【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「傾向と対策」とは?

製薬業界の「開発職」で転職を検討しているものの、「開発職」の求人数の傾向はどうなっているのでしょうか?しっかりと傾向を踏まえた対策としてどのように転職活動をすればよいのでしょうか?

本記事では、製薬業界における開発職の最新の求人数の傾向を踏まえて、転職希望者がどのような対策をして、どのように転職エージェントを活用すればいいのかを解説致します。開発職で転職を希望する方に役に立つ情報を提供します。

「開発職」の転職。求人データの傾向からみる対策とは?

製薬業界の「開発職」、職務内容とその役割とは?

製薬業界の開発職の業務は、新しい医薬品を臨床試験を通じて治療薬としての効果と安全性を確認し、医薬品として認可・販売するプロセスを担当することです。医薬品は実際に承認され患者さんに治療薬として使われるまでは長期にわたり、多大な経費がかかります。さらに、そのような経緯を経ても承認される医薬品はごく僅かです。

開発職は、製薬会社にとって長期にわたる開発品への投資期間全体にわたって業務を行います。

医薬品業界特化の転職サイトと転職エージェントを展開し、転職の無料サポートを提供している「アンサーズ」では、製薬業界での開発職の求人カテゴリーを大きく「開発企画・PM」「QC・QA・監査」「CRA」「薬事」「DM・統計解析」に分けて求人情報を提供しています。開発職は、これらの各部門が連携しつつ、薬の開発から承認・販売までを進めることが求められます。

製薬会社にとって、開発職は非常に重要な役割を担っています。開発部門は自社の開発品の競争力を維持、成長するために様々な業務を行います。医薬品市場に新しい薬を提供することは、企業の成長と収益に直結し、競合他社との差別化を図ることができます。

そのため、開発職が高い技術力と専門知識を持ち、効率的に業務を遂行することで、製薬会社の成功に大きく貢献することが期待されています。

「開発職」転職市場の現状と求人数の傾向

製薬業界「開発職」の求人に関する傾向の分析に、「アンサーズ」の定期的に収集している製薬業界の職種別の求人数に基づき分析をしたいと思います。

現在、製薬業界の総従業員数は減少傾向にあります。開発職においてもこの全体的な傾向の影響は受けますが、製薬会社がもつ開発品の数や売上予測に基づいてそれぞれの会社の開発部門にかける戦略や投資も異なります。当然期待の新薬が多い場合には、開発職への需要は高くなります。

開発職の求人は、それぞれの製薬会社の開発状況と開発戦略に大きく影響を受けまが、製薬業界の職務別で求人数を見た場合、約2400もの求人数(非公開含む)あり、最も求人数が多い職務でもあります。(参照:【2023年最新版】製薬業界で転職するなら知っておきたい部署別求人数ランキング)それでは、更に、2022年後半から23年前半にかけての全体的な傾向からも開発部門の求人の傾向を見てみましょう。

2023年最新の「開発職」求人数データ

23年3月 23年2月 23年1月 22年12月 22年11月 22年10月 22年9月 平均
開発企画・PM 1% -4% -1% -2% 1% 1% -1% -1%
QC・QA・監査 0 9% 5% -14% 16% -6% 21% 4%
CRA 1% -1% -1% 1% 8% 2% 0% 1%
薬事 -1% -1% -2% 0% -1% -1% -6% -2%
DM・統計解析 -1% 0% 2% 2% 9% -4% 3% 2%

出典:アンサーズニュース発表情報を収集して編集

上記は「アンサーズ」が発表している求人データをを22年9月から23年3月までのものをまとめたものです。製薬業界全体の従業員数は減少傾向にありますが、開発職の求人動向は、2022年9月から2023年2月にかけて、継続的に堅調に推移していると言えます。

今回の調査期間中の中で、「QC・QA・監査」と「CRA」の求人数においては、増加傾向にあります。この期間中、CRO(受託研究機関)の募集が特に活発で、国際共同治験が増える中、CROでは受託プロジェクトの増加に伴って募集が増えています。また、再生医療関連の求人も増えています。

「アンサーズ」の解説によると、2022年後半は、未経験者や第二新卒者の募集も多かったようです。メーカーやCROの中でも、グローバル開発のニーズが拡大しているため、高い語学力を持った人材を求める求人が中心となっています。

CRA(モニター)やDM(データマネジメント)の未経験者募集が続いており、内製化に向けたモニタリング業務の募集もあるようです。

また、海外バイオ医薬品企業からの臨床試験数が増加しており、開発職に対するニーズも高まっています。23年は数十人規模の大型採用も続くと見られています。

開発職の転職で成功するために必要なポイント

自己分析と職務経歴書、面接対策

製薬業界の開発職での転職を成功させるためには、自己分析が欠かせません。自分がどのような仕事をしたいのか、どのような会社で働きたいのかを明確にすることが必要です。また、自己分析に基づいた自己PRも重要です。自分がどのような価値を持ち、どのような業務経験があるのかを整理しましょう。職務経歴書は重要なことはもちろんですが、面接対策もしっかりと準備をしましょう。

自己分析をしっかりすることで、自分の強みや弱みを知り、それをどのように伝えるか、どのような質問が出るかを予想し、準備をしておくことが大切です。

英語力の活用

製薬会社の開発職には、高い英語力が求められます。そのため、高い英語力がある人は、TOEICのスコアなどで客観的なデータを示すことが有利に働きます。一方、英語力が低い場合は、しっかりと英語学習をして英語力を向上させる必要があります。

業務の中に、国内外の学術論文や規制ガイドライン、市場調査レポートなどの文献を読み解くだけでなく、海外の業者や取引先、製薬会社と協業する場合も多く、英語でのコミュニケーションが必要となります。したがって、開発職には英語力の維持・向上が重要な要素となっています。

開発職においては、英語は常に活用する業務が多いため、TOEICのスコアはもちろん、英会話力、ビジネス英語、語彙力の強化など、実践的な英語力を身につけることが重要です。

このように、開発職の転職で成功するための対策として英語力の向上としっかりとその英語力の高さを見せる用意をすることが大切です。

転職エージェントは、製薬業界特化型と総合型エージェントの併用がおすすめ

製薬業界「開発職」の転職を有利にするためには、転職エージェントの活用がおすすめです。特に、製薬・医薬品業界特化型と総合型の転職エージェントを併用することが効果的です。

転職エージェントは独自のネットワークを持っており、求人情報や企業情報に詳しいため、自分に合った転職先を紹介してくれることが期待できます。また、面接対策や履歴書の添削などのサポートもしてくれます。

転職サイトでは一般に公開されていない非公開求人が多いため、エージェントを利用することで、より魅力的な求人情報を得ることができます。

特化型の転職エージェントは製薬・医薬品業界に精通しているため、独自のネットワークや情報や、業界独特の商習慣や最新のトレンドを把握しているため、転職希望者に合った求人情報を提供してくれる可能性が高くなります。一方、総合型のエージェントは多くの製薬会社が利用しているため、求人数も多い事に加え、面接対策や転職活動のアドバイスなどの総合的なサポートも受けることができます。

ただし、総合型の転職エージェントを利用する場合は、製薬業界での実績があるコンサルタントにサポートしてもらうように注意しましょう。

製薬業界「開発職」転職におすすめの転職エージェント3選

製薬業界「開発職」の転職においておすすめの転職エージェントを紹介します。

製薬特化の「アンサーズの無料転職サポート」

「アンサーズ」公式サイトで無料登録

製薬ニュースメディア「アンサーズニュース」も運営する東証一部上場企業の株式会社クイックが提供している製薬特化の転職アージェントサービスへの登録がまずはおすすめです。

アンサーズは製薬業界のすべての職種で求人を網羅、開発職においても多くの求人数をもちます。また、製薬業界では非公開求人も多いので、製薬業界に強い転職エージェントに登録することでこのような非公開求人も含めて転職活動を進めることが可能です。なお、アンサーズは人材サービスを提供し続けて30年以上の歴史があります。
アンサーズの無料転職サポートを詳しく知りたい方はこちらの記事もご活用ください。アンサーズの転職サポートの評判や口コミ、ならではの強みを詳しく解説しています。

「アンサーズ」公式サイトで無料登録

【総合型】製薬業界に強い「JACリクルートメント」

公式サイトはこちら

総合型の転職エージェントで製薬業界でも実績のある「JACリクルートメント」がおすすめです。「JACリクルートメント」は、総合型の転職エージェントとして多くの製薬会社からの求人情報があること、転職の相談や履歴書の添削、面接対策など、転職に必要な支援をトータルで行っていることから、高い信頼性を誇っています。

JACリクルートメントは、製薬業界に精通したコンサルタントが求職者の希望やスキルに合わせた最適な転職先を紹介しています。そのため製薬業界でも多数の実績を持ち、その実績は業界内でも高く評価されています。

「JACリクルートメント」サイトはこちら

【総合型】求人数も多い「パソナキャリア」

公式サイトはこちら

パソナキャリアは、総合型の人材紹介サービスを提供する企業であり、求人数も多く、求職者にとって有利なポイントが多数あります。また製薬会社ごとに求人情報を見られることも業界内での転職を希望する人には便利です。

求人数が豊富であることや、高いコンサルティング力が「総合型」の転職エージェントとしての強みで、製薬業界の転職でもこのような充実したサービスは転職を有利に進める上で重要です。

多彩なサービスを提供していることも活用する理由のひとつです。パソナキャリアは、転職活動に必要な支援サービスを多数提供しています。転職の相談や履歴書の添削、面接対策など、求職者のニーズに合わせた支援を行うことで、求職者の転職活動をサポートし、成功に導きます。

「パソナキャリア」サイトはこちら

製薬・医薬品業界「開発職」の転職におすすめの転職エージェントをご紹介しました。適切な転職エージェントを選ぶことはとても重要です。転職エージェントは数多くありますし、コンサルタントとの相性なども結果に影響を与えますので、じっくりと自分にあった転職エージェントの選択して成功するための転職活動に生かしましょう。

なお、上記以外にも製薬業界で実績のある転職サイト・エージェントがございますので、一覧としてまとめている「製薬・医薬品業界の転職で実績のある転職エージェント一覧」も併せてご活用ください。

「開発職」の転職を求人数の傾向からみる対策のまとめ

製薬・医薬品業界の開発職は、新薬を臨床試験を通じて効果と安全性を確認し、承認・販売するまでの長期でコストがかかるプロセスを担当することです。

現在、製薬業界の全体的な従業員数が減少傾向にありますが、期待の新薬が多い場合など、開発職への需要は高くなるなど各社の開発戦略に大きく営業を受けますので業界情報をしっかりと把握して転職活動に生かすことが大切です。

製薬業界で開発職の転職を希望する場合、転職エージェントを活用し、求人情報を収集することも効果的です。開発職は、開発企画・PM、QC・QA・監査、CRA、薬事、DM・統計解析の5つのカテゴリーに分けられますが、職務は多岐にわたります。開発職には高い技術力と専門知識が求められますが、効率的に業務を遂行することで、製薬会社の成功に大きく貢献することが期待されています。

製薬業界に特化した転職エージェントと、総合的な転職エージェントの両方を併用することは効果的です。製薬業界に特化した転職エージェントは、製薬業界に詳しいエージェントが多く在籍しており、業界内での求人情報に精通しているため、適切な求人情報を紹介してもらえる可能性が高いです。一方、総合的な転職エージェントは、製薬業界に限らず、あらゆる業界の求人情報を取り扱っている経験が高いので様々な相談やアドバイスを受けられます。

自分が望む条件に合った求人情報をより多く提供してもらえる可能性が高まりますので、両方のエージェントを併用することをお勧めします。自分にとって最適な求人に挑戦できるきっかけになりましたら幸いです。

製薬・医薬品業界の転職では、適切な転職エージェントを選ぶことはとても重要ですが、転職エージェントは数多くありますし、コンサルタントとの相性なども結果に影響を与えます。そのような方向けに、製薬業界の転職で実績のある転職サイトとエージェントを一覧としてまとめている「製薬・医薬品業界の転職で実績のある転職エージェント一覧」も併せてご活用ください。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. 製薬業界で転職を考えたらするべき「5つの準備」とは?基本的なセ…

  4. アンサーズってどうなの?求人数やサポート、製薬特化の転職エージ…

  5. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  6. 【MR職】の転職につよい転職エージェントおすすめ比較ランキング|…

  7. 製薬業界【特化型】転職エージェントおすすめ比較ランキング|選び…

  8. 製薬会社どこがいい?製薬会社年収ランキング|外資系、バイオテッ…

  9. 【1分で完了】「MR Biz」転職サービスのはじめ方|登録の手順を3ス…

  10. MR Bizの「採用開始アラート」がオススメの理由6つと使い方解説【…

  1. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  2. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  3. 【2023年版】米国で特許切れの大型医薬品ランキングTOP10|ヒュミラ…

  4. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  7. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  8. 【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  9. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  10. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  8. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー