製薬業界で【英語を活かせる】おすすめ転職エージェント比較ランキング|メリットと選び方徹底解説

このような方におすすめ

  • 確実に英語をつかう製薬業界の仕事に就きたい
  • 製薬業界で実績のある「英語に強い」転職エージェントを知りたい
  • 英語の強さを確実にキャリアアップにつなげたい

製薬業界の転職ではじめてでも英語力を確実に活かした転職で成功するには、製薬業界での実績があり、英語に強い転職エージェントを活用することがおすすめです。

英語をつかう転職には、英語に強い転職エージェントの経験があるコンサルタントのサポートが求職者にとって有効です。しかも英語を使う求人は英語に強い転職エージェントに集まる傾向があります。

この記事では、英語力を活かしてキャリアをアップさせたい方々に向けて、はじめてでも安心して利用できる転職エージェントを紹介します。

製薬業界での実績があり英語に強いエージェントを活用することで、より効果的な転職活動ができるでしょう。

製薬会社で多くの方と海外プロジェクトを一緒におしごとをしています。英語力は部門によってはあたりまえのスキルとしての位置付けです。

製薬業界【英語を活かせる】おすすめ転職エージェント比較

高い英語力の人材への要望は加速度的に高まっていますが、製薬業界と英語力、両方に強い転職エージェントは限られています。

そこで、英語力がある人がはじめての転職でも失敗しないために、英語に強く製薬業界で実績のある転職エージェントを比較表にまとめました。

英語に強く、英語を使う求人を持つだけではなく、製薬業界の転職で実績がある転職エージェントを厳選しました。

サービス名
JACリクルートメント

ランスタッド

ロバート・ウォルターズ
特徴製薬業界でも実績多数
英語に強い総合型
外資系・グローバル大手に
英語とハイクラス型
製薬業界の多数の実績
英語を活かす転職
公開求人数約13,500件約5,280件約1,850件
利用者層30代30代、40代、50代30代、40代
対応地域全国・海外全国全国
料金無料無料無料
製薬業界での実績多数ありありあり
製薬専門のネイティブのキャリアコンサルタントありありあり
英文履歴書の添削相談できます相談できます相談できます
公式サイト公式サイトで見る公式サイトで見る公式サイトで見る

ロバート・ウォルターズ

英語を活かすならロバート・ウォルターズ

英語力を活かした製薬業界で活用する転職エージェントしてロバート・ウォルターズがオススメです。ロバート・ウォルターズは英語力を活かした求人に強いとの評判が高い転職エージェントです。

外資系企業や日系グローバル企業の求人に強く、英語を使う求人を多数有します。英語力を活かしたい人が業界を問わず活用している転職エージェントの一つで、製薬業界でも実績があります。

製薬業界専門のキャリアコンサルタントが製薬業界での転職をサポート、求人情報も製薬企業や医療機器メーカーで多数有し、非公開求人も豊富にあるので、登録する価値があります。

転職エージェントのタイプ英語型、総合型
公開求人数約2,000件 (2023年10月)
製薬業界での実績多数あり
つよい職種製薬会社・外資系製薬会社
つよい年代30代、40代
公式サイト公式サイトはこちら

英語を活かすならロバート・ウォルターズ

ランスタッド

外資系製薬会社につよい

ランスタッドは、外資系企業への転職支援で非常に強い転職エージェントです。そのため、英語を強みとした転職を希望の人向けの求人を多数持ちます。また、製薬業界専門の高いコンサルタントを有しているので、適切なアドバイスを行ってくれるとの評判です。

もちろん、履歴書や職務経歴書の添削や作成、面接対策や交渉など、転職に必要なことを一緒に進めてくれます。外資系の転職には一般的に英語力の高さが求められますし、高い英語力はキャリアアップにも有利です。

このように、外資系や英語力を活かせる求人と製薬業界にも詳しい専門のキャリアコンサルタントを有するランスタッドを活用することをオススメします。ランスタッドの転職サポートを利用することで、製薬会社への転職に有利になる可能性は高いと思います。

転職エージェントのタイプ英語型、ハイクラス型、MR職
公開求人数約5,300件 (2023年10月)
製薬業界での実績多数あり
つよい職種製薬会社・外資系製薬会社
つよい年代30代、40代
公式サイト公式サイトはこちら

外資系製薬会社につよい

/

外資系製薬会社、グローバル大手に強いエンワールド・ジャパン

外資系製薬会社のハイクラスにつよい

エンワールド・ジャパンは、製薬業界でも実績があり外資系製薬会社、グローバル大手の製薬会社、医療機器メーカーに強い転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンの転職サービスは無料、高年収の求人も多く転職者のサービス満足度は97%に達します。

面接対策やコンサルタントのアドバイスが適切との評判です。1人のコンサルが担当するのではなく、業界別、職種別など複数のコンサルタントがチームで転職者を支援します。

製薬業界で外資系、ハイクラスでのキャリアを目指す方におすすめの転職エージェントです。

運営会社エンワールド・ジャパン株式会社
本社所在地〒104-0031 東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 12階
公開求人数約900件 (2023年10月)
公式サイト公式サイトはこちら

外資系製薬会社のハイクラスにつよい

関連記事
【エンワールド・ジャパン】評判と登録の手順|製薬業界の転職におすすめの3つの理由とは?

Type転職エージェントハイクラス

外資系製薬会社につよい

英語力を活かして製薬業界での転職に、Type転職エージェントハイクラスの転職サービスもオススメです。

Type転職エージェントハイクラスは、英語力を活かせる求人に強く、外資系企業や日系グローバル企業の求人を多数紹介しています。転職エージェントハイクラスは、英語力を活かしたい人や、海外で働きたい方にとって活用する価値があるエージェントと言えます。また、年収の高いハイクラス求人に強いことも特徴です。

Type転職エージェントハイクラスは、製薬業界に精通したコンサルタントが在籍しています。彼らは、製薬業界の動向や特徴を把握、MRやCRAなどの専門的な職種でも実績があります。そうした製薬業界の求人に対応できるコンサルタントが、キャリアプランや志向に合わせたアドバイスやサポートを行ってくれます。

以上のように、Type転職エージェントハイクラスは、英語力を活かした製薬業界の転職活動に役立つと転職エージェントの一つです。

転職エージェントのタイプ英語型、ハイクラス型
公開求人数1万785件(2023年11月時点)
製薬業界での実績あり
つよい職種製薬会社・外資系製薬会社
つよい年代30代、40代
公式サイト公式サイトはこちら

外資系製薬会社につよい

モランダ(Morunda)

製薬業界のトップエグゼクティブの転職支援

製薬業界でのエグゼクティブおよびシニアレベルの転職に特化している「モランダ」をオススメします。

モランダは、2011年から製薬・医療機器業界に特化して転職サービスを提供しています。製薬業界、英語、ハイクラスの転職に特化しており多数の実績があります。

CEOのフィリップ・カリガンさんは2000年初頭から日本の製薬業界でトップエグゼクティグの転職支援に携わっており、20年以上の経験と実績があります。

製薬・医療機器業界の動向や特徴を深く理解しており、業界に精通したコンサルタントがあなたのキャリアプランや志向に合わせた求人を紹介してくれます。

転職エージェントのタイプ製薬業界特化型
ハイクラス・エグゼクティブ
英語型
公開求人数非公開
非公開求人・独占求人あり。40%が独占求人
つよい職種製薬会社・外資系製薬会社
新規参入ライフサイエンス会社の
トップエグゼクティブ
製薬業界での実績多数あり
英語を使う求人多数あり
つよい年代40代、50代
公式サイト公式サイトはこちら

製薬業界のトップエグゼクティブの転職支援

Cornerstone Recruitment Japan

バイリンガル求人に特化

バイリンガルレベルの英語力を活かした製薬業界の転職に「Cornerstone Recruitment Japan」の転職サービス活用がオススメです。

Cornerstone Recruitment Japanは、バイリンガルの求人に特化した転職エージェントで、高い英語力を活かすための求人を多数保有しています。また、製薬・医療チームを有し、バイリンガルの製薬業界の求人市場においてもトップクラスのリクルーターを抱え、様々なレベルの人材紹介を行っています。

転職エージェントのタイプ英語型、ハイクラス
つよい職種外資系製薬会社
製薬業界での実績あり
英語を使う求人多数あり
つよい年代30代、40代
公式サイト公式サイトはこちら

バイリンガル求人に特化

その他の転職サイト・エージェント

上記でご紹介の転職エージェント以外でも、製薬業界で実績があり英語力を活かせる転職サイトと転職エージェントを一覧でご紹介します。

APEX製薬業界むけのチームもあり、ネイティブ、ネイティブレベルの経験豊かなキャリアコンサルタントがサポート。
Michael Page外資系転職専門の転職エージェント。製薬、ライフサイエンスでの求人情報、実績あり

そのほか、製薬業界のはじめての転職でも安心して活用いただける実績のある転職エージェントは以下の記事でも紹介しておりますので、どうぞご活用下さい。

製薬業界で「英語」を活かした転職エージェントの選び方

製薬業界の転職、英語力を活かしたキャリアップには、正しい選び方があります。

転職エージェントには得意分野やタイプによっていくつかに分類されます。「英語に強い」転職エージェントは「英語型」に分類されます。

ポイントブロックタイトル

タイプや得意分野でえらぶ転職サイト、転職エージェント

タイプ別製薬特化」「総合」「英語」「ハイクラス」
条件・職種別「外資系」「未経験」「第2新卒」「医師」「薬剤師」
部門別「研究職」「開発職」「MR職」「管理部門
年代別「20代」「30代」「40代」「50代・シニア」

それでは、これらのタイプがあることを踏まえて、成功するための転職エージェントの活用方法と選び方を3つのポイントで解説します。

英語に強い転職エージェントを含めた複数登録が効果的

製薬業界で転職をする際には、複数の転職エージェントに登録をすることは、成功のために多くの求職者が実践している方法です。

製薬業界で「英語」を活用したい場合は、製薬特化型と英語に強いエージェントを掛け合わせる複数登録オプションがオススメです。

  • 転職で成功するには「複数登録」が常套手段だから
  • 他のタイプのエージェントと掛け合わせることでそれぞれの強みを活かせる
  • 自分の適正にあわせて「特化型」「総合型」でバランスを整える

英語に強いエージェントだけに登録しても、業界での専門性の高い求人や求人の網羅性といった英語に強いエージェントでは100%カバーしきれない場合もあります。

そのため、タイプの強みを活かし、弱みを補うためにも、英語につよいエージェント以外のタイプのエージェントも組み合わせて複数登録することがおすすめです。

くわしい転職エージェント活用の手順と選び方は別記事で詳しく解説しています。

英語に強い転職エージェントを活用する

英語力をアピールしたい求職者が英語に強い転職エージェントを活用することで、大きくキャリアップをする機会を増やすことが可能です。

確実に自分の英語力を活かせる転職にするためにも英語に強い転職エージェントを活用するべきです。英語に強い転職エージェントをすすめる理由としては以下の3点があります。

  • 英語に強いエージェントには、業界問わず英語を使う求人が集まる
  • ネイティブの担当は候補者の英語を厳正にチェック。応募会社に英語力をアピール
  • 高い英語力を使わなければならない求人は年収も高くなる

英語が強い転職エージェントには、英語を必要とされる自然と求人情報が集まります。それは、英語に強いエージェントには英語力が高い候補者が登録しているということからの期待からでもあります。

ネイティブのコンサルタントは候補者の英語レベルを厳正にチェックしますが、英語力が高い人は積極的に応募企業へアピールしてくれます。

また、一般的に高い英語力を必要とする職種は年収も高くなるというメリットもあります。製薬業界では英語の活用機会も多く、英語スキルの向上はキャリアップにも直結します。

製薬業界での実績を確認する

英語に強い転職エージェント活用の際の注意点 製薬業界の転職で英語につよい転職エージェントを活用する際に、いくつか注意するべき点があります。これらの点を考慮することで、より確実に英語力を活かす転職に近づくことが出来ます。

  • 製薬業界で実績があるかを確認をする
  • 複数登録しすぎない
  • 自分の英語力、英語レベルにあった転職を心がける

英語、業界での実績の両方を都合よく備えている完全なエージェントが多数あるわけではありません。製薬特化ではないエージェントですが、製薬業界においてどれだけの実績と専門知識を持っているかを確認することも重要です。

また、複数登録のしすぎや英語力が不十分な場合などは、せっかく英語を活かせる転職エージェントに登録をしても思うような結果が得られないこともありますので、注意が必要です。

手段ではありますが、英語力の確認と証明にはTOEICが便利です。力があるひとほど、一度しっかり高スコアをとっておくのが良いでしょう。

英語力を活かす転職エージェント活用のメリットと注意点

英語に強い転職エージェントは、国内外の英語を使用する求人情報やグローバル企業との繋がりを持ち、英語力や国際経験を活かした転職支援を行います。

専門のキャリアコンサルタントも外国人もしくはバイリンガルレベルの英語力がある人が多いのも特徴です。

英語に強い転職エージェントを活用するメリットと注意点もあります。

英語に強い転職エージェントを活用するメリット
■ グローバルな求人情報へのアクセス
■ 給与アップ、売り手市場
■ 英語力を確実に活かせる転職

グローバルな求人情報へのアクセス

英語に強い人材を求める企業は、バイリンガルやネイティブのキャリアコンサルタントを有する転職エージェントに相談をします。

自然とこれらの転職エージェントはグローバルな求人を多く持つことになります。 英語を活かしたい求職者は、英語につよい転職エージェントへの登録することで、外資系大手企業国際的な製薬会社やグローバル企業の求人情報に広くアクセスできるメリットがあります。

給与アップ、売り手市場

英語力は高く求められているスキルですが、本当に高いレベルで英語を活用できる人材は限られています。

製薬業界は人材需要が高い分野であり、英語を使えた上で、業界特化のスキルや経験を持つ人材への需要が増加しています。

このような売り手市場の状況下では、求人企業は優秀な人材を引き寄せるために給与や待遇を改善することがあり、結果として給与アップの機会が増えることが考えられます。

英語力の継続的な向上

英語力が求められる企業への転職を考える際には、これまで学習してきた英語力を更に継続的に向上させるチャンスがあります。

自分の英語力がまだの場合でも英語を活用する職場へのチャレンジは長期的なキャリアアップと言う面で役に立つ可能性があります。

新たな職場環境では、英語を使ったコミュニケーション、プロジェクトの報告書やプレゼンテーション、チーム内やクライアントとのディスカッションなど、多様な業務シーンで英語を活用する機会が広がります。

※ 製薬業界でのキャリアップにつながる英語学習に関して解説しています。 >>【英語学習】製薬業界で求められる英語力とは?

一方で英語力を活かした転職エージェントを活用する際の注意点もあります。

英語に強い転職エージェントを活用する際の注意点
■ キャリアコンサルタントの業界での経験
■ 英語力の証明
■ 自身の英語力

キャリアコンサルタントの業界での経験を確認

キャリアコンサルタントが製薬業界に精通しているかどうかを確認することが重要です。

なぜなら、業界での経験が浅いキャリアコンサルタントも多くいます。しっかりと確認をしましょう。

せっかくネイティブのキャリアコンサルタントでも経験や製薬業界の知識が低くては意味がありません。 転職エージェントに対して自分にあったキャリアコンサルタントに担当してもらうようしっかりと相談しましょう。

英語力の証明

英語力を活かした転職活動で成功をするためには、客観的な英語力の証明が便利です。

キャリアコンサルタントがネイティブの場合など、決してTOEICなどのスコアがない場合でも英語力がどのくらいか紹介する会社には説明は出来ますが、本当に英語力がある人ほど、客観性の硬いTOEICの高スコアで英語力を証明しておきましょう。

※ TOEICの高スコアには「コツ」があります。英語力がある人は、まずは参考書で独習がおすすめ >>「製薬業界でTOEICスコア800点以上を目指すおすすめ「参考書」7選」

自身の英語力

最後に、英語力はこれから、英語の学習中だけれども英語を活かした転職をしたい方も英語に強い転職エージェントを活用するべきと思います。

英語力は決して「盛る」ことはできません。まだ十分な英語力がないとのアドバイスの場合は、英語学習に時間を作り、英語力が向上した段階でよりキャリアのアップに繋がる転職をめざしましょう。

これらの注意点を踏まえて、製薬業界の転職で英語に強い転職エージェントを選び、効果的なサポートを受けることで、よりスムーズな転職プロセスと成功を実現する可能性を高めることができます。

※ とにかく「早く」英語力を高めたい人には「英語コーチング」 >>「英語コーチング」とは?製薬会社で本気の英語学習におすすめスクール6選

製薬業界で英語を活かせる会社、部門

製薬業界で、特に高い英語力への需要が高い会社、部門をまとめました。読む力、書く力、話す力などそれぞれの仕事内容にyよっても求められるスキルは異なりますが、全般的に製薬業界では高い英語力をもつころで、新たなキャリア機会が広がります。

高い英語力が求められる会社、部門一覧

  • グローバル大手国内製薬会社
  • 外資系製薬会社
  • バイオテック企業、ベンチャー企業
  • 製薬業界向けのコンサルティング会社
  • 研究開発部門
  • 事業開発、ライセンス部門
  • 国際事業関連の部門
  • グローバルマーケティング部門
  • 学術部門

その他の部門や業界関連企業でも英語に関しては高い需要があります。英語のレベルは、英語学習によって伸ばすことが出来ますので、キャリアップとして英語力向上は効果的なスキルアップとも言えます。

製薬業界の失敗しない転職に関して「Q&A」

「英語力」を活かした転職でよくある質問

Q.TOEIC800点無いのですが、転職エージェントへ相談しても良い?
TOEIC800点無い場合でも、転職エージェントへ登録を通じて相談しても良いと思います。

転職は、英語力だけではなく、経験やスキル、希望や適性なども大切で、転職エージェントは、総合的に判断して、製薬業界の求人を紹介してくれます。また、英語力を向上させるためのアドバイスやサポートもしてくれます。

ただし、英語力を強くアピール出来るスコアではないので、引き続き英語学習には力を入れて、スコア向上を目指しましょう。

別途記事「「英語コーチング」とは?製薬会社で本気の英語学習におすすめスクール6選」を参考にしてください。

キャリアップにつなげるための英語学習は、別途記事「【英語学習完全ガイド】製薬業界でキャリアアップを目指す7つの方法徹底解説」で詳しく解説しています。
Q.英語力には自信がありますが、TOEICは受験しないといけないでしょうか?
英語力に自身があることは、とても素晴らしいと思います。

確かに、TOEICを受験しなくても、英語力を証明する方法は他にもあります。英語での業務経験を履歴書や面接で伝えることで、英語力に自信があることをアピールできます。また、登録した転職エージェントがネイティブのキャリアコンサルタントだった場合、彼らからの「お墨付き」でTOEICのスコアは不要になる場合もあるでしょう。

しかしながら、「英語力」をアピールしての転職活動をする場合は、TOEICでの高スコアを取った上で応募をすることをオススメします。それは、以下のような理由からです。

■ 一部、TOEICのスコアを求人応募時に提出することを必須の企業がある
■ 面接をする人が必ずしも「英語力」の判断が出来るとは限らない
■ 採用ポジションや給与の交渉の際にスコアで評価で差が出る場合がある
■ 英語がペラペラだけでは、ビジネス英語の高いレベルの証明にはならない

英語力が本当に高い人は、わざわざTOEICのスコアを持たなくてもと思って不思議ではありません。仮に、ネイティブのマネージャー職レベルの人との英語でのインタビューではTOEICのスコアは全く必要ないでしょう。

一方で、TOEICのスコアが、給与や役職レベルに影響がある場合があります。TOEICの高いスコアにはより高い給与や役職が出しやすいケースもあります。TOEICの点数イコール英語力ではありませんが、「英語力を活かした転職」の場合、TOEICは便利な指標として取っておくべきでしょう。

※ 英語力がすでにあってTOEICで高スコアを目指す人には「参考書」で独習がおすすめ
>>「製薬業界でTOEICスコア800点以上を目指すおすすめ「参考書」7選」
Q.担当のキャリアコンサルタントの製薬業界の知識と経験があまりないので不安だ
英語力があっても製薬業界に詳しくないキャリアコンサルタントが担当となった場合は、「転職エージェント」に相談しましょう。また、相性が合わない場合も同様です。

そうしない場合自分への負担も多くなり、希望する転職ができなくなります。転職エージェントに正直に伝えることで、より適切なサポートを受けることができます。

転職エージェントの活用でよくある質問【登録編】

転職エージェントの活用は料金はかかりますか?
通常は無料です。転職エージェントは、企業からの成功報酬で成り立っているビジネスモデルをとってます。

例外的に手数料などがかかるエージェントもありますので、利用するエージェントのサービス内容や料金について事前に確認しましょう。
転職エージェントの登録はいつするべきでしょうか?
いま転職する予定がなくても、将来の転職で失敗しないためにも「いま」から転職エージェントへの登録をすることがおすすめです。

なぜなら、製薬業界の求人は専門性が高く、求人数が限られていることが多いため、自分のスキルを活かせる求人が現れたときに「すぐに応募」できるように準備をしておくことが成功への鍵です。

具体的な例として、アンサーズの転職サービスには「採用通知アラート」というサービスがあり、希望の条件に合致する求人が登場すると、メール通知を受けて迅速に応募が可能です。
転職エージェントに登録する前に準備する書類はありますか?
特に求められていない場合には、登録に際して特に準備する必要はありません。しかしながら、転職エージェントに登録する際には、履歴書、職務経歴書、資格や認定書、英文の履歴書(CV)があると、エージェントとの面談の際に役立ちます。

これらの書類や情報を準備して、転職エージェントに登録すると、自分のキャリアや希望に合った求人案件をより効果的に見つけることができます。

なお、転職活動を始める前にするべき準備は別記事「製薬・医薬品業界の転職でするべき「5つの準備」とは?」を活用下さい。
今すぐ転職するつもりはないけど、転職エージェントに登録、相談だけでも大丈夫?
製薬業界の転職を考えているけれど、今すぐに転職する予定はない場合でも、転職エージェントに登録し、相談することは問題ありません。

実際に転職エージェントに登録した方の中には、半年後や1年後に転職する方も多くいます。
転職エージェントは、転職を真剣に検討している人だけでなく、将来のキャリアプランを相談したり、業界の動向や求人情報を知りたいと考えている方も歓迎します。
転職にはどのくらい期間、準備が必要?
製薬会社の転職には、最低でも3ヶ月の準備が必要です。製薬業界は専門性が高く、求人数も限られているため、転職活動を始める前にしっかりと準備することが重要です。

自己分析やキャリアプランの策定、履歴書や職務経歴書のアップデートなどですが、転職エージェントも相談とサポートをしてくれます。

じっくりと準備を行うことで、自分に適した求人や企業を見つける確率が高まり、成功する転職活動が可能となります。

転職の準備から入社までの手順を10ステップで解説している「製薬業界の転職はじめ方10の手順と注意するべきポイント詳細解説」をご活用下さい。
東京以外でおすすめの転職エージェントや転職サイトはある?
東京以外でおすすめの転職エージェントや転職サイトを探す際には、いくつかの方法があります。
まずは、大手総合型のエージェントの活用です。全国各地に拠点を持ち、幅広い業種や職種の求人情報を提供しているエージェントの活用が便利です。

また、転職サイトなどを通じて、その地域で強いエージェントを探すことも有効です。地域に密着したサポートを提供するエージェントが各地にあり、地域の就職市場に精通しており、地方での転職活動を円滑に進めることができます。

転職エージェントの活用でよくある質問【登録後編】

担当のコンサルタントとどうしても合わない場合は変更できる?
はい、担当のコンサルタントとの相性が合わない場合、担当を変更することができます。
たとえば、以下のような問題から断る場合があります。

■ しつこい
■ 業界での実績が少ない。製薬業界の知識がすくない
■ 希望と違う求人への応募を強くすすめる
■ ノルマ達成のためのような気がする

変更をお願いする場合には丁寧に対応することも重要です。相手を不快にさせることなく、エージェントの変更をスムーズに進めることができます。
希望と違う場合には内定辞退も含めて断っても良いのでしょうか?
はい、転職エージェントを通じて紹介された求人に応募し、面接や選考を経て内定が出た場合でも、希望と異なる条件や環境であれば内定辞退することも可能です。

転職活動は自分のキャリアや生活に関わる重要な決定ですので、自分にとって最適な選択をすることが大切です。内定辞退をする場合には、丁寧かつ早めにエージェントや企業側にその旨を伝えることが礼儀となります。

その際、明確な理由や感謝の意を伝えることで、相手に不快な思いをさせずに対応することが重要です。
紹介できる求人がないとエージェントから言われた場合はどうすればよいですか?
エージェントから紹介できる求人がないと伝えられた場合、他のエージェントにも相談をしましょう。
製薬業界の求人は決して多くありません。別の転職エージェントに登録し、求人を探してもらうことも選択肢です。また、転職サイトや企業の採用ページなど、自分で求人情報を探すことも有効です。

転職エージェントの活用でよくある質問【職種・専門職編】

研究職ですが、研究職以外でも転職の相談しても良いですか?
研究職からの転職相談は、他の部門や職種への転換も十分に可能です。製薬会社では、研究職から他の部門への異動や転職が成功している事例が多数あります。

例えば、メディカル、IT、開発部門、事業開発、企画部門など、経験を活かせる部門が数多く存在します。また、新たなスキルセットを身につけるための挑戦も可能です。
MRですが、他の業種への転職は可能ですか?
MR(医薬情報担当者)から他の業種への転職も可能です。MRの経験はコミュニケーション能力や医療知識などさまざまなスキルを身につける機会を提供します。

そのため、営業、マーケティング、人事、教育など、他の業種でも活かせるスキルがあります。また、MRの経験があることで、製薬会社以外の企業でも医療関連の業務やサービスを提供する企業などで活躍することができるでしょう。

それぞれの業界や職種によって求められるスキルや経験が異なりますが、適切なキャリアパスを模索することで、MRから他の業種への転職も可能です。
英語を使った仕事をしたいのですが、TOEICのスコアは必須でしょうか?
英語を使った仕事をしたい場合、TOEICのスコアが必須とされる場合もありますが、必ずしも全ての企業や職種で必要とされるわけではありません。

ただし、英語を使用する職種や業界では、英語能力の証明としてTOEICのスコアを求めることが一般的です。特にグローバルな企業や外資系企業、また英語圏での仕事を希望する場合には、TOEICのスコアが重視されることがあります。

特に英語力がある人で客観的な英語力のスコアとしてTOEICは便利ですので、スコアを取得しておくことが有利になる場合があります。
薬剤師ですが、製薬会社への転職は可能ですか?
はい、薬剤師の資格を持っている場合、製薬会社への未経験でも転職することは可能です。

ただし、製薬会社の求人は決して数多くあるわけではないことと専門性が高いこともあるので、時間と準備をすることと、実績のある転職エージェントに相談をすることをすすめます。
医師免許を持っていますが、製薬会社への転職は可能ですか?
医師免許を持っている場合、未経験でも製薬会社での転職は可能です。

まず、メディカルドクターとしての転職機会があります。製薬メーカーや医療機器メーカーでの臨床試験や新薬開発に携わります。心臓血管外科医や消化器外科医、脳外科医、小児外科医などが製薬会社へ転職して活躍している実例もあります

次に、メディカルアフェアーズでの転職機会です。メディカルアフェアーズ部門では、医学的な知識を提供し、医療関係者とのコミュニケーションを担当します。新薬の情報提供や学術的なサポートを行います

なお、製薬会社の求人は決して多くなく専門性が高いこともあり、医師免許を活かして、製薬業界でのキャリアを築くためには、専門的な転職サイトやエージェントを活用することをおすすめします。
未経験でも第二新卒での転職は可能でしょうか?
日本国内の製薬会社では、第二新卒の方を歓迎する求人が多くあります。

条件の確認、情報収集、志望動機の整理などのポイントを考慮して、転職活動を進めてみてください。もちろん転職エージェントがサポートしてくれるでしょう。

転職エージェントの活用でよくある質問【交渉編】

転職エージェントは年収交渉や条件に関して交渉してくれますか?
転職エージェントは年収や雇用条件に関して交渉をしてくれます。

転職エージェントは求職者と企業との間に立って交渉を行い、双方の利益を考慮しながら最適な条件を提案します。もちろん事前にエージェントと相談し、自分の希望や条件をしっかりと共有することが重要です。
転職エージェントは、英文の履歴書や職務経歴書の添削はしてくれる?
はい、転職エージェントで特に英語に強いエージェントは、英文の履歴書や職務経歴書の添削を行ってくれます。

履歴書や職務経歴書は転職活動において非常に重要なドキュメントですので、転職エージェントのアドバイスを受けることで、より効果的な文書を作成することができます。
同じ求人が複数の転職エージェントから紹介された場合はどうすれば良いですか?
同じ求人が複数の転職エージェントから紹介された場合、円滑なコミュニケーションを保ちながら対応することが大切です。

同じ求人が複数のエージェントから紹介された場合、各エージェントに率直に伝えることで、情報の重複や混乱を避けることができます。

複数のエージェントから同じ求人が紹介された場合でも、円滑なコミュニケーションを保ちながら問題を解決することができます。
転職エージェントの登録は1社のみでも大丈夫?
転職エージェントの登録は1社のみでも問題ありません。

一つのエージェントに登録することで、そのエージェントだけがあなたの転職活動をサポートし、適切な求人情報を提供してくれます。登録が1社のみでも、しっかりとしたキャリアパートナーシップを築くことができます。

ただし、複数のエージェントに登録することで、より多くの求人情報にアクセスできる可能性もあります。それぞれの選択肢を検討し、自分に合った方法を選ぶことが重要です。
他のエージェントへも登録していることは伝えたほうが良いでしょうか?
はい、他のエージェントへの登録をしていることは、エージェントに伝えることが望ましいです。

これにより、エージェント同士が重複して求人を紹介しないように配慮できますし、あなたの転職活動をより効果的にサポートすることができます。

また、他のエージェントに登録していることを伝えることで、複数のエージェントがよりニーズに合った求人情報を提供するモチベーションを上げ、より多くの選択肢を得ることができるかもしれません。

迷ったときのおすすめ3社

\ 英語を活かした転職。迷ったらこの3社 /

エンワールド・ジャパンJACリクルートメントロバートウォルターズ
外資系の転職につよい
製薬業界での実績多数
英語にも強い総合型
製薬業界での実績も多数
英語を活かした転職に
製薬特化のチームが担当
公式ページ公式ページ公式ページ

参考記事:「【製薬・医薬品業界】に強い転職エージェントおすすめ比較ランキング10選!」

製薬業界の転職で英語を活かすための転職エージェントのまとめ

製薬業界内で英語力を活かした転職を目指す方むけに、どのように転職エージェントを活用するべきか方法と実績のある転職エージェントの紹介を含めてご解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

製薬業界で英語力を活かしたキャリアアップを目指す人が増加しています。しかしながら、製薬業界と英語の両面に強い転職エージェントは数少ないため、英語力を活かし埋もれずに希望のポジションにつくことができないという課題があります。

求職者の英語力を適切に評価し、そのスキルや経験を生かしたポジションへのアプローチを支援できる転職エージェントが必要です。

グローバル市場での展開が進み、国際的なビジネス展開や協力が増えています。国際的なチーム構築や外国籍の上司とのコミュニケーションも増えており、高い英語力は必須です。

一方で、英語力を持つ人材がまだまだ不足している状況もあります。

一般的な英語力だけでなく、業界特有の専門性や知識を持ち、実際の業務で適切に英語を活用できる人材の需要が高まっています。このような実践的な英語力がある人材の不足がさらに需要の増加を後押ししています。

英語力を最大限に活かした転職を目指す際、英語に強い転職エージェントの活用がおすすめです。

このようなエージェントは、あなたの英語スキルを最大限に生かすためのサポートを提供します。英語力が求められる求人情報を集め、非公開情報にもアクセス可能となります。また、英語力を適切に評価し、希望に合った求人を提案してくれるため、転職成功に向けたサポートを受けることができます。

複数のエージェントを検討し、製薬業界における実績や専門知識を持つエージェントを選ぶことが成功の鍵となります。

特に製薬業界での実績を持つエージェントを選ぶことは重要です。

業界特有の知識や要件を理解し、ニーズに合った求人情報を提供してくれるエージェントを選ぶことで、あなたの転職活動をスムーズに進めることができます。英語に強い転職エージェントを活用することで、製薬業界での英語力を活かした転職を成功に導くことができるでしょう。

一方で、製薬業界と英語、両方に強い転職エージェントは少ないのが現実です。

製薬業界特化型のエージェントと英語に強いエージェントを組み合わせることで、製薬業界での実績と英語力を最大限に活かした転職活動が可能となります。
製薬業界特化型エージェントを軸にしつつ、英語に強いエージェントを加えるアプローチは、自身の強みを最大限に発揮するための方法です。

高い英語力と製薬業界での経験やスキルをもつ求職者への需要は非常に高く、キャリアップにとても有利といえます。今日紹介の製薬業界で実績がある転職エージェントを活用して、ご自分の強みを活かした転職のサポートになりましたら嬉しいです。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. ADAで注目は肥満症治療薬、ライセンス契約ニュース、米メルクの肺炎…

  2. リリー社ドナネマブ承認へ近づく、ファイザー社DMD、アッヴィ抗TL1A…

  3. 【全130社製薬会社年収ランキング】外資系、バイオテック、国内製薬…

  4. 【2024年版】これから伸びる製薬会社は?ノボとイーライリリーが肥…

  5. 製薬業界【薬剤師の資格】を活かすおすすめ転職エージェント5選|…

  6. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  7. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  8. 製薬業界で転職を考えたらするべき「5つの準備」とは?基本的なセ…

  9. アンサーズってどうなの?求人数やサポート、製薬特化の転職エージ…

  10. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  3. 【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  4. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  5. 製薬・医薬品業界のおすすめ転職エージェント一覧|成功する転職の…

  6. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  7. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  8. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  9. TOEICで高スコア目指すおすすめ「英語スクール」5選|製薬業界キャ…

  10. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  8. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー
【Insights4 Pharma】ランキング・データで見る製薬業界発行の「無料メルマガ」ご利用ください
無料メルマガ登録はこちら
メルマガ登録はこちら