特集:ASCO 2022 年次総会のまとめ

ASCO2022年次総会が2022年6月3日から7日にかけて開催されます。今年度の世界最大のオンコロジー関連の国際会議で、世界中からオンコロジーの専門家が集まります。今年は、対面式とオンライン式で開催され、グローバル大手の製薬企業から新興のバイオテクノロジー企業まで何千もの抄録や研究内容が発表される予定です。ASCO年次総会では、毎回、多くの注目の最新データが発表され、それらの中には、今後のオンコロジー領域における画期的な変革を与える発表も多く、つねに関心を集めます。

今回の特集では、Insights4 Pharmaがパートナー会社と注目の演題を選び、日本語で解説を致します。最新の投稿記事は、毎日配信している無料メルマガ、「1分でわかる世界の製薬業界ニュース」でもお知らせいたしますので、ご活用ください。

ASCOとは、(アスコ American Society of Clinical Oncology 米国臨床腫瘍学会)は、1964年に設立され、現在、世界中に約45,000人の会員を有しているがん治療に関する専門家、医師を代表する専門組織です。オンコロジーの国際学会としては世界最大の学会です。ASCOが年に1回開く年次総会では、多くのがん専門医の参加に加え、5000以上にのぼる最新の研究結果が発表されます。

ASCO2022年次総会プログラムサイト;ASCO2022 Annual Conference Program Guide

ASCO2022年次総会で発表される注目の演題のまとめ

全世界で関心の高いASCO2022年次総会ですが、その多くの発表される演題のなかには、特に注目されている研究結果や臨床試験結果があります。これらは、オンコロジー領域の人々から高い関心が集まり、発表する企業にとっては、将来のがん治療に大きな影響を与えるような情報を多くの関係者に発表する場でもあります。また、製薬企業および関連企業の株価にも大きな影響を与えます。

Insights4では、全世界のパートナー企業とともに、特に注目される演題に関して、ASCO2022年次総会前から注視しております。この投稿では、これらの注目の演題や発表内容に関する記事をまとめて特集としてお知らせいたします。