【必見】製薬業界で高い英語力が必要な10の理由|キャリアや転職で活かすメリット解説

製薬会社で英語が役に立つ10の理由|英語力はキャリアアップと転職に必要?

[このページにはPRリンクが含まれています]

このような方におすすめ

  • 英語学習に本気で力を入れようか迷っている?
  • 英語を活かしたキャリアップで具体的な目標を立てたい
  • 過去の英語学習では挫折、今度はしたくない

グローバル化が進む製薬業界では、高い英語力がますます求められるようになっています。

製薬業界のキャリアアップで求められる英語力は、「読む」「聴く」「話す」すべてのスキルで高いレベルが求められます。

この記事では、製薬業界で高い英語力を持つことでビジネス上で得られる10のメリットを解説します。

キャリアアップに直結した英語学習のメリットは、モチベーションの維持向上と今後の英語学習の計画の目標を明確に立てることができます。

英語を活かすなら英語に強いエージェント

製薬業界で高い英語力をキャリアアップに繋げるメリット

メリット1.転職で有利となるため

高い英語力はビジネスにおける1つのスキルセットであり、製薬業界の失敗しない転職で有利となります。

製薬業界は、人材市場が競争が激しく、転職市場でも高い英語力に需要があります。

企業は、英語力を活かした業務やプロジェクトに、転職で得られた人材を配置、さらなるビジネスの機会拡大をめざせます。

転職を希望する人は、高い英語力を強くアピールすることで、より魅力的で幅広い転職機会に恵まれる可能性を高められます。

メリット2.海外勤務や国際業務に就ける

海外勤務や国際業務に従事する際には、高い英語力が不可欠。英語は基本的なスキルとして見なされ、業務のための手段として活用されます。

業務には英語が必須のため、企業は、英語力の高い人材を優先的に配置したいと考えます。

英語力が高いほど、海外勤務、国際業務に携わる機会が増えます。

今すぐに、もしくは将来、海外勤務や国際業務に就きたい人にとって、英語力を向上させることで希望する職種に近づくための手段として有効です。

メリット3.「今からも遅くない!」英語は学習で伸ばせるスキル

英語は特別な学問ではなく、継続して正しい英語学習をすることで伸ばすことが出来るスキルセットです。今からでも遅くは決してありません。

製薬業界のキャリアアップにこれから英語を活用したい人は、TOEICの高スコアを目指すのが効率が良いです。TOEICで高スコアを得ることで、新たに英語を使う仕事に就ける可能性が広がります

製薬企業は英語を活用できる従業員を重要視、研修や教育プログラムを提供することがあるので積極的に活用することもできます。

継続的な英語学習を通じて英語力を向上した人は、積極的に英語力が向上したことをアピールしましょう。新たな業務で英語を使う仕事につける可能性が広がります。

英語学習、なにからすればよいのか

メリット4.昇進、昇給の可能性につながる

製薬業界で高い英語力を活用することで、社内での昇進や昇給の可能性が高まります。

英語を活用できる人材を外部から採用よりも、現在の社内の人材を活用し、外部への流出も防ぎたいと考えています。

社内の人材の英語力を高め、専門知識と結びつけることで、企業は英語を活用できる価値ある人材としてのあなたを評価し、昇進や昇給の機会を提供します。

メリット5.上司、同僚、部下が外国人でも安心

最近の製薬業界では、突然上司や部下が外国人になることは普通に起きます。

その際に、しっかしとした高い英語力があることで、効果的なチーム協力が可能となり、業務を円滑に、プロジェクトの成功に導けます。

日本語が使えない従業員にとって、英語を使える日本人の同僚や上司へは相談もしやすく、彼らにとって安心感を持って仕事へ対応できます。

メリット6.取引先との英語でのコミュニケーション

取引先との英語でのコミュニケーションは、国際的なビジネス環境で頻繁にあります。高い英語力は双方にとっても大きなメリットです。

取引先との関係強化に英語が役に立ちます。

高い英語力を活用して取引先とのコミュニケーションは、ビジネスの成功を最大化するために不可欠なスキルであり、キャリアアップに繋がりる大きなメリットといえます。

取引先は、円滑なコミュニケーションにより更に深い関係の構築を求めます。

国際業務に就いているビジネスパーソンにとって、高い英語力は求めれられるスキルのみならず、ビジネスを更に成功するために重要と言えます。

今の英語力に満足していないビジネスパーソンにとって限られた時間での英語力の向上は大きな課題です。そのような人が活用しているのが短期集中で設定ゴールを達成する「英語コーチング」があります。

別記事で、英語コーチングとはなにか?メリットとデメリットを解説していますの。

高い?きつい? 英語コーチングのメリット・デメリットまとめています

メリット7.国際的な場での講演、プレゼンテーション、発表の機会

国際的な場での講演、プレゼンは、専門知識を国際的なプロフェッショナルと共有出来る機会です。直接のコミュニケーションできる英語力は大きなメリットです。

他国からの専門家との強いつながりと信頼を作り、今後の共同研究、プロジェクト、ビジネス機会を創出する可能性を高めます。

世界のプロフェッショナルとのコミュニケーションを取り、深い関係構築に、高い英語力が役に立ちます。

メリット8.客観的な英語力レベルを示せるメリット

ネイティブレベルでもない限り、高い英語力を示すことは難しいと思われがちですが、英語力は、客観的な専門性、能力を示す事ができる有効な手段です。

TOEIC、英検、IELTS、TOEFLでのスコアや等級は、客観性が非常に高いものです。英語力を客観的に評価する試験や資格は、英語力のレベルを客観的に示し、差別化を図ることが可能です。

学位や論文など専門性や知識同様、英語力も有益な専門スキルです。TOEICをはじめ高スコアや高い資格をキャリアアップに有効活用できます。

英語力がある方、英語学習を通じて英語力をアップした方は客観的な英語力を示すためにTOEICがとても便利です。TOEICで800点以上の実力がある人は、面倒でも一度スコアを取っておくことをおすすめします。

英語力がある方もTOEIC受験前には、参考書で学習することで確実にスコアを上げられます。以下、おすすめの参考書をまとめました。

800点以上を目指す方むけのおすすめ参考書まとめました

メリット9.研究論文、文献は英語が必須

最後のメリットとして、高い英語力を使えることは研究論文、文献を読む際、作成する際のメリットと言えます。

英語は国際的な学術コミュニケーションの共通言語であり、英語で書かれた論文や文献は世界中の研究者や専門家に広くアクセス可能です。これにより、自身の研究成果を国際的に発表し、他の研究にアクセスする機会が増えます。

多くの分野で最新の研究成果は英語で発表されます。英語で文献を読むことで、最新の知識やトレンドに迅速にアクセスし、自身の研究に活かすことができます。

英語を活用することは、研究者や専門家としての成功に不可欠なスキルであり、国際的なアクセスや協力の機会を提供します。

メリット10:世界の製薬・医薬品業界の情報へのアクセス

英語力が高い人材は、グローバル市場に関する情報へのアクセスも高くない業務上での大きなメリットが期待できます。

英語力が高いことで得られるグローバル市場情報

  • 世界の競合、パートナー企業の最新ニュースや情報
  • グローバルでの業界トレンド情報の把握
  • グローバル市場の調査レポートやデータベースの情報
  • 海外の市場アナリスト、戦略コンサルタントへのアクセス
  • 研究論文や学術誌の情報活用
  • 学会、コンファレンスへの参加

製薬業界で英語力が高い人材は、日本のみならずグローバル市場という視点の情報や知見を活用し、キャリアの幅を積極的に広げることが可能です。

自分自身のキャリアの可能性を大きく広げ、価値を高めるために英語力は非常に有効なスキルと言えます。資格としてのスコアアップのみならず、中長期的なメリットも踏まえ、継続的な英語学習、英語習得はキャリアアップに大きなメリットを提供します。

製薬業界研究にランキング記事をまとめました

社会人のキャリアアップに便利な英語を活かすには?

キャリアアップにはTOEICの高スコアが便利

製薬業界でキャリアアップを目指すためには、まずはTOEICで高スコアを目指すことが便利です。高得点によって、新たな業務や部署でのキャリアアップに繋げられます。

製薬業界のキャリアアップにTOEICが便利な理由

  • 評価の客観性と世界での認知度
  • 800点からがキャリアップの入り口
  • 英語学習で効果的にTOEICで高得点

英語学習で挫折しないためには目標を持つことが大切。TOEICでの高スコアは目標としてはとても便利です。

TOEICは世界でも英語力を客観的に評価する試験として認知度が高く、TOEICのスコアアップを目的としたコースが有る英語スクールTOEIC対策の教材、スマホの空き時間にも便利に使えるアプリなど多数あり、これらを活用し、効率よく高得点を目指すことが出来ます

なお、製薬業界で転職や海外勤務などを目指す場合はTOEICで800点以上を目指してください。

TOEICは、総合的な英語力を評価する試験ではありますが、TOEICの高スコアが必ずしも実践的な英語力に比例するわけではないので、高スコア取得後も継続的な英語学習は大切です

効果的な高得点にTOEIC専門コースのある英語スクール

ビジネス英語をスクールで継続的に学習

効果的にビジネス英語をしっかりと学習するために、多くの人がビジネス英語につよい英語スクールを活用しています。

独習では挫折しそう、目標を立てて達成のためにがんばるパートナー的なものがほしいなど英語スクールは、ビジネス英語の取得と継続を強くサポートしてくれます。

社会人むけの英語スクールには、いくつか種類があります。明確な目標があり、目標達成の日時が決まっている場合、そして英語学習にコミットできる時間と予算がある場合は英語コーチングがおすすめです。

かなりの勉強量と宿題がありますが、伴走してくれるコーチが挫折を防ぎ、目標達成のサポートをしてくれます。以下の記事でおすすめの英語コーチングスクールを解説しています。

英語力を転職で活かすには英語に強い転職エージェント

高い英語力を自分のキャリアアップにつなげる究極の選択が「転職」です。

転職によって、自分の希望する職種や会社に就いたり、給与の大幅なアップをしたりする可能性がありますが、高い英語力は自分の価値を高める武器となります。

客観的な英語力を示すためにTOEICが有効ですが、英語を活かした転職では800点以上のスコアを準備しましょう。

しかしながら、失敗しない転職にはTOEICの高スコアだけではだめです。英語につよい転職エージェントを正しく活用することがとても大切です。

英語につよい転職エージェントを使う理由

  • 英語を使う求人が多い
  • 製薬業界での実績
  • 英語レベルを適切に把握

英語を使う人材を求める企業は、英語力の高い求職者を多く持つエージェントに相談をします。そのため、英語に強い転職エージェントには、英語を活用する仕事の求人が多数集まっています。

英語に強い転職エージェントは多数ありますが、製薬業界でも実績がある転職エージェントを活用することがとても重要です。

英語にも製薬業界にもつよく、英語を活かした転職エージェントの活用方法は以下の記事で詳しく解説しています。

\ 英語を活かした転職。迷ったらこの3社 /

アンサーズJACリクルートメントロバートウォルターズ
製薬業界特化
業界内の非公開多数
英語にも強い総合型
製薬業界での実績も多数
英語を活かした転職に
製薬特化のチームが担当
詳細を見る詳細を見る詳細を見る

まとめ:継続的で総合的な英語力でキャリアアップ

製薬業界では、高い英語力を持つことで、英語を使用する業務や職責が与えられ大きなキャリアップのきっかけになります。

製薬業界のキャリアアップや転職で失敗しないためにも英語力の強化は非常に有効であると言えます。また、英語力がある人は、転職に活用できる転職エージェントの幅も広がり、英語力を全面にだして転職の手順もことなります。

新しいキャリアによって、更にネットワークの拡大、ビジネスでの経験やスキルから製薬業界におけるさらなるキャリアアップに繋げることが出来ます。

英語はつよい武器ですが、英語に加えて確かなビジネススキルの向上もキャリアの成功には不可欠です。

高い英語力のメリットとして、TOEICでの高スコアでの昇進や昇給、究極の選択として転職と述べましたが、キャリアにとって高い英語力は一つの手段に過ぎません。

英語を手段だけではなく、総合的、実践的に当たり前にビジネスにおいて活用できるようになることが、会社や自分自身、強いては製薬、医薬品業界のメリットなるのではないでしょうか?

そのきっかけとして「高い英語力」があると思います。

製薬業界のビジネスパーソンの方々は日々忙しい毎日を過ごしている中で、自分にあった英語学習を考えていると思います。

この記事が、英語学習から得られるメリットをしっかりと把握していただき、自身の目標設定や計画に活用、挫折のない英語学習につなげていただけましたら嬉しいです。

  1. アンサーズの「採用開始アラート」がオススメの理由6つと使い方解…

  2. 【アンサーズ】が製薬業界の転職におすすめの理由3つ|口コミと評…

  3. 2028年の世界の製薬会社売上ランキング|これから伸びる製薬会社は…

  4. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  5. IQVIAの医薬品市場統計の国内売上ランキングトップ10でみる国内の本…

  6. ロバート・ウォルターズが製薬業界の転職におすすめの理由3つ|登…

  7. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキングでわ…

  8. 国内販促会社ベースの売上ランキング比較でわかった日本市場で本当…

  9. 世界の売上ランキングトップ5の大手製薬会社の主力製品と日本での…

  10. モランダが製薬業界の転職におすすめの理由3つ|登録の手順と評価…

  1. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  2. 製薬・医薬品業界の転職で実績のある転職エージェント一覧【タイプ…

  3. 製薬業界の転職トレンドを活用する方法を解説|転職トレンドに影響…

  4. 【必見】製薬業界の転職はじめ方10の手順と注意するべきポイント…

  5. 転職前に読んでおきたい製薬会社の「職種と仕事内容」徹底解説|各…

  6. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  7. 【必読】製薬業界の転職で使うべき転職エージェント「5つのタイプ…

  8. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順!転職エージェント複数登録4…

  9. 【キャリアアップの近道】TOEICスコア800点以上を目指す人に「役に…

  10. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキングでわ…

  2. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  3. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  4. 【必見】製薬業界の転職はじめ方10の手順と注意するべきポイント…

  5. 転職前に読んでおきたい製薬会社の「職種と仕事内容」徹底解説|各…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順!転職エージェント複数登録4…

  7. 【必読】製薬業界の転職で使うべき転職エージェント「5つのタイプ…

  8. 製薬業界の転職トレンドを活用する方法を解説|転職トレンドに影響…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
転職サイトはdoda
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー