アンサーズってどうなの?求人数やサポート、製薬特化の転職エージェントの気になる評判を徹底検証

アンサーズの転職サービスを活用したいと思っている製薬会社の求職者の方からこのような声を聞きます。

  • 製薬業界特化の転職エージェントのアンサーズ、いくつかの評判が気になるのだけれど
  • 求人数が少ないという評判ですが、製薬業界の転職には本当に不利?
  • 地方での求人がない場合があるという評判を聞きますが、実際はどうなの?

本記事では、製薬業界でアンサーズの転職サービスを検討している人むけに、アンサーズの「気になる評判」を徹底検証します。

アンサーズの転職サービスを最大限に活用して製薬業界の転職で成功したい人にとっては必見の記事です。

関連情報アンサーズおすすめの理由と口コミ、登録の手順はこちらから

Contents
  1. アンサーズの転職サービスとは
  2. 検証1.【求人数】アンサーズの求人数は本当に少ないのか?
  3. 検証2.【地方での求人】が少ない、地域によっては全く無い?
  4. 検証3.アンサーズは「製薬業界の人だけ」の転職サービス?
  5. アンサーズの転職エージェントサービスでよくある質問
  6. 転職エージェントの効果的な活用方法とは?
  7. アンサーズの気にある評判検証のまとめ

アンサーズの転職サービスとは

製薬業界特化型の転職エージェントサービス

アンサーズの転職サービスは製薬業界へ特化しており、業界内に深く入り込んでいます。転職エージェントサービスは完全無料であり、年齢や職歴に関係なく製薬業界での転職を希望する幅広い層が利用しています

業界につよい専門のキャリアコンサルタントがサポート

アンサーズの登録後は、業界に精通した専門のキャリアコンサルタントがすぐにご連絡をして求職者をサポートします。応募には履歴書の準備が不要で、転職に関する相談も無料で受けられます。

アンサーズの7割が非公開求人

アンサーズへ登録することで非公開求人へのアクセスが可能となります。非公開求人数は多く、例えばアンサーズの保有する7割は非公開求人です

検証1.【求人数】アンサーズの求人数は本当に少ないのか?

検証した評判

  • 求人数が少なく希望に合致した求人を見つけにくい?
  • 公開されている求人が少なく登録しないと情報をチェックできない?
  • 他の転職エージェントは10倍の求人数がある?

製薬業界の転職数とほかの業種での転職数と比較されている

アンサーズの気になる評判の中の一つに、「求人数の少なさ」があります。転職活動でエージェントを探す際に保有する求人数は非常に関心が高いポイントです。

では、まずはアンサーズの求人数が本当に少ないのかを検証します。

結論から言うと、この評判は、他の業界の求人数と比較していることで生じる「間違った認識」であることがわかりました。

製薬業界特化のアンサーズの主な求人は「製薬会社」が対象。一方で、比較されている求人数が、総合型や医師、薬剤師の求人サイトで「病院・クリニック」「薬局」が含まれており、比較するべき母数と規模が異なっています

例えば、「薬剤師専門の求人サイトではアンサーズの10倍もの求人がある」として、アンサーズの求人数は少ないといった情報があります。

では、このような薬剤師専門の求人サイトの内訳を詳しく見てみましょう。

ある薬剤師専門の求人数の内訳
調剤薬局:76 %
病院:約 10 %
企業:約 0.5 %

出典: 薬剤師転職キャリア

アンサーズの主な求人は製薬会社。調剤薬局数とは大きな差があることは明らかで、この比較データをもってアンサーズの求人数が少ないことを示すことは出来ません。

なお、アンサーズでは、薬剤師や医師の方々の製薬会社への転職の支援も行っています。未経験の薬剤師の方も製薬業界でキャリアを目指すことも可能です。

製薬業界の総求人数の実態が実はわからない

では、同じ製薬業界を対象とした転職サービスを提供する会社でアンサーズの求人数の比較、検証をしてみたいと思います。

実は、製薬業界全体での求人数がどのくらいなのかは正確なデータの把握が出来ず、正確に比較検証は出来ませんでした。

総合型のエージェントも含めて「製薬業界むけの全体の求人数」で参考となるデータを集めてみました。

日経メディカル
プロキャリア
メディカルを含む約8,000件母数は企業の求人広告
製薬会社対象の求人多数
メディカル含むので製薬業界の求人数はこれより少ない
製薬オンライン公開求人数2,986件
非公開求人もあるので、総数は増えると思われる

アンサーズ
公開求人数1,798件公開求人数だけでの比較は難しい

アンサーズ
非公開求人数含む推測値約6,000件非公開求人が70%と仮定
「失敗しない製薬業界の転職」調査:2024年3月4日調べ

今回の調査で、約8000件と最も多いのが日経メディカルプロキャリアでした。しかしながら、同社の求人にはメディカル、医療関係、薬剤師の求人も含んでいます。そのため、アンサーズとの比較という点では若干求人数を割引く必要があります。

なお、日経メディカルプロキャリアは、製薬会社や業界内の企業、転職エージェントが直接投稿する求人広告が多く含まれています。そのため、業界全体の求人情報を網羅的に提供できる点が強みです。

そのため、日経メディカルプロキャリアの特徴から業界内の求人を網羅的に収集できていると考えられます。

次に比較をしたのが、製薬業界に特化した「製薬オンライン」です。

製薬オンラインの公開求人数は約3000件あります。非公開求人も保有するので製薬オンラインの全体数はもっと増えると予測されます。なお、非公開求人の割合は公開されていません。

アンサーズの求人の70%は非公開求人とのことで、公開されている求人数をもとに出した推測値は6,000件です。日経メディカルプロキャリアに比べると求人数は少ないものの、製薬業界のみの転職に特化していることを踏まえた場合、決して求人数が少ないとは言えないことがわかります。

参考までに、アンサーズが有する求人数の中で最も求人数が多い部門トップ3をまとめました。非公開求人も発表数を算出しましたのでご参照ください。

製薬業界職種別求人数ランキングTOP3

順位部門求人数(非公開含む)公開求人数
1位開発職2,384624
2位研究職1,215290
3位MR・マーケ関連1,174276
出典:アンサーズのデータを集計して、Insights4が編集

最も多い開発職では全体では2300件ある求人の中で公開されている求人は624件しかありません。このように公開求人が少なくなってしまうことも求人数が少ないというイメージにつながっていると考えられます。

検証2.【地方での求人】が少ない、地域によっては全く無い?

検証した評判

  • 地域によっては求人が全くない?
  • 地域ごとの求人数に差がある?

結論として、製薬業界の規模とビジネスモデルから、地方での求人自体が少なく、アンサーズが地方での求人をあまり持っていないことがわかりました。

一方で、地方での求人や採用が少ないからといって、研究所、工場、営業所での求人は各地にあり、質の高い求人が決して無いわけではないこともわかりました。

製薬会社の勤務地は大都市に集中している

日系大手の製薬会社、外資系製薬会社やバイオテック企業のほとんどは、本社を東京や大阪周辺に構えています。そのため、製薬業界の採用の大部分は、これらの大都市地域での求人が中心となります。

一方で、製薬業界において、地方での求人の数は限られているものの、質の高い求人は各地方都市にも多くあるとも言えます。

アンサーズが地域によって求人が全く存在しないという評判は、製薬業界で転職を希望する人をミスリードする可能性があります。

営業職、MRは各地にある

製薬会社ではMRが全国で5万に位ます営業部門が各地方都市に営業所を抱え、各地で人材の採用も行っております。

MRは製薬会社にとっては欠くことができない部門で、大手は全国に数千人のMRを抱えて、大病院から地域のクリニックまで営業活動をしています。

医療関係者に、医薬品の品質・安全性・有効性などの情報を正しく提供、医薬品は医師の処方箋を通じて患者さんに届けられます。MRは、非常に専門性の高い仕事です

営業所や支店を通じて、各地域での人材の採用もあるので、地方でMRのとしてのキャリアを目指す人にとってはとても魅力的な仕事であるとも言えます。

なお、アンサーズでは、MRに特化した「MRBiz」という転職サービスも提供しているので、MRでのキャリアップを目指す方は相談してみてはいかがでしょうか?

MRに特化した転職エージェントです

製薬会社の研究所、工場は地方に点在している

製薬業界で地方では、研究所や工場での採用があります。

研究職に関しては、高度に専門性が高い職種であることから、決して求人数は多くなくその地域で大量な採用に結びつくものではありません。一般職や製造に関わる求人については、地域の雇用に大きな影響を与えています。

製薬業界の研究所や工場での求人は、施設がある地域では求人がありますが、必ずしもすべての地域で求人があるわけではないことがわかります。

地域での求人が少ないもしくは全くないという評判ですが、これはアンサーズが求人情報を持っていないというよりも、製薬業界の求人は、地域によって「偏り」が生じることからの必然と言えます。

地方においても、求人が少ないという評判が広がっていたり、一部の地域では求人が全くないとされることがありますが、これらの情報には注意が必要です。

実際に、地方でも質の高い求人が存在するので、地域の方々も「アンサーズ」を通じて製薬業界内の優れた求人情報にアクセスする機会を逃すことなく積極的に取り組むべきです

地方だからこそアンサーズ

検証3.アンサーズは「製薬業界の人だけ」の転職サービス?

検証した評判

  • 公開求人の情報量が少なく仕事のイメージが全然わかない
  • 製薬業界以外にも興味があり、複数の業種を見比べて転職活動を行いたい方にはAnswersは不向き

他の業種からの流入が少ないというイメージ

製薬業界の仕事は、最先端のテクノロジーに基き新たな医薬品の発見や開発がベースになり専門性が高いため、転職市場も他の業界からの流入は限られています

このことからも製薬業界市場は、未経験での転職や他業種からの転職での流入が非常に少ない業界であることが言えます。

また、非公開求人が多いため、公開されている求人から得られる情報量にも限界があり、転職をするために必要なイメージを持ちにくいことが言えます。

そのような状況から、製薬業界の外にいる人にとっては、アンサーズの転職サービスを必要とする機会は限られているものと思われますが、他の業種から製薬業界にチャレンジしたいと考える人にとっては、業界に精通しているアンサーズの転職サービスは利用する価値が高いと言えます。

では、どのような方々が他業種から製薬業界に転職をしているのでしょうか?

製薬業界での転職を希望する人向けのサービス

アンサーズの転職サービスは製薬業界の中の人だけのサービスではありません。新たに製薬会社や業界内で働くことを希望する人向けにも転職サービスを提供しています

実際に、製薬業界の職種や業態は多様化が進んでいるため、他業界から製薬業界に転職で成功する人が増えているとも言えます。

他の業界から製薬業界にチャレンジする人が増えている

  • 薬剤師の資格と経験
  • 医師免許を持ち、製薬業界で資格を活かしたい
  • デジタル、ICTの専門や経験がある
  • ポスドク・Ph.D保有者
  • 未経験も製薬業界にチャレンジをしたい方
  • 特許、法律に詳しい人材
  • 事務職、人事ほかの専門部門での経験

専門性の高さや求人数の少なさから他業界からの流入は決して多くない製薬業界ですが、実は他業種から製薬業界に挑戦、転職で成功する人も多くいます。

アンサーズの公式ページでは、例として以下のように他業種から製薬業界に転職をしているケースを紹介しています。

製薬業界以外からの転職例

  • ポスドク・Ph.D保有者 ー> MSL(メディカルサイエンスリエゾン)へ転職
  • ポスドク・Ph.D保有者 ー> バイオベンチャー企業へ転職
  • 薬剤師 ー> CRA(臨床開発モニター)へ転職
  • 薬剤師 ー> 製薬会社の管理薬剤師として転職
  • 医師 ー> メディカルドクターとして製薬会社へ転職

アンサーズでは、このように製薬業界に経験やスキル、場合によっては未経験の方々の転職支援もサポートをしています。

なお、上記のように成功をする人も多くいますが、求人数は決して多くないので、時間にもしっかりと余裕を持ったうえでアンサーズの転職エージェントへ相談してはいかがでしょうか?

異業種からでも製薬業界へチャレンジ

アンサーズの転職エージェントサービスでよくある質問

アンサーズは製薬業界に特化した転職サイトとして、製薬業界の転職でのキャリアップをサポートしています。「失敗しない転職」の編集者もアンサーズの転職サービスを、おすすめ10選複数登録するべき転職エージェントの記事でもおすすめとしても紹介しています。

では、アンサーズの転職サービスに関してよくある質問をまとめてみましたので、アンサーズの活用を検討している人には参考にしていたけると嬉しいです。

求人数が大手転職サイトに比べて少ない?

アンサーズの求人数が少ないとの評判があります。製薬業界の転職の手順の中でもたいせつな転職エージェント選び、多くの人が登録するエージェントの求人数の数を気にしています。

一部の比較では、求人数の少なさを指摘する声もありますが、製薬業界内での転職を検討する方にとっては、アンサーズの質の高い求人がより有益な結果につながると考えます。

アンサーズの場合、製薬特化型のエージェントなので、求人数をあまり問題にする必要はありません。

研究職や開発職を中心として高い専門性と質の高いサービスを提供、アンサーズが業界内の深いところまで関係性を持つことで得られている質の高い求人が多くあります。

アンサーズのはじめ方ですが、履歴書や職務経歴書は必要ですか?

アンサーズのはじめ方は簡単です。

登録はすべてウエブサイト上から可能で、ご相談の開始時には履歴書、職務経歴書は不要です。安心してご相談下さい。

サイトからの登録はこちらの公式サイトからどうぞ>>>

コンサルティングや、実際に応募に際しては、履歴書、職務経歴書は必要ですが、アンサーズのコンサルタントが作成もサポートしてくれます。

非公開求人情報はどのくらいある?

アンサーズが保有する求人の約70%は、「非公開」求人です。アンサーズの転職サイトでは、製薬業界の非公開求人情報が多数あります。

これは、アンサーズが製薬業界に特化しているため、製薬企業との深いつながりを持ち、企業から直接求人情報を受け取ることができるからです。製薬業界では、競合他社への情報漏洩を避けるために、非公開求人情報を優先的に扱う傾向があります

アンサーズに登録をした方々は、非公開求人情報へのアクセスが可能になります

今、転職の予定はないものの、良い求人があったときに応募したいのですが

アンサーズに登録をする人の多くはすぐの転職を希望しているわけではありません。また、製薬業界の転職で成功するにはしっかりと時間を準備すること大切です。

今、転職の予定がない場合は、アンサーズの登録後に「採用開始アラート」の活用をおすすめします。条件を入力、条件に合った求人が出たときにメールで通知が届きます。

医療機器、CRO、新興バイオテックの求人はある?

製薬・医薬品業界は、製薬会社のみならず数多くの業種が業界内に存在します。アンサーズでは、幅広く製薬業界の業種を網羅していますので、医療機器、バイオテクノロジー、CROやCSOなどの企業の求人も多数取り扱っています。

登録すると在籍企業にばれることはありませんか?

登録だけで在籍会社にばれることはありません。登録する際に、氏名、住所、メールアドレスなどの個人情報に加え在籍企業の情報も提供をします。このことで、転職活動が在籍会社にばれてしまうのではと不安になる人もいます。

アンサーズに登録することで在籍企業にばれることはありません。個人情報の漏洩には最新の注意とルールで管理をしていることが挙げられます。もちろん、これは各キャリアコンサルタントも徹底しており、今までも情報漏洩が起きたことはありません。

転職活動中の退会は可能ですか?

アンサーズの退会は転職活動中いつでも可能です。退会を希望する際には、担当のキャリアコンサルタントへ連絡、メールで退会の連絡ができます。

いままでお世話になっていた転職エージェントに退会の意志を伝えることは、言い出しづらいものの、かえって希望企業との面接や内定が決まってから断ってしまっては、エージェントや企業に対して失礼となります。あまり気を使うことなく退会の連絡をしましょう

サポートはすべて無料ですか?

求職者は、アンサーズの転職サービスをすべて無料で受けられます。求人企業から頂くコンサルティング料金で運営をしておりますので、転職を希望されている個人の求職者に一切料金の負担はありません。

製薬業界のどのような企業の求人がありますか?

製薬業界は多様化が進んでおり、日本の製薬企業や外資系大手の製薬企業のみならず、医療機器、CRO、製薬業界向けにサービスを提供しているリサーチ会社やコンサルティング会社が含まれます。以下の企業は、アンサーズがウエブサイトで公表している企業ですので、参考になると思います。

アッヴィアステラス製薬武田薬品ノバルティス大塚製薬・サノフィ・GSK・イーライリリー・塩野義製薬・Teijin・MSD・旭化成・ヤンセン・マルホ・JT・ViiV・JCR・東レ・中外製薬・ノボ・ノルディスク・マイラン・ベーリンガーインゲルハイム・大鵬薬品・生化学・UCB・UMN・協和キリン・CMIC・パレクセル・小野薬品・Covance・Intellim ほか

アンサーズの運営会社は?

アンサーズは、東証プライム上場の株式会社クイックが運営しています。株式会社クイックは、幅広い業種で人材サービスを展開しており、グループで200億円以上の売上げを誇ります。

以下の記事で、アンサーズのサービスの詳細に加えて運営会社の解説もしていますので、ご参照ください。

異業種からでも製薬業界へチャレンジ

関連情報アンサーズおすすめの理由と口コミ、登録の手順はこちらから

転職エージェントの効果的な活用方法とは?

転職は、キャリアアップとしての一つの手段ではあり、今後の人生にとっても大事なイベントです。

とてもストレスがたまるものですが、求職者が自分の希望に合ったサポートをしてくれるのが転職エージェントの仕事です。

転職活動には、転職エージェントを効果的に活用するポイントがいくつかあります。

転職エージェントのタイプで使い分ける

製薬業界で使われている代表的なタイプ

  • 特化型」:製薬業界業界に深く食い込ん、独自求人をもつ。MR職特化もある
  • 「総合型」:圧倒的な求人数で幅広い可能性を求職者に提供
  • 英語型」:外資系、グローバル大手企業、英語をつかう求人に強い
  • 「年齢型」:若手、中堅、シニアそれぞれの年齢層をターゲットとした転職サポート
  • 「ハイクラス型」:スキルや経験の高い層に強い転職エージェント。スカウトも

年齢や専門性、経験や活かしたいスキルによって使うべき転職エージェントも異なります。そのため、転職エージェントを「タイプ」によって使い分けるのが効果的です。

エージェントのタイプは、各エージェントの「強み」に直結します。自分の目的や活かしたい経験やスキルによって使うべきエージェントのタイプも異なります。

転職で成功するカギは「複数登録」

転職エージェントを複数登録する3つの理由

  • 求人の幅が広がり、適切な求人を逃さない
  • 異なるキャリアコンサルタントからアドバイス
  • エージェントを比較、強みを活かして使い分けられる

転職活動では、自分の希望に沿った求人へアクセスすることが重要です。製薬エージェント1社のみ一択ではなく複数のエージェントを活用しましょう。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントが独自で持っている求人情報にアクセス、より多くの選択肢から最適な求人を見つけるチャンスが広がります

なお、複数の転職エージェントへの登録にはメリットも含めて注意点もあります。その点も含めて効果的に活用しましょう。

製薬業界で実績のある転職エージェントを活用

製薬会社の転職で転職エージェントを活用する際には、製薬業界の転職に実績がある転職エージェントを活用しましょう。

製薬会社での仕事は非常に専門性が高いこともあり求人数が決して多くないことが特徴です。転職エージェントは、そのような専門的な求人と求職者の要望を適切にマッチングしてくれる能力が必要です。

そのため、業界での経験や仕事内容に関する知見がある転職エージェントは転職の成功にとても力強いサポーターとなります。エージェントへの登録後でもよいので、担当になったコンサルタントへ実際に製薬業界での転職をサポートした経験や実績があるのか聞いてみてはいかがでしょうか?

異業種からでも製薬業界へチャレンジ

アンサーズの気にある評判検証のまとめ

製薬業界で転職を考える方から、アンサーズについて求人数が少ないとか、地方での求人がないといった声が聞こえてきますが、実際はどうなのでしょうか?
この記事では、製薬業界でアンサーズの転職サービスを検討している方向けに、そうした評判を徹底的に検証しました。

求人数が少ないとの評判がありますが、製薬業界の求人情報は総合的に見る必要があります。
例えば、薬剤師専門の求人サイトではアンサーズの10倍の求人数があるといった声もありますが、これは製薬会社の求人数と薬局や病院の求人数を比較しているため、正確な評価ができません。

なお、製薬業界全体の求人数を比較しようとしましたが、正確なデータが得られず、比較検証は困難でした。日経メディカルプロキャリアや製薬オンラインなど、製薬業界に特化した求人サイトもありますが、それぞれの特徴や公開求人数、非公開求人数を考慮する必要があります。アンサーズの求人数は少ないとの評判もありますが、製薬業界に特化した転職サービスとして、幅広い職種の求人情報を提供しています。

地域によっては求人が全くないという評判がありますが、製薬業界の規模やビジネスモデルから、地方での求人が少ないことは事実です。製薬会社の勤務地は大都市に集中しており、そのため地方での求人は限られています。一方で、地方でも研究所や工場での求人はあります。研究職に関しては専門性が高いため求人数は多くありませんが、一般職や製造に関わる求人は地域の雇用に大きな影響を与えています。

製薬業界の求人は地域によって偏りが生じることがありますが、地方においても質の高い求人は存在します。求人が少ないという評判が広がっている一方で、実際には地方でもアンサーズを通じて優れた求人情報にアクセスできる機会があります。

アンサーズは、公開求人情報が少なく、製薬業界の仕事のイメージがつかみにくいとの評判があります。また、他の業種からの転職者が少ないというイメージもあります。製薬業界の仕事は専門性が高く、転職市場も他業界からの流入が限られています。そのため、アンサーズの求人数は多くない場合もあります。また、非公開求人が多いため、求人情報の情報量も制限されています。

しかし、製薬業界に転職を希望する人だけでなく、他業種からの転職もサポートしています。実際に、製薬業界は多様化が進んでおり、他業界からの転職者も増えています。例えば、薬剤師や医師、専門職や経験者、また未経験者など、さまざまなバックグラウンドを持つ人が製薬業界に転職を成功させています。アンサーズでは、こうした転職希望者に対しても支援を行っています。

最後に、アンサーズが製薬業界の人向けの転職サービスであるかについての検証では、製薬業界への転職を希望するだけでなく、他業種からの転職もサポートしていることが明らかになりました。製薬業界への転職は専門性が高く、他業種からの流入が限られていますが、それでも様々なバックグラウンドを持つ人が転職を成功させています。そのため、アンサーズの転職サービスは製薬業界への興味やチャレンジを持つ人にとって価値があります。

以上の検証結果から、アンサーズは製薬業界に特化した求人情報の提供や転職支援を行っており、製薬業界への転職を希望する人にとって有益なサービスであると言えます。

関連記事
【アンサーズ】がおすすめの3つの理由|口コミと評判、登録の手順まで徹底解説
【製薬業界の転職】アンサーズの「採用開始アラート」で「瞬間」応募
アンサーズってどうなの?製薬特化の転職エージェントの気になる評判を徹底検証
【3分で完了】「アンサーズ」転職サービスのはじめ方|登録手順を5ステップで解説
「アンサーズ」「MRBiZ」「アンサーズニュース」はプライム市場上場の株式会社クイックが運営
  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. 製薬業界で転職を考えたらするべき「5つの準備」とは?基本的なセ…

  4. アンサーズってどうなの?求人数やサポート、製薬特化の転職エージ…

  5. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  6. 【MR職】の転職につよい転職エージェントおすすめ比較ランキング|…

  7. 製薬業界【特化型】転職エージェントおすすめ比較ランキング|選び…

  8. 製薬会社どこがいい?製薬会社年収ランキング|外資系、バイオテッ…

  9. 【1分で完了】「MR Biz」転職サービスのはじめ方|登録の手順を3ス…

  10. MR Bizの「採用開始アラート」がオススメの理由6つと使い方解説【…

  1. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  2. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  3. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  4. 【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  5. TOEICで高スコア目指すおすすめ「英語スクール」5選|製薬業界キャ…

  6. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  7. 製薬・医薬品業界のおすすめ転職エージェント一覧|成功する転職の…

  8. 【キャリアアップの近道】TOEICスコア800点以上を目指す人に「役に…

  9. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  10. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  8. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー