【薬剤師の資格】を活かすおすすめ転職エージェント|未経験でも製薬・医療業界で失敗しない転職

このような方におすすめ

  • 製薬業界は未経験。でも薬剤師の資格を活かして製薬業界に転職したい
  • 製薬業界で実績のある「薬剤師の資格を活かせる」転職エージェントは?
  • 自宅に近い薬局、病院へ薬剤師の資格を活かして転職ってできる?

製薬・医療業界の転職、製薬会社ではたくさんの方が持っている薬剤師の資格をもって活躍しています。

本記事では薬剤師の資格を活かして未経験でも製薬会社へ転職を希望する人や、製薬業界から薬剤師の資格を活かして、薬局や病院、企業への転職を希望する人が活用できる「薬剤師の資格を活かせる」転職エージェントを紹介します。

薬剤師の資格を活かす転職には、薬剤師の転職支援や紹介で経験と実績が高い転職エージェントのサポートが求職者にとって有効です。

薬剤師の資格を求める転職は、薬剤師が多く登録している薬剤師の転職に強い転職エージェントに集まる傾向があります。

この記事では、製薬業界の転職で薬剤師の資格を活かしてキャリアをアップさせたい方々に向けて、はじめてでも安心して利用できる薬剤師の転職につよい転職エージェントを紹介します。

製薬業界でも実績があり薬剤師の資格を活用できるエージェントを活用することで、より効果的な転職活動ができるでしょう。

なお、別記事では製薬・医療業界の転職で使うべき転職エージェントの種類を解説しています。合わせてご活用ください。

製薬・医療業界【薬剤師の資格を活かす】転職エージェントとは?

  • 薬剤師の資格を活かす転職エージェント、種類の比較
  • 薬剤師特化のおすすめ転職エージェントを活用
  • 製薬業界特化の転職エージェントを活用する
  • スカウト型の転職サイトを活用

薬剤師の資格を活かす転職エージェント、種類の比較

製薬業界、薬剤師の資格をもつ多くの人が働く業界ですが、薬剤師の資格を活かして転職活動をする場合、自身の目標や強み、条件を活かせる転職エージェントの活用が重要です。

そこで、薬剤師の資格を活かした人が製薬業界の転職ではじめての転職でも失敗しないために、薬剤師の資格を活かすためにどのような転職エージェントを活用すれば効果的なのかを比較表にまとめました。

タイプ名薬剤師特化製薬業界特化スカウト型
特徴薬剤師に特化した転職サービス製薬業界全般に特化した転職サービス薬剤師の資格をアピールできる
求人数製薬業界では限られている製薬業界で多数幅広く多数
利用者層薬剤師資格を保有している人製薬業界の中の人。製薬業界に入りたい人20代、30代を中心に多数
対応地域全国全国全国
料金無料無料一部有料もある
製薬業界での実績あり多数ありあり

薬剤師の資格を活かして製薬業界への転職に「薬剤師特化」の転職エージェントの活用が有効です。薬剤師特化の転職エージェントは、薬局や病院といった医療機関につよいのが特徴ですが、製薬企業をはじめ製薬業界での求人もあります。

自分のめざす業種や企業を登録後に求人サイトで検索することに加えて、直接転職コンサルタントに相談するとよいでしょう。

薬剤師特化のおすすめ転職エージェントを活用

レバウェル薬剤師:レバウェルが薬剤師の転職支援を開始

薬剤師専門のコンサルタントが求人探しをサポート

レバウェル薬剤師は、薬剤師の資格を持つ求職者に特化した転職サポートを提供。薬剤師の方のスキルを最大限に活用できる求人を紹介しています。

医療業界での実績豊富なレバウェルが、薬剤師の転職支援特化したサービスとして23年に開始したレバウェル薬剤師は、すべて無料で利用できます。

薬剤師の資格をもち、未経験でもはじめて製薬業界に挑戦したい求職者や、製薬業界から薬局や病院への転職を目指す人におすすめの転職エージェントです。

エージェントの種類薬剤師特化型
取引先企業数14,000以上
利用者層20代、30代
強い職種薬局、病院、クリニック、製薬会社
製薬業界での実績多数あり
公式サイト公式サイトはこちら

レバウェル薬剤師に相談

関連記事
【レバウェル薬剤師】口コミと評判、登録の手順まで

その他の薬剤師特化でおすすめの転職エージェント5選

製薬業界特化の転職エージェントを活用する

薬剤師の資格を活かして製薬業界で転職をする場合には、製薬業界特化の転職エージェントを活用することがおすすめです。

製薬業界特化の転職エージェントは、製薬会社をはじめとして製薬業界の中の会社の求人の取り扱いを主とするからです。

とくに、製薬業界でのお仕事は未経験でも薬剤師の資格を活かしたいと思う求職者の方は製薬業界特化のエージェントの活用が便利です。

製薬業界での職種は多様化が進んでおり、未経験でもチャレンジできる職種も多くあります。

製薬業界特化ならまずはアンサーズに相談

アンサーズは、製薬業界特化の転職エージェントです。専門性の高い製薬業界の転職で成功するには業界の内部にも食い込んでいる「製薬特化の転職エージェント」の活用は必須です。

アンサーズは製薬業界内のあらゆる業種、部門に食い込むことで独自の求人情報を入手、アンサーズの転職エージェントに登録後には70%の非公開求人情報にもアクセスが可能です。

「アンサーズ」は、製薬業界に深く食い込むことでが提供している「採用開始アラート」は、求めている求人が開始された際にメールでお知らせをしてくれるサービスです。今希望の職種で求人がない場合や、今後転職をしたいと考えている人にはとても便利なサービスとの評価があります。

エージェントの種類製薬業界特化型MR職
公開求人数約2000件
非公開求人70%が非公開求人
つよい年代製薬業界の20代、30代、40代、50代、シニア
つよい業種製薬会社、バイオテック、ジェネリック、原薬、CRO、製薬業界全般の業態に対応
つよい職種研究職、開発職、管理部門、薬事、CRA、
品質管理/品質保証、PMS、
MR、メディカルリエゾン、学術、
事業開発、ライセンシング、製薬会社各職種に対応
製薬業界での実績多数あり
英語を活かせる求人あり
公式サイト公式サイトはこちら
アンサーズの口コミと評判はこちらから
製薬特化転職エージェント【アンサーズ】口コミと評判、登録の手順まで徹底解説

MR Biz|製薬業界未経験でもMRに挑戦

MRに特化した転職エージェントです

MR Bizは株式会社クイックが製薬業界向けに展開する転職エージェントサービスです。

MRに特化した転職エージェントで、主要製薬メーカーの求人や企業情報が豊富にあります。

専任のキャリアアドバイザーが応募書類の添削や交渉も行い、情報やサポートが充実、利用者満足度は高く、面接対策や模擬面接講座なども無料で利用できます。

MRに特化しているため、非公開求人や独占求人も紹介してくれます。内部事情や将来性を知ることで、転職後のミスマッチが少なくなります。転職未経験者でも安心して利用できるので、時間のない方にもおすすめです。

エージェントの種類MR特化転職エージェント
公開求人数約25件
非公開求人多数
利用者層未経験、20代、30代、30代
強い職種大手製薬会社、外資系製薬会社
強い業種MR、MSL
製薬業界での実績多数あり
公式サイト公式サイトはこちら

MRに特化した転職エージェントです

関連記事
転職を考えているMRは【MR BiZ】に登録すべき?|評判と登録の手順まで徹底解説

その他の薬剤師の転職でおすすめの転職エージェント5選

スカウト型の転職サイトを活用

スカウト型の転職サイトを活用することで、自分の希望する企業のみならず、想定していない会社からスカウトメールが届く可能性があります。

薬剤師の資格を持つ人材には、製薬業界をはじめ多くの会社がスキルとして高い関心があります。

スカウト型の転職サイトでは、コンサルタントを活用せずに自分自身をしっかりとサイト上で売り込み必要がありますが、自分のスキルや経験、新しい仕事に関する情熱やチャレンジをしっかりと訴求することで、思わぬ企業から声がかかることがあります。

「ビズリーチ」スカウト型でも製薬業界で確かな実績

製薬業界でも実績多数。求人の3割以上が1000万以上

ビズリーチは、製薬業界でも実績があるスカウト型の転職サイトで、ハイクラスで強みをもちます。

企業が自社のニーズに合う人材を探し出すために、ビズリーチの人材データベースを活用、登録が承認された求職者は、企業やヘッドハンターから直接スカウトメールが届くユニークな「スカウト型」転職サービスです。

そのため、高い専門性や経験を持つ求職者は、効率的な転職活動が可能で、有利な条件で企業を選択し、交渉することができます。

ビズリーチの公開求人サイトでは、製薬会社を含むさまざまな業界の求人情報が掲載されています。製薬業界においても、確かな実績があります。

エージェントのタイプスカウト、ハイクラス
運営会社株式会社ビズリーチ
本社所在地〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1
公開求人数109,360 件(2024年3月時点)
公式サイト公式サイトはこちら

製薬業界でも実績多数。求人の3割以上が1000万以上

ビズリーチの口コミと評判はこちら
【ビズリーチ】口コミと評判、製薬業界の転職でも実績あり|登録の手順まで徹底解説

製薬・医療業界で「薬剤師の資格」を活かした転職エージェントの選び方

  • 薬剤師型と他のタイプを含めた複数登録が効果的
  • 製薬業界での実績を確認する
  • 製薬会社で薬剤師の資格を活かせる部門とは?
  • 転職エージェントの活用でよくある質問

製薬業界、薬剤師の資格を活かした転職には、正しい選び方があります。

転職エージェントには得意分野やタイプによっていくつかに分類されます。「薬剤師の資格を活かす」転職エージェントは「薬剤師型」に分類されます。

多様性に富む転職エージェント

タイプや得意分野でえらぶ転職サイト、転職エージェント

タイプ別製薬特化」「総合」「英語」「ハイクラス」
条件・職種別「外資系」「未経験」「第2新卒」「医師」「薬剤師
部門別「研究職」「開発職」「MR職」「管理部門
年代別「20代」「30代」「40代」「50代・シニア」

それでは、これらのタイプがあることを踏まえて、成功するための転職エージェントの活用方法と選び方を3つのポイントで解説します。

薬剤師型と他のタイプを含めた複数登録が効果的

製薬業界で転職をする際には、複数の転職エージェントに登録をすることは、成功のために多くの求職者が実践している方法です。

製薬業界で「薬剤師の資格」を活用したい場合は、製薬特化型と薬剤師につよいエージェントを掛け合わせる複数登録オプションがオススメです。

  • 転職で成功するには「複数登録」が常套手段だから
  • 他のタイプのエージェントと掛け合わせることでそれぞれの強みを活かせる
  • 自分の適正にあわせて「特化型」「総合型」でバランスを整える

薬剤師につよいエージェントだけに登録しても、業界での専門性の高い求人や求人の網羅性といった点を100%カバーしきれない場合もあります。

そのため、タイプの強みを活かし、弱みを補うためにも、薬剤師の転職につよいエージェント以外のタイプのエージェントも組み合わせて複数登録することがおすすめです。

製薬業界での実績を確認する

薬剤師に強い転職エージェント活用の際、いくつか注意するべき点があります。これらの点を考慮することで、より確実に薬剤師の資格を活かす転職に近づくことが出来ます。

  • 製薬業界で実績があるかを確認をする
  • 複数登録しすぎない
  • 自分のスキルと経験にあった転職を心がける

薬剤師の資格を活かして製薬業界への転職を検討する際には、相談するエージェントやコンサルタントが、製薬業界においてどれだけの実績と専門知識を持っているかを確認することが大切です。

また、複数登録のしすぎや経験が不十分な場合などは、せっかく薬剤師の資格を活かせる転職エージェントに登録をしても思うような結果が得られないこともありますので、注意が必要です。

製薬会社で薬剤師の資格を活かせる部門とは?

製薬会社で働く人で薬剤師の資格をすでに持っている人は多数います。

その中で、製薬業界未経験でも製薬業界にチャレンジする場合、特に高い薬剤師の資格が役に立つ部門をまとめました。

薬剤師の資格で未経験でも大丈夫な求人がある部門一覧

  • MR
  • CRC(治験コーディネーター)
  • 管理薬剤師
  • 品質管理・品質保証
  • 学術部門

薬剤師の資格を活かして製薬業界への転職で未経験でも求人がある部門を一覧にまとめました。

製薬業界での業務は多様化が進んでいますので、必ずしも上記の一覧のみではないことを申し上げたいと思います。

薬剤師以外の自分の経験やスキル、英語力などによっても可能性は広がります。

スカウト機能の転職サイトの活用や、業界に詳しい転職コンサルタントや独自のネットワークを活用して、製薬業界での可能性を転職活動を機会に探ってみてはいかがでしょうか?

転職エージェントの活用でよくある質問

転職エージェントの活用でよくある質問【登録編】

転職エージェントの活用は料金はかかりますか?
通常は無料です。転職エージェントは、企業からの成功報酬で成り立っているビジネスモデルをとってます。

例外的に手数料などがかかるエージェントもありますので、利用するエージェントのサービス内容や料金について事前に確認しましょう。
転職エージェントの登録はいつするべきでしょうか?
いま転職する予定がなくても、将来の転職で失敗しないためにも「いま」から転職エージェントへの登録をすることがおすすめです。

なぜなら、製薬業界の求人は専門性が高く、求人数が限られていることが多いため、自分のスキルを活かせる求人が現れたときに「すぐに応募」できるように準備をしておくことが成功への鍵です。

具体的な例として、アンサーズの転職サービスには「採用通知アラート」というサービスがあり、希望の条件に合致する求人が登場すると、メール通知を受けて迅速に応募が可能です。
転職エージェントに登録する前に準備する書類はありますか?
特に求められていない場合には、登録に際して特に準備する必要はありません。しかしながら、転職エージェントに登録する際には、履歴書、職務経歴書、資格や認定書、英文の履歴書(CV)があると、エージェントとの面談の際に役立ちます。

これらの書類や情報を準備して、転職エージェントに登録すると、自分のキャリアや希望に合った求人案件をより効果的に見つけることができます。
今すぐ転職するつもりはないけど、転職エージェントに登録、相談だけでも大丈夫?
製薬業界の転職を考えているけれど、今すぐに転職する予定はない場合でも、転職エージェントに登録し、相談することは問題ありません。

実際に転職エージェントに登録した方の中には、半年後や1年後に転職する方も多くいます。
転職エージェントは、転職を真剣に検討している人だけでなく、将来のキャリアプランを相談したり、業界の動向や求人情報を知りたいと考えている方も歓迎します。
転職にはどのくらい期間、準備が必要?
製薬会社の転職には、最低でも3ヶ月の準備が必要です。製薬業界は専門性が高く、求人数も限られているため、転職活動を始める前にしっかりと準備することが重要です。

自己分析やキャリアプランの策定、履歴書や職務経歴書のアップデートなどですが、転職エージェントも相談とサポートをしてくれます。

じっくりと準備を行うことで、自分に適した求人や企業を見つける確率が高まり、成功する転職活動が可能となります。
東京以外でおすすめの転職エージェントや転職サイトはある?
東京以外でおすすめの転職エージェントや転職サイトを探す際には、いくつかの方法があります。
まずは、大手総合型のエージェントの活用です。全国各地に拠点を持ち、幅広い業種や職種の求人情報を提供しているエージェントの活用が便利です。

また、転職サイトなどを通じて、その地域で強いエージェントを探すことも有効です。地域に密着したサポートを提供するエージェントが各地にあり、地域の就職市場に精通しており、地方での転職活動を円滑に進めることができます。

転職エージェントの活用でよくある質問【登録後編】

担当のコンサルタントとどうしても合わない場合は変更できる?
はい、担当のコンサルタントとの相性が合わない場合、担当を変更することができます。
たとえば、以下のような問題から断る場合があります。

■ しつこい
■ 業界での実績が少ない。製薬業界の知識がすくない
■ 希望と違う求人への応募を強くすすめる
■ ノルマ達成のためのような気がする

変更をお願いする場合には丁寧に対応することも重要です。相手を不快にさせることなく、エージェントの変更をスムーズに進めることができます。
希望と違う場合には内定辞退も含めて断っても良いのでしょうか?
はい、転職エージェントを通じて紹介された求人に応募し、面接や選考を経て内定が出た場合でも、希望と異なる条件や環境であれば内定辞退することも可能です。

転職活動は自分のキャリアや生活に関わる重要な決定ですので、自分にとって最適な選択をすることが大切です。内定辞退をする場合には、丁寧かつ早めにエージェントや企業側にその旨を伝えることが礼儀となります。

その際、明確な理由や感謝の意を伝えることで、相手に不快な思いをさせずに対応することが重要です。
紹介できる求人がないとエージェントから言われた場合はどうすればよいですか?
エージェントから紹介できる求人がないと伝えられた場合、他のエージェントにも相談をしましょう。
製薬業界の求人は決して多くありません。別の転職エージェントに登録し、求人を探してもらうことも選択肢です。また、転職サイトや企業の採用ページなど、自分で求人情報を探すことも有効です。

転職エージェントの活用でよくある質問【職種・専門職編】

研究職ですが、研究職以外でも転職の相談しても良いですか?
研究職からの転職相談は、他の部門や職種への転換も十分に可能です。製薬会社では、研究職から他の部門への異動や転職が成功している事例が多数あります。

例えば、メディカル、IT、開発部門、事業開発、企画部門など、経験を活かせる部門が数多く存在します。また、新たなスキルセットを身につけるための挑戦も可能です。
MRですが、他の業種への転職は可能ですか?
MR(医薬情報担当者)から他の業種への転職も可能です。MRの経験はコミュニケーション能力や医療知識などさまざまなスキルを身につける機会を提供します。

そのため、営業、マーケティング、人事、教育など、他の業種でも活かせるスキルがあります。また、MRの経験があることで、製薬会社以外の企業でも医療関連の業務やサービスを提供する企業などで活躍することができるでしょう。

それぞれの業界や職種によって求められるスキルや経験が異なりますが、適切なキャリアパスを模索することで、MRから他の業種への転職も可能です。
英語を使った仕事をしたいのですが、TOEICのスコアは必須でしょうか?
英語を使った仕事をしたい場合、TOEICのスコアが必須とされる場合もありますが、必ずしも全ての企業や職種で必要とされるわけではありません。

ただし、英語を使用する職種や業界では、英語能力の証明としてTOEICのスコアを求めることが一般的です。特にグローバルな企業や外資系企業、また英語圏での仕事を希望する場合には、TOEICのスコアが重視されることがあります。

特に英語力がある人で客観的な英語力のスコアとしてTOEICは便利ですので、スコアを取得しておくことが有利になる場合があります。
薬剤師ですが、製薬会社への転職は可能ですか?
はい、薬剤師の資格を持っている場合、製薬会社への未経験でも転職することは可能です。

ただし、製薬会社の求人は決して数多くあるわけではないことと専門性が高いこともあるので、時間と準備をすることと、実績のある転職エージェントに相談をすることをすすめます。
医師免許を持っていますが、製薬会社への転職は可能ですか?
医師免許を持っている場合、未経験でも製薬会社での転職は可能です。

まず、メディカルドクターとしての転職機会があります。製薬メーカーや医療機器メーカーでの臨床試験や新薬開発に携わります。心臓血管外科医や消化器外科医、脳外科医、小児外科医などが製薬会社へ転職して活躍している実例もあります

次に、メディカルアフェアーズでの転職機会です。メディカルアフェアーズ部門では、医学的な知識を提供し、医療関係者とのコミュニケーションを担当します。新薬の情報提供や学術的なサポートを行います

なお、製薬会社の求人は決して多くなく専門性が高いこともあり、医師免許を活かして、製薬業界でのキャリアを築くためには、専門的な転職サイトやエージェントを活用することをおすすめします。
未経験でも第二新卒での転職は可能でしょうか?
日本国内の製薬会社では、第二新卒の方を歓迎する求人が多くあります。

条件の確認、情報収集、志望動機の整理などのポイントを考慮して、転職活動を進めてみてください。もちろん転職エージェントがサポートしてくれるでしょう。

転職エージェントの活用でよくある質問【交渉編】

転職エージェントは年収交渉や条件に関して交渉してくれますか?
転職エージェントは年収や雇用条件に関して交渉をしてくれます。

転職エージェントは求職者と企業との間に立って交渉を行い、双方の利益を考慮しながら最適な条件を提案します。もちろん事前にエージェントと相談し、自分の希望や条件をしっかりと共有することが重要です。
転職エージェントは、英文の履歴書や職務経歴書の添削はしてくれる?
はい、転職エージェントで特に英語に強いエージェントは、英文の履歴書や職務経歴書の添削を行ってくれます。

履歴書や職務経歴書は転職活動において非常に重要なドキュメントですので、転職エージェントのアドバイスを受けることで、より効果的な文書を作成することができます。
同じ求人が複数の転職エージェントから紹介された場合はどうすれば良いですか?
同じ求人が複数の転職エージェントから紹介された場合、円滑なコミュニケーションを保ちながら対応することが大切です。

同じ求人が複数のエージェントから紹介された場合、各エージェントに率直に伝えることで、情報の重複や混乱を避けることができます。

複数のエージェントから同じ求人が紹介された場合でも、円滑なコミュニケーションを保ちながら問題を解決することができます。
転職エージェントの登録は1社のみでも大丈夫?
転職エージェントの登録は1社のみでも問題ありません。

一つのエージェントに登録することで、そのエージェントだけがあなたの転職活動をサポートし、適切な求人情報を提供してくれます。登録が1社のみでも、しっかりとしたキャリアパートナーシップを築くことができます。

ただし、複数のエージェントに登録することで、より多くの求人情報にアクセスできる可能性もあります。それぞれの選択肢を検討し、自分に合った方法を選ぶことが重要です。
他のエージェントへも登録していることは伝えたほうが良いでしょうか?
はい、他のエージェントへの登録をしていることは、エージェントに伝えることが望ましいです。

これにより、エージェント同士が重複して求人を紹介しないように配慮できますし、あなたの転職活動をより効果的にサポートすることができます。

また、他のエージェントに登録していることを伝えることで、複数のエージェントがよりニーズに合った求人情報を提供するモチベーションを上げ、より多くの選択肢を得ることができるかもしれません。

製薬業界の転職で薬剤師の資格を活かすための転職エージェントのまとめ

製薬業界内で薬剤師の資格を活かした転職を目指す方むけに、どのように転職エージェントを活用するべきか方法と実績のある転職エージェントの紹介を含めてご解説しました。

求職者のスキルを適切に評価し、そのスキルや経験を生かしたポジションへのアプローチを支援できる転職エージェントが必要です。

薬剤師の資格を最大限に活かした転職を目指す際、効果的に転職エージェントの活用することが転職での成功には近道です。

このようなエージェントは、あなたのスキルを最大限に生かすためのサポートを提供します。薬剤師の資格が必要な求人情報をもち、非公開情報にも多く保有します。

複数のエージェントを検討し、製薬業界における実績や専門知識を持つエージェントを選ぶことが成功の鍵となります。

特に製薬業界での実績を持つエージェントを選ぶことは重要です。

業界特有の知識や要件を理解し、ニーズに合った求人情報を提供してくれるエージェントを選ぶことで、あなたの転職活動をスムーズに進めることができます。

製薬業界特化型のエージェントと薬剤師の転職に強いエージェントを組み合わせることで、製薬業界での実績と経験を最大限に活かした転職活動が可能となります。

製薬業界が未経験でも薬剤師の資格をもつ求職者への需要は高く、多様性に富んでいます。今日紹介の製薬業界で実績がある転職エージェントを活用して、薬剤師の資格とご自分の強みを活かした転職のサポートに活かしていただけたら嬉しいです。

薬剤師の資格を活かすおすすめ転職エージェント関連記事
【レバウェル薬剤師】口コミと評判、登録の手順まで
製薬特化転職エージェント【アンサーズ】口コミと評判、登録の手順まで徹底解説
【MR BiZ】|評判と登録の手順まで徹底解説
【ビズリーチ】口コミと評判、製薬・医療業界の転職でも実績あり
  1. 外資系製薬会社の平均年収ランキング比較|口コミサイト徹底調査。…

  2. ADAで注目は肥満症治療薬、ライセンス契約ニュース、米メルクの肺炎…

  3. リリー社ドナネマブ承認へ近づく、ファイザー社DMD、アッヴィ抗TL1A…

  4. 全130社の年収を徹底比較!日本国内創薬大手、外資系、バイオ、兼業…

  5. これから伸びる製薬会社は?|売上予測と時価総額ランキングで将来…

  6. 【薬剤師の資格】を活かすおすすめ転職エージェント|未経験でも製…

  7. 日本の製薬会社売上ランキングトップ40|ランキングから見る製薬業…

  8. はじめての転職でも安心。開始から入社までの10の手順と注意する…

  9. 転職活動をバレずに進めるための工夫とは?|バレる特徴とバレたと…

  10. 製薬業界は本当に求人数が少ない業界なのか?医療業界のデータとも…

  1. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  2. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  3. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  4. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  5. 転職市場動向を活かして始める失敗しない転職|製薬業界の3つの要…

  6. 日本の製薬会社売上ランキングトップ40|ランキングから見る製薬業…

  7. 【開発職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

  8. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  9. 【2023年版】米国で特許切れの大型医薬品ランキングTOP10|ヒュミラ…

  10. 【キャリアアップの近道】TOEICスコア800点以上を目指す人に「役に…

  1. 日本の製薬会社売上ランキングトップ40|ランキングから見る製薬業…

  2. はじめての転職でも安心。開始から入社までの10の手順と注意する…

  3. ビジネスパーソンにおすすめの英語コーチングスクール6選|キャリ…

  4. 【英語コーチング】3つのメリットとデメリット解説|得られる5つ…

  5. 製薬会社部署別求人数「比較ランキング」と転職前に読みたい「職種…

  6. 製薬業界で英語力を活かす転職の手順とは?はじめてでも失敗しない…

  7. 種類で転職エージェントを選ぶメリットと注意点徹底解説|製薬・医…

  8. 転職市場動向を活かして始める失敗しない転職|製薬業界の3つの要…

  9. MRがオワコンというのは本当か?MRの転職で成功するためのポイント…

  10. 【研究職の転職】アンサーズのデータでみる失敗しない製薬業界の転…

おすすめ転職エージェント

ロバート・ウォルターズ
type転職エージェントハイクラス

おすすめ英語学習

RIZAP ENGLISH 点数保証
ベルリッツ
バナー
【Insights4 Pharma】ランキング・データで見る製薬業界発行の「無料メルマガ」ご利用ください
無料メルマガ登録はこちら
メルマガ登録はこちら