【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と注意するべきポイントとは?

  • 転職を計画する上で、手順と期間をしっかり把握したい
  • あせって、転職でのミスマッチを防ぎたい
  • 転職の流れで、製薬業界独特の難しさはあるのか?

転職会議が行った1000人へのサーベイによると4人に1人の転職者が、転職結果に満足していないというデータがあります。

転職活動に充分な時間や情報収集ができずに、入社前のギャップが生じてしまうなど満足いく転職ができない人が多くいます

転職希望者は、転職活動の流れをしっかりと把握して、それぞれの手順の中で失敗を防ぐ活動をすることが大切です。また、製薬業界独特の課題や難しさもあります。

この記事では、製薬業界の転職の開始から入社までの流れを、失敗しない転職をするための注意点も含めて10のステップ徹底解説いたします。この記事を読むことで、製薬業界の転職の手順はもちろん、その手順の段階での注意点も把握、対策をして転職活動をすすめることができます。

製薬業界の転職で気をつけたい特有の課題とは?

製薬業界の転職で失敗しないためには、製薬業界独特の課題を踏まえた上で、転職活動をすすめることが重要です。

なぜなら、他の業界とは異なるルールや制限など製薬業界にはあるため、これらの違いが製薬業界の転職にも影響を与えているからです。

例えば、以下のような製薬業界独特の転職の課題を踏まえることが成功のために重要です。

  • 求人数は決して多くない。専門性が高い場合、今すぐには無い求人も
  • 他の業種からの流入は少ないが、あらたしい職種が増えてきている傾向
  • 未経験者にとっての求人はかなり限られている

これらの課題を踏まえつつ、転職活動をすすめることがとても大切です。

それでは、製薬業界での転職、開始から入社までの流れを、失敗しないためのポイントを含めて解説します。

転職開始から新しいキャリアのスタートまでの10のステップ

start

1. 転職の準備と基本的なセキュリティ対策

転職を考えた場合、適切な準備は成功への第一歩です。

準備の段階では、「自己評価」「キャリアゴール設定」に加え、基本的なセキュリティ対策が不可欠です。

キャリアプランでは、自分の理想とする仕事を考察します。

自分が得意とする分野や興味を持っている分野、今後挑戦したいことなどを整理し、それに基づいた転職活動を進めることができます。

自己分析では、自身のスキル、経験、関心を客観的に評価します。自分が何を提供できるのかを明確に理解することで、適切な求人やポジションを見つけやすくなります

準備の段階で、今後転職活動をする際に、転職活動がバレることがないように、文書の保管、メールやスマホでの安全なコミュニケーション手段の確保など、セキュリティに対する基本的な対策を講じましょう。

会社内での転職活動、会社のメールアドレス、職務経歴書の会社の共有フォルダーへの保管、転職エージェントからの電話などで、予期せず会社や同僚にバレてしまうことがあります。

転職に関して、情報が漏れていたなどはあってはならないミスですので、準備段階から十分に配慮しましょう。製薬業界で転職を考えたときにするべき「5つの準備」を別途記事でも詳しく解説しています。

まえだ
まえだ

転職することを決定する前だからこそ出来る準備を大切に。基本的なセキュリティ対策もわすれずに!

2. 不可欠な情報収集|面接対策、条件交渉での活用も踏まえる

次に、製薬業界の転職を成功させるためには、情報収集が不可欠です

インターネットや書籍など多くの転職情報や業界情報から適切な情報を収集、今後の転職活動に役立てましょう。

例えば、業界専門の転職サイトで得られる求人情報は自分にとってどのような求人が用意されているのかを具体的に把握することができます。

傾向をおさえて、今後の転職の対策を練るためにも便利です。求人情報に合わせて、年収や企業文化を含めた企業情報は、面接対策や条件交渉に際に大事な情報となりますので徹底的に収集しましょう。

失敗しない転職のポイント

面接対策、年収交渉で活用する企業情報は徹底的に収集する

情報収集は製薬業界の転職成功において不可欠。業界理解、求人情報の発見、競争力の向上など多くのメリットがあります。情報収集を通じて、最適な転職機会を見つけ、成功に近づけましょう

情報収集を通じて業界の理解を深め、適切な情報を活用することで、成功への道が開けます。情報収集は転職の成功のための大事なコツとも言え、良い結果にも直結します。

3. 履歴書と職務経歴書の作成|徹底的にアピールを

履歴書と職務経歴書、英文のCVの作成は、製薬業界の転職において重要なステップです。

なぜなら、これらの文書を、しっかりとアピールできる内容にすることで、転職を有利にすすめることができます

希望の求人へ応募をした場合、企業の担当者は、履歴書、職務経歴書にまずは目を通します面接などの次のステップへすすめるかどうかの判断を企業はします。また、複数の候補として残った場合、企業は面接の内容に加えて職務経歴書や履歴書で記載されている内容を更に読むことで採用する人材を判断します。これらの書類は、スキルや経験、製薬業界における求職者の価値を示す大切な書類です

また、英語を活かした仕事に就きたい場合には、英文のCVを作成する必要があるケースが増えています。

最近は、面接も海外のネイティブの人が受け持つ場合があります。過去の国際的なプロジェクトや国際市場での経験を詳細に記述、国際市場への対応力や語学スキルをアピールポイントとして示すことができます。

失敗しない転職のポイント

応募した企業が使う書類、徹底的なアピールを。キャリアコンサルタントの添削も有効

履歴書と職務経歴書、英文のCVの充実は、製薬業界の転職成功の鍵です。転職エージェントのキャリアコンサルタントからの添削はより良いアピールをするために、有益ですので活用しましょう。

履歴書や職務経歴書を作ることは、大変手間がかかる作業ですが、転職で成功するための大事なコツの一つです。コンサルタントの添削も含めて勝てる履歴書、職務経歴書を準備しましょう。

4 . ネットワークの構築

ネットワークの構築は、製薬業界の転職において非常に重要です。以下のようなネットワークを活用しましょう。

転職エージェントや転職サイトを通じて、業界内の人々から求人情報やキャリア機会に関する情報を得ることができます。ネットワーク内のコンタクトから、非公開の求人情報へのアクセスも可能となる場合があります。

業界の専門家からアドバイスや指導を受ける絶好の機会です。キャリアの方向性やスキルの強化に関する価値ある助言を得ることができます。また、業界内のイベントやセミナー、コンファレンスへの招待や参加を通じて、新たなコンタクトを築く機会を提供します。これにより、有力なつながりに加えて得られない情報を得ることができます。

例えば、LinkedInなどのソーシャルメディアを活用して、製薬業界の専門家とつながることができます。専門家の投稿やコメントをフォローし、業界の最新動向へもアクセスできます。

失敗しない転職のポイント

ひと手間かかるが、ネットワークが理想のキャリアチャンスを見つける可能性もある

製薬業界の転職市場は、求人数や自分の狙いたい求人が潤沢にあるような市場ではないので、このような人的なネットワークは、自分にとって有利な求人情報へのアクセス、アドバイスと指導、ネットワーキングの機会を提供する可能性を高めます。

通常の業務とは異なる作業となるので、ひと手間がかかる作業ですが、一つのネットワークが貴重な機会を提供する可能性があるので、積極的にネットワークを活用しましょう

5 . 転職エージェント|複数のエージェントを効果的に活用する

転職エージェントの活用は、製薬業界の転職において非常に重要です。

多くの情報をインターネットなどを通じて得られますが、業界で転職を専門にしている転職エージェントから得られる情報は非常に重要です。自分におすすめの求人情報へのアクセスに加えて、適切なアドバイスも提供してくれます。転職エージェントでは、非公開の求人情報も多く持っているので、幅広い機会へのアクセスの可能性も高まります。

転職エージェントが提供する、履歴書・職務経歴書の作成や面接の準備などは、不安な転職活動をしっかり支えてくれる貴重なサポートです。有効に活用しましょう

転職エージェントを活用する際には、キャリアコンサルタントとの相性もあります。もし、担当されたキャリアコンサルタントとの相性など不安を感じる場合には遠慮なくエージェントに相談をしましょう。失敗しない転職には大切なパートナーのキャリアコンサルタントですので、自分が一緒に転職活動しやすい人であることは結果にも大きな影響があります。

失敗しない転職のポイント

キャリアコンサルタントとの相性、信頼関係は大切。合わない場合は遠慮なく変更をおねがいしましょう

製薬業界の転職において、転職エージェントは、求人情報へのアクセス、専門知識とアドバイス、スムーズなプロセスを提供し、成功に向けた重要な支援をしてくれますが、さらに効果的に活用するには、複数の信頼できる転職エージェントへ登録しましょう。

複数の転職エージェントを活用することで、それぞれのエージェントの強みを活かして、より効果的な転職結果につなげる可能性を高めます。

製薬業界の転職でおすすめの転職エージェントの比較とランキングは別途記事「【製薬業界】転職エージェントおすすめ比較ランキング10選!失敗しないエージェントの選び方徹底解説」をご活用ください。

6. 求人への応募|希望の求人がいま無くても焦らないことが大切

希望の求人が見つかったら応募をします。応募の方法にはいくつかの方法があります。

  • 直接、希望の企業への応募
  • 転職サイトからのオンライン応募、
  • 転職エージェントを通じた応募

ほどんどの企業は、自社のサイトで人材の募集をしていますがオンラインで応募が可能です。転職サイトからの応募の場合は、その転職サイトへの登録を条件に応募が可能な場合が多いようです。

転職エージェントを活用する場合は、転職エージェントを通じての応募となりますので、キャリアコンサルタントと一緒に準備をした履歴書などは、希望の会社へ応募をしてくれます。

エージェントは求人への応募に加えて、その後の面接対策など、アドバイスとサポートをしてくれるメリットがあります。

応募の段階で大事なポイントとしては、自分のキャリアアップに沿った求人がない場合も製薬業界の転職ではありえます。

このような場合でも焦らずにじっくりと希望の求人が出る、もしくは紹介されるまで待つことも失敗しない転職には大切なポイントです。

たとえば、アンサーズの「採用開始アラート」のように、希望の条件を予め登録して紹介をしてくれるサービスもあるので、転職エージェントに相談をしましょう。

失敗しない転職のポイント

応募したい求人が出るまで時間がかかる場合もあります。応募までは焦らずじっくりと待つことも大切


製薬業界の転職において、求人への応募は、応募までの準備とその後の面接に繋がる大切なプロセスの一部です。しっかりとした準備と、今後の対策を進めましょう。

※ 転職エージェントの活用、製薬業界で実績のあるエージェントを使いましょう
>>> 製薬業界で実績のある転職エージェントおすすめ10選!

7. 面接の準備、採用結果に直接つながります

面接は、企業と求職者が会って直接対話する機会で転職でも最も重要なプロセスとなります。書類選考後に行われ、複数回の面接がある場合がほとんどです

面接の成功は、内定獲得に直結します。しっかりと準備と対策をした上で望むことが大切です。

面接では、以下のポイントに注意して準備を行うことが成功への道です。

  • 企業研究: 企業を研究することで、企業への貢献を準備する
  • 自己紹介: 自分の印象を左右します。簡潔で魅力的な自己紹介を用意
  • STAR法:経験への質問対策にSTAR法を活用しましょう。
  • 質問の準備: 面接官に質問を準備しましょう。

なお、転職エージェントによっては、面接対策をサポートとして提供する場合があります。かれらは、面接をする企業やその求人に対する情報を踏まえた上でサポートをしてくれるので、積極的に活用しましょう

転職エージェントは、面接対策を含めて大事なポイントで求職者を協力にサポートします。アンサーズの転職サービスを例として記事をまとめていますので、参考になると思います。>>> アンサーズの転職エージェントサービスが製薬業界の転職におすすめの3つの理由

8. 条件の交渉

転職において、企業からのオファーを受けたタイミングで、給与や条件の交渉を開始しましょう。この段階で注意深く交渉を行い、最適な条件を確保することが重要です。

双方が、条件に納得することが大事ですし、契約書にサインをしたあとでは、条件の変更や交渉は不可能です。じっくりと条件を検討することが必須です。

オファーを受けた後、以下のステップに従って交渉を進めましょう。

  • 感謝の表明: オファーを受けたら、まず企業に感謝の意を示しましょう。プロフェッショナルな姿勢を示します。
  • 検討期間の要求: オファーを受けても、すぐに受け入れる必要はありません。適切な検討期間を要求し、条件を検討する時間を確保しましょう。
  • 条件の明確化: 給与、ボーナス、福利厚生、勤務地、役職など、重要な条件を明確にしましょう。自身の希望条件を明示します。
  • 提案の提示: 自身の要望を交渉相手に提案し、理由を説明します。具体的な提案を用意しましょう。
  • 柔軟性の示唆: 交渉相手に対して柔軟性を示唆し、双方が合意に達するために協力的な姿勢を示します。

交渉を通じて、当初定めた自分の目標とオファーをじっくりと照らし合わせることが重要です。

場合によっては「妥協」する判断をすることも考えられます。また複数のオファーを比較検討する場合もあります。ご自分のキャリアにとっても大事な判断のタイミングです。総合的に最良の判断ができるようじっくりと検討しましょう。

なお、転職エージェントを通じての紹介の場合は、転職エージェントが企業との交渉に当たってくれます。転職エージェントの交渉は大変頼もしいサービスですので、相談も含めて、目標達成に向かってエージェントとの情報交換を密にしましょう

失敗しない転職のポイント

オファーを受けたら、交渉のタイミングを検討、自身のキャリア目標に合致する条件を確保。Win-Winの結果を追求しましょう。

9. オファーの受諾と離職準備

いよいよ転職活動も最終ステップとなってきました。オファーの受諾です

転職において、オファーの受諾は重要なステップです。新しい仕事へのスムーズな移行に向けたしっかりとした準備とプロセスがとても大事です。
オファーを受諾するプロセスは、求職者のプロフェッショナリズムを示す機会でもあります。迅速かつ正確に必要な手続きを行うことで、信頼性と責任感をアピールできます。

オファーの受諾に伴い、契約書の締結を含め以下のようなプロセスが残ってます。

  • オファー受諾意志を企業に連絡
  • 契約書の詳細確認
  • 必要な書類(身分証明書、銀行口座ほか)の提出
  • スムーズな退職、業務引継ぎ
  • 新しい職場の連絡先の確定

製薬業界の転職において、オファーの受諾は新しいキャリアのスタート地点といえます。
スムーズな移行を確保しましょう。

10. 新しいキャリアのスタート

製薬業界の転職で失敗しないための手順として10のステップで解説しました。その都度、注意点も記載しましたので、手順と合わせて活用してください。

さて、転職としては最後のステップとなりますが、新しい仕事は新しいキャリアのスタートとなります。さらなるキャリアのゴールを定めるよい機会と言えます。

新たな仕事スタートは、新たなキャリアアップのチャレンジの機会です。さらなるキャリアップに向けて以下のような項目で新しいキャリアに臨んではいかがでしょうか?

  • 中長期的なゴールの設定: 新しい職場でのさらなるキャリアアップのために、中長期的な目標を再確認しましょう。
  • スキルの向上: 自身のスキルセットを向上させるために継続的な学習を行いましょう。
  • メンターシップ:経験豊富なメンターはいますか?メンターからのアドバイスは今後のキャリアにも大きな助けになるでしょう。
  • ネットワーキング: 新しい職場でのコネクションを築きましょう。業界でのネットワークも再構築しましょう
  • ワークライフバランス: キャリアアップを追求する際にもワークライフバランスを保つことが大切です。
  • 自己ブランディング: 転職中もそうですが、更に自己ブランディングを強化。自分の価値をアピールしましょう。

以上すべてが新しい仕事を始める際に必須な項目ではないのですが、今後もキャリアは続きます。

新しい職場でのさらなるキャリアアップはもちろんですが、転職期間中にも実施していた自己ブランドやスキルの向上によって、継続して自分自身の価値を高めてみてはどうでしょうか?

製薬業界の転職、失敗しないための手順のまとめ

製薬業界は転職するには非常にユニークな市場です。求人数は決して多くなく。専門性が高い場合、今すぐには無い求人もあります。さらに、他の業種からの流入は少ないものの、未経験者や第二新卒の求人は限られています。

そのような中で、製薬業界の転職で成功するためのはじめから入社までを10のステップとして手順を解説しました。 手順の都度で、失敗しないための注意するべきポイントも解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

製薬業界での転職は、しっかりとした計画、時間、情報収集、アドバイス等できっと成功できる転職ができます。

転職エージェントの活用は転職には不可欠のようですが、製薬業界の場合は複数登録することが成功するにはとても有効です。もちろん、履歴書や面接への対策も大切ですし、しっかりと交渉することで最初に設定したゴールを達成できることと思います。

また転職は新たなスタートでもあります。転職活動や新しいキャリアでさらなるキャリアアップを目指せる転職にしてください。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. 製薬業界で転職を考えたらするべき「5つの準備」とは?基本的なセ…

  4. アンサーズってどうなの?求人数やサポート、製薬特化の転職エージ…

  5. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  6. 【MR職】の転職につよい転職エージェントおすすめ比較ランキング|…

  7. 製薬業界【特化型】転職エージェントおすすめ比較ランキング|選び…

  8. 製薬会社どこがいい?製薬会社年収ランキング|外資系、バイオテッ…

  9. 【1分で完了】「MR Biz」転職サービスのはじめ方|登録の手順を3ス…

  10. MR Bizの「採用開始アラート」がオススメの理由6つと使い方解説【…

  1. TOEICで高スコア目指すおすすめ「英語スクール」5選|製薬業界キャ…

  2. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  3. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  4. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  5. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  8. 製薬・医薬品業界のおすすめ転職エージェント一覧|成功する転職の…

  9. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  10. 【2023年版】米国で特許切れの大型医薬品ランキングTOP10|ヒュミラ…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  8. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー