【製薬業界の転職】転職エージェントの正しい「複数登録」の手順は?メリット3つと注意するべきポイントを徹底解説

転職エージェント複数登録するべきメリット3つと注意するべきポイント徹底解説|製薬業界の転職

製薬業界の転職で活用する転職エージェント。はじめて登録するひとからこのような声を聞きます。

  • はじめてでも効果的に転職エージェントを使う方法は?
  • エージェントの選び方と複数登録の組み合わせは?
  • メリットや注意点を把握した上でエージェント複数登録したい

製薬・医薬品業界の転職、転職エージェントを「複数登録」で効果的に活用することは、多くの人が取っている方法です。

実は、製薬業界の転職では、複数の転職エージェント活用には、いくつかのコツと注意点があります。

この記事では、転職エージェントを「複数登録」する際のメリット、手順と組み合わせ、注意するべきポイントを詳しく解説します。

この記事を読むことで、これから製薬業界で転職活動をする方が、自分の強みを活かし、キャリアアップに繋げる転職をすることができます。

アンサーズビズリーチJACリクルートメント
製薬業界特化
業界内の非公開多数
製薬業界の実績多数
スカウト型でハイクラスに強い
英語にも強い総合型
製薬業界での実績も多数
公式ページ公式ページ公式ページ
Contents
  1. 転職エージェント「複数登録」する3つのメリットとは?
  2. 製薬業界、転職エージェント「複数登録」のコツと手順
  3. 転職エージェントは「タイプ」がある
  4. 転職エージェント「複数登録」で注意するべきポイント5つ
  5. 製薬業界の転職エージェント複数登録に関して「Q&A」
  6. 製薬業界、転職エージェント複数登録のメリットと手順、効果的な活用方法のまとめ

転職エージェント「複数登録」する3つのメリットとは?

株式会社ビズヒッツが22年に「複数の登録エージェント」に登録をした求職者244人に対して行った調査によると50%以上の人が3社以上の転職エージェントへ登録したと述べています。以下アンケートでは以下3つが複数の転職エージェントを活用した理由だと回答しています。

メリット1.求人の幅が広がる

製薬業界で幅広く転職機会を探している求職者は、転職エージェントに複数登録をすることで求人の幅が広がります。製薬業界での求人数は決して多くありません。そのため特化型だけだと不安だという声は多く、複数のエージェントを活用することでその不安を払拭する事もできます。

メリット2.異なるキャリアコンサルタントからアドバイスをもらえる

複数登録をすることで、様々な経験とスキルをもったキャリアコンサルタントのアドバイスをもらえます。キャリアコンサルタントからの情報やアドバイスは成功のための大きな要素です。異なるタイプのキャリアコンサルタントからの独自のアドバイスは、様々な悩みにこたえる意見を得られます

メリット3.エージェントを比較、使い分けられる

求職者は、転職エージェントの強みや違いを比較して、より効果的に活用することができます。複数のエージェントの情報を収集し、自分に合ったサポートを提供してくれるエージェントを選ぶことで、より理想的な転職活動ができるでしょう。

製薬業界、転職エージェント「複数登録」のコツと手順

製薬業界で効果的に複数の転職エージェントを活用する手順を2つのステップで解説します。

ステップ1.「製薬特化」の転職エージェントに登録

製薬業界の転職で複数の転職エージェントを活用する際にはコツがあります

その一つのコツが、製薬業界「特化型」1社にまずは登録することです。

製薬業界の転職では、「業界特化型」転職エージェントを「軸」にすることで、専門性の高い製薬業界の転職の求人をしっかりおさえることが重要です。

製薬業界特化のエージェント選びで、どれにしようか迷った場合、おすすめの転職エージェントは「アンサーズ」です。

アンサーズ」は、製薬業界に特化した転職エージェントです。製薬業界のニュースサイトの運営もあり、製薬業界のメディアとしても多くの人が活用しています。

日系・外資系製薬メーカーから、CSO・CROの求人も網羅している製薬業界に特化した転職エージェントサービスです。

ステップ2.転職エージェント2~3社に併用登録

製薬業界の特化型に登録した後は、自分の強みや希望条件に合わせてさらに転職エージェント1~2社に登録しましょう。

製薬業界でより幅広い求人数をもつ「総合型」、自分のキャリアップを目指すために有利な「英語型」や「ハイクラス型」など「軸」となる製薬業界特化型の転職エージェント「アンサーズ」に加えて転職エージェントに登録します

特化型エージェントではない求人を保有していることも多いので、転職の選択肢をより広げられます。

なお、製薬業界で業界特化型ではないものの実績のあるおすすめ転職エージェントは「製薬業界で実績のある転職エージェントおすすめ10選」でより詳しく解説しています。

転職エージェントは「タイプ」がある

製薬業界のキャリアップで活用するべき転職エージェントには「特化型」「総合型」「英語型」「ハイクラス型」そして「年齢型」の5つを選択するタイプとしてオススメします。

タイプ代表的なエージェント特徴おすすめな人詳細記事
製薬業界特化アンサーズ
MRBiz
業界の求人情報多数
専門のコンサルタント
非公開求人多数
自分の製薬業界での
専門性を活かしたい
詳細記事
ハイクラス型ビズリーチ
モランダ
ランスタッド
高年収の求人情報多数
スカウト型併用も
管理職、これから
管理職を目指す人
作成中
英語につよい
外資系につよい
JACリクルートメント
ロバート・ウォルターズ
エンワールド・ジャパン
英語を使う求人多数
ネイティブの
コンサルタント
TOEIC高得点取得済み
800点以上
詳細記事
総合型リクルートエージェント
Doda
求人数が多い
全国対応
知名度が高い
20代
第2新卒
作成中
出典:【必読】転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使えるタイプを徹底解説

数多くある転職エージェントから自分にピッタリの転職エージェントを複数選ぶという作業は意外と大変です

その際に、転職エージェントの特徴としての「タイプ」ごとに選ぶことで効率よく選ぶことができます

なお、転職エージェントのタイプに関しては、別の記事「製薬業界の転職で使うべき転職エージェント「5つのタイプ」徹底解説」で更に詳しく解説しています。

「自分の強みを生かす」転職エージェントの組み合わせ

転職エージェントを登録する場合「自分が転職でなにを目指したいのか?」「活かしたい自分の強みはなんなのか?」によってエージェントを選ぶことが大切です。

「複数登録」オプションとしては、以下のような組み合わせがあります。

それでは、それぞれのオプションを自分の目標に合わせて選ぶことで、自分の求める転職に近づけます。

より幅広い求人情報から選ぶ:「総合型」の複数登録

大手の「総合型」の転職エージェントは、製薬業界でも多くの転職のサポートをしています。

転職を目指す人はもちろん、欲しい人材を求めている大手の製薬会社も総合型の転職エージェントを活用しています。総合型のエージェントの魅力はなんといってもその求人数です。

総合型の転職エージェントを複数登録する人は、以下のような人にオススメです。

  • より幅広い求人情報から自分に適切な求人へ応募したい
  • 製薬業界の中でも異なる「職種」「業種」に挑戦したい
  • 専門家にキャリアのアドバイス、履歴書の書き方、面接対策など指導をしてもらいたい

1つ注意点としては、大手の総合型エージェントに登録をした場合、キャリアコンサルタントが担当として付きます。

その際、担当となるキャリアコンサルタントによって、製薬業界にはあまり詳しくないコンサルタントである場合があります

これは、転職の結果に影響を及ぼすことがあります。担当となるキャリアコンサルタントが業界にどのくらい精通しているのか確認しましょう

総合型で製薬業界で多数の実績があるおすすめ転職エージェント

英語力を活かすキャリアップをめざす:「英語型」で複数登録

製薬業界はグローバルなビジネスであり、高い英語力が求められます。

英語に強く、かつ製薬業界で実績のある転職エージェントを選ぶことで、自分の英語力を生かした転職、高い英語力が求められている求人情報への紹介が期待できます。

以下のような人は「英語型」の転職エージェントに複数登録することをおすすめします。

  • TOEICなど客観的な試験で高スコアをすでに持っている
  • 英語をもっと使う転職でキャリアアップを目指したい
  • 英語を使うポジションが今だと限られている

英語に強い転職エージェントのコンサルタントには、バイリンガルのコンサルタントも多く存在します

バイリンガルの専門コンサルタントを通すことで、自分の英語力のエビデンスとしても求人会社にアピールできます。

エンワールド・ジャパンビズリーチJACリクルートメント
外資系の転職につよい
製薬業界での実績多数
製薬業界の実績多数
スカウト型でハイクラスに強い
英語にも強い総合型
製薬業界での実績も多数
公式ページ公式ページ公式ページ

ハイクラス、スカウトでの転職を目指す:「ハイクラス」の複数登録

ハイクラスでの転職を目指す人は、特化型のエージェントに加えて、ハイクラスの求人を抱え、製薬業界で実績のあるハイクラス転職エージェントに複数登録することがオススメです。

  • 現在すでに管理職、マネージメント職にある
  • 高い専門性と経験をもち、条件面であう求人があれば検討したい
  • 年収レベルでの高い条件があり妥協する予定はない

ハイクラス転職は、現在多くの転職エージェントが力を入れているところでもあり、製薬業界でも注力しているエージェントもあります。

担当となるキャリアコンサルタントの製薬業界での知見、経験が結果に大きな影響がありますので、コンサルタントとの情報交換も非常に大切です。

ハイクラス転職の場合、条件をしっかり整理しておくことで、自分の転職の方向性を明確にすることもできます

製薬業界で実績のある転職エージェントを、転職エージェントのタイプによって自分の希望条件や強みに合わせて選びましょう。ハイクラス型にも強い「ランスタッド」や「Type転職エージェント」もよく活用されています。

エージェントとの相性もありますので、まずは登録をして、面談などを通じて積極的に活用する転職エージェントを絞り込むことも可能です。

ハイクラス型で製薬業界で多数の実績があるおすすめ転職エージェント

転職エージェント「複数登録」で注意するべきポイント5つ

転職エージェントを複数登録する場合に、注意するべきポイントがあります。

  • 管理やエージェントとのやりとりが大変
  • スケジュール管理が杜撰に
  • 登録したエージェントを全部使い切れない

複数のエージェントへ登録することで、情報の管理、時間の管理など、せっかく登録した転職エージェントの効果をフルに使い切れないリスクが高まります。

以下のポイントをおさえることでデメリットを踏まえた上で、複数登録のメリットを高めることができます。

ポイント1.活用する転職エージェントは、3~4社にする

転職エージェントを利用する際には、エージェントは3~4社に絞りましょう。

まずは製薬業界特化型の転職エージェントに登録をしましょう。

「より多くの求人情報を知りたい」という理由で、多くのエージェントに登録しますが、登録数が増えると、時間や面談の管理が煩雑になります。

このことで、担当者との面談が重なってしまったり、コミュニケーションに遅れが生じてしまったりすることがあり、デメリットが高くなります。

「軸」となる転職エージェントを含めて「3~4社」程度であれば、管理の手間をあまり感じることは少ないようです。そのため、3社程度ならば、問題なく利用できると判断できます。

サービス名
アンサーズ

MR Biz


製薬オンライン
特徴製薬業界特化
アンサーズニュースも運用するクイック社
MRに特化した転職エージェント製薬業界に特化した転職サービス
公開求人数2000件25件3000件
非公開求人多数あり多数あり多数あり
対応地域全国全国全国
料金無料無料無料
製薬業界での実績多数あり多数あり多数あり
公式サイト公式サイトで見る公式サイトで見る公式サイトで見る

ポイント2. 転職エージェントの製薬業界での実績を確かめる

転職エージェントの製薬業界での実績を確認することは重要です。特に特化以外のエージェントとは必ず確認をしましょう。

製薬業界は専門性の高い独特な業界で、他の業界とは少し異なる転職プロセスがあります。そのため、業界特化ではないエージェントでも、製薬業界での実績は重要です。

登録するエージェントがこれまでに製薬業界でどれだけの転職実績を持っているかを確認しましょう。実績豊富なエージェントは、求人情報の提供や企業とのつながりが強く、あなたにぴったりの転職先を見つける力が高いです。

また、キャリアコンサルタントの業界内での経験も重要です。エージェントが製薬業界で長年経験を積んできた場合、業界の動向や特有のニーズを理解している可能性が高いです。それにより、適切なキャリアアドバイスを提供してくれます。

自分の転職希望に合った専門性を持つエージェントを選択することで、成功に近づく転職活動ができるでしょう。

なお、転職エージェントは「製薬業界」と「医療業界」を混同している場合がありますので、注意してください。これらは似ていますが、薬局や病院などの転職を扱う「医療業界」とは異なるので、明確に区別しましょう。

ポイント3.強みを活かせる転職エージェントのタイプを選ぶ

転職エージェントにはそれぞれ得意な分野や強みがあります。特化型に加えて選ぶエージェントは、自分のキャリアの方向性や活かしたいスキルを考慮しましょう。自分に合った転職エージェントのタイプを決めることで、効果的な転職エージェントを選びやすくなります。

複数のエージェントに登録する際には、自分の強みを最大限に活かせるエージェントを見極めることが成功への一歩となります。

ポイント4.転職エージェントには複数登録していることを伝える

複数の転職エージェントに登録している場合は、それぞれの担当のキャリアコンサルタントにその旨を伝えましょう

「伝えても良いのでしょうか?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、複数の転職エージェントへの登録は一般的です。他のエージェントを利用していることを伝えることで、エージェントが他社に負けないように、より積極的に転職支援を行ってくれる可能性もあります。

このことで、面談の予定管理、同じ案件の紹介への対応など問題を未然に防ぎ、転職活動を効率的かつスムーズに進められます

ポイント5.連絡とスケジュール管理、コミュニケーションはしっかり

複数の転職エージェントを利用する際には、スケジュールの管理が非常に重要です。

複数のエージェントに登録することで、面談・応募・企業面接などの予定が増えることが考えられます。基本的なことですが、転職の成功には、これらのスケジュールを適切に管理することが不可欠です。

カレンダーやリマインダーなどのツールを上手に活用すると便利です。面接の予定が重なるなどの無用なトラブルを避けるために、スケジュール管理を徹底しましょう。転職活動においては、スケジュールの管理は成功への必須事項です。

転職活動をはじめる際には、以下の転職手順をご参照ください。
>> 【完全ガイド】製薬業界の開始~入社まで転職手順10ステップとは|失敗しない転職ポイントも解説

ポイント6.同じ求人には複数の転職エージェントから応募しない

複数登録をした場合には、同じ求人へ別々の転職エージェントから同時に紹介を受ける場合があります。同じ求人には複数の転職エージェントからの応募は防がなければいけません。

同じ求人に重複して応募すると、企業側で同じ候補者の審査をすることとなります。これは無駄な手間と時間がかかることになり、企業も転職エージェントも嫌がります

求職者の管理能力が疑われ、企業やエージェントからの信頼が損なわる大きなリスクをはらみます。最悪の場合、サポートの優先順位が下がったり、求人自体を紹介されなくなったりしてしまいます

複数の転職エージェントを活用する場合、同じ求人の紹介はよくあります。求職者は、同じ求人への応募は確実に防ぐように注意をしましょう

なお、内定が出た場合は登録している他の転職エージェントに必ず連絡しましょう。内定の連絡を入れなければ、他のエージェントは継続的に求人の紹介やサポートを無意味に続けることになり、悪い印象が残ります。

再度同じエージェントやキャリアコンサルタントに相談する可能性もゼロではないことを考慮、ネガティブな印象を残さないことが大切です。

製薬業界の転職エージェント複数登録に関して「Q&A」

Q1.同じ求人と思われる求人を紹介された場合はどうすればいい?

これは、製薬業界に特化している転職エージェントではよく起こります。すぐに、担当のキャリアコンサルタントに同じ求人が既に紹介されていることを伝えましょう。もし応募までしてしまうと、人材を求めている会社と転職エージェントに迷惑がかかってしまいます。また、自分の信頼にも影響を及ぼすことになるので、早い段階で伝えることが大切です。

Q2.管理できなくなったり、合わなかったりした場合は、退会しても良いですか?

転職活動では自分に合ったエージェントを選ぶことが重要です。もし管理が難しかったり、利用頻度が低かったり、エージェントとの相性が合わなかったりした場合は、無理をせずに退会して別のエージェントを探すことが選択肢としてあります。

転職エージェントはあなたのキャリアに影響を与える重要なパートナーですので、信頼できるエージェントと一緒に働くことが大切です。自分の希望やニーズに合わない場合は、遠慮せずに退会して新しいエージェントを見つけることを検討してください。

なお、ほとんどのエージェントは担当者に連絡を入れるか、退会フォームから手続きを行うことで簡単に退会できます。

Q3.複数の企業から内定がでた場合は、どうすればいい?

まずは、内定を受ける前に慎重に検討するして受諾する企業を決定しましょう。

通常内定から受諾までは、最低でも1週間の返答猶予期間があります。その間に、各企業の条件や将来のキャリアに対するビジョンをよく考えてください。自分の目標や希望に合う企業を選ぶことが大切です。

また、内定を辞退は全く悪いことではないので、気兼ねなく連絡を入れましょう。

内諾する企業決定後は、エージェントには早めに伝えましょう。他の求職者にもチャンスがあるかもしれないので、迅速な対応が求められます。また、登録している他のエージェントにも速やかに連絡しましょう。

他のエージェントにも内定の結果を伝えることが礼儀です。他のエージェントは無駄な提案をしないようにするためにも、素早い連絡が必要です。転職活動のプロセスをスムーズに進めるためにも、エージェントとのコミュニケーションを大切にしましょう。

Q4.担当のキャリアコンサルタントを変更してもらうことはできる?

はい、可能です。新しいキャリアコンサルタントへの変更を希望する場合は、エージェントに直接相談してみてください。理由を丁寧に説明し、希望する変更を伝えることで、スムーズに対応してもらえる可能性が高くなります。

転職活動では信頼できるキャリアコンサルタントとの良好な関係が重要ですので、遠慮せずに希望を伝えることが大切です。自分に合ったサポートを受けることで、より効果的な転職活動ができるでしょう。

製薬業界、転職エージェント複数登録のメリットと手順、効果的な活用方法のまとめ

製薬業界での転職には、製薬特化型の転職エージェントを軸とした複数のエージェントへの登録は効果的な方法です。本記事では、製薬業界の転職で転職エージェントを複数登録する際のメリットと注意するべきポイントを解説しました。

複数の転職エージェントに登録することで、異なるエージェントが持つ求人情報にアクセスできます。これにより、より多くの求人をチェックすることができ、自分に合った仕事を見つける可能性が高まります。

また、異なるキャリアコンサルタントからアドバイスを受けることができます。それぞれのエージェントは独自の視点やアプローチを持っており、異なる視点からのアドバイスは自分の転職活動に新たな視点をもたらしてくれるでしょう。

複数のエージェントを活用することで、それぞれの強みや特徴を比較し、使い分けることができます。求人情報の提供やサポートの質、コミュニケーションのスタイルなど、エージェント間で異なる点を見極めることで、より効果的な転職活動が可能となります。

以上のようなメリットがある一方で、複数登録には、各エージェントとのやり取りやスケジュール管理が増えることなどデメリットもあるので、それを踏まえて効果的に活用することが大切です。

複数のエージェントに登録する際には以下のポイントに注意することで、更に効果を高めることができます。

活用するエージェントの数は3~4社程度に留めることが望ましいです。登録エージェントの数が多すぎると、管理が煩雑になり、効率的な転職活動が難しくなる可能性があります。

次に、製薬業界で転職を考える場合は、製薬業界に特化したエージェントの実績を重視しましょう。

製薬業界に精通しているエージェントは、業界のトレンドや求人情報を豊富に持っており、より適切な支援を受けることができるでしょう。

また、自分の希望やスキルに合った転職エージェントを選ぶことが重要です。製薬業界でのキャリアを考えるのであれば、製薬業界に特化したエージェントを選ぶと良いでしょう。

登録エージェントには、他のエージェントとも連携していることを率直に伝えましょう。これにより、重複応募などのトラブルを避けることができます。そして、複数のエージェントと連絡を取り合う際には、スケジュール管理やコミュニケーションをきちんと行うことが重要です。

面談や企業面接の予定を把握し、トラブルを防ぐために効率的に対応しましょう。

最後に、同じ求人に複数のエージェントから応募することは避けましょう。企業やエージェントに不信感を抱かせる可能性があるため、NGです。

製薬業界の転職は重要な決断です。正しい複数登録の方法とポイントを把握し、自分のキャリアに合ったエージェントを選ぶことで、成功への一歩を踏み出しましょう。製薬業界での失敗しない転職に大切な、転職エージェント。実績があり製薬・医薬品業界に強い転職エージェントだけをまとめた記事「【製薬・医薬品業界】に強い転職エージェントおすすめ比較ランキング10選!」あわせてご活用ください。

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. 製薬業界で転職を考えたらするべき「5つの準備」とは?基本的なセ…

  4. アンサーズってどうなの?求人数やサポート、製薬特化の転職エージ…

  5. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  6. 【MR職】の転職につよい転職エージェントおすすめ比較ランキング|…

  7. 製薬業界【特化型】転職エージェントおすすめ比較ランキング|選び…

  8. 製薬会社どこがいい?製薬会社年収ランキング|外資系、バイオテッ…

  9. 【1分で完了】「MR Biz」転職サービスのはじめ方|登録の手順を3ス…

  10. MR Bizの「採用開始アラート」がオススメの理由6つと使い方解説【…

  1. 【2023年版】米国で特許切れの大型医薬品ランキングTOP10|ヒュミラ…

  2. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  3. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  6. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  7. 【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  8. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  9. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  8. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー