製薬業界の英語学習方法おすすめ7つ|成功する転職に高い英語力を活かす完全ガイド

このような人におすすめ

  • 英語力を高める効果的な学習方法をしりたい
  • 製薬業界のキャリアアップに繋がる英語力は?
  • ビジネスに実践的な英語学習の手順とは?

製薬業界のグローバル化は今後も進む中で、英語の必要性はますます高まっています。

製薬業界で使える実践的な英語力を高めて、転職でも有利にできるような英語学習とその手順を解説。キャリアップに使える「英語学習のガイドと手順」としてご活用ください。

製薬業界で求められる英語力とは?

製薬業界では、英語における「読む」「書く」「話す」「聴く」すべてのスキルにおいて実践的で高い英語力が求められます。

製薬業界では、あらゆる業務で英語を使う機会が多く、英語力がある人材を必要としています

例えば、研究部門開発部門では、全世界の関連する文献や論文、最新情報を常に把握することが重要な業務の一つになりますので、高い英語の読解力に加え、スピードが求められます

事業開発やライセンス部門では、海外のオフィスの事業や人材の管理を担当、海外の製薬企業と直接交渉しするので、英語でプレゼン、管理、交渉ができる英語力が必要です。

国内のMR職だから英語力は比較的低くても大丈夫という声もあります。しかしながら、海外業務に携わる多くはMR出身です。MRとして培った能力やスキルを他部門で活用したいと経営層は思っています。

このように高い英語力は製薬業界で重要であることがわかります。

TOEICはキャリアアップや転職に役に立つ?

英語力を活かしてキャリアアップをするにはTOEICの高スコアは必須です。

なぜなら、英語力の評価という点で、TOEICのスコアは英語力の客観的な指標となるからです。海外駐在勤務する人材には目安となるTOEICのスコアを設定している会社もあります。

英語力がある人にとってはTOEICは効果的に英語力を示すことができる手段です。

TOEICで高いスコアをとっておくことは、英語を活用できる部門への配属や転職の際に有利です

英語力を転職で活かすには最低TOEIC800点ほしい

製薬会社が求めているTOECのスコアはどのくらい必要なのでしょうか?

採用要項などでは、700-730点が目安の様に設定されているようですが、英語力をアピールして転職によってキャリアップをするには最低でも800点は必要です。

開発部門や事業開発部門のように、海外との取引や英語での情報交換が常に求められる部門には800点以上のスコアを持つ人がたくさんいるので800点を超えていてもひときわ目立つということはないです

英語力を「武器」として転職でキャリアップをするには最低でも800点を取ってからが良いでしょう。

なお、すでに英語力が高い人は、「参考書を用いて独習」と「TOEIC対策コースのあるスクール」を活用して、確実に高いレベルのスコアを取得しましょう。

TOEICスコアが絶対ではない?

一方で、TOEICが英語力やその人の業務能力を証明する絶対的なスコアではないことは、製薬会社の人たちは認識をしています

高い英語力をビジネスに生かせるかがもっと重要ですが、TOEICの高スコアは製薬会社で働くための「入り口」としては確かです。TOEICでの高いスコアは持っておくことはとても重要ですが、英語力に関してはより実践的なスキルや実力をつけることが大切です。

TOEICの高スコアも、実践的な英語力がない場合、ごまかしは製薬会社内では効きません。英語を活かしてキャリアアップを継続的に続けるには、やはり実践的な英語力と継続的な英語学習が大切です。

なお、製薬業界で高い英語力を活用することのメリットに関しては、以下の記事で更に詳しく解説しています。

エンワールド・ジャパンビズリーチJACリクルートメント
外資系の転職につよい
製薬業界での実績多数
製薬業界の実績多数
スカウト型でハイクラスに強い
英語にも強い総合型
製薬業界での実績も多数
公式ページ公式ページ公式ページ

実践的な英語力を身につける

製薬会社のキャリアップにつなげるには、総合的で実践的な英語学習が必要です

まず、「リスニング力」とを鍛えることが重要です。英語の会話を聞き取ることができなければ、コミュニケーションが取れません。

次に、「スピーキング力」です。ビジネスシーンで使われる表現やフレーズを覚えて、会話をスムーズに進めることも大切です。

英語で「書く力」を鍛えることも重要です。ビジネスメールやプレゼン資料などを英語で作成する際には、正しい文法や表現を使えるようになることが求められます。

最後に、最適な学習方法をみつけて英語学習を継続することです。自分にとって最適な学習方法をみつけて、挫折せずに英語学習を継続することが大事です。

以上のように、リスニング、スピーキング、ライティングのすべてをバランスよく鍛えることに加えて、最適な学習方法を継続することが、実践的なビジネス英語を身につけるために必要なポイントとなります。

学習方法1. 目標を設定する

英語学習の目標を設定することで、具体的に学習するための目標が明確になります。

例えば、TOEICの目標スコアを設定することで、そのスコアに必要な英語力や知識、スキルなどが明確になり、効率的に学習することができます。

目標スコアを設定することで、モチベーションを維持することができます。目標を設定することで、自分自身に向けたチャレンジを設定することができ、達成感を得られることでモチベーションを維持することができます。

ただし、目標スコアを設定する際には、自分自身の英語力や時間的な余裕などを考慮する必要があります。目標スコアが高すぎると、達成が難しくモチベーションが下がる可能性があります。逆に、目標スコアが低すぎると、学習意欲が湧かなくなる可能性があります。挫折しては意味がありません。

学習方法2. まとまった時間や期間をつくる

英語の学習には、継続的な取り組みにより習慣化が重要ですが、時間のないビジネスパーソンが効率的に英語力を向上させるには、まとまった期間を集中的に学習に費やすことで、学習効果が高まり、習得するまでの時間が短縮されます。

特に、英語のリスニングやスピーキングにおいては、集中的なトレーニングが効果的です

英語に慣れ親しむことで、自然なリズムやイントネーションを身につけ、発音や聴き取り能力を向上させることができます。集中的な学習は、英語での思考力や表現力を高めることにもつながりますし、学習方法も把握できるので習慣化にも結びつくことも効果として期待できます。

仮に、ビジネスパーソンが毎日1-3時間英語学習を3ヶ月から6ヶ月継続することを考えるとかなりの負担です。

短期間で集中して英語学習を続ける効果は期待できますが、モチベーションを維持する工夫が必要です。

例えば、コーチが期間中伴走して、適切なコーチングと一緒に挫折を防いでくれるような「英語コーチング」も短期間集中で英語学習をするには1つの方法です。

学習方法3. 語彙力を増やす

基礎的な英語力がある人でも未知の単語や英熟語が出てくることで真っ白になってしまうことがあります。

日常やビジネスで使われる頻度の高い英単語や、業界独特の英単語を集中的に学習し、語彙力を増やすことは英語力への自信に繋がります。語彙力が増えると、辞書などを活用する時間も減りますので、業務のスピードも上がります。

語彙力を高めるための教材やアプリは数多くあります。

特にビジネスや業務に直結するような英単語を網羅している教材と、きずに続けることが出来る工夫や機能がついているアプリなどが効果的です。

学習方法4. ビジネスパーソンむけの英会話スクールを活用

多くの英会話スクールで、ビジネスパーソンむけのコースを用意しています。

ビジネスパーソン向けの英会話スクールを活用することは、英語学習において非常に効果的な方法の一つです。

ビジネスパーソン向けの英会話スクールは、ビジネスシーンで必要な英語表現やコミュニケーション能力を身につけることができるため、実践的な英語力を身につけることができます。

ビジネスパーソン向けの英会話スクールは、ビジネスマナーやプレゼンテーションの技術なども学ぶことができるため、ビジネスシーンでのコミュニケーション能力向上にもつながります。

英会話スクールでの学習は、ネイティブスピーカーの講師によるマンツーマンレッスンや、グループレッスンなど、様々な形式があります。TOEICのスコアアップを目的としたコースなどがあり、自分自身の目的やニーズに合わせて、適切なコースを選ぶことが大切です

英会話スクールのビジネス向けのコースを活用することで、実践的な英語力を身につけ、ビジネスシーンでのコミュニケーション能力向上につなげることができますし、これらの学習は、海外の取引先や同僚とのコミュニケーションにもすぐに役に立つ効果も期待できます。

おすすめ英会話スクールおすすめの理由タイトル
ベルリッツTOEIC対策講座もあり社会人におすすめ公式ページ
EFイングリッシュライブ世界最大級のオンライン英会話詳細を見る
mytutor(マイチューター)目標や弱点克服で短期間でのスコアアップをサポート。業界・職業別に特化したビジネス英語詳細を見る

学習方法5. 時事ネタ、製薬業界ネタを英語で

業界の情報を英語で集めるというのは自分の英語力と同時にビジネスに直結するより実務的な英語学習方法です。

自分が扱っている製品やその競合に関する英文報告書や論文、いま世界で話題となっている製薬関連の時事ニュースを英語で読む、英会話スクールや外国人の友人に製薬関連の詳しい人を見つけてビジネストークで英会話力を伸ばすことなど時事ネタや業界ネタに特化して英語学習も一石二鳥の学習方法と言えます

学習方法6. 英語学習アプリを活用

英語学習アプリは、自分自身のペースで学習することができるため便利な学習方法です。

忙しいビジネスパーソンに適しています。また、アプリ内での学習内容は、リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングなど、多様なスキルを総合的に学ぶことができます。

多くの英語学習アプリは、ゲーム感覚で学べるようなコンテンツが充実しているため、学習意欲を高めることができます。また、AIや機械学習を用いて、自分の学習スタイルに合わせた最適な学習プランを提供するアプリもあります。

英語学習アプリを利用する際には、自分自身の学習目標に合わせて、適切なアプリを選ぶことが大切です。

そして、アプリは実際の人間との会話やコンタクトが無い場合が多いのでアプリ内の学習だけでなく、学習後にはアプリで学んだ英語表現やフレーズを実際に使ってみることで、より実践的な英語力を身につけることができます。

学習方法7. 短期間で結果を得たい人は「英語コーチング」

「英語コーチング」とは、一人一人に合わせたカスタマイズされた学習プランを提供するため、自分自身に合った英語学習ができます

英語コーチングを受けることで、自分の英語力の強み・弱点を把握し、それに基づいた学習方法を提案してもらうことができます。さらに、コーチングの中で発音やアクセントなどの細かいポイントを修正することもできます。

英語コーチングは、個人指導であるため、ビジネスパーソンの多忙なスケジュールにも合わせられるのが魅力的です。

コーチとのコミュニケーションを通じて、自信を持って英語を使うことができるようになるため、コミュニケーション力の向上にも繋がります。

ただし、英語コーチングは、他の英語学習方法に比べて費用が高めになる場合があります。

また、英語コーチングによって英語力が伸びるかどうかは、自分自身の努力次第であることに留意する必要があります。慎重に選択するようにしましょう

英語コーチングは、比較的新しい英語学習方法です。メリット、デメリットも含めて、もっと詳しく【英語コーチング】メリットと得られる5つの効果とは?|デメリットも含め徹底解説で解説しています。

とにかく短期間で、確実に、そして挫折せずに製薬業界で必要なレベルまでの英語力をつけたいと思っている方には、英語コーチングがおすすめです。ほかのどの学習方法より、コストはかかりますが、「確実に短期間に」英語力アップすることが出来ます。

【好みがあります】まずは無料のカウンセリングから

製薬業界でキャリアップにつなげるための英語学習まとめ

製薬会社で求められている英語力とはどのくらいなのか、そのメリットと英語学習の方法についてまとめて解説しました。ほとんどの部門で英語の活用機会のある製薬会社では高い英語力が必須とも言えるくらい必要とされるスキルです。

客観的な英語力を示すTOEICなどでの高スコアはキャリアの機会を得るために役に立つものではあるものの、キャリアアップのためにはまずは入り口であり、TOEICでのスコアのみならず、より実践的な英語力が必要です。

製薬会社で働いている人は、全体的に基礎的な英語力があり、英語を読んだり、書いたりする英語力は全般的に高い中で、スピーキング、リスニングでは、他の業界同様に英語スキルの中では弱い部分でもあり、このようなスキルを伸ばすことで、より効果的に英語力を活用したキャリアアップにつながると言えます。

英語の学習方法に関してもにいくつか解説をしましたが、自分が求める英語力や部門や業務によって必要なスキルは異なることや、良質な教材を継続的に学習をすることが大切です。従来の本や教材に加えて、スマホの学習アプリや英語学習サービスの無料期間や無料コンサルテーションなどを活用し、自分が必要とする適切な学習方法を選ぶことが製薬会社で求められる英語力まで高めるためには必要です。

製薬業界むけのおすすめ英語学習に関する記事

人気の記事

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. 製薬業界で転職を考えたらするべき「5つの準備」とは?基本的なセ…

  4. アンサーズってどうなの?求人数やサポート、製薬特化の転職エージ…

  5. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  6. 【MR職】の転職につよい転職エージェントおすすめ比較ランキング|…

  7. 製薬業界【特化型】転職エージェントおすすめ比較ランキング|選び…

  8. 製薬会社どこがいい?製薬会社年収ランキング|外資系、バイオテッ…

  9. 【1分で完了】「MR Biz」転職サービスのはじめ方|登録の手順を3ス…

  10. MR Bizの「採用開始アラート」がオススメの理由6つと使い方解説【…

  1. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  2. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  3. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  4. 【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  5. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  6. 【キャリアアップの近道】TOEICスコア800点以上を目指す人に「役に…

  7. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  8. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  9. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  10. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  8. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー