製薬業界の最新ニュースと解説
ブロックチェーンで臨床データをモニタリング―サスメド、ITで変える臨床試験の未来【インタビュー】|AnswersNews
ブロックチェーンで臨床データをモニタリング―サスメド、ITで変える臨床試験の未来【インタビュー】|AnswersNews
AstraZeneca社、慢性リンパ性白血病対象のBTK阻害剤Calquenceの第3相試験で主要評価項目達成
AstraZeneca社、慢性リンパ性白血病対象のBTK阻害剤Calquenceの第3相試験で主要評価項目達成
海外新薬承認情報(2019年5月分)|AnswersNews
海外新薬承認情報(2019年5月分)|AnswersNews
人工膵臓の未来|DRG海外レポート
人工膵臓の未来|DRG海外レポート
【デジタルヘルス】ワッツアップする?製薬会社がチャットアプリで常に患者と「つながる」ことは可能になるのか?丨DRGブログ
【デジタルヘルス】ワッツアップする?製薬会社がチャットアプリで常に患者と「つながる」ことは可能になるのか?丨DRGブログ
【デジタルヘルス】自己免疫性疾患およびがん患者は、バイオ医薬品について驚くほど認識が低い丨DRGブログ
【デジタルヘルス】自己免疫性疾患およびがん患者は、バイオ医薬品について驚くほど認識が低い丨DRGブログ
ウイルスでがん治療「腫瘍溶解性ウイルス」今年から来年にかけて相次ぎ承認へ
ウイルスでがん治療「腫瘍溶解性ウイルス」今年から来年にかけて相次ぎ承認へ
包括支払いに向けた「ヘルスケアブレイン」の構築―AIと患者データの連携|DRG海外レポート
包括支払いに向けた「ヘルスケアブレイン」の構築―AIと患者データの連携|DRG海外レポート
全身性エリテマトーデス、新薬開発に横たわる大きな課題|DRG海外レポート
全身性エリテマトーデス、新薬開発に横たわる大きな課題|DRG海外レポート
第一三共、大型化期待のDS-8201 アストラゼネカと「7600億円提携」の眼目|AnswersNews
第一三共、大型化期待のDS-8201 アストラゼネカと「7600億円提携」の眼目|AnswersNews
バイオシミラー参入に新薬登場…重要イベント控える糖尿病黄斑浮腫 市場の将来展望|DRG海外レポート
バイオシミラー参入に新薬登場…重要イベント控える糖尿病黄斑浮腫 市場の将来展望|DRG海外レポート
抗HIV薬 進む長時間作用型注射薬の開発―ヴィーブは年内申請へ、ギリアドは新規作用機序|AnswersNews
抗HIV薬 進む長時間作用型注射薬の開発―ヴィーブは年内申請へ、ギリアドは新規作用機序|AnswersNews
フォーミュラリーからスペシャリティ医薬品を除外―薬剤コストの抑制につながるのか|DRG海外レポート
フォーミュラリーからスペシャリティ医薬品を除外―薬剤コストの抑制につながるのか|DRG海外レポート
【骨粗鬆症】骨形成促進薬「切り札」から「最初の治療」に―抗体医薬イベニティ登場で治療はどう変わる?|AnswersNews
【骨粗鬆症】骨形成促進薬「切り札」から「最初の治療」に―抗体医薬イベニティ登場で治療はどう変わる?|AnswersNews
エーザイ 「データ」核に新ビジネス―認知症の予測・予防を事業化へ|AnswersNews
エーザイ 「データ」核に新ビジネス―認知症の予測・予防を事業化へ|AnswersNews
NASH開発競争でトップに躍り出たオベチコール酸 検討されるべき3つの課題|DRG海外レポート
NASH開発競争でトップに躍り出たオベチコール酸 検討されるべき3つの課題|DRG海外レポート
イベニティ 日本で承認、米で承認勧告―骨粗鬆症治療薬 市場はどうなる|DRG海外レポート
イベニティ 日本で承認、米で承認勧告―骨粗鬆症治療薬 市場はどうなる|DRG海外レポート
【心不全】HFpEFを対象に後期開発中の有望新薬|DRG海外レポート
【心不全】HFpEFを対象に後期開発中の有望新薬|DRG海外レポート
免疫チェックポイント阻害薬:成功のための9つの重要ポイント|DRG海外レポート
免疫チェックポイント阻害薬:成功のための9つの重要ポイント|DRG海外レポート
メディケイドで「アウトカムベースの契約」を推進するアメリカの州当局|DRG海外レポート
メディケイドで「アウトカムベースの契約」を推進するアメリカの州当局|DRG海外レポート
薬価透明化へ 情報開示の要求を強める米国の州政府|DRG海外レポート|DRG海外レポート

薬価透明化へ 情報開示の要求を強める米国の州政府|DRG海外レポート|DRG海外レポート

Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。今回は、薬価の透明性向上に向けた米国州政府の動きをまとめました。

SGLT2阻害薬 高まる「心・腎保護薬」としての期待…市場も本格的な拡大期に┃AnswersNews

SGLT2阻害薬 高まる「心・腎保護薬」としての期待…市場も本格的な拡大期に┃AnswersNews

糖尿病治療薬として開発されたSGLT2阻害薬に、「心・腎保護薬」としての期待が高まっています。心不全や腎臓病への適応拡大に向けた開発が進む中、これらに対する有効性を示すエビデンスが相次いで発表されています。低調だった市場も本格的な拡大期に入っており、SGLT2阻害薬は新たな局面を迎えようとしています。

サノフィ、Lexicon社の糖尿病治療薬Zynquistaの提携終了。Lexicon社への株価38%上昇|FirstWord【ヘッドライン】

サノフィ、Lexicon社の糖尿病治療薬Zynquistaの提携終了。Lexicon社への株価38%上昇|FirstWord【ヘッドライン】

Lexicon Pharmaceuticalsの株式が、サノフィとの糖尿病治療薬Zynquistaの開発と商業化のためのパートナーシップを終了したことを発表し、9月10日に38%近く上昇しました。

リリー、RET融合遺伝子陽性NSCLCを対象としたSelpercatinibの68%奏効率達成を発表|FirstWord【ヘッドライン】

リリー、RET融合遺伝子陽性NSCLCを対象としたSelpercatinibの68%奏効率達成を発表|FirstWord【ヘッドライン】

リリーは、2019年世界肺癌学会議(WCLC)で、LOXO-292としても知られるselpercatinibが、治療歴のあるRET融合遺伝子陽性非小細胞肺癌(NSCLC)患者にたいして68%の奏効率と安定した忍容性を達成していると発表した。

アムジェン、KRAS阻害剤AMG 510の最新の第1相データ発表。NSCLC患者の約半数で腫瘍縮小継続を発表|FirstWord【ヘッドライン】

アムジェン、KRAS阻害剤AMG 510の最新の第1相データ発表。NSCLC患者の約半数で腫瘍縮小継続を発表|FirstWord【ヘッドライン】

アムジェンは、2019年世界肺癌学会議(WCLC)で、治療歴のあるKRAS G12C変異の非小細胞肺癌(NSCLC)患者を対象とした経口AMG510の第1相試験の新しいデータを発表しました。同社は、評価可能な13人の患者のうち54%が960 mgの目標用量で部分寛解、患者の46%が安定を達成していると発表した。

早期の非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発|DRG海外レポート

早期の非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発|DRG海外レポート

Decision Resources Groupのアナリストが、海外の新薬開発や医薬品市場の動向を解説する「DRG海外レポート」。今回は、早期の非小細胞肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の開発状況を紹介します。

FDA、全身性強皮症に伴う間質性肺疾患患者の肺機能低下を遅らせる適応でオフェブ(ニンテダニブ)を承認|FirstWord【ヘッドライン】

FDA、全身性強皮症に伴う間質性肺疾患患者の肺機能低下を遅らせる適応でオフェブ(ニンテダニブ)を承認|FirstWord【ヘッドライン】

ノバルティス社、IFM Therapeutics社の子会社であるIFM Due社を8億4000万ドルで獲得することを発表した。この買収の合意条件の一つとして、炎症及び自己免疫疾患の治療を対象としたcGAS/STING経路を阻害する免疫療法の開発を進めていくこととなる。

ノバルティス、IFM Therapeutics子会社買収。cGAS/STING経路の医薬品開発へ|FirstWord【ヘッドライン】

ノバルティス、IFM Therapeutics子会社買収。cGAS/STING経路の医薬品開発へ|FirstWord【ヘッドライン】

ノバルティス社、IFM Therapeutics社の子会社であるIFM Due社を8億4000万ドルで獲得することを発表した。この買収の合意条件の一つとして、炎症及び自己免疫疾患の治療を対象としたcGAS/STING経路を阻害する免疫療法の開発を進めていくこととなる。

ブリストル・マイヤーズスクイブ、膠芽腫対象のオプジーボの第3相試験で無増悪生存期(PFS)達成できず|FirstWord【ヘッドライン】

ブリストル・マイヤーズスクイブ、膠芽腫対象のオプジーボの第3相試験で無増悪生存期(PFS)達成できず|FirstWord【ヘッドライン】

ブリストル・マイヤーズスクイブ社、新たに診断されたMGMTメチル化陽性膠芽腫患者を対象に、現在の標準治療(テモゾロミドと放射線療法の併用療法)にオプジーボ(一般名:ニボルマブ)を追加した併用療法を標準治療と比較評価した第3相CheckMate-546試験の最新結果を発表した。

Mallinckrodt、オピオイド訴訟に対し、破産を含めた措置を検討。リストラ専門アドバイザーと契約|FirstWord【ヘッドライン】

Mallinckrodt、オピオイド訴訟に対し、破産を含めた措置を検討。リストラ専門アドバイザーと契約|FirstWord【ヘッドライン】

ブルームバーグが、米国におけるオピオイド問題に関連する多くの訴訟に直面、破産申請を含むオプションを検討しているとブルームバーグが報告した後、Mallinckrodt社の株式は45%も急落しました。ブルームバーグによると、Mallinckrodt社が法的責任を制限するためにリストラアドバイザーと契約を結んだとも述べた。