アストラゼネカ社、C4X Discovery社のNRF2活性化因子プログラムに関するライセンス契約締結

アストラゼネカ社は11月28日、英C4X Discovery社のNRF2活性化プログラムに関する独占的グローバルライセンス契約締結を発表、また、初めに慢性閉塞性肺疾患(COPD)の経口治療薬の開発に重点を置くことを明らかにしました。潜在的に4億ドル以上の価値をもたらす可能性のある同ディール締結のニュースを受け、C4X Discovery社の株価は約40%上昇しました。

Insights4 Pharmaでは、製薬業界に特化した国内外の製薬ニュースをお届けしております。毎日の製薬ニュースの活用に、無料メルマガ「1分でわかる製薬ニュース」をご活用ください。

C4X Discovery社は、NRF2経路を標的とした炎症性障害の軽減には、COPDなどの様々な炎症性疾患の治療に新たなアプローチをもたらす可能性があり、NRF2の活性化は、酸化ストレスによる疾患の進行という悪影響を軽減するのに役立つとしています。同社によると、経口NRF2活性化プログラムのリード分子は、投与後にNRF2を「著しく活性化」し、抗炎症および抗酸化活性をもたらすことが確認されているとのことです。

今回の契約締結によりC4X Discovery社は、第一回目の臨床試験の前に、200万ドルの契約一時金を含む、最大1600万ドル相当の前臨床段階のマイルストーンを受け取ることになります。さらに、臨床開発および商業ベースのマイルストーンとして最大3億8580万ドル、また段階的な一桁台半ばのロイヤルティを受け取ることができます。

国内外の製薬業界が「1分でわかる製薬ニュース」とは?

製薬会社やバイオテクノロジー企業の皆様が読んで役に立つ製薬業界ニュースをInsights4 Pharmaでは投稿しています。メルマガ「1分でわかる製薬ニュース」は、最新の投稿記事や特集記事を毎日メールで送信します。

メルマガ「1分でわかる製薬ニュース」をつかう理由

  1. 世界で注目の製薬ニュースをお送りします。
  2. 情報活用のノウハウを提供します
  3. 市場調査レポートの最新情報を提供
  4. 製薬業界の方々向けの役に立つ情報を提供

製薬業界にいらっしゃる方々の毎日の情報収集にご活用いただけると嬉しいです。
Insights4 Pharma編集責任者&情報コンシェルジュ 前田静吾

    メルマガ登録はこちら

    • コメント: 0
    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。