製薬業界で転職活動の前にするべき「5つの準備」とは?|はじめてでも安心して始める転職活動

製薬・医薬品業界で転職をするときに何を準備すればいいのかわからないということありませんか?

製薬・医薬品業界は、研究開発から製造、販売まで多岐にわたる分野であり、高度なスキルが求められるユニークな業界です。そのため、転職でも製薬業界独特の準備が必要です。

本記事では、製薬・医薬品業界で転職活用で必要な準備はなにかを解説します。

この記事を使うことで、転職の第一歩としてどのような準備が必要なのかが明確になります。

別の記事では、転職の開始から入社までの手順と注意点もまとめています。どうぞご活用ください。
>>> 【完全ガイド】製薬業界の開始~入社まで転職手順10ステップとは|失敗しない転職ポイントも解説

1.キャリアプランの明確化

製薬業界での転職を考える場合、まず最初に自分のキャリアプランを明確にすることが非常に重要です。

自分のキャリアプランを明確にすることで、自分にとっての理想的な転職先やその職種、キャリアアップの方向性を考えることができます。また、自分が得意とする分野や興味を持っている分野、今後挑戦したいことなどを整理し、それに基づいた転職活動を進めることができます。

自分のキャリアプランを明確にすることで、転職活動中に企業や採用担当者との面接で自己PRを行う際にも、自分の希望する方向性や目標を明確に伝えることができます。それによって、自分自身と企業とのミスマッチを避けることができ、スムーズな転職活動を進めることができます。

したがって、製薬業界での転職を考える際には、まず自分自身のキャリアプランを明確にすることが非常に重要であると言えます。自分の理想像や目標を明確にして、そのための具体的なアクションを考え、自分自身を成長させるための転職活動を進めることが大切です。

2.自己分析の実施

自分自身のスキルや適性を客観的に分析し、転職の方向性を決めることも大切です。この機会に、自身の強みや弱み、興味や価値観などを振り返り、自己分析を行いましょう。

方法としては、いくつかあります。自分自身のスキルや経験を整理し、スキルシートの作成もその1つです。これによって、自分が持つスキルを客観的に把握し、転職先で求められるスキルとの適合度を確認できます。

転職先での自分の役割や業務内容をイメージし、そのために必要なスキルや資格、知識などを考えます。転職先で実現したいキャリアアップのイメージを明確にすることで、転職活動がスムーズに進みます。

また、後述する準備する書類やエージェントとの情報交換も自己分析にも活用できる手段です。

自分自身の職務経歴を整理し、職務経歴書を作成、自分自身がどのような経験を積んできたかを客観的に把握できます。

キャリアコンサルタントや自分の友人に相談するのも自己分析の1つと言えます。とくにキャリアコンサルタントは多くの転職希望者の相談にのっている経験から、客観的な評価が期待できます。

3. 求人情報の収集

製薬業界での転職を考える際には、転職市場の把握が非常に重要です。まずは製薬業界の転職市場の現状を知ることが大切です。

現在の製薬業界の転職市場は、需要と供給のバランスがとれており、求人数も比較的多い状況にあります。

しかし、製薬業界は研究開発に時間がかかることと、臨床試験や承認申請の進捗によっても需給バランスが変化することなど、求人数が増減します。

製薬企業の経営や戦略によっても、求人ニーズに差があるため、転職市場の状況は企業によって異なります。また、製薬企業の職種は多岐にわたっており、それぞれの職種によって求められるスキルや求人数も異なります。

求人情報を収集する際には、転職サイト、業界専門誌や業界のイベントなどを活用すると良いでしょう。

転職サイトは、膨大な求人情報を抱えていることが多く、自分自身のスキルや希望条件に合った求人を探すことができます。

業界専門誌には、製薬業界の最新情報や求人情報が掲載されていることが多く、企業の特徴や採用方針などを知ることができます。

また、業界のイベントやセミナーに参加することも、求人情報を収集する上で有効な手段のひとつです。

以上のように、製薬業界での転職を考える際には、転職市場の現状を把握し、求人情報を効果的に収集することが重要です。自分自身のキャリアプランに合った求人情報を集めることで、スムーズな転職活動を進めることができます。

4.希望の転職先、部署候補を検討する

製薬業界での転職において、転職先企業の選択で重要なことは、自分のスキルやキャリアに合った企業を選ぶことです。

大手企業や中小企業、新興ベンチャー企業など、企業の規模や特色によって求められるスキルや経験が異なります。自分が持つ能力や希望する職務内容に合った企業を選ぶことが重要です。

企業がどのような研究開発を行っているか、その成果や将来性はどうかなどを調べ、自分の関心や志向に合致する企業を選ぶことが重要です。

また、企業の雰囲気や従業員の働きやすさも、転職先企業を選ぶ上で重要なポイントです。社員の労働環境や福利厚生などが充実しているか、社風や文化が自分に合っているかどうかを確認することが大切です。

企業の業績や成長性も、転職先企業を選ぶ上で重要なポイントです。将来的に事業拡大や成長が見込める企業を選ぶことで、自身のキャリアアップや将来性を見据えた転職を実現できます。

準備の段階ですが、自分のキャリアの方向性として希望の企業や職種を準備して、具体的な転職対策に落とし込みましょう。

製薬会社の職種は多岐にわたります。以下の記事では、主要な職種がどのようなものか?求人のトレンドも含めて解説しています。

>>> 転職前に読んでおきたい製薬会社の「職種と仕事内容」徹底解説

5.転職エージェントへ登録|複数登録がおすすめ

製薬・医薬品業界の転職市場は常に活発で、求人数も増加しています。自分の希望にあった転職をするために、適切な転職エージェントの活用は製薬業界の転職には必須といえます。ただ、製薬業界での転職のコツとしても転職エージェントの活用にはいくつか注意点やオススメの方法があります。

まずは、「製薬特化型の転職エージェント」に登録しましょう。

転職エージェントのメリットの1つは転職専門のキャリアコンサルタントを活用できることです。一方で、製薬業界は、業種、職種、求められるスキルなどにおいて他の業界とは異なります。

そのため製薬業界で転職を検討する際に活用するべきエージェントは「製薬・医薬品」に特化している転職エージェントを活用がおすすめです。そのことで、製薬業界に詳しいキャリアコンサルタントが相談にのってくれます。

履歴書や職務経歴書は、転職をはじめるにあたって準備するべきものと言えますが、転職エージェントのキャリアコンサルタントに添削をしてもらい、より完成度の高いものにすることができます。

次に、業界特化型の転職エージェントに加えて、複数の転職エージェントに「複数登録」をしましょう。

転職を希望して転職エージェントを活用する多くの転職希望者は複数の会社へ登録をしますが、製薬業界での転職も複数の会社への登録がおすすめです。

複数登録をすることでより有利な転職活動ができるからです。

製薬業界の転職で活用するべき転職エージェントの使い方は別途記事「【必読】製薬業界の転職で使うべき転職エージェント「5つのタイプ」徹底解説|タイプで絞り込んで複数登録が効果的」を併せてご活用ください。

転職活動をはじめるのに準備するものはありますか?

製薬業界で転職活動をはじめるのにまずは必要なものを3つあげます。

■ 履歴書・職務経歴書
■ パソコン・スマホ
■ 個人のEmail

履歴書・職務経歴書

製薬業界での転職を考える場合、まずは自己紹介や職務経歴をまとめた履歴書や職務経歴書が必要です。

これらの書類は、過去の経験やスキル、学歴、研究や業務での成果などを示すために使用されます。製薬業界は専門性の高い分野であるため、経歴書を通じて自身の専門知識や実績をアピールすることが重要です。

パソコン・スマートフォン

パソコンやスマートフォンはすでにお持ちだと思いますが、転職活動にも必須です。

情報収集、コミュニケーションツール、文書作成、データ分析など、さまざまな業務にこれらのデバイスが必要です。

なお、会社支給のラップトップやスマホを転職活動に活用は可能ですが、作成した文書などは個人のクラウドへの保存や、閲覧履歴など転職に関する情報の管理には注意をしましょう。

転職に関してのスマホ、パソコンは、個人のパソコンを使用することで情報管理は徹底できます。

個人のメールアドレス

皆さん会社のメールアドレスとは別途で個人のメールアドレスをお持ちだと思います。

転職活動におけるコミュニケーション、情報交換には、個人のメールアドレスが必要です。

メールは求人応募や連絡手段として使用されます。なお、個人のメールアドレスは、プロフェッショナルな印象を与えるようなアドレスを選ぶことが大事です。また、スマホでメールの確認が出来るなど、必要な時に確認、返信や連絡を迅速に行える準備をしましょう

※ 自宅で快適なインターネット環境に|各社特典があります。複数サービスを比べてみてください
【ビッグローブ光】 【フレッツ光】 【SoftBank光】 【auひかり】

製薬業界の転職をはじめるまえの5つの準備まとめ

本記事では、製薬業界での転職に必要な5つの準備について解説しまたが、いかがでしたでしょうか?

転職は、キャリアのみならず人生にとっても大きな決断です。多くのするべきことがありますが、ひとつひとつクリアにして自分の具体的な目標に進んでいってほしいと思います。とにかく製薬会社は、多様な職種がありたくさんのキャリアパスがあります。

転職で成功するためには、タイミングや情報活用、ネットワークなど様々な要素があります。転職情報、求人情報を上手に活用しましょう。転職サイトや、業界専門誌、イベントなどは有効な情報ソースでありイベントです。

特に、転職サイトや転職エージェントの有効活用は成功のために必須と言えます。製薬業界は他の業界とは異なるルールや求められるスキルもあるので、まずは製薬業界特化の転職エージェントの活用を検討しましょう。

一方で、転職エージェントはそれぞれの会社の特性で様々なタイプがあります。「総合型」「英語型」「ハイクラス型」などが製薬業界の転職でも有利に活用できるタイプです。効果を高めるために、「特化型」の転職エージェントに加えて複数の「総合型」「英語型」「ハイクラス型」に「複数登録」をすることがオススメです。

転職エージェントは、履歴書やエントリーシート、面接の準備や対策などもサポートしますので、転職に向けて大きなサポートとなることでしょう。これらのステップを順番に進め、自分のキャリアプランに合致する転職先を見つけるための準備を整えましょう。頑張ってください!

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. アンサーズの「採用開始アラート」がオススメの理由6つと使い方解…

  2. 【アンサーズ】が製薬業界の転職におすすめの理由3つ|口コミと評…

  3. 2028年の世界の製薬会社売上ランキング|これから伸びる製薬会社は…

  4. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  5. IQVIAの医薬品市場統計の国内売上ランキングトップ10でみる国内の本…

  6. ロバート・ウォルターズが製薬業界の転職におすすめの理由3つ|登…

  7. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキングでわ…

  8. 国内販促会社ベースの売上ランキング比較でわかった日本市場で本当…

  9. 世界の売上ランキングトップ5の大手製薬会社の主力製品と日本での…

  10. モランダが製薬業界の転職におすすめの理由3つ|登録の手順と評価…

  1. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  2. 製薬業界の転職トレンドを活用する方法を解説|転職トレンドに影響…

  3. TOEICで高スコア目指すおすすめ「英語スクール」5選|製薬業界キャ…

  4. 【2023年版】米国で特許切れの大型医薬品ランキングTOP10|ヒュミラ…

  5. 【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  6. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  7. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  8. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  9. 【必読】製薬業界の転職で使うべき転職エージェント「5つのタイプ…

  10. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキングでわ…

  2. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  3. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  4. 【必見】製薬業界の転職はじめ方10の手順と注意するべきポイント…

  5. 転職前に読んでおきたい製薬会社の「職種と仕事内容」徹底解説|各…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順!転職エージェント複数登録4…

  7. 【必読】製薬業界の転職で使うべき転職エージェント「5つのタイプ…

  8. 製薬業界の転職トレンドを活用する方法を解説|転職トレンドに影響…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
転職サイトはdoda
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー