製薬業界の最新ニュースと解説
ヘルスケア業界もAIの活用から逃れることはできない|DRG海外レポート

ヘルスケア業界もAIの活用から逃れることはできない|DRG海外レポート

AIは世界で最も進歩が著しい技術であり、業界は2014年の約6億ドルから2026年までに1500億ドルに成長すると見込まれている。医療は規制が厳しく、AIへの適応が最も進んでいない分野の1つだが、8.5兆ドル規模のこの市場にはAIの使途が無数に存在している。

2019年 国内承認取得数ランキング…最多は7つ承認のMSD、新規有効成分は小野がトップ

2019年 国内承認取得数ランキング…最多は7つ承認のMSD、新規有効成分は小野がトップ

2019年に国内で承認された新薬(新医薬品)をAnswersNewsが企業別に集計したところ、承認数が最も多かったのは7つの承認を取得したMSDでした。2位は承認数6の小野薬品工業と中外製薬。新規有効成分では、4つの新薬が承認された小野がトップとなりました。

協和キリン グローバル展開本格化…「クリースビータ」好調 海外比率5割近づく

協和キリン グローバル展開本格化…「クリースビータ」好調 海外比率5割近づく

協和キリンが、念願だった海外展開を本格化させています。2019年12月期の売上収益に占める海外の割合は前期比6.7ポイント増の39.1%となり、20年12月期は47.4%まで上昇する見込み。抗FGF23抗体「クリースビータ」が、同社初のブロックバスター化に向けて好調な立ち上がりを見せています。

ASCOのTAPUR試験の新データ発表:消化器がんシンポジウム2020

ASCOのTAPUR試験の新データ発表:消化器がんシンポジウム2020

Targeted Agent and Profiling Utilization Registry(TAPUR)試験コホートにおける、進行大腸がん患者でのさまざまな分子標的薬に関する肯定的な結果は、2020年1月23日から25日にカリフォルニア州サンフランシスコのモスコーン・ウェストビルで開催される消化器がんシンポジウム2020で発表される。

世界の「製薬業界の今」が1分でわかる「無料メルマガ」!

世界の製薬業界の今を把握できるメルマガ「一分でわかる製薬トップニュース」をご活用下さい。

■ 海外トップニュースを日本語で
■ 毎日無料配信
■ 製薬業界の今が1分でわかる!