エバサナが提供する海外市場参入のための「統合商業化」サポートのご紹介

海外市場で導出せずに医薬品上市を可能にする「統合商業化」サポート

エバサナ社の「統合商業化サポート」サービスを活用することで、新市場へライセンスアウトすることなく自社品の販売を行うことができます。欧米における、新薬の開発、上市で利益を最大化するエバサナの「統合商業化」サポートをご活用することで、仮に営業組織を自社で持たなくても海外での販売を可能にします。

米国・欧州での自社品の開発・上市・販売までエバサナがサポートします

エバサナ社が提供するサービス「海外むけの製薬品の販売サポートサービス」をご紹介いたします。
このサービスでは、営業フォースを自社で持たない場合でも、パートナー会社に製品を導出することなく、海外市場で上市、販売までサポートできるサービスです。

新薬の開発、上市において、すべての製薬・バイオ・メドテック企業は、リスクを軽減し、利益を最大化するためにより高価なインフラストラクチャを構築する必要があるのでしょうか?エバサナの統合「商業化サービス」をご活用ください。クライアントは、専任の担当のもと、同社の専門家がサポートし、合理的なコミュニケーションと業務の効率化を図ります。チームが1つの目標を共有することで、クライアントは外部からの圧力を克服し、リスクを軽減し、医薬品の市場投入を成功させることができます。

海外市場戦略で、このような「課題」ございませんか?

■ 欧米で営業力は小さいが、上市に合わせて販売を最大化したい
■ 導出以外にも海外戦略はないのか?自社の権利を最大に生かしたい
■ 自社製品の海外市場でのリターンを最大化するにはどうすればいいのか?
■ 各国の規制、制度に対応した開発、上市をするには?

エバサナの海外市場「統合商業化」サポートの特徴

海外市場での上市への準備
  • 医薬品の評価と価値最大化戦略
  • グローバルな価格設定
  • 市場アクセス戦略
  • 患者コミュニティとの協力と理解
  • 流通戦略の策定
海外市場での上市時の加速
  • 流通インフラとテクノロジー活用
  • 支払者との関係構築、教育
  • クイックスタートプログラム
  • ファーマコビジランス
  • 安全性および品質戦略
  • RWD、ヘルスエコノミクス
持続的に価値を増大
  • 患者コミュニティと共同サポート
  • サプライチェーンの効率化、最適化
  • 収益を最大化するマネージメント
  • ステークホルダーへの価値を提供

医薬品を海外で販売まで取り扱う革新的なサービス

新薬の開発、上市において、すべての製薬・バイオ・メドテック企業は、リスクを軽減し、利益を最大化するためにより高価なインフラストラクチャを構築する必要があるのでしょうか?エバサナの統合商業化サービスは、以下のような価値を提供します。クライアントは、専任の担当のもと、同社の専門家がサポートし、合理的なコミュニケーションと業務の効率化を図ります。チームが1つの目標を共有することで、クライアントは外部からの圧力を克服し、リスクを軽減し、医薬品の市場投入を成功させることができます。

■ クライアントの先行投資のリターンを最大化します。
■ 自社資産を完全に所有したままで商業化を進めることができます。
■ 新製品の発売時のパフォーマンスを最適化することができます。
■ 成熟期の医薬品の収益の可能性を最大限に引き出せます。

お客様の声

エバサナ社は、我々の患者に対するたゆまぬ努力を共有しています。COVID-19の研究開発に対する我々の真摯な取り組みと、新薬の商業化サポートパートナーとして実績のあるエバサナ社と協業することで、緊急使用許可(EUA)が出された際にはLenzilumabを迅速かつ効率的に必要とされる患者さんにお届けすることができます。
Humanigen社の最高経営責任者(CEO)であるキャメロン・デュラント(MD、MBA)氏

何年にもわたる開発とテストを経て、最高の商業パートナーと共にこの画期的なイノベーションを成功させる準備ができました。
MedRhythms社の社長兼共同設立者のOwen McCarthy氏

EVERSANA社と提携できたことを大変嬉しく思います。彼らが提供するエンド・ツー・エンドのサービスは、経口スルホペネムの処方が可能になった後、患者さんとそのご家族に効率的かつ効果的に届けることができると確信しています。同社とともに、承認後の販売準備に鋭意取り組んでいます。
Iterum Therapeutics社のCEO、Corey Fishman氏

事例紹介

エバサナの「統合商業化サービス」に関するお問い合わせはこちらから

eversana

    会社名 (必須)

    お名前 (必須)

    電話番号 (任意)

    メールアドレス (必須)

    ご相談やメッセージをご記入下さい