製薬業界の最新ニュースと解説
塩野義、UMN買収でワクチン本格参入…重点領域の感染症 予防へと事業拡大┃AnswersNews
塩野義、UMN買収でワクチン本格参入…重点領域の感染症 予防へと事業拡大┃AnswersNews
EyeforPharma Patient Summit USA:患者エンゲージメントに関するインサイト|COSMO社チェンジメーカーインタビュー
EyeforPharma Patient Summit USA:患者エンゲージメントに関するインサイト|COSMO社チェンジメーカーインタビュー
【医薬経済社主催セミナー】医療制度改革と医薬品産業の将来|2019年11月29日開催
【医薬経済社主催セミナー】医療制度改革と医薬品産業の将来|2019年11月29日開催
糖尿病性腎症、新薬開発が最終段階に…7品目がP3試験「腎機能改善薬」に期待┃AnswersNews
糖尿病性腎症、新薬開発が最終段階に…7品目がP3試験「腎機能改善薬」に期待┃AnswersNews
世界のオンコロジーまとめ: 2019/11/9〜11/15【会員のみ】
世界のオンコロジーまとめ: 2019/11/9〜11/15【会員のみ】
細胞治療・遺伝子治療 アクセスと償還の5つの重要戦略とは|DRG海外レポート
細胞治療・遺伝子治療 アクセスと償還の5つの重要戦略とは|DRG海外レポート
慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者参画|COSMO社チェンジメーカーインタビュー
慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者参画|COSMO社チェンジメーカーインタビュー
患者中心の医療に向けた組織風土変革の加速|COSMO社チェンジメーカーインタビュー
患者中心の医療に向けた組織風土変革の加速|COSMO社チェンジメーカーインタビュー
日本におけるPatient-Centricity活動の展望について|COSMO社チェンジメーカーインタビュー
日本におけるPatient-Centricity活動の展望について|COSMO社チェンジメーカーインタビュー
【COSMO社主催ウェビナー】レピュテーション・リスクマネジメントセミナー|2019年11月15日開催
【COSMO社主催ウェビナー】レピュテーション・リスクマネジメントセミナー|2019年11月15日開催
ADC 分かれる戦略 第一三共は投資集中、アステラスはがん免疫にシフト…塩野義はペプチド活用
ADC 分かれる戦略 第一三共は投資集中、アステラスはがん免疫にシフト…塩野義はペプチド活用
国内医薬品市場、19年7~9月期は8.9%増…売り上げトップはキイトルーダ┃AnswersNews
国内医薬品市場、19年7~9月期は8.9%増…売り上げトップはキイトルーダ┃AnswersNews
【アルツハイマー病】P3試験中止のアデュカヌマブ、一転申請のなぜ┃AnswersNews
【アルツハイマー病】P3試験中止のアデュカヌマブ、一転申請のなぜ┃AnswersNews
海外新薬承認情報(2019年10月分)┃AnswersNews
海外新薬承認情報(2019年10月分)┃AnswersNews
世界のオンコロジーまとめ: 2019/11/2〜11/8【会員のみ】
世界のオンコロジーまとめ: 2019/11/2〜11/8【会員のみ】
米国のバイオシミラー、フォーミュラリーの優先度引き上げで使用は広がるか|DRG海外レポート
米国のバイオシミラー、フォーミュラリーの優先度引き上げで使用は広がるか|DRG海外レポート
【胆道がん】分子標的薬の開発が活発化…ゲノム異常の解明進展、FGFR阻害薬や免疫療法など┃AnswersNews
【胆道がん】分子標的薬の開発が活発化…ゲノム異常の解明進展、FGFR阻害薬や免疫療法など┃AnswersNews
【再生医療・体外診断薬】先駆け審査指定制度、対象品目の一覧と開発状況まとめ┃AnswersNews
【再生医療・体外診断薬】先駆け審査指定制度、対象品目の一覧と開発状況まとめ┃AnswersNews
【ESMO2019】PARP阻害薬の試験結果が示唆する卵巣がん治療の劇的な変化|DRG海外レポート
【ESMO2019】PARP阻害薬の試験結果が示唆する卵巣がん治療の劇的な変化|DRG海外レポート
肝細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の未来|DRG海外レポート
肝細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の未来|DRG海外レポート
塩野義、UMN買収でワクチン本格参入…重点領域の感染症 予防へと事業拡大┃AnswersNews

塩野義、UMN買収でワクチン本格参入…重点領域の感染症 予防へと事業拡大┃AnswersNews

塩野義製薬がUMNファーマを買収し、ワクチン事業に本格参入します。両社は2年にわたる資本業務提携で、遺伝子組み換え技術を用いてワクチンを製造する基盤技術を整備。来年にも臨床試験を始めるインフルエンザワクチンを皮切りに、治療から予防へと事業の幅を広げます。

EyeforPharma Patient Summit USA:患者エンゲージメントに関するインサイト|COSMO社チェンジメーカーインタビュー

EyeforPharma Patient Summit USA:患者エンゲージメントに関するインサイト|COSMO社チェンジメーカーインタビュー

COSMO社のシニア・コンサルタント安川瑛美が、10月2日~3日に開催されたEyeforPharma Patient Summit USAについて報告します。米国フィラデルフィアで2日間にわたって開催されたEyeforPharmaのサミットでは、製薬企業各社や患者団体が業界の発展に向けて意見交換が行われました。

【医薬経済社主催セミナー】医療制度改革と医薬品産業の将来|2019年11月29日開催

【医薬経済社主催セミナー】医療制度改革と医薬品産業の将来|2019年11月29日開催

11月29日医薬経済社が主催する製薬業界むけセミナー「医療制度改革と医薬品産業の将来」をご案内します。医薬品産業を取り巻く環境は益々厳しくなると同時に、世界と伍していくにも厳しさが際立ち、産業としての生き残りをかけた競争の時代に。将来医薬品産業が発展していくために。。。。

糖尿病性腎症、新薬開発が最終段階に…7品目がP3試験「腎機能改善薬」に期待┃AnswersNews

糖尿病性腎症、新薬開発が最終段階に…7品目がP3試験「腎機能改善薬」に期待┃AnswersNews

糖尿病の3大合併症の1つである糖尿病性腎症。透析に至る最大の原因となっているこの疾患で、複数の新薬が開発の最終段階を迎えています。現在、7品目がP3試験を行っており、初の「腎機能改善薬」として注目される抗酸化炎症モジュレーターや、MR拮抗薬、SGLT2阻害薬など作用機序も多様。近い将来、治療選択肢は大きく広がりそうです。

世界のオンコロジーまとめ: 2019/11/9〜11/15【会員のみ】

世界のオンコロジーまとめ: 2019/11/9〜11/15【会員のみ】

今週の世界で発表されたオンコロジー関連のニュースリリースの日本語タイトルをお届けします。

細胞治療・遺伝子治療 アクセスと償還の5つの重要戦略とは|DRG海外レポート

細胞治療・遺伝子治療 アクセスと償還の5つの重要戦略とは|DRG海外レポート

細胞治療や遺伝子治療が、希少疾病やがんの患者に大きな恩恵をもたらすようになり、医療は激変している。長年のアンメットニーズに対応できるようになった判明、途方も無い費用がかかり、その両面でこれらの治療の存在感が増している。今週の「DRG海外レポート」では、細胞治療・遺伝子治療のアクセスと償還に向け、製薬企業が米国でとっている5つの重要な戦略を紹介します。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者参画|COSMO社チェンジメーカーインタビュー

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者参画|COSMO社チェンジメーカーインタビュー

COSMO社の患者中心医療実現の最前線で活躍するチェンジ・メーカーへのインタビューシリーズ、今回は慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者参画を自らも患者としてとして、米国内および国際的に数多くの患者活動の役割を担うジョン・リンネル氏へのインタビュー記事です。

患者中心の医療に向けた組織風土変革の加速|COSMO社チェンジメーカーインタビュー

患者中心の医療に向けた組織風土変革の加速|COSMO社チェンジメーカーインタビュー

患者中心医療実現の最前線で活躍するチェンジ・メーカーとして、現在Servier社のChief Patient Officerであるロード・ドゥウルフ氏にCOSMOがインタビューを実施した。

日本におけるPatient-Centricity活動の展望について|COSMO社チェンジメーカーインタビュー

日本におけるPatient-Centricity活動の展望について|COSMO社チェンジメーカーインタビュー

患者中心医療実現の最前線で活躍するチェンジ・メーカーとして永年アステラス製薬に勤務し、現在(株)畑中ファーマ・コンサルティング代表である畑中和義氏にCOSMOがインタビューを実施した。同氏は2014年より「全てのサービスは患者のために」をミッションとするNPO法人JPPaCの理事長である。NPO活動を通じて、難病・がんサバイバーなどの方々などから、「患者」とは、「患者中心の医療」とは、を学んでいる。

【COSMO社主催ウェビナー】レピュテーション・リスクマネジメントセミナー|2019年11月15日開催

【COSMO社主催ウェビナー】レピュテーション・リスクマネジメントセミナー|2019年11月15日開催

11月15日製薬業界のリスクマネージメントに関するウェビナーがCOSMO社主催で開催されます。製薬・医療機器企業および製品ブランドのレピュテーションリスク管理の必要性はますます高まると同時に、複雑さを増しています。より実践的な視点から最新情報を多面的に提供します。

ADC 分かれる戦略 第一三共は投資集中、アステラスはがん免疫にシフト…塩野義はペプチド活用

ADC 分かれる戦略 第一三共は投資集中、アステラスはがん免疫にシフト…塩野義はペプチド活用

次世代の抗体医薬として研究開発が盛んに行われている抗体薬物複合体(ADC)。これまで欧米勢が先行していましたが、第一三共が大型化を期待するトラスツズマブ デルクステカンを日米で申請し、アステラス製薬もエンホルツマブ ベドチンを米国で申請しました。第一三共がADCに投資を集中させる一方、アステラスは...

国内医薬品市場、19年7~9月期は8.9%増…売り上げトップはキイトルーダ┃AnswersNews

国内医薬品市場、19年7~9月期は8.9%増…売り上げトップはキイトルーダ┃AnswersNews

IQVIAは11月7日、2019年7~9月期の国内医療用医薬品市場が前年同期比8.9%増の2兆6709億3700万円となったと発表した。四半期ベースで5%を超える成長となったのは、2016年1~3月期以来、3年半ぶり。製品別売上高では、MSDの免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」が前の四半期に続いてトップとなった。

【アルツハイマー病】P3試験中止のアデュカヌマブ、一転申請のなぜ┃AnswersNews

【アルツハイマー病】P3試験中止のアデュカヌマブ、一転申請のなぜ┃AnswersNews

米バイオジェンとエーザイが、臨床第3相試験を中止したアルツハイマー病治療薬アデュカヌマブを、来年初頭に米国で申請すると発表しました。一体何があったのでしょうか。

海外新薬承認情報(2019年10月分)┃AnswersNews

海外新薬承認情報(2019年10月分)┃AnswersNews

2019年10月に米FDA(食品医薬品局)が承認した主な新薬と適応拡大をまとめました。

世界のオンコロジーまとめ: 2019/11/2〜11/8【会員のみ】

世界のオンコロジーまとめ: 2019/11/2〜11/8【会員のみ】

今週の世界で発表されたオンコロジー関連のニュースリリースの日本語タイトルをお届けします。

米国のバイオシミラー、フォーミュラリーの優先度引き上げで使用は広がるか|DRG海外レポート

米国のバイオシミラー、フォーミュラリーの優先度引き上げで使用は広がるか|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。バイオシミラーの普及が遅れている米国ですが、大手医療保険のユナイテッドヘルスが抗がん剤でバイオシミラーの優先度を引き上げるフォーミュラリーの見直しを行いました。使用は広がるのでしょうか。

【胆道がん】分子標的薬の開発が活発化…ゲノム異常の解明進展、FGFR阻害薬や免疫療法など┃AnswersNews

【胆道がん】分子標的薬の開発が活発化…ゲノム異常の解明進展、FGFR阻害薬や免疫療法など┃AnswersNews

早期発見が難しく、5年生存率も20%程度と治療も難しい胆道がん。薬物療法は化学療法だけですが、ゲノム異常の解明が進み、分子標的薬の開発が活発化しています。エーザイや大鵬薬品工業がFGFR阻害薬を開発中で、「イミフィンジ」「オプジーボ」といった免疫療法薬の開発も進んでいます。

【再生医療・体外診断薬】先駆け審査指定制度、対象品目の一覧と開発状況まとめ┃AnswersNews

【再生医療・体外診断薬】先駆け審査指定制度、対象品目の一覧と開発状況まとめ┃AnswersNews

世界に先駆けて日本で承認申請を目指す新薬の審査期間を短縮する「先駆け審査指定制度」。2015年の制度創設以来、医薬品ではこれまでに20品目が指定を受け、このうち5品目がすでに承認を取得し、2品目が承認申請中です。対象品目の開発状況をまとめました

【ESMO2019】PARP阻害薬の試験結果が示唆する卵巣がん治療の劇的な変化|DRG海外レポート

【ESMO2019】PARP阻害薬の試験結果が示唆する卵巣がん治療の劇的な変化|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。今年のESMO(欧州臨床腫瘍学会)で発表されたPARP阻害薬の臨床試験結果をもとに、卵巣がん治療の変化を展望します。

肝細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の未来|DRG海外レポート

肝細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の未来|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。今回取り上げるのは、肝細胞がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発動向。オプジーボが1次治療のP3試験に失敗しましたが、多くの抗PD-1/PD-L1抗体が進行肝細胞がんのファーストラインで併用療法を検討しています。