ノバルティスのカナキヌマブ、肺がん適応のCANOPY-A試験でも失敗

fail

ノバルティスは8月15日、IL-1β阻害剤カナキヌマブをがん治療薬として再利用する試みについて、さらなる失望を報告し、同剤が別の肺がん第3相試験で失敗したと述べた。

カナキヌマブとは?

カナキヌマブは、ヒトインターロイキン-1β(IL-1β)に高い親和性および選択性で結合し、その受容体との相互作用を阻害することにより、IL-1β活性を中和するヒトモノクローナル抗体です。

予備的エビデンスによれば、IL-1βを中和することにより、カナキヌマブはpro-tumor inflammation(以下、PTI)を阻害することで、
1)抗腫瘍免疫応答を増強し、
2)腫瘍細胞の増殖、生存、浸潤性を抑制し、
3)血管新生を阻害することが示唆されます。
PTIは、発がん過程を推進し、抗腫瘍免疫応答を抑制することにより、腫瘍の発生を可能にします。カナキヌマブは、非小細胞肺がんにおけるPTIのファーストインクラスのインターロイキン-1β(IL-1β)阻害薬です。
参照:ノバルティス社ホームページ「カナキヌマブ(ACZ885)について」から

非小細胞肺がんの補助療法対象のCANOPY-A試験

ノバルティスは、カナキヌマブが、心血管系疾患を対象とした第3相CANTOS試験において肺がん死亡率が有意に低いことが分かったため、CANOPY試験プログラムを開始しました。

その試験の参加者は、喫煙などのさまざまな危険因子のために肺がんなどの炎症性がんのリスクも高く、2017年に発表された知見は、この薬ががんの成長を促す炎症の一種の抑制に役立つかもしれないという初期のシグナルとなっっています。

ノバルティスのグローバル腫瘍学および血液学開発を統括するJeff Legos氏は、以下のように述べています。

「CANTOS試験で認められた肺がん罹患率および死亡率の低下というシグナルに基づいて、我々はCANOPYプログラムへの投資を行いましたが、これは、早期肺がんに対するアジュバント治療としてのカナキヌマブの試験を裏付けるものです」

CANOPY-A試験(NCT03447769)は、外科的切除およびシスプラチンベースの化学療法を施行後に術後補助療法としてカナキヌマブを評価する第3相試験で、カナキヌマブの投与ががんの再発を予防できるかどうかを判定するためにデザインされています。

試験では、腫瘍摘出手術が可能なほど早期に診断された非小細胞肺癌患者の補助療法としてカナキヌマブを使用した場合、主要評価項目である無病生存期間を達成することができませんでした。

ステージ2-3Aおよび3Bの非小細胞肺癌を完全切除した成人患者1382名が対象となりました。参加者は、カナキヌマブを3週間ごとに皮下投与する群と、マッチングプラセボを最長1年間投与する群に無作為に割り付けられました。

なお、本試験に先立ち、患者さんは標準治療であるシスプラチンベースの術後補助化学療法および放射線療法(該当する場合)を終了しています。ノバルティス社によると、本試験の詳細な結果は、今後開催される医学会議で発表される予定です。

カナキヌマブ、過去2回の治験で失敗

カナキヌマブは昨年、より進行した段階の肺がんを対象として併用療法で、2つの臨床試験で失敗しています。

CANOPY-1では、局所進行または転移性NSCLCの初回治療患者を対象に、カナキヌマブと米メルクのキイトルーダ(ペムブロリズマブ)+白金系2剤併用化学療法を試験しましたが、主要評価項目である全生存(OS)と無増悪生存を達成できていません。

CANOPY-2では、2または3次治療としてドセタキセルと併用も、主要評価項目のOSを逃すことになっています。

イラリスという商品名で炎症性疾患対象で11億ドルの売上

今回の失敗に関して、Zuercher KantonalbankのアナリストLaurent Flamme氏は、「この高リスクのプロジェクトに対するコンセンサス期待はゼロか低いままであり、カナキンウマブの残りの市場独占権は2028年までと限定されている。非小細胞肺癌のアジュバント治療薬としてのカナキヌマブの2026年までの年間売上を約3億スイスフラン(3億1800万ドル)と推定しています。同剤はすでにイラリスという商品名で多くの炎症性疾患の治療薬として承認されています。イラリスは、昨年は11億ドルの売上高を計上しています。

参照記事

Novartis provides update on Phase III CANOPY-A study evaluating canakinumab as adjuvant treatment in non-small cell lung cancer

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

    「1分でわかる製薬ニュース」

    無料で製薬ニュースを日本語で配信しています。
     

    1. アミリックスのALS治療薬レリヴリオが米国FDAが承認。アイス・バケ…

      2022.09.30

    2. partners

      独メルク、次世代PARP阻害剤の開発でNerviano社と提携

      2022.09.22

    3. Intellia社、HAEとATTRアミロイドーシスに対するCRISPR療法の良好な…

      2022.09.18

    4. アルナイラムとリジェネロンのNASH治療薬が良好な結果を得て第2相…

      2022.09.16

    5. disappointment

      アラコス、好酸球性GI疾患におけるリレンテリマブの開発を中止

      2022.09.11

    6. オックスフォード大学で開発されたマラリアワクチンのブースター投…

      2022.09.09

    7. OK

      バイエル・リジェネロンのアイリーア、より長い間隔、高用量で効果…

      2022.09.08

    8. breast cancer asco

      ESMO22:ギリアド社、HR+/HER2-乳がん試験でトロデルヴィがOSを3カ…

      2022.09.06

    9. week5

      今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年8…

      2022.09.04

    10. goodresult

      アムジェンのルマクラスの肺がん第3相臨床試験で主要目標を達成

      2022.09.04

    1. partners

      ノボ、フォルマ社を11億ドルで買収。フォルマ保有の鎌状赤血球症の…

      2022.09.01

    2. ranking

      日本の製薬会社売上ランキング:5年間のランキングの推移でみる製…

      2022.08.21

    3. fail

      サノフィ、経口乳がん治療薬SERD2回目の試験も失敗。開発を中止

      2022.08.18

    4. FDA

      FDA MaaT Pharma社のマイクロバイオーム療法の試験実施保留扱いを…

      2022.08.15

    5. breast cancer

      メナリーニ社の経口SERDエラセストラント、乳癌対象でFDAの優先審査…

      2022.08.15

    6. goodresult

      BMS、多発性骨髄腫対象のアベクマの試験結果発表。早期治療薬として…

      2022.08.15

    7. ProQR社、生き残りをかけてAxiomer技術を用いたRNA編集プラットフォ…

      2022.08.12

    8. M&A

      ファイザー社、グローバル・ブラッド・セラピューティクス社を50億…

      2022.08.03

    9. ALS

      バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

      2022.07.27

    10. crohns diseasae

      アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

      2022.05.12

    1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

      2022.02.21

    2. medinew

      2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

      2022.02.16

    3. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

      2022.02.06

    4. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

      2022.02.03

    5. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

      2022.02.01