アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンドに影響を与える3つの要素も解説

製薬業界で転職を考えている方々からこのような声を聞くことがあります。

■ 転職情報が多すぎて正直わからない
■ 求人のトレンドを踏まえて転職したい?
■ 求人の傾向を使いたいがどの情報を使えばいい?

実は、製薬業界の転職トレンドは、様々な要因で大きく変動しています。

なぜなら、新薬の承認や開発の成功失敗の影響は直接製薬会社の経営に影響を与え、M&Aを含む提携状況も頻繁に起こる業界であり、さらに、製薬業界は規制業界であり、当局によるルールの変更や、医薬品の承認か否かなどは、発表ぎりぎりまでわからず、これらの影響は「求人」の変動の大きな要因です。

私は、製薬業界むけの市場調査のコンサルタントとして20年以上製薬業界に携わって多くのプロジェクトで医薬品の開発や上市のプロジェクトを見てきました。大型製品に育った開発品もあれば、開発後期段階で開発を諦めた開発品など様々な悲喜こもごもを目の当たりにしてきました。

この記事では、転職に際して求人トレンドを活用する重要性の解説に加え、この転職トレンドの収集方法と収集の1つのソースとして製薬ニュースでおなじみの「アンサーズ」のキャリアコンサルタントが毎月掲載している製薬業界の求人トレンドの活用をご紹介します。

この記事を通じて、求職者が、求人や転職のトレンドを転職活動に活用し、これらのトレンド情報を有効に使って頂けるための情報を提供します。成功する転職には、様々な情報を活用し、その都度最適な判断をすることが大切ですが、この求人トレンドの活用と製薬ニュースのアンサーズが提供するキャリアに関する情報が、転職を希望する方にお役に立てられたら嬉しいです。

※ アンサーズの転職サービスが使われている3つの理由とは?
>>> アンサーズの転職エージェントサービスが製薬業界の転職におすすめの3つの理由

転職トレンドに影響を及ぼす大きな要因3つ


製薬業界の転職トレンドは、様々な要因で大きく変動しています。転職者は、業界動向を踏まえつつ、転職のトレンドを有効に活用することで転職活動を成功に導くことができます。

承認・開発動向

製薬会社の株価や収益は、自社もしくは導入品の開発動向の影響を大きく受けます。自社が開発した医薬品が日本や海外で承認・販売されれば、数年間の売上に大きく貢献します。逆に、臨床試験の失敗や副作用などは株価や将来の戦略にマイナスの影響を及ぼします。これらの動向は、企業の投資や雇用にも大きな影響を与えます。

事業・商談状況

製薬会社は、自社の開発品だけでなく他社の製品を導入し、製品ポートフォリオを組んで収益の安定と成長を図ります。業界内では頻繁に商談が行われ、M&Aなどの大きな取引も行われます。これらの商談は事前の情報が限られ、取引金額も大きくなるため、将来の戦略や雇用にも影響を及ぼす要素となります。

当局の動向

製薬企業は規制産業であり、当局の動向の影響を受けます。医薬品の安全性や効果の確保のために、当局からの規制が課せられます。また、医療費の増大を抑制するために、当局が医薬品価格に対して影響を及ぼす制度が存在します。これらの当局の動向は製薬会社の雇用状況にも大きな影響を与えます。

トレンドが及ぼす影響とは?

製薬業界は常に変化しており、転職トレンドも大きく変化しています。転職活動を成功させるためには業界の最新の動向を把握することが不可欠です。

転職に影響を与える変動の要因としては。新薬の承認。開発の成功もしくは失敗、M&Aなど提携状況、当局によるルールの変更、医薬品の承認など予期できるもの、コントロールできないもの、情報として入手できるものなど様々です。

そのような中で、転職活動においてトレンドをおさえるのは以下のような理由があります。

求人数と求人内容が変化します。製薬業界は研究開発から製造、マーケティングまで幅広い職種が存在し、求人への需要と供給が変動します。転職活動をする際には、最新の求人情報を追跡し、自身のスキルとマッチするポジションを見つけることが重要です。

キャリアパスが影響を受けます。新たな技術や治療法の発展に伴い、キャリアパスにも変化が生じています。例えば、遺伝子療法の分野が急成長しており、これらの分野に特化した職種への需要が高まっています。転職を検討する際には、将来のキャリアパスを見越してスキルや知識を磨くことが肝要です。

新たな職種と無くない職種があります。新たな技術の登場で一部の職種が減少し、新たな職種が登場する可能性があります。例えば、AIやデータサイエンスの導入により、データアナリストやAIエンジニアといった新しい職種が求められるようになりました。転職を検討する際には、自身のキャリアを再評価し、新たなスキルの習得に取り組むことが必要です。

給与や待遇の状況が変化しています。競争環境の変化により、給与や待遇条件が変動します。特に高需要の職種や専門家には競争力のある給与が提供されることがあります。転職を考える際には、給与や待遇面についても情報収集を行い、自身の希望条件に合致する企業を見つけることが大切です。

製薬業界における転職トレンドは常に変動しており、個々のキャリアに合った方向性を見つけるためには、最新の業界動向を常に追跡することが重要です

転職動向のトレンドを効果的に活用するには?

業界動向を常に把握する

上記のように製薬会社の動向を深く重視することで、需要が高まっている職種や業種を把握することができます。このような傾向を把握することで、自身の転職情報に生かすことが出来ます。

そのためには、転職を希望する会社や技術などの最新のニュースを把握し、常に情報を収集する必要があります。

アンサーズニュースの転職トレンドの記事を活用

2つめに既存の信頼できるメディアの活用があります。例えば、アンサーズニュースが毎月発行する転職トレンドの記事は、転職状況のトレンドを把握する意味でも非常に役に立ちます。

この記事の強みは、アンサーズの転職エージェントであるキャリアコンサルタントが毎月寄稿しており、実際の求人情報に基づいたデータと分析です。

製薬業界では、「職種」によって求人やその傾向は異なってますが、この特集記事では、「研究職」「開発職」「製造職」「MR職」の転職にも言及、それぞれの傾向を掴むことが出来ます。

このことで、部署滅の求人の需要状況と継続して読むことで求人動向の推移も把握でき、転職活動に役立てることが出来ます。

なお、製薬業界の「職種」は、上記以外にもあります。「メディカルドクター職」「CRA職」「CMC薬事職」「PMS職」「MSL職」などですが、更に細分化されます。それぞれの職種での求人傾向を押さえることも転職での成功には大切ですが、そのような職種でのトレンドなどの情報は、次に述べます業界専門の転職エージェントからの情報が有効です。

専門のキャリアコンサルタントの活用

3つめの方法として、転職エージェントの専門のキャリアコンサルタントを活用する方法です。転職エージェントは、大量の求人情報に接しているのみならず、製薬会社の人事に関連するキーマンと情報交換をしています。

そのため、転職エージェントのキャリアコンサルタントと情報交換から、各会社の戦略、戦術に則った求人情報を入手することができ、自分にとって最も効果のある転職活動に結びつけることが出来ます。

たくさんの有益な情報を提供しているキャリアコンサルタントを有効に活用することが転職の成功に繋がります。

ただし、注意点としては、製薬業界で実績のある転職エージェントを活用することです。転職エージェントによっては、業界にはあまり詳しくないコンサルタントでも製薬業界の転職を担当することがあり、そのような場合は、転職に役立つトレンド情報は得られません。

製薬業界特化で転職サービスを提供しているアンサーズへの登録方法では、特に履歴書など準備する書類は必要ないなどとても簡単です。今すぐ転職しなくてもよい「採用開始アラート」などのサービスも充実しているのでまず専門のキャリアコンサルタントとの情報交換としてもオススメです。

2023年の製薬業界の「転職トレンド」とは?

それでは、実際に各部門、全体での「転職トレンド」はどうでしょうか?
アンサーズニュースの記事を活用して、過去の転職のトレンドを分析します。まずは2023年の業界内の転職動向をみてみましょう。

2022年から23年にかけての製薬業界の転職トレンド

アンサーズニュースの「転職トレンド」の特集記事から、製薬業界の過去一年間の求人数は堅調に推移していることがわかります。

製造職やMRなどのポジションにおいて需要が安定していることがうかがえます。MRの求人数も総じて増加傾向にあるようです。コロナ禍の収束の影響でしょうか、直近2023年4月、5月で、2ヶ月連続で増加しています。MRの需要は堅調です。今後の高まりも予想できます。

研究職の採用は大手企業において拡大している傾向が見られます。これは大手企業が自社の研究開発に積極的に人材を求めていることを示しています。再生医療関連のニーズが製造や研究の分野で拡大、このような新たなモダリティへの需要は増加しそうです。

また、製薬会社ではないものの別の業態として、CRO業界の需要も高まっている傾向も見られます。

なお、製薬業界でも最も求人数が多い「研究職」「開発職」「MR職」3つの部署に関しては、別途記事で転職のトレンドに加えて、職種の役割、詳細な求人数とその推移、転職トレンドに対する対策もまとめておりますので、それらの記事から求人トレンドの部分を抜粋、編集の上解説します。

堅調、増加傾向の「開発職」の求人トレンド

「アンサーズ」の調査では、開発職に関する求人では、2022年後半、未経験者や第二新卒者の募集が多かったようです。メーカーやCROの中でも、グローバル開発のニーズが拡大しているため、高い語学力を持った人材を求める求人が中心となっています。

「QC・QA・監査」と「CRA」の求人数において増加傾向が顕著です。CRO(受託研究機関)の募集が特に活発で、国際共同治験が増える中、CROでは受託プロジェクトの増加に伴って募集が増えています。また、再生医療関連の求人も増えています。CRA(モニター)やDM(データマネジメント)の未経験者募集が続いており、内製化に向けたモニタリング業務の募集もあるようです。

また、海外バイオ医薬品企業からの臨床試験数が増加しており、開発職に対するニーズも高まっており、今後、数十人規模の大型採用も続くと見られています。

>>> 【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「傾向と対策」とは?

高い需要度が続く「研究職」の求人トレンド

製薬業界全体の従業員数は減少傾向にありますが、「研究職」の求人動向は、継続的に堅調に推移してます。求人数が堅調なことは、研究職への高い需要度がベースにあります。

製薬業界の研究職の求人傾向としては、バイオ医薬品、再生医療、核酸医薬などの先端技術分野と基礎研究において、求人数が多かったとアンサーズは解説。ある特定分野に関するスキルや知識を持っている人材にとって、転職市場は比較的好調で有利であるということが言えます。

全体的には、再生医療、核酸医薬、タンパク質の構造解析などの先端技術分野での募集が多く、かった。内資メーカー中心にニーズがあると報告された月もあり、バイオインフォマティクスやCMC系の求人も増えていると言えます。

>>> 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「傾向と対策」とは?

優秀な人材への要望が高くなる「MR職」の求人トレンド

過去半年のでデータからMR職の求人動向を簡単に分析をすると、製薬企業におけるMR(医薬情報担当者)の求人件数は、2022年9月以降減少傾向にあります。しかしながら、スペシャリティ領域で未経験者でも応募可能な求人がメーカーから出されていることに注目しています。各社とも専門性をもった人材をMRとして採用したい希望が強い傾向が見られます。

MR職の求職市場には、製薬会社の早期退職によって市場では転職希望者が増加しております。優秀な人材でも、転職の競争は激化の状況にあります。一方で、CSOの採用意欲は高水準で、フルリモートのプロジェクトでも採用ニーズが高まっています。

>>> 【MRの転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転職「傾向と対策」とは?

製薬業界の求人トレンドのまとめ

転職において求人トレンドを活用することは非常に重要です。求人トレンドを把握することで、現在の転職市場の状況や需要の高い職種、業界を知ることができます。この情報を戦略的に活用することで、自身の転職活動を成功させることができます。

具体的な活用方法としては、まずアンサーズの毎月の転職トレンドをチェックすることが重要です。さらに、業界の動向を把握するために最新のニュースや情報を追い、求人トレンドを収集しましょう。

転職の成功には情報の活用が不可欠です。求人トレンドを把握し、それを自身の転職活動に生かすことで、理想の転職結果を得ることができます。

転職エージェントであるキャリアコンサルタントのアドバイスを活用することも有効です。彼らは転職の専門家であり、多くの求人情報や企業の動向に精通しています。キャリアコンサルタントのサポートを受けながら、自身に合った求人情報を得て、効果的な転職活動を進めることができます。

製薬業界での転職エージェントをどのように選んで活用するかは、転職で成功するためにはとても重要です。キャリアコンサルタントのサポートが得られる「転職エージェントの選び方は「【製薬業界の転職】「併用」がオススメ!失敗しない転職エージェントの選び方とおすすめ7選」で詳しく解説しています。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. ADAで注目は肥満症治療薬、ライセンス契約ニュース、米メルクの肺炎…

  2. リリー社ドナネマブ承認へ近づく、ファイザー社DMD、アッヴィ抗TL1A…

  3. 【全130社製薬会社年収ランキング】外資系、バイオテック、国内製薬…

  4. 【2024年版】これから伸びる製薬会社は?ノボとイーライリリーが肥…

  5. 製薬業界【薬剤師の資格】を活かすおすすめ転職エージェント5選|…

  6. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  7. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  8. 製薬業界で転職を考えたらするべき「5つの準備」とは?基本的なセ…

  9. アンサーズってどうなの?求人数やサポート、製薬特化の転職エージ…

  10. 【インタビュー】モランダCEOのフィリップ・カリガンさん|20年以上…

  1. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  2. 製薬・医薬品業界のおすすめ転職エージェント一覧|成功する転職の…

  3. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  6. 【2023年版】米国で特許切れの大型医薬品ランキングTOP10|ヒュミラ…

  7. 【キャリアアップの近道】TOEICスコア800点以上を目指す人に「役に…

  8. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  9. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  10. 【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  1. 日本の製薬業界5年間でどう変わった?|40社の売上ランキング分析…

  2. 【詳細解説】製薬業界の転職|転職開始から入社までの10の手順と…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 転職エージェントは「得意分野」で選ぶ|製薬業界の転職に使える5…

  8. アンサーズで「製薬業界の転職トレンド」を押さえる|転職トレンド…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー
【Insights4 Pharma】ランキング・データで見る製薬業界発行の「無料メルマガ」ご利用ください
無料メルマガ登録はこちら
メルマガ登録はこちら