めることができます。

英語学習の進捗やニーズに合った最適な方法を選びましょう。

オンラインか、対面か?

英語コーチングは、オンライン形式のみ、対面のみ、オンラインと対面両方に対応しています。自分に合った形式を選びましょう。

オンライン授業は、受講する時間と場所を比較的自由に選べるため、自分にとって有効に時間を使うことができます。また、かならずしもスクールがある都市に住んでいる必要がないこともメリットとしてあります。

対面形式は、コーチと直接接することができます。オンラインに比べると決まった時間に指定場所へ赴く必要がありますが、その方が学習のメリハリが付き、継続しやすいと思う人もいます

受講生の好みにもよりますが、オンラインと対面のミックスなどのオプションも中にはあります。目標を達成するためにどの方法が良いのか、無料の体験などを通じて選択することがおすすめです。

自分の目標にそった学習教材、カリキュラムか?

英語コーチングの学習教材やカリキュラムはスクールによって大きく異なります。したがって、しっかりと情報を収集し、比較した上で納得のいく英語コーチングを選ぶことが重要です。

英語コーチングの選択は、学習の成果や効果に大きな影響を与える要因の一つです。

各スクールが提供する教材、授業内容、指導方法などは異なりますので、自身の学習スタイルや目標に合致するプログラムを見つけるために比較検討が欠かせません。

また、スクールの評判やコーチの資格、経験も考慮に値します。それにより、効果的な学習を実現できる英語コーチングを選びましょう

英語力を向上して、キャリアアップ、転職をめざすビジネスパーソン向けに、おすすめの英語コーチングスクールは、別の記事「ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリアアップ、転職に英語力向上」で更に詳しく解説しています。

英語コーチングでよくある質問

英語コーチングは、怪しいとの評価があり不安です。

英語学習に英語コーチングを検討している中でそのような評価は気になると思います。怪しいとの評価ですが、その理由はいくつかあります

サービス内容が理解されていないから: 比較的新しい学習方法であるため、一部の人々にはサービス内容が不明確であると感じられることがあります
英会話スクールに比べて高額だから: 高額な学習費用が一部の人々にとってハードルとなり、怪しいとの評判が生まれることがあります。
効果を数値化しにくい: 英語学習の効果は一般的に数値化しにくいため、学習者自身が成果を実感しにくいことがあります。そのため、信頼性に疑念を抱くことがあるでしょう。

そのほか、自分にあったコーチングサービスを選んでいない、ネガティブな口コミの拡散、コーチの質などがあります。

英語コーチングの選び方にもありましたが、じっくりと情報を収集、比較して、無料のカウンセリングや無料体験期間などをうまく利用して、納得のいく英語コーチングサービスを選ぶことが大切です

英語コーチングスクールの実績がわかる公的なソースはありますか?

厚生労働省の公式サイトで、コーチングスクールの実績を確認することができます。これは、厚生労働省が、英語コーチングを含む英語学習の講座に対して、給付制度を設けているからです

そのため、厚生労働省は、申請が合った英語コーチングの講座に関して、実績や効果を調べ、給付金の対象になるかどうかの審査をしています。

このように国の公式のサイトでも英語コーチングの実績を知ることが可能です。

給付制度では、英語コーチングの費用をどのくらい負担してくれるのですか?

給付制度を活用するには、条件を満たす必要がありますが、厚生労働大臣が指定する対象講座を受講、修了後にハローワークに申請することで、実際に支払った受講費の20%(最大10万円)が国から支給されます

ビジネスパーソンのスキル、キャリアアップを支援する公的制度なので、英語コーチングを活用する人はぜひ活用をしましょう。英語コーチングを受講する際には、この制度を利用できるスクールを選ぶことがおすすめです

英語を活かした転職をしたいのですが、英語コーチングは有効ですか?

英語コーチングは、英語力を向上させるための効果的な方法の一つです。転職活動においても有効です

英語力が高い人材は、グローバルな視野を持ち、海外展開する企業からも注目されているからです。

ただし、英語コーチングによって英語力が向上するためには、継続的な取り組みが必要です。さらに、転職活動においては、英語力だけでなく、職務経験やスキルなども重要なポイントとなります

英語コーチングを転職やキャリアアップに活用したい人は、自分自身の目的や目標を明確にし、それに合った方法で取り組み目標を達成することが大切です

とにかく、英語力を短期間で確実に伸ばしたい方に

まずは、とにかく短期間で、確実に、そして挫折せずに製薬業界で必要なレベルまでの英語力をつけたいと思っている方に3つ「英語コーチング」をおすすめします。
私も内容を見ましたが、とにかくこの3つはどれも結果に結びつく英語コーチングです。

※ 【好みがあります】まずは無料のカウンセリングから始めることをおすすめします。
「ライザップENGLISH」
「結果にコミット」のライザップの英語コーチング。英語を英語のまま理解する「英語脳」に鍛える
「スタディサプリパーソナルコーチプラン」
あのリクルートの「スタディサプリ」がコーチングをはじめた
「レアジョブのスマートメソッド」
全く異次元の英会話学習体験。とにかく4ヶ月間が英会話漬けの毎日に

英語コーチングのメリットとデメリット、そして効果のまとめ

英語コーチングを活用するメリットと得られる5つの効果をデメリットも含めて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

英語コーチングは、個別指導やカスタマイズされた学習アプローチを通じて英語スキルを向上させるプログラムです。

メリットとして、学習者に具体的な目標を設定し、それに向けた計画を立てる手助けをします。これにより、学習方針が明確化され、進捗が可視化されます。英語コーチングの環境は質問に対する答えが得られる場所です。コーチは疑問点や課題に対処し、学習者が深い理解を得るのを支援します。

英語コーチングは学習者に焦点を当て、学習環境を最適化します。この方法は他の日常生活のストレスから学習者を解放し、英語に集中できるようにします。

英語コーチングを本気で活用することで得られる5つの効果に関して解説しました。

コーチは学習者の弱点を特定し、それらを強みに変える方法を提供します。個別指導により、スキルを向上させるのに役立ちます。英語コーチングは学習の習慣化をサポートし、一貫した学習の継続を促進します。これにより、英語力の向上が確実になります。

英語コーチングによって、受講者は最適な学習方法をまなびます。正しい学習アプローチを採用することで、学習効率が向上します。そして、英語コーチングは目標達成に焦点を当てます。学習者は自身の目標に向けて進捗し、成功を実現できます。

英語コーチングを受けた経験は、転職活動において有利に働きます。高い英語スキルは多くの業種で求められ、競争力を高めます。

一方、英語コーチングのデメリットも考慮する必要があります。

英語コーチングは個別指導を提供するため、通常、他の学習方法に比べて高い費用がかかります。また、コンスタントに1-3時間毎日学習する必要があります。英語コーチングを有効に活用するには、毎日の継続的な学習が必要です。一貫性を保つことが課題となるかもしれません。

英語力を短期間で向上させたいと考えている人や、グローバルなビジネスに携わっている人、そして、英語力を活かした転職を目指している人にとっては英語コーチングは高い効果が得られる英語学習の一つです。

最後に、英語コーチングを選ぶ際には、無料の体験レッスンや無料カウンセリングを利用して適切なプログラムを比較し、自分の目標や学習スタイルに合った選択を行いましょう。英語コーチングを活用、ゴールの達成は、英語力を向上させ、キャリアアップにも貢献します。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 製薬業界で転職を考えたらするべき「5つの準備」とは?基本的なセ…

  2. アンサーズってどうなの?求人数やサポート、製薬特化の転職エージ…

  3. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  4. 【MR職】の転職につよい転職エージェントおすすめ比較ランキング|…

  5. 製薬業界【特化型】転職エージェントおすすめ比較ランキング|選び…

  6. 製薬会社どこがいい?製薬業界130社の年収を徹底調査|失敗しない転…

  7. 【1分で完了】「MR Biz」転職サービスのはじめ方|登録の手順を3ス…

  8. MR Bizの「採用開始アラート」がオススメの理由6つと使い方解説【…

  9. 【ビズメイツ】評判と口コミ|社会人の英語学習におすすめの3つの…

  10. 海外医薬品ニュースおすすめランキングトップ3|英語で読む製薬ニ…

  1. 転職前に読んでおきたい製薬会社の「職種と仕事内容」徹底解説|各…

  2. 製薬業界の転職トレンドを活用する方法を解説|転職トレンドに影響…

  3. 製薬・医薬品業界のおすすめ転職エージェント一覧|成功する転職の…

  4. 【キャリアアップの近道】TOEICスコア800点以上を目指す人に「役に…

  5. 【必読】転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に…

  6. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  7. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  8. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  3. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  4. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  5. 転職前に読んでおきたい製薬会社の「職種と仕事内容」徹底解説|各…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 【必読】転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に…

  8. 製薬業界の転職トレンドを活用する方法を解説|転職トレンドに影響…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー