第一三共・アストラゼネカのダトポタマブ デルクステカン併用投与が肺がんに対して有望な初発症状を示す【WCLC22】

アストラゼネカ社と第一三共社のTROP2指向性抗体薬物複合体ダトポタマブ デルクステカンの第Ib相試験結果によると、進行性非小細胞肺がん(NSCLC)において米メルク社のキイトルーダ(ペムブロリズマブ)との併用投与で、37%の全奏功率(ORR)を示す結果が出ました。また、プラチナ製剤による化学療法を含む3種のレジメンでは、ORRが41%に上昇しました。

WCLCで、ダトポタマブ デルクステカン併用投与が肺がんに対して有望な初発症状を示す

conference8月9日の世界肺がん学会(WCLC)において、両社はダトポタマブ デルクステカン+キイトルーダを投与された前治療歴のある患者において、8例の部分奏効(PR)を含む62%のORRが示されたことを発表しました。

トリプルレジメン群ではORRが50%に低下し、PRは10例(うち3例は確認申請中)となりました。また、前治療歴のない患者では、1次治療としてダトポタマブ デルクステカン+キイトルーダを使用した場合、病勢コントロール率は100%でしたが、3剤併用療法では90%となっています。

アストラゼネカ社と第一三共社は、セカンドラインまたはそれ以降のラインで使用した場合、ダトポタマブ デルクステカン+キイトルーダの併用療法は併用療法は24%のORRを示し、化学療法を追加すると29%に上昇したことを明らかにしました。

グレード3以上の治療上有害事象は?

一方、グレード3以上の治療上有害事象(TEAE)は、ダブレットコホートで40%、トリプレットコホートで60%の患者さんに発生しました。また、薬剤に関連すると考えられる間質性肺疾患(ILD)は4件発生し、そのうち2件はグレード3に分類されましたが、他の2件はそれほど深刻ではないと判断されました。

第一三共社のオンコロジー開発グローバル責任者であるGilles Gallant氏は、「これらのデータは、Actionable遺伝子変異のない進行性NSCLC患者における初回併用療法として、ダトポタマブ デルクステカン+キイトルーダの併用をさらに評価する第3相TROPION-Lung08試験の開始を 裏打ちする結果」と述べています。

参照記事

Datopotamab deruxtecan-based combinations show promising clinical activity in patients with advanced non-small cell lung cancer

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

    「1分でわかる製薬ニュース」

    無料で製薬ニュースを日本語で配信しています。
     

    1. アミリックスのALS治療薬レリヴリオが米国FDAが承認。アイス・バケ…

      2022.09.30

    2. partners

      独メルク、次世代PARP阻害剤の開発でNerviano社と提携

      2022.09.22

    3. Intellia社、HAEとATTRアミロイドーシスに対するCRISPR療法の良好な…

      2022.09.18

    4. アルナイラムとリジェネロンのNASH治療薬が良好な結果を得て第2相…

      2022.09.16

    5. disappointment

      アラコス、好酸球性GI疾患におけるリレンテリマブの開発を中止

      2022.09.11

    6. オックスフォード大学で開発されたマラリアワクチンのブースター投…

      2022.09.09

    7. OK

      バイエル・リジェネロンのアイリーア、より長い間隔、高用量で効果…

      2022.09.08

    8. breast cancer asco

      ESMO22:ギリアド社、HR+/HER2-乳がん試験でトロデルヴィがOSを3カ…

      2022.09.06

    9. week5

      今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年8…

      2022.09.04

    10. goodresult

      アムジェンのルマクラスの肺がん第3相臨床試験で主要目標を達成

      2022.09.04

    1. partners

      ノボ、フォルマ社を11億ドルで買収。フォルマ保有の鎌状赤血球症の…

      2022.09.01

    2. ranking

      日本の製薬会社売上ランキング:5年間のランキングの推移でみる製…

      2022.08.21

    3. fail

      サノフィ、経口乳がん治療薬SERD2回目の試験も失敗。開発を中止

      2022.08.18

    4. FDA

      FDA MaaT Pharma社のマイクロバイオーム療法の試験実施保留扱いを…

      2022.08.15

    5. breast cancer

      メナリーニ社の経口SERDエラセストラント、乳癌対象でFDAの優先審査…

      2022.08.15

    6. goodresult

      BMS、多発性骨髄腫対象のアベクマの試験結果発表。早期治療薬として…

      2022.08.15

    7. ProQR社、生き残りをかけてAxiomer技術を用いたRNA編集プラットフォ…

      2022.08.12

    8. M&A

      ファイザー社、グローバル・ブラッド・セラピューティクス社を50億…

      2022.08.03

    9. ALS

      バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

      2022.07.27

    10. crohns diseasae

      アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

      2022.05.12

    1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

      2022.02.21

    2. medinew

      2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

      2022.02.16

    3. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

      2022.02.06

    4. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

      2022.02.03

    5. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

      2022.02.01