【徹底解説】製薬業界のキャリアアップで成功する人が実践している3つのポイント

製薬業界のキャリアアップと転職【完全ガイド】成功する人が実践している3つのポイントとは?

製薬業界で転職を通じてキャリアップをしたいけれど、なにをすればいいのかわからない?という声をよく聞きます。

実は、転職でかならずしも年収やタイトルが上がるとは限らず、キャリアアップには、しっかりとした準備やコツをおさえることが大切です。

私は、25年以上外資系調査会社のコンサルタントとして製薬会社をクライアントとしてサポート、実際にキャリアップを達成している方々と多くの仕事をしてきました。

キャリアップのステップを踏んでいる人たちを見てきた中で、製薬業界の転職でキャリアップにつながるために共通する3つのポイントがあることがわかりました。

この記事では、製薬業界でキャリアップで成功している人たちが実践しているポイント3つを解説をします。

この記事を読むことで、製薬業界でキャリアアップをしたいものの、なにをすれば良いのかわからない人でも、具体的な方法がわかります。

アンサーズMR BiZJACリクルートメント
製薬業界特化
業界内の非公開多数
MRの転職に特化
利用者満足度96.3%
英語にも強い総合型
製薬業界での実績も多数
公式ページ公式ページ公式ページ

キャリアップとは?

キャリアップとは、ビジネスにおいて、スキルや経験をつむことで能力を高め、キャリアの経歴をあげることを良います。

具体的には、昇進によってタイトルが上がること、仕事の責任や管理する部下が増えること、より大きい予算の管理、人材としての価値の向上、そして年収のアップなどがあります。

同じ会社での昇進や、条件がより良い製薬会社への転職などによってキャリアップを達成する場合があります。

「キャリアアップ」と同じような言葉で、「スキルアップ」や「キャリアチェンジ」がありますが、キャリアップとは異なります。スキルアップは自分の能力を高めること、キャリアップは未経験の業種に挑戦することです。

かならずしもキャリアップが転職であるとは限りません。しかしながら、最近は、キャリアップが転職と同義のようにつかわれるケースが多くなっています。

転職がキャリアップにつながるのか? 

それでは、転職は実際にキャリアップにつながっているのでしょうか? 

厚生労働省の調査結果によると35.9%の人が転職によって年収が上がったと回答しています。 (出典:厚生労働省の令和2年上半期雇用動向調査結果「転職入職者の賃金変動状況」

高い割合の人が、転職によって年収のアップにつなげています。転職が年収アップというキャリアップの手段としては有効であることがわかります。

一方で、年収が変わらない、下がったという人もいます。大切なことは、ポイントをしっかりと押さえ、キャリアップにつなげる転職をすることが大切です。 

製薬業界の転職でキャリアップするために効果的な方法3選

製薬業界は、高い専門性が求められる業界で、求人内容も高い専門性や経験が求められ、求人数も決して多くありません。専門性のため他業種からの人材の流入が少ないことも特徴です。

一方で、外資系大手製薬会社の日本市場への参入や、日本の製薬会社の積極的な海外戦略から人材のグローバル化や転職市場の流動化が進んでいます。

そのような背景から、高いレベルの人材への需要が高まっています。それでは、製薬業界でのキャリアップに有効な3つの方法を解説します。

徹底した業界研究、企業研究をしている

製薬業界のキャリアアップを実現している人は、徹底して製薬業界や転職先の製薬会社の分析をしっかりとしています。

希望する製薬会社の業界内でのポジションや将来性をしっかりと把握、自分の専門性と経験を生かせるのかをチェックすることが大切です。

業界に精通することで、自分と企業が求める人材のミスマッチを防ぎ、自分にとってふさわしいキャリアにアプローチすることが出来ます。

製薬会社それぞれの将来性を正確に把握することは難しいものの、現在の開発品の動向や国際戦略なども踏まえて応募する製薬会社を選びましょう。

例えば、ランキング記事などで、客観的にそれぞれの会社の相対的なポジションや強みを把握することも企業研究としては有効です。

業界の研究は、希望する製薬会社を選ぶときに加えて、転職活動中でも役に立ちます。

転職活動にはかならず面接があり、十分な業界や企業の研究をすることで、より優位に転職を進めることが出来ます。

面接の際には、業界や企業研究から得られた「企業の将来性」や「自分の専門性の価値とのマッチング」など、より具体性をもったキャリアプランを面接官にしっかりつ伝えることができるでしょう。

製薬会社や業界研究をしっかりすることは、転職でキャリアップをより確実にするための情報と自信を提供することでしょう。

海外の市場調査会社による将来のびる製薬企業や医薬品の売上予測などは、今後の業界動向を知るうえで参考になるので積極的に活用しましょう。

転職エージェントを効果的に活用している

製薬業界でキャリアップをする人は、実績のある転職エージェントを効果的に活用しています。

製薬業界のキャリアップを目指す場合、多くの人が転職エージェントを活用していますが、正しい転職エージェントを適切に活用することが、製薬業界のキャリアップには大変重要です。

製薬業界は専門性が高い業界であるので、サポートするエージェントが製薬業界での実績、経験のあるコンサルタントであることが必要だからです。

求人数が多いから、テレビでよく宣伝されているからといって、そのエージェントが製薬業界の転職に強いとは限りません。

製薬業界では、「製薬業界特化」「総合型」「英語型」「ハイクラス型」などの様々なタイプの転職エージェントがあります。

タイプ特徴おすすめな人詳細記事
製薬業界特化製薬業界の求人情報多数
製薬専門のコンサルタント
業界内の非公開求人
製薬業界で転職希望の人作成中
ハイクラス型高年収の求人情報多数
スカウト型併用も
管理職、これから管理職を目指す人作成中
英語型英語を使う求人多数
ネイティブのコンサルタント
TOEIC高得点取得済み
800点以上
作成中
総合型求人数が多い
全国対応
知名度が高い
20代
第2新卒
作成中
年代別型年代別で強い年代別での求人に応募したい人作成中

製薬業界で転職でキャリアップをするには、転職エージェントの「複数登録」が効果的です。

製薬業界で転職エージェントを複数登録する場合は、製薬特化のエージェントを軸にすることがおすすめです。

製薬業界に強く食い込んでいる製薬業界特化のエージェントに加えて、自分が希望する求人を多く持つと思われる転職エージェントタイプの求人情報やサービスを活用することで、求める結果により効率よく近づくことが出来ます。

複数登録の方法と注意点に関しては、別途記事で詳細を解説しています。

高い英語力を活用している

製薬業界でキャリアップをしている人は、高い英語力を持ち、その英語力をキャリアアップに活用しています。

求められるスキルや専門性が非常に高いのが製薬業界です。多くの人が、高い学位をもち、論文も多く発表するなど高いスキルを有します。

そのような中で製薬業界で求められている共通のスキルとして英語力です。製薬会社では、英語を活用する職種も多く、英語スキルに対する需要は高いといえます。

英語力を高め更にアピールすることは、確実にキャリアップにつながると言えます。

製薬会社のクライアントは、海外出張やオンライン会議、上司や同僚が外国人であり常に英語を使う環境にいます。

実践的な英語力が最も大切ですが、これからキャリアップを目指す人はまずはTOEICで800点を目指すのが効果的です。

TOEICのスコアは客観性もあり、全世界で活用されており、800点を超えるスコアを獲得することで「高い英語力を持つ人材」として認識されます。社内での評価や転職での応募の書類でも確実に効果が期待できます。

高い英語力をもつ人材は、活用するエージェントも異なります。

英語に強い転職エージェントには、外資系製薬会社をはじめ、英語を活用しなければならないポジションの求人が集まります。

このような転職エージェントにはネイティブのコンサルタントが求職者の担当をするなど英語力の高い人材を積極的にリクルートしています。

さらに、英語の活用は部門によって差はありますが、マネージメントクラスになればなるほど高い英語力が求められると言えます。

トップエグゼクティブの転職を多く製薬業界内で実現してきたモランダ社の代表フィリップさんは、インタビューでハイレベルの転職において英語は強みではなく、当たり前に持っているべきスキルであると言っています。

高い英語力を持つことで、キャリアアップのレベルを更に一段上げることが出来ると言えます。

製薬業界のキャリアアップの転職での注意点

製薬業界の転職でキャリアップを目指す場合には、急がないことが大切。

製薬業界で転職によってキャリアップを目指す場合、最低でも3ヶ月程度、しっかりとした転職活動期間をもち、時間に余裕を持ちましょう。

製薬業界の求人は、専門性が高いことや求人数も決して多くないこともあるので、いま自分にとってふさわしいキャリアップにつながる求人があるとは限りません。

応募したい求人情報が出たときにすぐに応募できるサービスに登録、準備をしておくことも効果的です。アンサーズのが「採用通知アラート」に関して、以下の記事でメリットと活用方法を詳しく解説しています。

はじめての人は手順を理解したうえで転職活動をしましょう。

転職がはじめての人は特に、転職の手順を踏まえたうえで開始をしましょう。

転職は非常にストレスがかかるイベントですが、今の仕事の引き継ぎ、退職手続き、そして入社手続きなど一連のながれがあります。

これらすべてを転職ではスムーズに行うことが大事です。

始める際には、内定から入社するまでの手順をしっかりと把握したうえでとりかかるのも成功のためには大事です。

転職エージェントとの信頼関係が大切

転職エージェントは、自己分析や履歴書の添削など転職の際に必要なステップを手伝ってくれる大切なパートナーと言えます。
一方で、転職エージェントは、顧客が内定をもらい転職することでマージンを得ることがビジネスモデルです。

そのため、転職エージェントは、転職をすることを強く勧め過ぎる場合もあります。転職エージェントの推薦はもちろんですが、キャリアップは自分にとっても非常に重要な判断ですので、自分自身ではっきりと決断をしましょう。

なお、もし担当となった転職エージェントが、自分にあわないと思った場合はには遠慮なく変更もしくはお断りをしましょう。

製薬業界のキャリアアップのために実践するべきポイントのまとめ

製薬業界のキャリアアップのために実践するべき3つのポイントを解説しました。

キャリアップとはスキルや経験をつむことで能力を高め、キャリアの経歴をあげることを指します。
昇進などによるポジションアップや、責任や管理する組織の規模が増えたり、管理する予算が大きくなったりすること、給与のアップなどがキャリアップといえます。

なお、最近はキャリアップが転職に近い意味でつかわれる場合が多いものの、かならずしも転職とキャリアップは同義ではなく、おなじ会社での昇給、昇進もキャリアップと言えます。

転職で年収やポジションを上げる人が統計で約3割ですので、転職を機会にキャリアップをする人がいることがわかります。
転職によって、キャリアップにつなげるようにしっかりとした準備やコツを押さえることが重要です。

製薬業界でキャリアップしている人が実践している方法として以下の3つを解説しました

  • 徹底して企業、業界研究をしている
  • 正しい転職エージェントを適切に活用
  • 英語力を活かす

キャリアップを実践している人は、製薬業界の研究をすることで、自分の価値と求められる会社とのマッチングをしています。

会社による海外戦略や開発戦略を踏まえ、希望する会社の将来性なども成功するための大切な要素と言えます。

業界研究は、実際に転職で面接の際にも便利ですので、キャリアアップを目指す人は業界に関する研究をしましょう。

転職でキャリアップを成功している人は、ただしい転職エージェントを効果的に活用をしています。

製薬業界は専門性が高い業界ですので、実績のあるエージェントを選ぶことが重要です。また、転職には、エージェントの複数登録が有効ですが、製薬業界では製薬特化の転職エージェントを軸にすることも成功のためには有効です。

スキルや専門性が高いのが製薬業界だが、英語力はキャリアップに有利なスキルです。

部門での需要の相違はあるものの、グローバル化もすすみ高い英語力への需要は今後も高いことが考えられます。
キャリアップで英語力を使うにはTOEICなどの客観性の高いスコアなどを活用しましょう。

また、すでに英語力がある人は、活用できる転職エージェントでも英語に強い転職エージェントを活用することで、さらに英語を活用する転職に利用できます。

なお、英語を活用する理由として、将来的に管理職やマネージメントを目指す人にとって英語力は必須のスキルであることも、キャリアップを目指す人が英語力を高める理由の一つであることも言えます。

  1. アンサーズの「採用開始アラート」がオススメの理由6つと使い方解…

  2. 【アンサーズ】が製薬業界の転職におすすめの理由3つ|口コミと評…

  3. 2028年の世界の製薬会社売上ランキング|これから伸びる製薬会社は…

  4. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  5. IQVIAの医薬品市場統計の国内売上ランキングトップ10でみる国内の本…

  6. ロバート・ウォルターズが製薬業界の転職におすすめの理由3つ|登…

  7. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキングでわ…

  8. 国内販促会社ベースの売上ランキング比較でわかった日本市場で本当…

  9. 世界の売上ランキングトップ5の大手製薬会社の主力製品と日本での…

  10. モランダが製薬業界の転職におすすめの理由3つ|登録の手順と評価…

  1. 転職前に読んでおきたい製薬会社の「職種と仕事内容」徹底解説|各…

  2. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  3. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  4. 【必見】製薬業界の転職はじめ方10の手順と注意するべきポイント…

  5. TOEICで高スコア目指すおすすめ「英語スクール」5選|製薬業界キャ…

  6. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  7. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  8. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  9. 【必読】製薬業界の転職で使うべき転職エージェント「5つのタイプ…

  10. 【2023年版】米国で特許切れの大型医薬品ランキングTOP10|ヒュミラ…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキングでわ…

  2. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  3. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  4. 【必見】製薬業界の転職はじめ方10の手順と注意するべきポイント…

  5. 転職前に読んでおきたい製薬会社の「職種と仕事内容」徹底解説|各…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順!転職エージェント複数登録4…

  7. 【必読】製薬業界の転職で使うべき転職エージェント「5つのタイプ…

  8. 製薬業界の転職トレンドを活用する方法を解説|転職トレンドに影響…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
転職サイトはdoda
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー