種類で転職エージェントを選ぶメリットと注意点徹底解説|製薬・医療業界で失敗しない転職

  • 製薬、医療業界の転職エージェントにはどんな種類があり、それぞれの特徴は何ですか?
  • 自分にあった転職エージェントの種類を探すには?
  • 製薬業界の転職エージェントの種類ごとにどのような求人情報が得られるか?
  • 種類で製薬業界の転職エージェントを使うことで注意する点はありますか?

製薬・医療業界の転職で大切な転職エージェントの選択ですが、「種類」をしっかりと把握することで効果的に選ぶことができます。

製薬・医薬品業界の転職、転職エージェントは自分にあったものを選びたい人向けに、製薬業界で使うべき転職エージェントのタイプを徹底的に解説します。

本記事では、転職エージェントの「種類」を詳しく解説、自分にとって最適な転職エージェントを選ぶことができ、失敗しない転職活動に役立ちます。

なお、別記事の製薬業界おすすめの転職エージェント10選では、より包括的にどのように転職エージェントを活用するかを解説しています。合わせてご活用ください。

  • 多様性に富む転職エージェント
  • 製薬・医療業界で活用されている転職エージェントの種類
  • 転職エージェントの専門性を活用できる
  • 豊富な求人情報にアクセス
  • 企業とのつよいコネクション
  • 自分にあった種類を選ぶことが必要
  • 必要なコミュニケーションをしっかりととる
  • 料金などの諸条件を確認

多様性に富む転職エージェント

転職エージェントとは、専門のキャリアコンサルタントが直接求職者の転職活動をサポートしますが、厚生労働省のデータによると23年3月には26,000以上の事業所があります。

かなりの数が転職関連で求職者のサポートをしていることがわかります。 その中から最適な転職エージェント選ぶことはとくにはじめての転職をするひとにとって大変な選択です。

実は、それぞれがもつ得意分野でタイプに分類することで転職エージェントの選択がしやすくなります。

製薬・医療業界で活用されている転職エージェントの種類

それでは、製薬、医療業界の転職でに活かせる転職エージェントの種類とはどのようなものがあるでしょうか?

多様性に富む転職エージェント

タイプや得意分野でえらぶ転職サイト、転職エージェント

タイプ別製薬特化」「総合」「英語」「ハイクラス」
条件・職種別「外資系」「未経験」「第2新卒」「医師」「薬剤師
部門別「研究職」「開発職」「MR職」「管理部門
年代別「20代」「30代」「40代」「50代・シニア」

転職エージェントの種類を理解し、適切に使い分けることには多くのメリットがあります。

転職エージェントの専門性を活用できる

まず、専門知識の活用が挙げられます。特化型エージェントは業界特有の知識を持っているため、求職者のスキルや経験を的確に評価し、最適な求人を紹介してくれます。

製薬業界や医療業界の特殊な要件や資格について深く理解しているため、ミスマッチが少なく、効率的な転職活動が可能となります。

豊富な求人情報にアクセス

また、豊富な求人情報にもアクセスできる点が魅力です。特化型エージェントは、一般の転職サイトには掲載されない非公開求人を多く取り扱っています。これにより、競争が少なく、自分のスキルや経験に合った求人を見つけやすくなります。特に、製薬業界や医療業界では、重要なポジションが非公開求人として扱われることが多く、こうしたエージェントを利用することで希少なチャンスを掴むことができます。

企業とのつよいコネクション

さらに、企業との強いコネクションを持つエージェントを利用できます。このことで、より効果的でスムーズなマッチングが期待できます。

エージェントは企業の採用担当者と直接的なコミュニケーションを持ち、企業の求める人材像や職場環境を詳しく把握しています。

そのため、求職者の希望やスキルに合致する企業を的確に紹介し、面接の成功率を高めることができます。

一方で、エージェントを利用する際にはいくつかの注意点もあります。

自分にあった種類を選ぶことが必要

転職エージェントの選択には慎重さが求められます。自分のキャリアやスキルに最も適したエージェントを選ぶことが重要です。

エージェントでも得意分野や企業のネットワークが異なるため、事前にリサーチを行い、自分の希望する業界や職種に精通したエージェントを選ぶ必要があります。

必要なコミュニケーションをしっかりととる

エージェントとのコミュニケーションをしっかりと取ることが成功の鍵となります。

自分の希望や条件を明確に伝えることで、より適した求人を紹介してもらえる可能性が高まります。定期的なコミュニケーションを通じて、エージェントが求職者の最新の状況や希望を理解しているか確認することが重要です。

料金などの諸条件を確認

一部のエージェントやヘッドハンティング会社では利用料金が発生する場合があります。

無料のサービスと有料のサービスの違いを理解し、自分の予算に合ったエージェントを選ぶことが必要です。

特に、高収入層や専門職を対象としたスカウト機能をもった転職エージェントでは、料金がかかる場合もあるので、事前に料金体系を確認しておくことが大切です。

製薬・医療業界向けの転職エージェントには、様々な種類があります。

それぞれのエージェントの特性を理解し、自分のキャリアやスキルに最も適したエージェントを選ぶことで、効果的な転職活動が可能になります。注意点を押さえつつ、適切なエージェントを利用することで、満足度の高い転職を実現することができます。

製薬、医療業界で活用されている種類別の転職エージェント

  • 製薬・医療業界「特化型」の転職エージェント
  • 「英語に強い」転職エージェント
  • 「総合型」転職エージェント
  • 「ハイクラス」につよい転職エージェント
  • 「スカウト」機能をもつ転職エージェント

製薬・医療業界「特化型」の転職エージェントを活用するメリットと注意点

製薬業界は高い専門性を要する業界です。

製薬業界特化の転職エージェントをまず登録するのは以下のようなメリットがあります。

  • 製薬業界内に深く入り込んでいる
  • 製薬業界に詳しいキャリアコンサルタントのサポート
  • 非公開求人情報へのアクセス

特化型の転職エージェントは、業界内に深く入り込み、研究職や開発職、MR職など職種でも多くの求人情報をもちます。

特徴として、製薬業界で非常に専門性の高いキャリアコンサルタントが求職者をサポートします。

彼らは製薬企業や関連機関との緊密な連携を通じて、業界の最新動向や求人情報にも精通、製薬業界の特徴や要件に基づいたキャリアアドバイスを行い、求職者のスキルセットを最大限に活かすためのサポートを求職者に提供できます。

サービス名
アンサーズ

MR Biz


製薬オンライン
特徴製薬業界特化
アンサーズニュースも運用するクイック社
MRに特化した転職エージェント製薬業界に特化した転職サービス
公開求人数2000件25件3000件
非公開求人多数あり多数あり多数あり
対応地域全国全国全国
料金無料無料無料
製薬業界での実績多数あり多数あり多数あり
公式サイト公式サイトで見る公式サイトで見る公式サイトで見る

「英語につよい」転職エージェントを使うメリットと注意点

英語に強い転職エージェントを使うメリットは、国内外の英語を使用する求人情報やグローバル企業との繋がりを持ち、英語力や国際経験を活かした求人を豊富にもつことです。

製薬業界でも外資系の製薬会社や業界内の企業も積極的に日本での人材採用活動をしています。

部門によってはTOEIC800点以上、もしくは900点レベルの英語力を必要としている部門があります。

英語に強い転職エージェントを活用するメリット
■ グローバルな求人情報へのアクセス
■ 給与アップ、売り手市場
■ 英語力を確実に活かせる転職

英語に強い転職エージェントを活用すると、外資系大手企業や国際的な製薬会社の求人情報にアクセスできます。自身の英語力を最大限に活かし、キャリアの可能性を広げましょう。

一方で英語力を活かした転職エージェントを活用する際の注意点もあります。

英語に強い転職エージェントを活用する際の注意点
■ キャリアコンサルタントの業界での経験
■ 英語力の証明
■ 自身の英語力

製薬業界に実績のあるキャリアコンサルタントを選ぶことが重要です。適切な相談とサポートを得るためには、転職エージェントに自分に合ったコンサルタントをリクエストしましょう。

英語を活かした転職には、客観的な英語力の証明が必要です。TOEICが高いスコアがあれば、転職エージェントも有利な情報を提供してくれるでしょう。

しっかりと英語対策もして、転職に臨みましょう。場合によっては、英語力でサポートが受けられない場合もあります。

※ とにかく「早く」英語力を高めたい人には短期集中の「英語コーチング」がおすすめです。

製薬業界で英語力を活かした転職には、実績のある「英語につよい」転職エージェントの活用が必須です。

サービス名JACリクルートメントランスタッドロバート・ウォルターズ
転職・人材紹介のJAC Recruitment人材紹介会社ランスタッドがSMSで求人紹介会社概要|外資系・日系グローバル企業への転職・英語求人 ...
 特徴製薬業界でも実績多数
英語に強い総合型
外資系・グローバル大手に
英語とハイクラス型
製薬業界の多数の実績
英語を活かす転職
公開求人数約13,500件約5,280件約1,850件
利用者層35~39歳30代~50代30~40代
対応地域全国・海外全国全国
料金無料無料無料
製薬業界での実績多数ありあり多数あり
強み英語、製薬業界両方に強い日系大手・外資系に強い英語・日系大手・外資系
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめの転職エージェントに加えて、エージェントの選び方やメリットまで更に詳しく別途記事「英語を活かせる転職エージェント比較ランキング」で解説をしています。

「総合型」の転職エージェントを使うメリットと注意点

「総合型」の転職エージェントは、さまざまな業界や職種に対応し、多様な求人情報を提供する転職エージェントのことです。

総合型に分類される転職エージェントは大きな資本をもとに運営されており、求人数や登録している求職者の数も膨大です。

大手「総合型」の転職エージェントをつかうメリット
■ 豊富な求人情報
■ キャリアコンサルタントが多数在籍
■ 多数の企業が活用
■ スピードと効率性
■ 面接対策とサポート

圧倒的な求人数が大きなメリットが製薬業界の転職でも「総合型」の転職エージェントを活用する理由です。

総合型の転職エージェントは広範な業界や職種の求人情報を提供しています。

特に大手のエージェントは、多くの製薬会社や関連企業とのコネクションを持っており、多様な求人情報を取り揃えています。

総合型が扱っている業界は幅広いものの、自身の希望条件に合った求人を選ぶことができます。

大手の総合型エージェントは多くの企業とのパートナーシップを築いています。

製薬業界の多数の企業にも幅広くアプローチできている総合型の転職エージェントも多いので、確認しつつ自分にあったエージェントを選びましょう。

「総合型」の転職エージェントを活用する上での注意点
■ 実績と専門性
■ キャリアエージェントの経験とサポート
■ 希望条件とのマッチング

キャリアエージェントの実績と専門性は、転職活動の成果を左右する重要な要素です。

製薬業界において、エージェントやキャリアコンサルタントが過去にどれだけの事例を持っているかや、特定の業界や職種に対する深い知識と経験を確認することが重要です。

経験豊富なエージェントは、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、交渉支援など、さまざまな段階でのアドバイスやサポートを提供してくれます。

自身のスキルや強みを最大限に引き出すための指導やフィードバックは、転職活動の成功に直結する重要な要素です。

これらの実績や経験を製薬業界であるかどうかの確認をしっかりとすることで、自身のスキルや経験を最大限に活かせる転職先を見つける可能性が高まります。

希望条件とのマッチングは、転職エージェントの役割の一つですが、エージェントが一般的な知識のみで対応すると本当にぴったりのマッチングが出来ない可能性があります。

エージェントは自身の希望条件やキャリア目標を詳しく理解し、それに合致する求人情報を提供してくれるので、しっかりと自分の求めている希望や条件、強みを情報として提供しましょう。

これらのメリットと注意点を総合的に考慮しながら、「総合型」のキャリアエージェントを比較、選択することで、自身のキャリアの進展をサポートしてくれる総合型の転職エージェントをより効果的に活用することができます。

ハイクラスむけの転職エージェントを使うメリットと注意点

「ハイクラス」の転職エージェントは、高いレベルのポジションや高収入の求人情報を扱っています。

上級管理職や専門職、エグゼクティブレベルの求職者を対象としているので、求職者が登録をしても条件に合わない場合があります。

ハイクラスの転職エージェントは、優れたネットワークやコネクションを持ち、一般には公開されていない非公開求人情報を保有、一般的な求人サイトでは見つけることが難しいような、高給与や高ポジションの求人情報を提供することができます。

転職エージェントは、求職者と求人企業のマッチングが基本ですが、ハイクラスの場合は転職エージェントが企業側から得た「求人」の条件に見合う人を探して照会をする「ヘッドハンティング」機能を有する場合も多くあります。「スカウト」というのがそれに近いコンセプトです。

ハイクラスの転職エージェントは、高ポジションや高収入を求める求職者を中心に積極的に活用をしています。

スカウト機能をもつ転職エージェントを活用するメリットと注意点

スカウト機能をもつ転職エージェントは、逆求人形式で求職者がプロフィールや職務経歴書を登録し、企業側からのオファーを待つ仕組みです。

この機能を利用することで、求職者は自ら積極的に応募しなくても、企業からのアプローチを受けることができます。

スカウト機能では、企業から直接オファーが来るため、早い段階で企業の担当者とやり取りを始められ、転職活動をスピーディに進めることが可能です。

一方でいくつか注意点もあり、それらを踏まえて効果的に活用する必要があります。

スカウト機能のある転職エージェントを使うメリット

  • 効率的な転職活動
  • 自己評価の確認
  • 多様かつ専門性の高い求人に出会える

スカウト機能をもつ転職エージェントの第一のメリットは、効率的な転職活動が可能になる点です。

求職者はプロフィールを登録するだけで、企業からオファーが届くため、求人を探す手間が省けます。これにより、現職中でもスムーズに転職活動を進めることができます。

次に、自己評価の確認ができることです。

企業からのオファーを受けることで、自分の市場価値を客観的に知ることができ、現在のスキルセットや経験がどの程度評価されているかを確認することができます。これは、キャリアプランの見直しにも大いに役立ちます。

さらに、多様かつ専門性の高い求人に出会えることも大きなメリットです。

企業からのオファーを通じて、思いもよらなかった職種や業界の求人に出会うことができ、転職活動の幅が広がり、自分の可能性を再発見する機会が増えます。

スカウト機能を使うことで、求人数が少ないような特定の専門分野や特別な経験を持つ求職者にとっても、そのような人材をさがしている企業から直接アプローチを受ける可能性があります。。これにより、より自分のスキルや経験を活かせる職場に出会うことが可能です。

スカウト機能のある転職エージェントを使うときの注意点

  • 大量のオファー処理
  • 不確実なオファー
  • プライバシーの懸念
  • 料金の発生
  • 情報入力の手間

一方で、スカウト機能にはいくつかのデメリットもあり、注意点として踏まえる必要があります。

まず、オファーに対して自分で処理する必要があることです。スカウト機能では、大量のオファーが届くことがあり、中には自分の希望に合わないものも多く、選別や処理に時間がかかる場合があります。

次に、不確実なオファーに対するリスクがあります。

企業からのオファーが必ずしも正式な採用の確約ではないため、期待した結果に繋がらないこともあります。企業が単に情報収集目的でオファーを出している場合もあるため、注意が必要です。

また、プライバシーの懸念もあります。詳細な専門性や経験を含むプロフィールを公開することで、現職の企業に転職活動が知られるリスクがあり、特に業界が狭い場合、情報が漏れる可能性を考慮する必要があります。

なお、そのような場合は登録サイトの設定で現職の会社には見られないようにするなど、しっかりとしたセキュリテイ対策をすることで未然に防ぐことが出来ます。

転職エージェントの利用には料金が発生する場合があります。無料で利用できる転職エージェントのサービスと比較してコストがかかります。転職期間が長期に渡る場合、転職活動の予算を考慮する必要があります。

最後に、多くの情報を自分でサイトに入力する手間もあります。プロフィールや職務経歴書を詳細に記載することが求められ、この作業が面倒に感じる場合もあります。

スカウト機能をもつ転職エージェントは、効率的かつ効果的に転職活動を進めるための強力なツールです。

特に、専門性の高い分野や特別な経験を持つ求職者にとっては、企業からの直接オファーが非常に有利に働くことがあります。デメリットも理解しつつ、自分のキャリアゴールに合った方法で活用することが重要です。

製薬業界の転職エージェント「種類」に関して「Q&A」

Q1.自分の活かせる「強み」がなにかまだわからないので選べない?

自分の強みを見つけるためには、自己分析を行うことが大切です。

自己分析とは、自分の経験やスキル、価値観、興味関心などを客観的に振り返り、自己理解を深めるプロセスです。

これまでの職務経験や学業、趣味など、過去に関わったことを振り返ってみましょう。 そして、自分が得意なスキルや持っている特性を洗い出してみてください。

転職エージェントに相談をしてみることも一つの手段です。転職は大切なキャリアップの機会です。焦ることなく、じっくりとキャリアの可能性を探りましょう。

Q2.異なる職種へ挑戦したいが、経験がない場合、どのタイプがよいでしょうか??

異業種への挑戦を考える際に、経験がまだ浅いと感じることはよくあることです。

エージェントの専門性と経験をみてみましょう。異業種への転職をサポートしている専門やあるいは総合型のエージェントを選ぶことが大切です。

エージェントは企業とのコネクションを持っており、多くの求人情報にアクセスできる可能性が高くなります。

異業種への挑戦を成功させるためには、幅広い選択肢があることが重要です。

過去の利用者の評判をチェックすることも大切です。オンラインの口コミやレビューを参考にして、信頼性のあるエージェントを選びましょう。

これらのポイントを考慮して、複数の転職エージェントを比較し、自分に最適なエージェントを選ぶことが大切です。タイプにこだわることなく、その他の要素も異業種へのチャレンジでは有効かもしれません。

アンサーズビズリーチJACリクルートメント
製薬業界特化
業界内の非公開多数
製薬業界の実績多数
スカウト型でハイクラスに強い
英語にも強い総合型
製薬業界での実績も多数
公式ページ公式ページ公式ページ

まとめ:転職エージェントの種類で選ぶ製薬、医療業界の転職

製薬業界は、新薬の開発や外資系企業の進出など多岐にわたる業種や業務が存在するため、専門的な転職市場となっています。

そのため、正確な情報収集や求人情報の活用が必要不可欠であり、転職サイトや転職エージェントの活用が有効です。

この記事では、製薬・医薬品業界での転職に役立つ転職サイト・エージェントのタイプに関して解説をいたしました。

製薬業界の転職エージェントには、「製薬特化」に加えて、「総合型」「ハイクラス」「英語型」があります。

製薬業界の転職市場は他の業界とは異なるため、今回の記事で転職エージェントのタイプ別に自分の希望に沿ったエージェントを選択して、キャリアアップにつなげることが大切です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 外資系製薬会社の平均年収ランキング比較|口コミサイト徹底調査。…

  2. ADAで注目は肥満症治療薬、ライセンス契約ニュース、米メルクの肺炎…

  3. リリー社ドナネマブ承認へ近づく、ファイザー社DMD、アッヴィ抗TL1A…

  4. 全130社の年収を徹底比較!日本国内創薬大手、外資系、バイオ、兼業…

  5. これから伸びる製薬会社は?|売上予測と時価総額ランキングで将来…

  6. 【薬剤師の資格】を活かすおすすめ転職エージェント|未経験でも製…

  7. 日本の製薬会社売上ランキングトップ40|ランキングから見る製薬業…

  8. はじめての転職でも安心。開始から入社までの10の手順と注意する…

  9. 転職活動をバレずに進めるための工夫とは?|バレる特徴とバレたと…

  10. 製薬業界は本当に求人数が少ない業界なのか?医療業界のデータとも…

  1. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  2. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  3. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  4. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  5. 【キャリアアップの近道】TOEICスコア800点以上を目指す人に「役に…

  6. TOEICで高スコア目指すおすすめ「英語スクール」5選|製薬業界キャ…

  7. 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「…

  8. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  9. はじめての転職でも安心。開始から入社までの10の手順と注意する…

  10. 【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  1. 日本の製薬会社売上ランキングトップ40|ランキングから見る製薬業…

  2. はじめての転職でも安心。開始から入社までの10の手順と注意する…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 種類で転職エージェントを選ぶメリットと注意点徹底解説|製薬・医…

  8. 転職市場動向を活かして始める失敗しない転職|製薬業界の3つの要…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー
【Insights4 Pharma】ランキング・データで見る製薬業界発行の「無料メルマガ」ご利用ください
無料メルマガ登録はこちら
メルマガ登録はこちら