製薬業界の最新ニュースと解説
新種コロナウイルスへのワクチンにModerna社が米国と協力して取り組んでいる

新種コロナウイルスへのワクチンにModerna社が米国と協力して取り組んでいる

【BioToday 2020年1月23日】新種のコロナウイルス(2019 Novel Coronavirus;2019-nCoV)感染に対向するワクチンにModerna社が米国政府と協力して取り組んでいます。
米国立衛生研究所(NIH)はワクチン開発に着手しており、臨床試験が始まるのは数カ月先になるとCNNに話しています。

加齢黄斑変性、ノバルティスの「Beovu」承認で競争激化|DRG海外レポート

加齢黄斑変性、ノバルティスの「Beovu」承認で競争激化|DRG海外レポート

「DRG海外レポート」。今回取り上げるのは加齢黄斑変性。昨年10月、米国でノバルティスの「Beovu」(一般名・ブロルシズマブ)が承認されました。「アイリーア」をしのぐ大型薬になるとも言われるBeovuの登場で、市場競争は激しさを増します。

中国で流行の新型コロナウイルスはヘビが出処らしい

中国で流行の新型コロナウイルスはヘビが出処らしい

【BioToday 2020年1月24日】去年の12月中旬から中国で流行し始めたウイルス性肺炎を引き起こしている新手のコロナウイルス(2019 Novel Coronavirus;2019-nCoV)はコウモリのコロナウイルスと他の動物のコロナウイルスの掛け合わせによって生じたらしく、ヒトへ移る2019-nCoVの溜まり場(reservoir)はどうやらヘビのようです。

術前キイトルーダ併用でリンパ節転移のあるトリネガ乳がんpCR率が改善|サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)

術前キイトルーダ併用でリンパ節転移のあるトリネガ乳がんpCR率が改善|サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)

リンパ節転移を有するトリプルネガティブ乳がん患者において、抗PD-1免疫治療薬キイトルーダを術前化学療法に追加することで病理学的完全奏効率(pCR)が上昇した。このKEYNOTE-522試験結果が、12月10~14日に開催されたサンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS)にて発表された。

世界の「製薬業界の今」が1分でわかる「無料メルマガ」!

世界の製薬業界の今を把握できるメルマガ「一分でわかる製薬トップニュース」をご活用下さい。

■ 海外トップニュースを日本語で
■ 毎日無料配信
■ 製薬業界の今が1分でわかる!