製薬会社で実績のある転職エージェントおすすめ比較10選

製薬・医療業界の転職におすすめ転職エージェント10選|選び方と登録方法、注意点まで徹底解説

[このページにはPRリンクが含まれています]

.
.

製薬・医療業界での転職。失敗しないためには転職エージェントの活用が良いと聞きました。これから登録をしたいのですが、どの転職エージェントが自分にとって最適なのでしょうか?おすすめのエージェントを教えて下さい。

このような方におすすめ

  • 製薬業界の転職、転職エージェントがありすぎて選べない
  • 転職エージェントの強みを活かしたいがどうやって活用すればいいのか?
  • 製薬業界で実績のある転職エージェントを使いたい

製薬業界の転職を通じてキャリアアップを目指す際に活用されているのが「転職エージェント」。

転職エージェントは、希望の求人情報の紹介に加え、面接対策や職務経歴書の添削など転職活動全般を通じてサポートをすることで、転職によるキャリアアップの成功を強く支援します。

製薬業界で転職を希望する人向けに、業界内でしっかりと実績のあるおすすめできる転職エージェントを紹介、解説します。

なお、転職をこれからはじめる人むけに、別途記事「製薬・医療業界の転職完全ガイド」をご利用ください。転職の準備から転職で失敗しなための情報をまとめて提供しています。

製薬、医療業界で失敗しないおすすめ転職エージェントの選び方

  • おすすめ転職エージェントの比較表を活用する
  • 転職エージェントをタイプで選び、つよみを活かす
  • 複数登録する
  • 製薬業界での実績を確認する

【比較表】製薬・医療業界おすすめ転職エージェント10社

サービス名種類おすすめ度英語力求人数非公開求人特徴公式サイト


アンサーズ
製薬特化型5.04.03.0業界で多数製薬・医薬品専門のコンサルタントが転職をサポート詳細を見る

MR Biz
製薬特化型
MRにつよい
5.03.03.0業界で多数製薬業界のMRに特化した転職のサポート詳細を見る


JACリクルートメント
英語に強い
MRにつよい
4.55.03.0多数あり大手総合型に加え、ネイティブのキャリアコンサルタントを有し英語にも強い詳細を見る

ビズリーチ

スカウト型
MRにつよい
4.53.04.0業界で多数ハイクラスに強いスカウト型最大手
製薬業界の求人、実績も多い
詳細を見る

エンワールド・ジャパン

英語に強い
4.54.53.0業界で多数外資系製薬会社
グローバル大手
医療機器メーカー
製薬業界でも実績多数
詳細を見る

Type転職エージェント
ハイクラス4.04.04.0ありハイクラスにも強い転職エージェントできめ細かいサポートが評判詳細を見る

ランスタッド
ハイクラス
英語に強い
4.54.53.0多数あり外資系・大手グローバル製薬企業にも強く英語を活かせる転職に強み詳細を見る

ロバート・ウォルターズ
ハイクラス
英語に強い
4.55.04.0多数ありネイティブのキャリアコンサルタントがサポート。製薬業界の幅広い業種で実績詳細を見る
おすすめ度、求人数、英語力は「5点満点評価制度」で5が最も高い評価になります

転職エージェントを種類で選択|強みを活かす

タイプ特徴転職エージェント
公式サイト
種類別
詳細記事
製薬特化製薬業界の求人情報や業界動向に精通、求職者に最適なキャリアアドバイスを提供アンサーズ詳細を見る
MR特化MRに特化した求人情報を提供、MRとしてのキャリアアップに最適なサポートを提供MR Biz詳細を見る
英語につよい英語を活用した仕事を多くもち、ネイティブのコンサルタントがサポート提供もあるJACリクルートメント
ロバート・ウォルターズ
エンワールド
詳細を見る
外資系につよい外資系企業の求人情報が豊富。英語力や国際的な職務経験を重視する企業を紹介ランスタッド
JACリクルートメント
ビズリーチ
エンワールド
作成中
スカウト求職者のスキルや経験をオンラインでみて直接アプローチ。有料の場合もありビズリーチ
リクルートエージェント
作成中
ハイクラスエグゼクティブや管理職など、高度なスキルや豊富な経験、高収入や高いポジションを目指す求人情報が豊富モランダ作成中
薬剤師特化薬剤師の専門知識を活かせるポジションの紹介や、薬剤師としてのキャリアアップをサポートします。レバウェル薬剤師
ファーマキャリア
ヤクジョブ
詳細を見る
医師転職特化病院やクリニック、医療機関の医師向けの求人情報が豊富製薬会社のメディカルドクター(MD)も含まれるJMC
民間医局
RDC医師
作成中

製薬業界の転職で転職エージェントを選ぶ際には、転職エージェントのつよみで絞り込むことが有効です

製薬業界や医療業界での転職を成功させるためには、自分の目標やキャリアに合ったエージェントを選ぶことが重要です。以下に、さまざまなエージェントの種類とその特徴を説明します。

製薬特化エージェント:研究職、開発職など専門性が高い求人

製薬業界の開発職や研究職への転職を希望する場合、製薬特化エージェントの利用が必須です。これらのエージェントは、製薬企業との強いネットワークを持ち、専門的な知識を持つコンサルタントが在籍しているため、希望する職種に合った求人情報を提供してくれます。

MR特化エージェント:MR職の転職、MRへの転職検討の人は必須

MR(医薬情報担当者)に特化したエージェントは、製薬会社の営業職への転職をサポートします。MR職に求められるスキルや経験を理解し、最適な求人情報を提供するため、転職成功率が高いです。

英語に強いエージェント

グローバル企業や外資系企業への転職を希望する場合、英語に強いエージェントが役立ちます。これらのエージェントは、英語面接の対策や英語履歴書の添削など、英語力を活かした転職活動をサポートします。

外資系に強いエージェント

外資系企業への転職を目指す場合、外資系に強いエージェントを利用することが効果的です。外資系企業の文化や採用プロセスに精通しており、適切なアドバイスを提供してくれます。

薬剤師の転職に強いエージェント

薬剤師としてのキャリアを続けたい場合、薬剤師に特化したエージェントがおすすめです。調剤薬局、病院、製薬会社など、薬剤師の多様なキャリアパスに対応した求人情報を提供します。

第二新卒に強いエージェント

新卒としての経験が少ない若手を対象にしたエージェントです。第二新卒に特化したエージェントは、若手向けのキャリア相談や企業紹介を行い、早期のキャリア形成をサポートします。

未経験にもつよいエージェント:新たに製薬業界を目指す人に

異業種からの転職や未経験職種への転職を希望する場合、未経験に強いエージェントが役立ちます。これらのエージェントは、未経験者向けの研修プログラムやサポート体制を整えており、スムーズな転職を支援します。

ハイクラス・エグゼクティブに強いエージェント

管理職やエグゼクティブポジションへの転職を目指す場合、ハイクラス・エグゼクティブに強いエージェントの利用が効果的です。これらのエージェントは、高度なスキルと経験を持つプロフェッショナルを対象に、特別な求人情報を提供します。

スカウト機能を持つ転職エージェント

スカウト機能を持つ転職エージェントは、企業側からのアプローチを受けることができるサービスを提供します。これにより、自分から積極的に求人を探す必要がなく、企業から直接オファーを受けることができます。

医師特化の転職エージェント

医師特化の転職エージェントは、医療機関や医療法人との強いネットワークを活かし、医師向けの専門的な求人情報を提供します。臨床医、研究医、産業医など、さまざまな医師のキャリアパスに対応した求人を扱っています。さらに、医師が製薬業界への転職を希望する場合にも対応しており、製薬会社のメディカルアフェアーズや臨床開発などのポジションを紹介します。

看護師特化の転職エージェント

看護師特化の転職エージェントは、病院、クリニック、介護施設、訪問看護ステーションなど、多岐にわたる医療機関とのネットワークを持ち、看護師向けの求人情報を提供します。これらのエージェントは、一般病棟、ICU、手術室、訪問看護など、さまざまな看護師の職種や働き方に対応した求人を取り扱っています。

製薬、医療業界の転職では、このような専門性の高いエージェントの特徴を理解し、自分のキャリア目標やニーズに合ったエージェントを選ぶことで、転職活動を効果的に進めることができます。

別記事「転職エージェントの種類とそれぞれのメリット・デメリット徹底解説」でエージェントを種類をより詳しく解説しています。

複数の転職エージェントに登録

製薬業界の転職で失敗しないため、複数の転職エージェントに登録しましょう。

複数の転職エージェントに登録をすることで、その転職エージェントが持つ「非公開求人」を含めた独自の求人情報へのアクセスが可能になります。

それぞれの転職エージェントの特徴とサービスを活用することも転職での成功の可能性を広げてくれます。

なお、複数登録にはいくつか注意点があります。

別記事「成功する複数の転職エージェント登録の手順|3つのメリットと注意点」で説明を加えていますので参考にしてください。

【重要】実績のある転職エージェントを活用する

製薬業界の転職で成功するための最後のポイントは、製薬業界で実績のある転職エージェントを活用することが必須です。

転職エージェントに登録後にも、担当するコンサルタントが製薬業界の転職で実績があるのか、業界に詳しいのかを確認することが大切です。

実績のある転職ージェントは、専門性の高い製薬業界にも深く精通しており、非公開求人や優良なポジションの情報に熟知しています。

製薬業界の中で、限られている希望やスキルに合った最適な求人を提案してくれます。

製薬、医療業界の転職で実績のあるおすすめの転職エージェント一覧

製薬、医療業界の転職で実績のあるおすすめの転職エージェント一覧とその基本的な情報を以下にまとめました。更に詳しい情報は各エージェントの解説サイトをご活用ください。

製薬特化の転職エージェント「アンサーズ」

アンサーズは、製薬業界特化の転職エージェントです。専門性の高い製薬業界の転職で成功するには業界の内部にも食い込んでいる「製薬特化の転職エージェント」の活用は必須です。

アンサーズは製薬業界内のあらゆる業種、部門に食い込むことで独自の求人情報を入手、アンサーズの転職エージェントに登録後には70%の非公開求人情報にもアクセスが可能です。

「アンサーズ」は、製薬業界に深く食い込むことでが提供している「採用開始アラート」は、求めている求人が開始された際にメールでお知らせをしてくれるサービスです。今希望の職種で求人がない場合や、今後転職をしたいと考えている人にはとても便利なサービスとの評価があります。

エージェントの種類製薬業界特化型MR職
公開求人数約2000件
非公開求人70%が非公開求人
つよい年代製薬業界の20代、30代、40代、50代、シニア
つよい業種製薬会社、バイオテック、ジェネリック、原薬、CRO、製薬業界全般の業態に対応
つよい職種研究職、開発職、管理部門、薬事、CRA、
品質管理/品質保証、PMS、
MR、メディカルリエゾン、学術、
事業開発、ライセンシング、製薬会社各職種に対応
製薬業界での実績多数あり
英語を活かせる求人あり
公式サイト公式サイトはこちら
アンサーズの口コミと評判はこちらから
製薬特化転職エージェント【アンサーズ】口コミと評判、登録の手順まで徹底解説

MRの転職には「MR BiZ」

MRに特化した転職エージェントです

MR Bizは株式会社クイックが製薬業界向けに展開する転職エージェントサービスです。

MRに特化した転職エージェントで、主要製薬メーカーの求人や企業情報が豊富にあります。

専任のキャリアアドバイザーが応募書類の添削や交渉も行い、情報やサポートが充実、利用者満足度は高く、面接対策や模擬面接講座なども無料で利用できます。

MRに特化しているため、非公開求人や独占求人も紹介してくれます。内部事情や将来性を知ることで、転職後のミスマッチが少なくなります。転職未経験者でも安心して利用できるので、時間のない方にもおすすめです。

エージェントの種類MR特化転職エージェント
公開求人数約25件
非公開求人多数
利用者層未経験、20代、30代、30代
強い職種大手製薬会社、外資系製薬会社
強い業種MR、MSL
製薬業界での実績多数あり
公式サイト公式サイトはこちら

MRに特化した転職エージェントです

関連記事
転職を考えているMRは【MR BiZ】に登録すべき?|評判と登録の手順まで徹底解説

外資系製薬会社、グローバル大手に強いエンワールド・ジャパン

外資系製薬会社のハイクラスにつよい

エンワールド・ジャパンは、製薬業界でも実績があり外資系製薬会社、グローバル大手の製薬会社、医療機器メーカーに強い転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンの転職サービスは無料、高年収の求人も多く転職者のサービス満足度は97%に達します。

面接対策やコンサルタントのアドバイスが適切との評判です。1人のコンサルが担当するのではなく、業界別、職種別など複数のコンサルタントがチームで転職者を支援します。

製薬業界で外資系、ハイクラスでのキャリアを目指す方におすすめの転職エージェントです。

エージェントの種類英語に強い、ハイクラス
運営会社エンワールド・ジャパン株式会社
本社所在地〒104-0031 東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 12階
公開求人数約900件 (2023年10月)
公式サイト公式サイトはこちら

外資系製薬会社のハイクラスにつよい

関連記事
【エンワールド・ジャパン】評判と登録の手順|製薬業界の転職におすすめの3つの理由とは?

外資系企業の求人が豊富:ランスタッド

ランスタッドは、製薬業界で英語力を活かした転職を支援できる転職エージェントです。製薬会社の転職で、英語を活かしたい求職者は「併用登録」する転職エージェントして「ランスタッド」がおすすめです。

ランスタッドは、日系グローバル大手の製薬会社、外資系製薬会社の転職で実績があり、多くの求人が高い英語力をスキルとして求める部署です。

製薬会社のみならず、CRO・医療機器・診断薬業界の専門性の高いプロフェッショナル転職が得意です。自分の強みを活かした転職で大幅な年収アップが見込めるという評価もあります。成果主義の外資系で、実力次第で年収・キャリアをどんどんレベルアップさせたい人にもおすすめです。

エージェントの種類英語に強い、ハイクラス
会社名ランスタッド株式会社
本社所在地東京都千代田区紀尾井町4-1-21F
設立1980年8月
資本金1億円
従業員2380名
関連記事
ランスタッドが製薬業界の転職におすすめの理由3つ|登録の手順と評判まで徹底解説

英語力と製薬業界両方で実績:JACリクルートメント

製薬業界と英語につよい

「JACリクルートメント」は、製薬業界でも実績が多数ある「総合型」の転職エージェントです。英語を必要とする求人を多数持ち、製薬業界での実績も豊富です。

■ 海外転職や外資系企業が得意
■ コンサルタントの能力が高い
■ 非公開求人が多い

様々な強みをもつ「JACリクルートメント」ですが、製薬業界の転職に関しても業界に詳しい専門のキャリアコンサルタントが相談にのってくれます。また、自分が目標とする職種や勤務地などを伝えることで、適切なキャリアコンサルタントを担当にしてもらいましょう。

製薬業界に強いネイティブのキャリアコンサルタントも在籍しています。

エージェントの種類英語に強い、ハイクラス、MRにつよい
会社名株式会社 ジェイエイシーリクルートメント
本社所在地東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビルディング14F
エージェントタイプ「総合型」「英語」「ハイクラス」
設立1988年3月7日
資本金6億7,226万円
従業員数1,834名

製薬業界と英語につよい

関連記事
製薬業界と英語を活用した転職に強いJACリクルートメントの評判と口コミ

「ビズリーチ」スカウト型でも製薬業界で確かな実績

製薬業界でも実績多数。求人の3割以上が1000万以上

ビズリーチは、製薬業界でも実績があるスカウト型の転職サイトで、ハイクラスで強みをもちます。

企業が自社のニーズに合う人材を探し出すために、ビズリーチの人材データベースを活用、登録が承認された求職者は、企業やヘッドハンターから直接スカウトメールが届くユニークな「スカウト型」転職サービスです。

そのため、高い専門性や経験を持つ求職者は、効率的な転職活動が可能で、有利な条件で企業を選択し、交渉することができます。

ビズリーチの公開求人サイトでは、製薬会社を含むさまざまな業界の求人情報が掲載されています。製薬業界においても、確かな実績があります。

エージェントのタイプスカウト、ハイクラス
運営会社株式会社ビズリーチ
本社所在地〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1
公開求人数109,360 件(2024年3月時点)
公式サイト公式サイトはこちら

製薬業界でも実績多数。求人の3割以上が1000万以上

ビズリーチの口コミと評判はこちら
【ビズリーチ】口コミと評判、製薬業界の転職でも実績あり|登録の手順まで徹底解説
関連記事
【ビズリーチ】口コミと評判、製薬業界の転職でも実績あり|登録の手順まで徹底解説

英語力を活用した転職に強い:ロバート・ウォルターズ

「ロバート・ウォルターズ」は、製薬業界にも強く、英語を活かした転職でも高い評価を得ている転職エージェントです。

外資系に特に強い転職エージェントであり、外資転職に関する圧倒的な専門性からも、英語力の高い人材を求める企業が同社を活用しています。英語力の高さもあり、応募者の選考突破率が高いとの評価もあります。なお、多くのネイティブのキャリアコンサルタントが所属することでも有名です。

「ロバート・ウォルターズ」は外資系に特に強いことと、英語を活用した転職でキャリアアップを図りたい求職者を支援しています。

エージェントの種類英語に強い
会社名ロバート・ウォルターズ・ジャパン
本社所在地東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル14階
設立2000年1月
資本金1400万円
従業員数4,100名
関連記事
ロバート・ウォルターズが製薬業界の転職におすすめの理由3つ|登録の手順と評判まで徹底解説

レバウェル薬剤師:レバウェルが薬剤師の転職支援を開始

薬剤師専門のコンサルタントが求人探しをサポート

レバウェル薬剤師は、薬剤師の資格を持つ求職者に特化した転職サポートを提供。薬剤師の方のスキルを最大限に活用できる求人を紹介しています。

医療業界での実績豊富なレバウェルが、薬剤師の転職支援特化したサービスとして23年に開始したレバウェル薬剤師は、すべて無料で利用できます。

薬剤師の資格をもち、未経験でもはじめて製薬業界に挑戦したい求職者や、製薬業界から薬局や病院への転職を目指す人におすすめの転職エージェントです。

エージェントの種類薬剤師特化型
取引先企業数14,000以上
利用者層20代、30代
強い職種薬局、病院、クリニック、製薬会社
製薬業界での実績多数あり
公式サイト公式サイトはこちら

レバウェル薬剤師に相談

関連記事
【レバウェル薬剤師】口コミと評判、登録の手順まで

その他の薬剤師特化でおすすめの転職エージェント5選

医師・メディカルドクターの転職におすすめの転職エージェント

  • 民間医局:医師の求人、転職情報多数。高額・好条件の求人を多数掲載中
  • JMC:他社には無い医師のユニークな求人を探すことが得意
  • RDC医師:リクルートの医師転職サポート。登録1分、支持率83%

製薬、医療業界の転職、エージェントおすすめの活用方法

  • 転職エージェントを利用するメリットとデメリットがあることを把握する
  • それぞれの転職エージェントの「非公開求人」を有効に活用する
  • 製薬業界の転職で転職エージェント活用時の「注意点」
  • 製薬、医療業界の転職エージェント活用でよくある質問

転職エージェントを利用するメリットとデメリットがあることを把握する

転職エージェントを利用するメリット

  1. 専門的なキャリアアドバイス
  • 転職エージェントは、業界に詳しいプロのキャリアコンサルタントが在籍しており、求職者に対して専門的なキャリアアドバイスを提供します。これにより、自分では気づかない強みや適性を発見でき、最適なキャリアパスを見つけやすくなります。
  1. 幅広い求人情報へのアクセス
  • 転職エージェントは、多くの企業と強固なネットワークを持っており、一般には公開されていない非公開求人にもアクセスできます。これにより、より多くの選択肢の中から自分に合った求人を見つけることができます。
  1. 転職活動のサポート
  • 転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、転職活動全般にわたるサポートを提供します。これにより、求職者は自信を持って選考に臨むことができ、成功率が高まります。
  1. 交渉力の向上
  • エージェントは、給与や待遇の交渉も代行して行ってくれます。プロの交渉力を活かすことで、自分では難しい条件の引き出しが可能になります。
  1. 転職活動の効率化
  • エージェントが求人情報の収集や応募手続きを代行するため、求職者は自分の時間を有効に使いながら転職活動を進めることができます。

エージェントを利用することのデメリット

  1. 希望に合わない求人の紹介
  • エージェントは多くの求職者を抱えているため、時には希望に合わない求人を紹介されることもあります。自分の希望をしっかり伝えないと、ミスマッチが発生する可能性があります。
  1. 転職エージェントの質に依存
  • エージェントの質はまちまちで、担当者によってはサポートが不十分な場合もあります。良いエージェントを見つけることが重要です。
  1. 特定のエージェントに依存しすぎるリスク
  • 一つのエージェントに依存しすぎると、情報が偏る可能性があります。複数のエージェントを利用することでリスクを分散できます。
  1. 情報の非対称性
  • エージェントが全ての情報を開示しているとは限りません。求人情報や企業の内情についても、自分でリサーチすることが必要です。

それぞれの転職エージェントの「非公開求人」を有効に活用する

非公開求人とは、企業が一般に公開せず、特定の転職エージェントや採用コンサルタントを通じてのみ募集を行っている求人情報を指します。企業は、採用の効率化や機密保持のために非公開求人を利用することが多いです。

非公開求人の利点

  1. 競争率が低い
  • 非公開求人は一般には公開されていないため、応募者が限られており、競争率が低くなります。これにより、選考の通過率が高くなる可能性があります。
  1. 条件の良い求人が多い
  • 非公開求人には、高い専門性や経験が求められるポジションが多く、給与や待遇が良い求人が含まれることが多いです。
  1. 企業の本音を知ることができる
  • 非公開求人では、企業の採用ニーズや求める人材像がより具体的に伝えられるため、企業の本音を知ることができます。これにより、マッチング精度が高まります。

製薬業界での実績を登録後にも確認をする

製薬会社での求人は専門性が高い場合が多く、業界特有のニーズやトレンドを理解しているエージェントが求人の選定やサポートにおいて有利です。

登録後に割り当てられる担当コンサルタントの製薬業界での経験や実績を確認することをおすすめします。

適切な 転職エージェントは、求人情報だけでなく、業界動向やキャリアのアドバイスなど幅広い情報を提供してくれるはずです。

転職エージェントに登録しすぎない

複数の転職エージェントに登録する際には、選ぶエージェントはもちろんですが、登録数は適切なバランスを保つことが重要です

多くのエージェントに登録しすぎると、管理が煩雑になります。そのため、転職コンサルタントとのやり取りの手間や、場合によっては希望の企業との面談のスケジュールや準備不足などにより、転職活動に支障が出てしまう可能性もあります。

厳選した複数の転職エージェントに登録をし、適切な数に押さえることで、効率よく転職活動をすることができます。

製薬業界の転職には時間をかかる場合がある

製薬業界での転職活動には時間がかかる場合があります。製薬業界は専門性が高く、求人数も必ずしも豊富ではありません。ですから、転職活動を始めたときに即座に求人があるとは限りません

むしろ、自分の希望条件を明確にし、その条件に合った求人が出るのを待つことも重要です。転職エージェントの担当者としっかりコミュニケーションを取り、じっくりと時間にも余裕を持つことが成功への近道です。

業界、職種、会社の情報につねにアンテナを

製薬業界での転職を考える際には、ニュースや業界トレンドをおさえ、その情報を転職に活かすことが重要です。

例えば、新薬の開発・承認申請に関しては、臨床試験の段階や承認申請/非承認の段階で重要な情報が報道され、製薬企業の動向や市場の変化が予測されます

また、海外からの製薬会社の新規参入や、既存企業との提携・買収などの情報も市場動向や採用戦略に影響を与える可能性があります。

つまり、製薬業界のニュースや業界トレンドに耳を傾け、市場の動向や企業の戦略を理解することで、自身のキャリアプランや転職先の選定や応募のタイミングに役立てることが出来ます

英語を使う求人は、英語に強いエージェントに集まる

製薬業界での転職を考える際、英語を使用する求人にアクセスするには、英語力が高い求職者が集まる転職エージェントに登録することが重要です。

なぜなら、高い英語力が求められる求人は、英語力が高い人材の登録が多いエージェントに偏る傾向があるからです。

したがって、英語を使う求人にアクセスするためには、英語力が高い求職者が多く登録している転職エージェントに登録することが効果的です。

製薬、医療業界の転職エージェント活用でよくある質問

  • 転職エージェントの活用でよくある質問【登録編】
  • 転職エージェントの活用でよくある質問【登録後編】
  • 転職エージェントの活用でよくある質問【職種・専門職編】
  • 転職エージェントの活用でよくある質問【交渉編】

転職エージェントの活用でよくある質問【登録編】

転職エージェントの活用は料金はかかりますか?
通常は無料です。転職エージェントは、企業からの成功報酬で成り立っているビジネスモデルをとってます。

例外的に手数料などがかかるエージェントもありますので、利用するエージェントのサービス内容や料金について事前に確認しましょう。
転職エージェントの登録はいつするべきでしょうか?
いま転職する予定がなくても、将来の転職で失敗しないためにも「いま」から転職エージェントへの登録をすることがおすすめです。

なぜなら、製薬業界の求人は専門性が高く、求人数が限られていることが多いため、自分のスキルを活かせる求人が現れたときに「すぐに応募」できるように準備をしておくことが成功への鍵です。

具体的な例として、アンサーズの転職サービスには「採用通知アラート」というサービスがあり、希望の条件に合致する求人が登場すると、メール通知を受けて迅速に応募が可能です。
転職エージェントに登録する前に準備する書類はありますか?
特に求められていない場合には、登録に際して特に準備する必要はありません。しかしながら、転職エージェントに登録する際には、履歴書、職務経歴書、資格や認定書、英文の履歴書(CV)があると、エージェントとの面談の際に役立ちます。

これらの書類や情報を準備して、転職エージェントに登録すると、自分のキャリアや希望に合った求人案件をより効果的に見つけることができます。
今すぐ転職するつもりはないけど、転職エージェントに登録、相談だけでも大丈夫?
製薬業界の転職を考えているけれど、今すぐに転職する予定はない場合でも、転職エージェントに登録し、相談することは問題ありません。

実際に転職エージェントに登録した方の中には、半年後や1年後に転職する方も多くいます。
転職エージェントは、転職を真剣に検討している人だけでなく、将来のキャリアプランを相談したり、業界の動向や求人情報を知りたいと考えている方も歓迎します。
転職にはどのくらい期間、準備が必要?
製薬会社の転職には、最低でも3ヶ月の準備が必要です。製薬業界は専門性が高く、求人数も限られているため、転職活動を始める前にしっかりと準備することが重要です。

自己分析やキャリアプランの策定、履歴書や職務経歴書のアップデートなどですが、転職エージェントも相談とサポートをしてくれます。

じっくりと準備を行うことで、自分に適した求人や企業を見つける確率が高まり、成功する転職活動が可能となります。
東京以外でおすすめの転職エージェントや転職サイトはある?
東京以外でおすすめの転職エージェントや転職サイトを探す際には、いくつかの方法があります。
まずは、大手総合型のエージェントの活用です。全国各地に拠点を持ち、幅広い業種や職種の求人情報を提供しているエージェントの活用が便利です。

また、転職サイトなどを通じて、その地域で強いエージェントを探すことも有効です。地域に密着したサポートを提供するエージェントが各地にあり、地域の就職市場に精通しており、地方での転職活動を円滑に進めることができます。

転職エージェントの活用でよくある質問【登録後編】

担当のコンサルタントとどうしても合わない場合は変更できる?
はい、担当のコンサルタントとの相性が合わない場合、担当を変更することができます。
たとえば、以下のような問題から断る場合があります。

■ しつこい
■ 業界での実績が少ない。製薬業界の知識がすくない
■ 希望と違う求人への応募を強くすすめる
■ ノルマ達成のためのような気がする

変更をお願いする場合には丁寧に対応することも重要です。相手を不快にさせることなく、エージェントの変更をスムーズに進めることができます。
希望と違う場合には内定辞退も含めて断っても良いのでしょうか?
はい、転職エージェントを通じて紹介された求人に応募し、面接や選考を経て内定が出た場合でも、希望と異なる条件や環境であれば内定辞退することも可能です。

転職活動は自分のキャリアや生活に関わる重要な決定ですので、自分にとって最適な選択をすることが大切です。内定辞退をする場合には、丁寧かつ早めにエージェントや企業側にその旨を伝えることが礼儀となります。

その際、明確な理由や感謝の意を伝えることで、相手に不快な思いをさせずに対応することが重要です。
紹介できる求人がないとエージェントから言われた場合はどうすればよいですか?
エージェントから紹介できる求人がないと伝えられた場合、他のエージェントにも相談をしましょう。
製薬業界の求人は決して多くありません。別の転職エージェントに登録し、求人を探してもらうことも選択肢です。また、転職サイトや企業の採用ページなど、自分で求人情報を探すことも有効です。

転職エージェントの活用でよくある質問【職種・専門職編】

研究職ですが、研究職以外でも転職の相談しても良いですか?
研究職からの転職相談は、他の部門や職種への転換も十分に可能です。製薬会社では、研究職から他の部門への異動や転職が成功している事例が多数あります。

例えば、メディカル、IT、開発部門、事業開発、企画部門など、経験を活かせる部門が数多く存在します。また、新たなスキルセットを身につけるための挑戦も可能です。
MRですが、他の業種への転職は可能ですか?
MR(医薬情報担当者)から他の業種への転職も可能です。MRの経験はコミュニケーション能力や医療知識などさまざまなスキルを身につける機会を提供します。

そのため、営業、マーケティング、人事、教育など、他の業種でも活かせるスキルがあります。また、MRの経験があることで、製薬会社以外の企業でも医療関連の業務やサービスを提供する企業などで活躍することができるでしょう。

それぞれの業界や職種によって求められるスキルや経験が異なりますが、適切なキャリアパスを模索することで、MRから他の業種への転職も可能です。
英語を使った仕事をしたいのですが、TOEICのスコアは必須でしょうか?
英語を使った仕事をしたい場合、TOEICのスコアが必須とされる場合もありますが、必ずしも全ての企業や職種で必要とされるわけではありません。

ただし、英語を使用する職種や業界では、英語能力の証明としてTOEICのスコアを求めることが一般的です。特にグローバルな企業や外資系企業、また英語圏での仕事を希望する場合には、TOEICのスコアが重視されることがあります。

特に英語力がある人で客観的な英語力のスコアとしてTOEICは便利ですので、スコアを取得しておくことが有利になる場合があります。
薬剤師ですが、製薬会社への転職は可能ですか?
はい、薬剤師の資格を持っている場合、製薬会社への未経験でも転職することは可能です。

ただし、製薬会社の求人は決して数多くあるわけではないことと専門性が高いこともあるので、時間と準備をすることと、実績のある転職エージェントに相談をすることをすすめます。
医師免許を持っていますが、製薬会社への転職は可能ですか?
医師免許を持っている場合、未経験でも製薬会社での転職は可能です。

まず、メディカルドクターとしての転職機会があります。製薬メーカーや医療機器メーカーでの臨床試験や新薬開発に携わります。心臓血管外科医や消化器外科医、脳外科医、小児外科医などが製薬会社へ転職して活躍している実例もあります

次に、メディカルアフェアーズでの転職機会です。メディカルアフェアーズ部門では、医学的な知識を提供し、医療関係者とのコミュニケーションを担当します。新薬の情報提供や学術的なサポートを行います

なお、製薬会社の求人は決して多くなく専門性が高いこともあり、医師免許を活かして、製薬業界でのキャリアを築くためには、専門的な転職サイトやエージェントを活用することをおすすめします。
未経験でも第二新卒での転職は可能でしょうか?
日本国内の製薬会社では、第二新卒の方を歓迎する求人が多くあります。

条件の確認、情報収集、志望動機の整理などのポイントを考慮して、転職活動を進めてみてください。もちろん転職エージェントがサポートしてくれるでしょう。

転職エージェントの活用でよくある質問【交渉編】

転職エージェントは年収交渉や条件に関して交渉してくれますか?
転職エージェントは年収や雇用条件に関して交渉をしてくれます。

転職エージェントは求職者と企業との間に立って交渉を行い、双方の利益を考慮しながら最適な条件を提案します。もちろん事前にエージェントと相談し、自分の希望や条件をしっかりと共有することが重要です。
転職エージェントは、英文の履歴書や職務経歴書の添削はしてくれる?
はい、転職エージェントで特に英語に強いエージェントは、英文の履歴書や職務経歴書の添削を行ってくれます。

履歴書や職務経歴書は転職活動において非常に重要なドキュメントですので、転職エージェントのアドバイスを受けることで、より効果的な文書を作成することができます。
同じ求人が複数の転職エージェントから紹介された場合はどうすれば良いですか?
同じ求人が複数の転職エージェントから紹介された場合、円滑なコミュニケーションを保ちながら対応することが大切です。

同じ求人が複数のエージェントから紹介された場合、各エージェントに率直に伝えることで、情報の重複や混乱を避けることができます。

複数のエージェントから同じ求人が紹介された場合でも、円滑なコミュニケーションを保ちながら問題を解決することができます。
転職エージェントの登録は1社のみでも大丈夫?
転職エージェントの登録は1社のみでも問題ありません。

一つのエージェントに登録することで、そのエージェントだけがあなたの転職活動をサポートし、適切な求人情報を提供してくれます。登録が1社のみでも、しっかりとしたキャリアパートナーシップを築くことができます。

ただし、複数のエージェントに登録することで、より多くの求人情報にアクセスできる可能性もあります。それぞれの選択肢を検討し、自分に合った方法を選ぶことが重要です。
他のエージェントへも登録していることは伝えたほうが良いでしょうか?
はい、他のエージェントへの登録をしていることは、エージェントに伝えることが望ましいです。

これにより、エージェント同士が重複して求人を紹介しないように配慮できますし、あなたの転職活動をより効果的にサポートすることができます。

また、他のエージェントに登録していることを伝えることで、複数のエージェントがよりニーズに合った求人情報を提供するモチベーションを上げ、より多くの選択肢を得ることができるかもしれません。
アンサーズビズリーチJACリクルートメント
製薬業界特化
業界内の非公開多数
製薬業界の実績多数
スカウト型でハイクラスに強い
英語にも強い総合型
製薬業界での実績も多数
公式ページ公式ページ公式ページ

製薬・医療業界のおすすめ転職エージェントのまとめ

製薬・医療業界の転職で失敗しないためのエージェント選び。専門性の高い業界の転職では「特化型」の転職エージェントを効果的に活用する「併用登録」がおすすめです。

ご紹介した転職エージェントはすべて「無料」で使えるサービスです。転職をはじめるばあいにはあまり悩みすぎる必要はありません。

「特化型」を軸に、それ以外の転職エージェントを自分の強みを活かすという点を押さえていただき、転職エージェントをまず利用してみていただきたいです。ただし、あまり多くのエージェントへの登録は副作用もありますので、気をつけましょう。

製薬会社の転職は、他の業界とは若干ことなるコツがありますが、多くの方が転職で活用している転職エージェントです。

転職を迷っているならばぜひ一歩踏み出してみてください。

  1. 外資系製薬会社の平均年収ランキング比較|口コミサイト徹底調査。…

  2. ADAで注目は肥満症治療薬、ライセンス契約ニュース、米メルクの肺炎…

  3. リリー社ドナネマブ承認へ近づく、ファイザー社DMD、アッヴィ抗TL1A…

  4. 全130社の年収を徹底比較!日本国内創薬大手、外資系、バイオ、兼業…

  5. これから伸びる製薬会社は?|売上予測と時価総額ランキングで将来…

  6. 【薬剤師の資格】を活かすおすすめ転職エージェント|未経験でも製…

  7. 日本の製薬会社売上ランキングトップ40|ランキングから見る製薬業…

  8. はじめての転職でも安心。開始から入社までの10の手順と注意する…

  9. 転職活動をバレずに進めるための工夫とは?|バレる特徴とバレたと…

  10. 製薬業界は本当に求人数が少ない業界なのか?医療業界のデータとも…

  1. はじめての転職でも安心。開始から入社までの10の手順と注意する…

  2. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  3. 【2023年版】米国で特許切れの大型医薬品ランキングTOP10|ヒュミラ…

  4. 種類で転職エージェントを選ぶメリットと注意点徹底解説|製薬・医…

  5. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  6. TOEICで高スコア目指すおすすめ「英語スクール」5選|製薬業界キャ…

  7. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  8. 製薬・医薬品業界のおすすめ転職エージェント一覧|成功する転職の…

  9. 【キャリアアップの近道】TOEICスコア800点以上を目指す人に「役に…

  10. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  1. 日本の製薬会社売上ランキングトップ40|ランキングから見る製薬業…

  2. はじめての転職でも安心。開始から入社までの10の手順と注意する…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 種類で転職エージェントを選ぶメリットと注意点徹底解説|製薬・医…

  8. 転職市場動向を活かして始める失敗しない転職|製薬業界の3つの要…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー
【Insights4 Pharma】ランキング・データで見る製薬業界発行の「無料メルマガ」ご利用ください
無料メルマガ登録はこちら
メルマガ登録はこちら