アルナイラムとリジェネロンのNASH治療薬が良好な結果を得て第2相試験開始へ

アルナイラムとパートナー会社のレジェネロンが9月15日、RNAi治療薬ALN-HSDに関し、「有望な」初期段階の臨床試験結果に基づいて今年後半にNASH(非アルコール性脂肪肝炎)のフェーズ2試験を開始する計画であることを発表しました。

両社は、慢性肝疾患のリスク低減と脂肪症から脂肪肝炎への進行に関連するHSD17B13遺伝子の機能喪失型変異を特定した後、この実験的治療薬について提携していました。

アルニラムのALN-HSDプログラムを率いるKevin Sloan氏は、「我々のRNAiプラットフォームは、この遺伝子ターゲットに理想的です」と述べ、「これらの初期結果は、ALN-HSDに好ましいと考えるプロファイルを示しており、臨床開発の継続を支持しています」と付け加えました。

アルナイラム社によれば、この治療薬はESC+GalNAcコンジュゲート技術を使用しており、より高い選択性と広い治療指数で皮下投与が可能であるとのことです。

※ 関連調査報告書
非アルコール性脂肪性肝炎 (NASH):市場考察、疫学および市場予測

第1相試験の内容と結果

第1相試験のパートBでは、45名のNASH患者を対象に、2種類の用量のALN-HSDまたはプラセボを3ヶ月ごとに無作為に割り付けました。

最初の2つのコホート(200mgと400mg)の参加者は、少なくとも6ヶ月間の試験を完了し、残りのグループは、より低い用量またはより遅い生検の時点を検討しています。

非アルコール性脂肪肝活性スコア(NAS)の数値が低下

これら最初の2つのパートBコホートにおいて、ALN-HSDは「強固な標的ノックダウン」と関連し、プラセボと比較して6カ月間で肝酵素と生検由来の非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)活性スコア(NAS)が数値的に低下したと発表しました。

なお、本試験は、これらのエンドポイントについて統計学的有意差を得るための検出力がないことを指摘しています。

主要評価項目である有害事象の発生頻度については、ALN-HSDの安全性および忍容性プロファイルは「有望」であり、これまでのところ治療に関連する重篤な副作用はないと述べています。

本試験の詳細な結果は、今後開催される医学会議で共有される予定です。

参照記事

Alnylam and Regeneron Report Promising Data from Ongoing Phase 1 Study of ALN-HSD in NASH Patients and Healthy Volunteers

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

    「1分でわかる製薬ニュース」

    無料で製薬ニュースを日本語で配信しています。
     

    1. アミリックスのALS治療薬レリヴリオが米国FDAが承認。アイス・バケ…

      2022.09.30

    2. partners

      独メルク、次世代PARP阻害剤の開発でNerviano社と提携

      2022.09.22

    3. Intellia社、HAEとATTRアミロイドーシスに対するCRISPR療法の良好な…

      2022.09.18

    4. アルナイラムとリジェネロンのNASH治療薬が良好な結果を得て第2相…

      2022.09.16

    5. disappointment

      アラコス、好酸球性GI疾患におけるリレンテリマブの開発を中止

      2022.09.11

    6. オックスフォード大学で開発されたマラリアワクチンのブースター投…

      2022.09.09

    7. OK

      バイエル・リジェネロンのアイリーア、より長い間隔、高用量で効果…

      2022.09.08

    8. breast cancer asco

      ESMO22:ギリアド社、HR+/HER2-乳がん試験でトロデルヴィがOSを3カ…

      2022.09.06

    9. week5

      今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年8…

      2022.09.04

    10. goodresult

      アムジェンのルマクラスの肺がん第3相臨床試験で主要目標を達成

      2022.09.04

    1. partners

      ノボ、フォルマ社を11億ドルで買収。フォルマ保有の鎌状赤血球症の…

      2022.09.01

    2. ranking

      日本の製薬会社売上ランキング:5年間のランキングの推移でみる製…

      2022.08.21

    3. fail

      サノフィ、経口乳がん治療薬SERD2回目の試験も失敗。開発を中止

      2022.08.18

    4. FDA

      FDA MaaT Pharma社のマイクロバイオーム療法の試験実施保留扱いを…

      2022.08.15

    5. breast cancer

      メナリーニ社の経口SERDエラセストラント、乳癌対象でFDAの優先審査…

      2022.08.15

    6. goodresult

      BMS、多発性骨髄腫対象のアベクマの試験結果発表。早期治療薬として…

      2022.08.15

    7. ProQR社、生き残りをかけてAxiomer技術を用いたRNA編集プラットフォ…

      2022.08.12

    8. M&A

      ファイザー社、グローバル・ブラッド・セラピューティクス社を50億…

      2022.08.03

    9. ALS

      バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

      2022.07.27

    10. crohns diseasae

      アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

      2022.05.12

    1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

      2022.02.21

    2. medinew

      2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

      2022.02.16

    3. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

      2022.02.06

    4. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

      2022.02.03

    5. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

      2022.02.01