製薬業界の最新ニュースと解説

新型コロナウイルスの開発状況・国内外のニュースのまとめ【Insights4 Pharma】

  • 治療候補品・ワクチンの開発状況
  • 患者数・疫学関連情報
  • 国内外の新型コロナウイルスのニュース

最新の治療薬の開発状況もアップデートしているまとめページはこちら>>>

FDA審査結果間近の多発性硬化症薬ofatumumabの長期効果をNovartisが披露
FDA審査結果間近の多発性硬化症薬ofatumumabの長期効果をNovartisが披露

来月には米国FDA審査結果が判明するNovartisの抗CD20抗体ofatumumab(オファツムマブ)の第3相試験ASCLEPIOSと第2相試験APLIOSを合わせた解析の結果、1年目では約半数(47%)、2年目にはほぼ9割(89%)の再発型多発性硬化症(RMS)患者が無事(NEDA-3)過ごせました。 3段落, 259文字

COVID-19肺炎患者へのRocheの抗IL-6薬アクテムラとレムデシビル併用試験開始
COVID-19肺炎患者へのRocheの抗IL-6薬アクテムラとレムデシビル併用試験開始

重症の新型コロナウイルス感染(COVID-19)肺炎入院患者にRocheの抗IL-6薬ACTEMRA(アクテムラ;tocilizumab)とGilead Sciences(ギリアド)のRemdesivir(レムデシビル)の併用がどうかを調べる第3相試験(REMDACTA)が両社の協力の下で始まりました。 2段落, 215文字

新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID-19】(5月22日UPDATE)
新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID-19】(5月22日UPDATE)

AnswersNewsでは、世界各地で広がる新型コロナウイルス感染症「COVID-19」治療薬候補品、ワクチンの開発動向を定期的にまとめています。(5月22日アップデート)

武田薬品のALUNBRIGによるALK+非小細胞肺癌(NSCLC)初治療をFDAが承認
武田薬品のALUNBRIGによるALK+非小細胞肺癌(NSCLC)初治療をFDAが承認

武田薬品のキナーゼ阻害剤ALUNBRIG(brigatinib、ブリガチニブ)による未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)異常(ALK+)非小細胞肺癌(NSCLC)初治療が米国FDAに承認されました。 3段落, 191文字