ADAで注目は肥満症治療薬、ライセンス契約ニュース、米メルクの肺炎球菌ワクチン|世界の製薬ニュース【トップ3】

製薬業界データとランキングでわかりやすく解説する【Insights4 Pharma】が厳選する「今週の世界の製薬ニューストップ3」をお届けいたします。

1位は、21日から開催される米国糖尿病学会(ADA)のニュース。糖尿病学会ではありますが、今年の注目は肥満症治療薬の併存疾患への適用拡大が注目に。

今年の米国糖尿病学会(ADA)は6月21日に開催となりますが、最も注目さえているのが、イーライリリー(時価総額世界トップ)の肥満症治療薬チルゼパチドとノボノルディスクファーマ(売上世界12位)のセマグルチドの併存疾患への適応拡大です。

次に今週の注目は、ロシュ(売上世界1位)とサノフィ(売上世界6位)がそれぞれ締結をしたライセンシング契約です。ロシュとサノフィが、RNA治療とケモプロテオミクスでそれぞれパートナーシップを18日に締結、発表しました。

3つめの注目が、米メルク(売上世界2位)の肺炎球菌ワクチンCapvaxiveのFDAからの承認。これにより、米メルクは、新21価肺炎球菌ワクチンCapvaxiveをもって、ファイザーのプレブナーと競合することになります。

Insights4 Pharmaでは、製薬業界で働く方向けの情報を「無料のメールマガジン」でもお届けいたしております。ご希望の方は以下のリンクからご登録ください。

業界で5000人が使っているInsights4 Pharmaのメルマガ

エンワールド・ジャパンビズリーチJACリクルートメント
外資系の転職につよい
製薬業界での実績多数
製薬業界の実績多数
スカウト型でハイクラスに強い
英語にも強い総合型
製薬業界での実績も多数
公式ページ公式ページ公式ページ

【PR】Insights4 Pharmaでは、製薬業界の失敗しないために最も適した転職エージェントをご紹介。転職エージェントへの登録前に「失敗しない転職相談」サポートをご活用ください。

【1位】6月21日から米国糖尿病学会(ADA)が開催。トピックは肥満薬

今年のADAでは、その名称とは裏腹に、糖尿病領域ではなく、肥満症治療薬であるチルゼパチド(Zepbound、マウンジャロ)とセマグルチド(オゼンピック、ウェゴビー)の併存疾患への適応拡大が注目される。

イーライリリーは、肥満症に関連した閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)におけるチルゼパチドの有用性を強調するSURMOUNT-OSA試験の結果を発表する。

同社は4月に、チルゼパチドが2つの独立した試験で無呼吸低呼吸指数(AHI)を有意に改善するというエンドポイントを達成したと報告し、その結果をトップラインで発表していた。

ノボ・ノルディスク社も負けじと、腎臓病や心不全(HF)患者におけるリスク低減データで市場での地位を強化する方法を探っている。

同社は昨年末、腎臓病患者を対象としたFLOW試験を中止しており、セマグルチドが患者群を限定する可能性があるというニュースで透析企業の株価が急落している。

セマグルチドとチルゼパチドの背後には、肥満症のパイを手に入れようとする後続のGLP-1作動薬が増え続けている。

その中で最も注目を集めているのが、ギリアド・サイエンシズ社の新しい経口低分子GLP-1作動薬である。

同社は、計画中のフェーズI試験に先立ち、GS-4571の霊長類データをADAで発表している。運がよければ、ギリアド社は代謝機能障害関連脂肪肝炎(MASH)の臨床開発で培った経験を活かして、この候補薬を前進させることができる。

出典:Spotlight On: Four things to watch at ADA 2024 Insights4 Pharmaが日本語に翻訳して編集

【2位】ロシュとサノフィが、RNAとケモプロテオミクスで18日に契約締結を発表

ロシュとサノフィの両社が6月18日それぞれパートナーシップ締結のニュースを発表した。

ロシュは、RNA治療分野での提携をさらに進め、神経疾患の標的を追求するため、Ascidian Therapeutics社に4200万ドルの契約一時金に加えて最大18億ドルを支払うことで合意したと発表。

一方、サノフィはBelharra Therapeutics社と総額7億4,000万ドル相当の契約を結び、「治療不可能な」標的に対する治療法の開発を目指していると発表した。

参照:Roche partners with Ascidian Therapeutics to develop gene therapies|Reuters
Sanofi heads out to surf Belharra in $700M biobucks immunology deal|Fierce Pharma Insights4 Pharmaが日本語に翻訳して編集

【3位】米メルクのCapvaxiveが肺炎球菌の予防接種範囲を拡大承認。ファイザーのプレブナーに対抗

米メルク社の肺炎球菌ワクチンがFDAに承認されたことで、昨年世界で64億ドルの売上を記録したファイザー社のプレブナーと競合することになる。

メルク社の21価肺炎球菌ワクチンはCapvaxiveというブランド名で、他の肺炎球菌ワクチンにはない8つの血清型をカバーしている。

メルク社によると、Capvaxiveは18歳以上の成人を対象として承認されているが、50歳以上の患者群向けに設計されている。米国疾病予防管理センターの予防接種実施諮問委員会は来週、Capvaxiveの運命を大きく左右することになり、どのような人に接種の資格があるかを勧告することになっている。

メルクはまた、キイトルーダ(ペムブロリズマブ)について、ミスマッチ修復の有無にかかわらず再発子宮内膜がんを治療する新たな適応を取得し、抗PD-1モノクローナル抗体の開発以来10年間で40件目の承認となった。

参照:U.S. FDA Approves CAPVAXIVE™ (Pneumococcal 21-valent Conjugate Vaccine) for Prevention of Invasive Pneumococcal Disease and Pneumococcal Pneumonia in Adults Insights4 Pharmaが日本語に翻訳して編集

まとめ

今週の世界の製薬業界で話題となったニュース3つをInsigts4 Pharmaがまとめました。 

6月21日(金)から開催される米国糖尿病学会(ADA)では、肥満と糖尿病研究の最新・最良の成果が発表されます。

今年のADAでは、糖尿病領域に留まらず、肥満症治療薬であるチルゼパチド(Zepbound、マウンジャロ)とセマグルチド(オゼンピック、ウェゴビー)の併存疾患への適応拡大が注目される。特にイーライリリーのチルゼパチドに関するSURMOUNT-OSA試験結果や、ノボ・ノルディスク社の腎臓病や心不全患者に対するリスク低減データが焦点となる。

また、ロシュとサノフィの両社が6月18日に発表したRNA治療とケモプロテオミクス分野でのパートナーシップも重要な話題です。

ロシュはAscidian Therapeutics社と神経疾患を標的とした最大18億ドルの契約を結び、サノフィはBelharra Therapeutics社と治療不可能な標的に対する治療法開発を目指した総額7億4,000万ドルの契約を締結した。

メルクの新21価肺炎球菌ワクチンCapvaxiveがFDAに承認され、ファイザーのプレブナーと競合することになる。Capvaxiveは他のワクチンにはない8つの血清型をカバーしており、18歳以上の成人を対象として承認された。米国疾病予防管理センターの予防接種実施諮問委員会は来週、このワクチンの推奨接種対象を決定する予定です。

  1. 外資系製薬会社の平均年収ランキング比較|口コミサイト徹底調査。…

  2. ADAで注目は肥満症治療薬、ライセンス契約ニュース、米メルクの肺炎…

  3. リリー社ドナネマブ承認へ近づく、ファイザー社DMD、アッヴィ抗TL1A…

  4. 全130社の年収を徹底比較!日本国内創薬大手、外資系、バイオ、兼業…

  5. これから伸びる製薬会社は?|売上予測と時価総額ランキングで将来…

  6. 【薬剤師の資格】を活かすおすすめ転職エージェント|未経験でも製…

  7. 日本の製薬会社売上ランキングトップ40|ランキングから見る製薬業…

  8. はじめての転職でも安心。開始から入社までの10の手順と注意する…

  9. 転職活動をバレずに進めるための工夫とは?|バレる特徴とバレたと…

  10. 製薬業界は本当に求人数が少ない業界なのか?医療業界のデータとも…

  1. 種類で転職エージェントを選ぶメリットと注意点徹底解説|製薬・医…

  2. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  3. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  4. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  5. 【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  6. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  7. はじめての転職でも安心。開始から入社までの10の手順と注意する…

  8. 【2023年版】米国で特許切れの大型医薬品ランキングTOP10|ヒュミラ…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  1. 日本の製薬会社売上ランキングトップ40|ランキングから見る製薬業…

  2. はじめての転職でも安心。開始から入社までの10の手順と注意する…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 種類で転職エージェントを選ぶメリットと注意点徹底解説|製薬・医…

  8. 転職市場動向を活かして始める失敗しない転職|製薬業界の3つの要…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー
【Insights4 Pharma】ランキング・データで見る製薬業界発行の「無料メルマガ」ご利用ください
無料メルマガ登録はこちら
メルマガ登録はこちら