室町ケミカル株式会社:会社概要

室町ケミカル株式会社は、100年以上の歴史を持ち、化学技術を強みとして、医薬品・化学品・健康食品の3つの事業を展開しています。2021年には、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場しています。

医薬品事業では、原薬の輸入、医薬品用原薬・中間体の製造を中心とし、健康食品事業では、 スティックゼリーTパウチタイプの健康食品の企画と受託製造、化学品事業では、イオン交換樹脂・分離膜等の液体処理関連製品・サービスを扱っています。

医薬品事業は、室町ケミカルの約50%の売上をしめる中核部門となっています。医薬品の有効成分である原薬の製造・加工・販売及び輸入販売を主にしつつ、医薬品や農薬の研究等で使用されるラジオアイソトープ等を取り扱っております。

医薬品事業では、原薬の輸入仕入れ先から自社試験を行って販売するケースや、自社工場で合成・加工して販売するケースなど、顧客の要望に合わせてさまざまな対応が可能です。商社機能とメーカー機能の2つを持ち合わせることで、原薬・原料の輸入・製造・加工・分析をトータルでサービスすることを特徴としています。さらに、輸入原薬の取り扱い品目を増やすとともに、採用実績のある原薬の横展開を図ることで、顧客の多様なニーズへの対応でシェア拡大を目指しています。

上場2期目の22年5月期決算では、医薬品事業の主力製品である高カリウム血症改善剤向け原薬や抗てんかん剤向け原薬の堅調な売り上げが貢献し、医薬品セグメントの売上高は前年同期比17.1%増の29億1300万円、同年経常利益は同24.7%増の4億2,300万円の増収増益、3つの事業領域で前年対比10%以上の成長を目標としています。

「室町ケミカル株式会社の医薬品事業」をおすすめる理由

■ 医薬品事業部門は、成長を続ける室町ケミカルの売上の約50%以上をしめる主要部門

■ 商社機能とメーカー機能の2つを持ち合わせ、原薬・原料の輸入・製造・加工・分析をトータルでサービス

■ nonGMPからGMPまで管理レベルが異なるニーズにも一貫して対応

■ 要望に合わせて、小ロットでも柔軟に対応が可能

室町ケミカル株式会社の事業

室町ケミカルでは大正6年の創立以来、医薬品の製造・販売を通じて、皆様の健康づくりのお手伝いをさせて頂いております。医薬品製造業(包装・表示・保管)、医薬品販売業(卸売販売業)の許可を取得しており、高品質な医薬品原材料である原薬、中間体、添加剤等を幅広く取り扱っており、製造販売業者様、製造業者様へ安全に安定的に供給しております。
詳細はこちら>>>

長年に渡るイオン交換樹脂・分離膜取扱いの経験を活かし、水処理のスペシャリストとして、浄水処理から廃水処理までお客様のニーズに合ったシステムをご提案し、最高のパフォーマンスをご提供。イオン交換樹脂・分離膜提供、水処理薬品提供、装置設計・施工・メンテナンス、各種加工から再生処理までトータルサポート。
詳細はこちら>>>

室町ケミカルでは先駆けてゼリーサプリメントの開発に取り組み、現在では液体充填(ゼリー・清涼飲料水)の受託製造をご案内しております。原料の選定~商品企画・開発を行い、徹底した品質管理のもと国内自社工場(九州・福岡県)で製造を行います。企画立案から製造・商品納品までサポートします。
詳細はこちら>>>

室町ケミカルは、多くの市場に向けての特殊接着剤、電子産業向けの設備消耗品、機能性樹脂の製造開発まで、材料から装置、消耗品まで幅広い取扱い品目と、使用条件に合わせたカスタムメイドで、お客様の事業発展をサポートします。

詳細はこちら >>>

室町ケミカル「医薬品事業」のおすすめサービス

原薬・中間体合成サービス

室町ケミカルは、大正6年の創業以来培ってきた医薬品製造技術と、高い品質管理体制で、高品質な医薬品製造を行っています。医薬品原薬を40年以上合成してきた、技術力とノウハウで、製薬会社様の様々な医薬品原薬製造ニーズにお応えしています。福岡県大牟田市に医薬品GMP適合工場を有します。

クライアントの必要な原薬や中間体を原料受け入れから出荷までの一貫した体制で製造、合成ルートの検討など、特別な依頼にも共同開発体制も整え、国内のみならず、海外の医薬品メーカー様への原薬の輸出や、海外メーカーからの中間体・原薬の共同開発の相談も承っております。

主な反応実験、設備を含めた詳細はこちら>>>

受託製造サービス

近年、原薬の輸入増加に伴い、お客様の品質に関わる要望が多様化しています。室町ケミカル社は、一貫製造のみではなく、各工程をそれぞれ必要なお客様にご提供する、受託加工も行っています。医薬品原薬を40年以上合成してきた、技術力とノウハウで、製薬関連業者様の個別のニーズにお応えします。

医薬品製造認可を有し、原薬に関しても小分け製造などクライアントのニーズに合わせて製造します。また、原薬を製造するだけでなく、中間体から原薬に至るGMPプロセスを中心とした受託サービスを、国内外の製薬メーカーに提供しています。少量試作からコマーシャル生産まで様々なご要望に沿って、サイズの各種精製(純度向上、異物除去、残留溶媒低減)や加工(粉砕・乾燥)を行います。

処理フロー、分析機器一覧も含めた詳細情報はこちら >>>

原薬輸入販売

原薬の輸入販売において、室町ケミカルでは、これまでに、61社94品目を輸入販売をしています。室町ケミカルは、まず原薬製造業者が日本の厳しい薬事規制に適合できるかを自ら監査を行い、確認することから開始します。

信頼できる海外の原薬製造業者は、外国製造業者認定の申請代行や、MFの国内管理人となり、サポートしております。さらに、室町ケミカル社自身がメーカーである立場を生かし、海外原薬製造業者に対し、日本の薬事規制について継続的にアドバイスを行っています。

輸入した原薬はクライアントの要望する納期通りに、安定供給を行っています。また、安心してお使いいただくために、自社倉庫で保管し、検査及び自社で品質試験を迅速に実施できる体制を整えております。

海外ネットワークも含めた詳細情報はこちら >>>

室町ケミカル「関連ブログ」

室町ケミカル株式会社の会社概要

設立 1947年
代表取締役社長 青木淳一
本社 〒836-0895 福岡県大牟田市新勝立町1丁目38番5
従業員数 270名
代表電話 0944-41-2131
資本金 1億4,300万円
ホームページ https://www.muro-chem.co.jp/business/medical.html
事業紹介 医薬品:医薬品原薬・中間体の輸出入・製造・精製

.室町ケミカル株式会社へのお問い合わせ

こちらのお問い合わせフォームは、室町ケミカル株式会社へ直接送信されます。受領後に、室町ケミカル社の担当者から直接ご連絡、ご対応申し上げます。

    会社名 (必須)

    お名前 (必須)

    電話番号 (任意)

    メールアドレス (必須)

    ご相談やメッセージをご記入下さい