アッヴィがいかに製薬DXでCX革新を促進できたのか?

[ ZSアソシエイツ社提供 ]アッヴィがいかにデジタルトランスフォーメーションによって、カスタマーエクスペリエンス改革を促進できたのか、このeBookでは、実際のアッヴィ社の担当者へのインタビューを通じて紐解きます。このインタビューは、製薬特化でコンサルティングサービスや製薬DXを通じて製薬企業を全世界でサポートするZSアソシエイツが以下のような質問をしています。

 このような質問を投げかけています
「製薬会社がなぜデジタル変革を重視するのか?」
「営業組織が強いCXを生み出す機会とは?」
「デジタルにおいて製薬会社がとるべき組織改革とは?」

このような質問にアッヴィ社のデジタル担当が実際にどのような取り組みをしたことで成功しているのか、ZS社に応えています。インタビューは日本語化され、ご希望の方にご提供いたします。ただし、個人のメールアドレス、競合の方への送付はお断るする場合がありますこと予めご了承下さい。

【インタビュー】アッヴィがいかに製薬DXでCX革新を促進できたのか?

デジタルトランスフォーメーションで促進するCXイノベーションとは?

カスタマーエクスペリエンスの基準は変わりました。顧客一人ひとりのレベルでよりパーソナライズされ、より多様なチャネルで調整され、顧客との関係に基づいて高いレスポンスを実現する必要があるます。

オムニチャネルやデジタル・マーケティングに取り組むと、データはより複雑になります。独自のインサイトを見つけるためには、さまざまな方法でデータを分析し、測定し、意味を持たせることが必要です。

製薬会社にとってのデジタル化、第2の波が到来

製薬会社は10年以上にわたってデジタル化の道を歩んできましたが、デジタル化の第2の波がこの業界に到来しています。デジタルの初期の波では、主にデジタルマーケティングと、従来の営業部隊ではカバーしきれないロングテールの顧客へのアクセスに重点が置かれていました。

しかし、この第一波における前半の取り組みは、紙で提供されていた詳細資料をインタラクティブなビジュアル資料に変換するなどの「デジタル化」に重点が置かれました。働き方や顧客との関わり方を根本的に変えるような「デジタルトランスフォーメーション」にはとてもあまり結びついていませんでした。

アッヴィでのデジタル化促進はいかにすすめたのか?eBookをご活用ください

今、デジタル化の第2波は製薬会社の目の前まで来ており、3つの主要な推進力となっています。

第1に、デジタル化を進める責任が製薬会社の経営層にとってますます重要になりつつあること。第2に、AIの進歩、第3がデジタル化が及ぼす影響の範囲がより包括的になっていることが言えます。

今回、ZSアソシエイツが、アッヴィ社のデジタルの担当者と以下ようなの内容に関していかにしてアッヴィ社がデジタルトランスフォーメーションを活用して、営業組織の改革からカスタマーエクスペリエンスの工場の促進に結びつけたのかインタビュー記事を発表しました。

この情報はZSアソシエイツ社のご提供です