製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない転職エージェント活用4つのポイント

■ 英語に強い転職エージェント、たくさんあるが製薬業界の転職で選ぶべきエージェントは?
■ 転職エージェントの複数登録の手順と掛け合わせはどうすれば効果が高い?
■ 英語に強い転職エージェントを複数活用する際の手順は?

製薬業界で英語を活かした仕事に就きたいと希望する人がたくさんいますが、「確実に」英語を使う仕事への転職は、正しく転職エージェントを活用することが大切です。

せっかく英語力が高く、製薬業界での専門性や経験があっても適切に転職エージェントを使わないと、転職で失敗してしまいます。

製薬業界は高い専門性とスキル、そして経験が求められる業界では、「英語につよい転職エージェント」を正しく掛け合わせた「複数登録」がオススメです。

この記事では、「英語力」を活用した転職を製薬業界で希望する人向けに、転職エージェントをどのように掛け合わせる「複数登録」が良いのか、その方法と手順を詳細に解説します。

この記事を読むことで、英語力を活かして製薬業界でのキャリアアップを転職で目指す人が、正しく転職エージェントを活用、迷わずにエージェントを選択することができます。

英語に強い転職エージェントと製薬特化複数登録がおすすめ

製薬業界で英語を活かした転職で転職エージェントを活用する際には、「製薬業界」と「英語力」を活かした転職という2つの側面をしっかりとおさえることが成功のためには大切です。

そのために、「業界特化型」を軸として、「英語に強い転職エージェント」を合わせて複数登録をすることがオススメです。実は、英語に強い転職エージェントもそれぞれタイプがあるので、どのようにエージェントを複数掛け合わせをするかがカギになります

※ 英語を活かした製薬業界の転職で成功する3つのポイント
■ 業界特化型を「軸」にする
■ 英語に強いエージェントのタイプをしっかりと把握
■ 自分の英語力、希望、強みを活かした掛け合わせを見つける

この記事では英語を活かす転職のための転職エージェントの「複数登録」のメリットや方法に関して解説をします。

なお、製薬業界で「はじめて」転職活動をするという人や、これから転職活動をする人向けに、転職からの入社までの手順や、どくどくのコツも把握することが重要です。はじめての転職の方向けに5つのコツを以下の記事でまとめています。

なお、英語学習、なにから始めていいのかわからない方には「【英語学習完全ガイド】製薬業界でキャリアアップを目指す7つの方法徹底解説」を参考にしてください。

>> 製薬・医薬品業界の転職で失敗しないための5つコツとは?

手順1:まずは自分の英語力を確認する

製薬会社で英語を活かした転職をしたい場合、まずは自分の英語力の確認をしましょう。英語力に自信があっても客観的な証明は難しいため、英語力がある人でもTOEICなどのスコアを準備しておくことを強くオススメします。

製薬業界では、TOEIC800点が英語力を活用したキャリアップにとってはスタートラインです。これから英語学習で英語力を鍛えたいと思っている方はまずは800点を目指してください。

TOEIC900点以上の高スコアですと未経験でも希望の部門への移動や転職などの機会が広がります。

もし、この記事を読んでいる人で、英語力はあるもののこれからテスト対策をする人は、「独学で参考書」が安価で時間も管理しつつ準備が出来るのでオススメです。一方で、英語力を高めるために集中してTOEIC対策、英語学習をしたい方には「英語コーチング」がオススメです。

関連記事:【必見】製薬業界のキャリアアップに英語力は必要なのか?高い英語力のメリットと学習方法のまとめ
関連記事:【英語コーチング】メリットと得られる5つの効果とは?|デメリットも含め徹底解説

手順2:「業界特化型」転職エージェントに登録。「軸」にする

製薬業界で英語を活かした転職で成功するために転職エージェントを活用する場合も、まずは「製薬業界特化」のエージェントを「軸」にすることをオススメします。

製薬業界は、独特の専門性や高いスキルが求められる製薬業界のため、転職エージェントやキャリアコンサルタントが専門性に対応できる経験とスキルが必要です。そのため、業界の深いところまで食い込んでいる特化型のエージェントからの情報やアドバイスにまずは触れることが有効です。

※ 製薬業界特化の転職エージェントを「軸」にする理由
■ 製薬業界の専門性と求められるスキルに対応できる
■ 業界内での求人数と非公開情報へのアクセス
■ 特化型でも英語を活用した転職サポートに力をいれはじめている

製薬業界特化の転職エージェントは決して多くはありませんが、製薬業界特化の転職エージェントを「軸」として1つは登録することで安心して転職活動ができます。

その中でも、「アンサーズ」の無料転職サービスがオススメです。アンサーズでは、英文の履歴書や職務経歴書の添削など英語力を活かすための転職サポートに力を入れています。

【製薬業界の転職|複数登録の「軸」にオススメは「アンサーズ」】

詳細は公式ページで

関連記事:製薬業界の転職で「軸」として「アンサーズ」を使う3つの理由と複数登録の方法を徹底解説

手順3:「英語に強い」転職エージェントへ登録l4つのポイントで選ぶ

製薬業界の職種や業種は多様化が進んでおり、英語力を活かした仕事も数多くあります。また、求職者の希望やスキルも幅広いです。そのため、自分の希望やスキルに合わせて、それに対応できる「英語に強い転職エージェント」を選択することが重要です。

実は、転職エージェントもそれぞれ特徴を持ちます。そのため、英語に強い転職エージェントの特徴やタイプを把握、自分にとって最適な転職エージェントを選択することが成功への鍵です。

※ 製薬業界で英語を活かす転職エージェント選択の4つのポイント
■ 英語に強く「製薬業界」でも高い実績のある転職エージェントを選択
■ 英語に強く「総合型の強み」をもつ転職エージェントを選択
■ 英語に強く「外資系」に強い転職エージェントを選択
■ 英語に強く「ハイクラス」に強い転職エージェントを選択

それでは、求職者の英語力、希望やスキルによってどのタイプが適切なのか、それぞれのタイプを説明しつつ、活用方法のポイントを解説します。

英語を活かした転職で、製薬特化の転職エージェントとの併用登録には「JACリクルートメント」がオススメです。

JACリクルートメントは、ネイティブのキャリアコンサルタントを多数有し、英語を活かした転職に強いのみならず、20年以上前から製薬業界専門のチームが製薬業界の転職をサポート、更には5年連続で「ハイクラス」転職でNo.1と評価されています。

製薬業界で転職エージェントとして活用されるタイプのすべての要素をもつ「JACリクルートメント」は、英語を活かした転職では登録先としてオススメします。

【英語にも強く製薬業界の実績も多数|「JACリクルートメント」】

詳細は公式ページで

関連記事:JACリクルートメントを製薬業界の転職に活用する3つのメリット|英語力も活かしたハイクラス転職

1.英語に強く「製薬業界」でも高い実績のある転職エージェント

製薬業界は、他業種からの流入が比較的少なく、会社数も他業種に比べると限られていることから「製薬業界」に特化し「英語にも強い」転職エージェントはあまり多くありませんでした。

しかしながら、最近は、大手の転職エージェントをはじめ専門の部門やキャリアコンサルタントを配置する転職エージェントが増えています。

その理由としては、他業種からの流入が少しずつながら増えていることや、製薬業界の事業としての安定性や成長性、ITやデジタルをはじめとした業種の多様性などがあげられますが、英語力を活かした国際性もその一つと言えます。

このことから、規模に関わらず多くの転職エージェントが、英語と製薬業界に強いチームや人材を抱える傾向は高くなっています。

実績は登録の際に確認する

現在は、口コミサイトなどで登録を検討している転職エージェントが製薬業界の転職に実績があるかどうか、英語力を活かした求人情報があるかどうかの確認ができますが、登録時にしっかりと直接確認をすることが大切です。

特に、担当となるキャリアコンサルタントの製薬業界での経験や実績の有無は自分の転職が成功するかどうかに関わる重要な要素です。

どんな人が活用するべき?

では、英語に強く、かつ製薬業界でも実績がある転職エージェントはどのような人が活用するべきでしょうか?

■ 英語力に強い自信と製薬業界の仕事で実績がある人
■ キャリアコンサルタントがネイティブでもコンサルタントの実績を確認できる人
■ はっきりと製薬業界で進みたい方向性ややりたい業務が決まっている人

製薬業界だけに特化して、英語にも強い転職エージェントは決して多くありません。大切なことは、そのエージェントの実績を自分自身で確認することです。

エージェントが双方に強いとサイト上では言っているものの、担当となったキャリアコンサルタントの経験が少なく、製薬業界専門としては仕事を開始したばかりというケースもあります。しかしながら、英語に強く、製薬業界の知識が高い場合には、転職エージェントして求職者の大きな力になります。

また、自分のやりたいことが明確な人も、製薬業界、英語に強い転職エージェントの活用はとても有用です。

登録することで、非公開求人情報を紹介してくれます。そのため、登録時や登録後の面談の際には、自分で目指すキャリア像や職種はしっかりと伝えましょう。効果的に自分の目指す求人に繋がる可能性が高くなります。

「英語に強く」製薬業界でも高い実績のある転職エージェント

以下の転職エージェントは、私の聞き取り、口コミ、ウエブサイトなどを通じて製薬業界でもしっかりと実績があり、かつ英語にも強い転職エージェントです。ご紹介いたします。

※ 「英語に強く」製薬業界でも高い実績のある転職エージェント
JACリクルートメントネイティブで製薬業界に強いキャリアコンサルタントを有します。年数、実績ともにある
ロバート・ウォルターズ製薬業界むけのチームを有し、ネイティブのキャリアコンサルタントが多数在籍します
APEX KK:創設時より製薬業界へフォーカス。ほぼ全員がネイティブのキャリアコンサルタント

以上、英語と製薬業界、両方に強い転職エージェントを活用するべき人のプロファイルと活用時の注意点、オススメの転職エージェントをご紹介いたしました。

自分のキャリアの方向性と転職エージェントの持っている強みが合致した場合、とても力強いパートナーとなり得ます。

2.英語に強く「総合型の強み」を持つ転職エージェント

総合型の転職エージェントの強みは圧倒的な求人数であり、活用している企業の数の多さです。英語力が高い人材への需要は高く、確実に採用まで繋げたいと考える企業は、大手の転職エージェントを活用しています。

大手の転職エージェントの求人も「英語力を活かせる求人」を多く持っています。

「英語力」と「英語を使う仕事」への転職希望を伝える

総合型のエージェントを使う場合は、自分の英語力をしっかりアピールして、英語を活用する仕事への転職を希望している旨をしっかりと伝えましょう

客観的な英語力を証明できるスコアや実績はしっかりと共有できるように準備をしましょう。TOEICであれば800点以上が効果的です。業界内でどのようなグローバルプロジェクトに携わったのかなど、経験はしっかりとアピール材料として準備をしましょう。

このことは、しっかりとしたキャリアアップを狙う上でも大切ですが、多くの人材と日々会っているキャリアコンサルタントにもしっかりと求職者の強みを認識してもらうために重要です。

どんな人が活用するべき?

では、英語に強く、総合型の強みをもつ転職エージェントを製薬業界の転職ではどのような人が活用するべきでしょうか?

■ 20代、30代で英語を使う仕事への転職を希望の人
■ 幅広い職種の中から、自分にあった仕事を探したいと希望する人
■ 社内では、英語を活用する仕事への異動の機会が少ない人

大手の転職エージェントは、圧倒的な知名度と資本力から多くの求人数をもつので、英語力を活かせる製薬業界の求人も多数あります。また、ほぼすべての大手の総合型転職エージェントでは、転職サイトをもちます。

転職希望者は、まずはこれらの転職サイトから得られる求人情報で、自分の希望するような求人があるかどうかも検索することも効果的な情報収集です。

求人サイトでの情報は限られてはいますし、非公開情報も多数ありますが、どのような仕事や職種があるかの傾向もつかめるでしょう。

「英語に強く」製薬業界でも高い実績のある転職エージェント

以下の転職エージェントは、私の聞き取り、口コミ、ウエブサイトなどを通じて製薬業界の求人、英語を使う求人を多数保有しています。

※ 「英語に強く」総合型の強みを活かせる転職エージェント
doda製薬業界むけの求人、英語を活用できる求人も多数。業界最大手のひとつ
JACリクルートメントネイティブで製薬業界に強いキャリアコンサルタントを有します。年数、実績ともにある
マイナビエージェント:製薬業界むけの求人、英語を活用できる求人も多数。業界最大手

以上、製薬業界での実績もあり、総合型の強みを活かせる転職エージェントをご紹介しました。

製薬業界の転職ですので「アンサーズ」のような製薬業界特化の転職エージェントと総合型のエージェントを複数登録することで、双方の強みを活かして英語力を活用する転職を目指すことができます。

自分のキャリアの方向性と転職エージェントの持っている強みが合致した場合、とても力強いパートナーとなり得ます。

3.英語に強く「外資系」に強い転職エージェント

製薬業界では、国際的なビジネス展開が一般的になり、多くの大手から中堅の外資系企業が日本へ進出しています。こうした企業は、国内外での成長や競争力を保つために、英語力を持つ人材を重要視します。そのため、英語に強い転職エージェントが、求職者と企業を結びつける役割が増しています。

多くの外資系企業では、コミュニケーションやビジネス活動が英語で行われる機会が多く、面接や選考プロセス全体で英語力が重要です。英語に強い転職エージェントは、適切なポジションや企業を選定し、求職者の英語力を最大限に引き出してくれます。

製薬業界での実績をしっかりと確認する

現在は多くの口コミサイトなどで登録を検討している転職エージェントが製薬業界の転職に実績があるかどうか、英語力を活かした求人情報があるかどうかの確認ができますが、登録時にしっかりと確認をすることが大切です。特に、担当となるキャリアコンサルタントの製薬業界での経験や実績の有無は自分の転職が成功するかどうか、重要な要素です。

どんな人が活用するべき?

では、英語に強く、かつ外資系企業に実績がある転職エージェントはどのような人が活用するべきでしょうか?

■ 外資系の企業でのキャリアアップの機会を探している人、外資系企業への転職ははじめての人
■ 実践的なビジネス英語が問題なく使える人
■ バイリンガルの人、外国籍の人、すでに外資系企業にいる人

外資系企業でのキャリアアップを望む方や、初めて外資系企業への転職を検討している方、そして実践的なビジネス英語を自信を持って使用できる方々にとって、外資系に強い転職エージェントを利用することが今後のキャリアステップを効果的にすすめることができます。

外資系企業はグローバルな視点を持ち、多様なバックグラウンドを持つ人材を求めております。外資系に特化した転職エージェントが、外資系企業の求人情報や選考プロセスを理解していることは転職者にとっても大きなメリットです。

また、バイリンガルの方や外国籍の方、すでに外資系企業で経験を積んでいる方々にとっても、エージェントは重要なパートナーとなります。自身のスキルや経験を最大限に生かし、より高いポジションや挑戦的なプロジェクトに関わるためのサポートを提供してくれるでしょう。

「英語に強く」製薬業界でも高い実績のある転職エージェント

英語、製薬業界両方に強く実績のある転職エージェントは決して多く存在しないものの、以下の転職エージェントでは、私の聞き取り、口コミ、ウエブサイトなどを通じて製薬業界でもしっかりと実績があり、かつ英語にも強い転職エージェントとしてご紹介いたします。

※ 「英語に強く」外資系企業に強い転職エージェント
ランスタッドオランダ本社で、39の国と地域で活動する世界最大級の転職エージェント。外資系、グローバル大手に強い評判
ロバート・ウォルターズイギリス本社で外資系、グローバル大手企業で多数の実績
Michael Page:外資系転職専門の転職エージェント。製薬、ライフサイエンスでの求人情報、実績あり

以上、英語と外資系企業の転職に強い転職エージェントを活用するべき人のプロファイルと活用時の注意点、オススメの転職エージェントをご紹介いたしました。

外資系企業への転職を考える方々は、外資系に強い転職エージェントを活用することで、自身の目標に近づく道をよりスムーズに進めることができます。適切なアドバイスや情報提供、キャリア戦略の構築など、あらゆる面でのサポートを受けながら、外資系企業での成功を実現しましょう。

4.英語に強く「ハイクラス」に強い転職エージェント

製薬業界での転職を考える際、求人情報の豊富さや選択肢の多様性は、キャリアアップの機会を広げる重要な要素です。その中でも、業界特化の転職エージェントと英語力とハイクラスの転職エージェントの両方を活用することは、さらなる成功に向けての重要な一手です。

製薬業界は、高い専門性や技術力が求められる一方で、グローバル展開が進んでおり、英語力を必要とする機会も増えています。また、業界内における競争も激化しており、業界での経験とスキル、英語力において非常に高いレベルの人材への高い要望があります。

業界特化の転職エージェントが持つ豊富な業界知識とネットワーク、英語とハイクラスに強い転職エージェントを複数適切に登録をすることで、新たな高いレベルでの転職を目指すことが可能です。

どんな人が活用するべき?

では、英語に強く、かつハイクラス転職で製薬業界で実績がある転職エージェントはどのような人が活用するべきでしょうか?

■ すでに製薬業界で経営層もしくは経営層に近いポジションからのキャリアアップ
■ 実践的なビジネス英語が問題なく使えるレベル、上司、部下にネイティブスピーカーを持った経験がある
■ 「スカウト」「ヘッドハンティング」での転職を検討したい

製薬業界で既に経営層もしくは経営層に近いポジションにいる方が、さらなるキャリアアップを目指す際、高度な専門知識や戦略的リーダーシップを求められます。

また、グローバル展開が進む製薬業界ではこのようなリーダーシップが求められるポジションは、ビジネス英語と国際的なコミュニケーション能力が重要です。実際にネイティブスピーカを上司や部下に持ち、異なる文化と協力した経験を持つ方は、国際的なビジネス環境での成功を証明しています。

さらに、「スカウト」「ヘッドハンティング」による転職は、求職者が積極的に応募せずとも、企業側からオファーを受ける方法です。特に製薬業界では、優れた人材の引き抜きが行われることがあり、ハイクラスの転職エージェントはそのプロセスに熟知しています。製薬特化の転職エージェントに加えてこのような機能がある転職エージェントへの登録は、自身の経験や能力を最大限に評価されるチャンスを得ることを可能にします。

これらのことから、製薬業界でキャリアの更なる拡大を目指す方々は、ハイクラスの転職エージェントのサポートを活用することでキャリアップを図ることができます。

英語に強く「ハイクラスの転職」で実績のある転職エージェント

英語、製薬業界両方に強く実績のある転職エージェントは決して多く存在しないものの、以下の転職エージェントでは、私の聞き取り、口コミ、ウエブサイトなどを通じて製薬業界でもしっかりと実績があり、英語とハイクラスにも強い転職エージェントとしてご紹介いたします。

※ 「英語に強く」ハイクラス転職で製薬業界で実績のある転職エージェント
モランダ(Morunda)英語力が非常に高く、製薬業界で経験豊かなトップエグゼクティブの転職に特化
ロバート・ウォルターズイギリス本社で外資系、グローバル大手企業で多数のハイクラスの求人をもつ
Type転職エージェントハイクラス:大手企業の次世代リーダーから、スタートアップの役員ポジションまでハイクラス・管理職のキャリアにつよい

以上、英語とハイクラスの転職に強い転職エージェントを活用するべき人のプロファイルと活用時の注意点、オススメの転職エージェントをご紹介いたしました。

製薬業界で英語を活かしたハイクラスの求人は、製薬特化のエージェントとスカウトやヘッドハンティング機能にも対応できるハイクラスで英語力が高いエージェントを掛け合わせて複数登録することが近道です。

これらのことから、製薬業界でキャリアの更なる拡大を目指す方々は、ハイクラスの転職エージェントのサポートを活用することでキャリアップを図ることができます。

複数登録にこの3社、英語にも強く製薬業界でも実績

1位:JACリクルートメント

【英語にも強く製薬業界の実績も多数|「JACリクルートメント」】

詳細は公式ページで

JACリクルートメントでは、キャリアコンサルタントほぼ全員がネイティブスピーカーやバイリンガルであること、製薬業界での実績も多数あることから「英語に強い転職エージェント」としてオススメです。同社は、外資系企業やグローバル大手企業への転職を希望する人へ、外国語や文化を理解したコンサルタントが最適なサポートを提供します。

同社は、製薬業界内での国際事業や海外関連の求人を多数持つことも特徴です。海外12ヵ国のJACリクルートメントとの強力なネットワークも活用、海外進出により事業の拡大を図る日本企業の海外駐在の求人もあります。

英語力を活用した転職に強いのに加え、製薬業界での実績も多数あることからJACリクルートメントの活用をオススメします。

JACリクルートメントの詳細は公式ページで

関連記事:JACリクルートメントを製薬業界の転職に活用する3つのメリット|英語力も活かしたハイクラス転職

2位:ロバート・ウォルターズ

【英語を活かした転職に強い|「ロバート・ウォルターズ」】

詳細は公式ページで

英語力を活かした製薬業界で活用する転職エージェントしてロバート・ウォルターズがオススメです。

ロバート・ウォルターズは英語力を活かした求人に強いとの評判が高い転職エージェントです。ロバート・ウォルターズには、多くのネイティブレベルのキャリアコンサルタントが転職希望社のレポートをしています。

外資系企業や日系グローバル企業の求人に強く、英語を使う求人を多数有します。英語力を活かしたい人が業界を問わず活用している転職エージェントの一つです。

また、ロバート・ウォルターズは製薬業界でも実績があります。そして、製薬業界専門のキャリアコンサルタントが製薬業界での転職をサポートしています。求人情報も製薬企業や医療機器メーカーで多数有し、非公開求人も豊富にあるので、登録する価値があります。

ロバート・ウォルターズは転職活動のサポートも充実しており、英語力を活かしたい、製薬業界でキャルあアップをはかりたいという求職者を転職活動の各段階でをサポートしてくれます。もちろん、履歴書や職務経歴書の添削や作成、面接対策や交渉など、転職に必要なことを一緒に進めてくれ、キャリアプランや希望に合わせたアドバイスやサポートを行ってくれます。

以上のように、製薬と英語力を活用した転職にロバート・ウォルターズの活用を考えることで、強みを活かした求人に出会える可能性を高め、スムーズで成功率の高い転職活動ができます。

ロバート・ウォルターズの詳細は公式ページで

 

参考記事ロバート・ウォルターズが製薬業界の転職におすすめの理由3つ|登録の手順と評判まで徹底解説

3位:ランスタッド

【英語に強く外資系求人が多数|「ランスタッド」】

詳細は公式ページで

ランスタッドは、外資系企業への転職支援で非常に強い転職エージェントです。そのため、英語を強みとした転職を希望の人向けの求人を多数持ちます。また、製薬業界専門の高いコンサルタントを有しているので、適切なアドバイスを行ってくれるとの評判です。

もちろん、履歴書や職務経歴書の添削や作成、面接対策や交渉など、転職に必要なことを一緒に進めてくれます。外資系の転職には一般的に英語力の高さが求められますし、高い英語力はキャリアアップにも有利です。

このように、外資系や英語力を活かせる求人と製薬業界にも詳しい専門のキャリアコンサルタントを有するランスタッドを活用することをオススメします。ランスタッドの転職サポートを利用することで、製薬会社への転職に有利になる可能性は高くなります。

ランスタッドの詳細は公式ページで

関連記事:ランスタッドが製薬業界の転職におすすめの理由3つ|登録の手順と評判まで徹底解説

「英語力」の強い転職エージェントの「複数登録」に関して「Q&A」

Q1.英語力を活かした転職エージェントの複数登録。何社ぐらいが良い?

製薬業界特化に1社、英語力を活かせる転職エージェント2から3社の活用がオススメです。多くても最大5社に留めましょう。活用するエージェントが多くなると時間や適切なコミュニケーションの管理が難しくなるリスクが有るからです。

できるだけ多くのエージェントとの情報交換を希望する人は、まずは多めに複数登録をして、キャリアコンサルタントとの面談などを通じて活用するエージェントを絞り込むこともできるでしょう。その際も、時間やコミュニケーションの管理はしっかりすることが重要です。

Q2.英語には自信がありますが、TOEIC試験受けたほうが良いですか?

英語力に自信を持つことは素晴らしいことですが、キャリアアップを目指す転職において、TOEICの高スコアは有効な手段となり得ます。

キャリアコンサルタントがネイティブスピーカーであれば、TOEICのスコアなしでも十分に英語力を理解してもらえるでしょう。ただし、英語力が求められるポジションへのアクセスを確実にするためには、客観的な評価を示すTOEICスコア800点以上の取得が役立ちます。

■ 一部、TOEICのスコアを求人応募時に提出することを必須の企業がある
■ 面接をする人が必ずしも「英語力」の判断が出来るとは限らない
■ 採用ポジションや給与の交渉の際にスコアで評価で差が出る場合がある
■ 英語がペラペラだけでは、ビジネス英語の高いレベルの証明にはならない

仮にTOEICで900点以上の高スコアであれば、給与や役職レベルにかなりポジティブな影響があります。TOEICは英語力の証明の一つの手段ではありますが、本当に英語力がある人ほど、確実にTOEICの高スコアを持った上で転職活動に臨みましょう。

※ 高い英語力がある人でもTOEIC対策は必須。まずは「参考書」で独習がおすすめ
>>「製薬業界でTOEICスコア800点以上を目指すおすすめ「参考書」7選」

Q3.複数のエージェントに登録していることは他のエージェントに伝えたほうが良いですか?

他のエージェントに登録していることを伝える際には、あまり詳細な情報を提供する必要はありませんが、登録している旨を簡潔に伝えることが適切です。

複数のエージェントに登録していることを他のエージェントに伝えることで、情報の透明性を確保できます。エージェント同士が同じ求人情報を提案するのを避け、スムーズなコミュニケーションを図ることができます。

英語力に強い転職エージェントを中心に複数登録した場合、エージェントから同じ求人情報を提案されるケースがよくあります。同じ求人に複数回応募してしまう「二重応募」は防がなくてはいけません。前もって、他のエージェントに登録している旨を伝えているので、このような二重応募が無いようにしっかりコミュニケーションを取ることができます。

エージェントとの信頼関係は転職活動においてとても大切です。率直なコミュニケーションを通じて信頼関係を高めることで、より効果的な転職活動をすすめることができるでしょう。

Q4.英語力は十分ではないが、英語を活かした転職をしたい。登録はするべきでしょうか?

英語力を活かした仕事を目指す意欲がある場合、英語力がまだ十分でなくてもエージェントへの登録は良い選択肢です。しかしながら、英語力を活かせる仕事、英語が必要な仕事へのキャリアアップには英語力が十分ではない場合もあります。その場合でも、着実に目標に向かってすすめるように、英語力の強化に取り組みましょう。

転職エージェントは現在のスキルや経験、目標を詳しく聞いて、今後のキャリアアップに向けてアドバイスを提供してくれます。英語力を向上させるための効果的な方法やステップアップの道筋を共に考えることができます。

また、登録したエージェントからは、英語力を活かした求人情報やトレーニングプログラムなどが提供される可能性があります。現状の英語力から始めつつ、徐々にスキルを磨くための機会を得ることができます。

最後に、エージェントのサポートを受けながら英語力を向上させるプロセスは、モチベーションを高める助けになるかもしれません。エージェントと連携しながら、目標に向かって努力することで自信がつき、英語力が向上することが期待できます。

英語力を向上させるための取り組みは長期的なプロセスです。継続して英語力を高めながら求人情報を収集し、適切なタイミングで挑戦できる機会を待つこともできますので、今の段階で転職エージェントやキャリアコンサルタントとコンタクトを取ることを良い選択肢として転職活動と英語力アップに取り組みましょう。

※ 英語学習;期間を設定して英語力アップには「英語コーチング」が有効
>>「英語コーチング」とは?製薬会社で本気の英語学習におすすめスクール6選

\製薬業界で英語力を活かす転職|迷ったらこの転職エージェント3選/
アンサーズ JACリクルートメント ランスタッド
製薬業界のニュース解説メディア - AnswersNews業界の非公開求人数多数
製薬業界特化
転職・人材紹介のJAC Recruitment製薬業界でも実績多数
総合型で英語にも強い
人材紹介会社ランスタッドがSMSで求人紹介外資系・グローバル大手に
英語とハイクラス型
公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

製薬業界の転職で英語を活かす転職エージェント「複数登録」のまとめ

「英語力」を活かした転職で転職エージェントを「複数登録」する場合のオプション、メリット、利用する人のプロファイル、そして注意点に関して解説をしました。

英語を活用する仕事への転職を製薬業界で成功するには、英語に強い転職エージェントの中から、製薬業界での転職に適したエージェントを選ぶことが求められます。製薬業界特化のエージェントと英語力を活かせるエージェントの両方を上手に掛け合わせることで、成功への道を切り拓くことができます。

製薬業界は専門性が高く、求められるスキルも独特です。そのため、まずは、業界特化のエージェントを軸として登録、情報やアドバイスを受けることは非常に有益です。製薬業界での英語を活かした転職を成功させるためには、複数のエージェントに登録し、それぞれの特徴を活用することが効果的です。業界特化のエージェントと英語力に強いエージェントを組み合わせて登録することで、求人情報の幅を広げることができます。

登録するエージェントは、自身の目標やスキルに合わせて選ぶことが大切です。製薬業界でのキャリアアップを考える場合は、業界特化型のエージェントを軸にしつつ、英語に強いエージェントも選ぶことで、最適な転職エージェントを見つけることができます。

英語に強い転職エージェントにも特徴があります。英語に強い評価のエージェントでも最近は製薬業界にも特化しているエージェントもあります。また、幅広い求人情報を活用して英語力を活用する仕事への応募を検討したい人は「総合型」、また十分に業界での経験と英語力がある方は「ハイクラス」にも強いエージェントの活用が効果が高いでしょう。

このように、自分の目標や今のスキルに合わせた転職エージェントを選択、活用することがキャリアアップを転職で達成するにはとても重要です。

また、複数の転職エージェントに登録する場合の基本的な注意点も忘れ内容にしましょう。エージェントの登録が多すぎることで、コミュニケーションや予定管理が杜撰にならないことや、同じ求人への複数エージェントから同時に応募することを防ぐことなど、エージェントからの信頼をしっかり築くことも大切です。

私は、外資系市場調査コンサル会社で製薬会社の多くの方々とお付き合いを20年以上してきています。英語力のある人材が、海外出張や海外関連の仕事はもちろん、未経験でもどんどん新しい業務が与えられるのも目の当たりにしてきました。

英語力は製薬業界において需要が高く、キャリアップ、年収アップにつながるスキルといって間違いはなく、そのようなキャルアップのサポートをしたいと強く思っています。

今回は英語力を活かした転職に転職エージェントの複数登録はどうするべきかに絞って解説をしました。今後の転職活動にお役に立てられましたら嬉しいです。

※ 製薬業界での失敗しない転職に大切な転職エージェント。実績があり製薬・医薬品業界に強い転職エージェントだけをまとめています
>>>「【製薬・医薬品業界】に強い転職エージェントおすすめ比較ランキング10選!」

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. 製薬業界で転職を考えたらするべき「5つの準備」とは?基本的なセ…

  4. アンサーズってどうなの?求人数やサポート、製薬特化の転職エージ…

  5. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  6. 【MR職】の転職につよい転職エージェントおすすめ比較ランキング|…

  7. 製薬業界【特化型】転職エージェントおすすめ比較ランキング|選び…

  8. 製薬会社どこがいい?製薬会社年収ランキング|外資系、バイオテッ…

  9. 【1分で完了】「MR Biz」転職サービスのはじめ方|登録の手順を3ス…

  10. MR Bizの「採用開始アラート」がオススメの理由6つと使い方解説【…

  1. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  4. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  5. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  6. 製薬・医薬品業界のおすすめ転職エージェント一覧|成功する転職の…

  7. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  8. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  9. 【キャリアアップの近道】TOEICスコア800点以上を目指す人に「役に…

  10. TOEICで高スコア目指すおすすめ「英語スクール」5選|製薬業界キャ…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  8. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー