アムジェン 肺がん治療薬ソトラシブと免疫療法の併用で肝毒性を明らかに【WCLC22】

lung

アムジェン社は8月7日、第Ib相CodeBreaK 100/101試験の新しい肺がんデータを発表しました。それによりますと、KRAS標的薬Lumakras(ソトラシブ)と免疫療法を併用すると、ソトラシブ単独で以前に見られたよりも重篤な副作用、特に肝酵素上昇が高い割合で生じたことを明らかにしました。しかし研究代表者のBob Li氏は、「初めて(Lumakrasの)免疫チェックポイント阻害剤との併用により、前治療の免疫療法および未治療の環境において、持続的な奏効が得られることが実証されました」と述べています。

IASLC World Conference on Lung Cancer(WCLC)で発表された最新のレポートによると、KRAS p.G12C変異非小細胞肺がん(NSCLC)患者58人について、いくつかのコホートのいずれかに所属し、ソトラシブとロシュ社のテセントリク(アテゾリズマブ)またはメルク社のキイトルーダ(ペムブロリズマブ)を用量を変えて3週間ごとに、忍容性がなくなるか疾患進行が認められるまで同時投与したものです。

肺がん治療薬ソトラシブと免疫療法の併用で肝毒性が明らかに

半数のグループは「リードイン」コホートで、患者は免疫療法の初回投与の前に一定期間ソトラシブの単独投与を受け、その後テセントリクまたはキイトルーダとともに同剤を投与されました。およそ3分の2の患者が免疫療法の前治療を受けていましたが、試験に参加する前にKRAS阻害剤の投与を受けていた方はいませんでした。

※ 安全性への懸念のあるKRAS阻害剤「ミラティ社のKRAS阻害剤アダグラシブ、肺がんで43%のORRを示すも株価下落。安全性への懸念か?

奏効率は全体で29%

アムジェン社によると、中央値12.8カ月の追跡調査後、全コホートの患者のうち17人が奏功を確認し、客観的奏功率(ORR)は29%であったということです。データによると、ソトラシブとキイトルーダの併用では、リードインとしてソトラシブを投与された患者と両剤を同時投与された患者のORRがそれぞれ37%と32%となり、より高い奏効が得られました。ソトラシブとテセントリクを投与されたリードイン群と同時投与群では、ORRはともに20%でした。

奏効例17名のうち、奏効期間(DoR)の中央値は17.9カ月で、8名が奏効を維持していました。さらに、全投与量群58名の全生存期間の中央値は15.7カ月であったということです。

ソトラシブの前途は多難

一方、グレード3-4の治療関連有害事象(TRAE)が34例(約59%)に認められ、その4分の3近くが肝毒性、特にALTとAST値の上昇に起因すると報告されました。

また、58名中22名(約38%)の被験者がTRAEを経験し、ソトラシブや免疫療法の中止を余儀なくされました。アムジェン社の治験担当社は「Hy’s law(FDAが重度の薬物性肝障害の可能性を評価する際に用いている予後指標)に該当する症例は発生しなかった」と述べています。

「このCodeBreaKの研究から得られた知見は、肝毒性事象は発生したものの免疫療法投与の2~3サイクル目以降に現れる傾向があり、いずれも適切な臨床措置により解決されたことを示しています 」とLi氏はコメントしています。また「ソトラシブの併用療法への先行投与により、DoRの中央値が17.9カ月となり、有害事象の発生率が低下したことは、ファーストライン治療における我々の継続的な検討のための参考となります」と述べています。

RMC-4630との併用療法

一方、CodeBreaK 101マスター試験の別の用量検討では、11人のNSCLCを含むKRAS G12C変異腫瘍患者27人にソトラシブの投与と実験的なSHP2阻害剤RMC-4630の用量漸増が行われました。患者は中央値で3ラインの前治療を受けている患者でした。

アムジェン社は、この併用療法は「有望な臨床活性」を示し、特にKRAS-G12c阻害剤未使用の患者において顕著であったと述べています。

11名のNSCLC患者のうち、3名(27%)が部分奏功を達成し、データカットオフ時点で2名が奏功中であり、7名(64%)が病勢コントロールを達成しました。KRAS-G12c阻害剤未使用の6名のORRは50%で、全員が病勢コントロールを達成しました。全体として、被験者の63%にTRAEが発生し、最も多かったのは浮腫と下痢でした。

ソトラシブの第2四半期の売上は7,700万ドルで、そのうち米国の売上は5,100万ドルでした。米国では2021年5月に、KRAS G12c遺伝子変異を有する成人の局所進行性または転移性NSCLCのセカンドライン治療薬として承認されています。またEUでは、今年1月に「ルマケラス Lumykras」というブランド名で承認されています。

AMGEN DATA AT WCLC 2022 HIGHLIGHTS POTENTIAL TO DELIVER TRANSFORMATIVE MEDICINES FOR HISTORICALLY DIFFICULT-TO-TREAT LUNG CANCERS

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

    「1分でわかる製薬ニュース」

    無料で製薬ニュースを日本語で配信しています。
     

    1. アミリックスのALS治療薬レリヴリオが米国FDAが承認。アイス・バケ…

      2022.09.30

    2. partners

      独メルク、次世代PARP阻害剤の開発でNerviano社と提携

      2022.09.22

    3. Intellia社、HAEとATTRアミロイドーシスに対するCRISPR療法の良好な…

      2022.09.18

    4. アルナイラムとリジェネロンのNASH治療薬が良好な結果を得て第2相…

      2022.09.16

    5. disappointment

      アラコス、好酸球性GI疾患におけるリレンテリマブの開発を中止

      2022.09.11

    6. オックスフォード大学で開発されたマラリアワクチンのブースター投…

      2022.09.09

    7. OK

      バイエル・リジェネロンのアイリーア、より長い間隔、高用量で効果…

      2022.09.08

    8. breast cancer asco

      ESMO22:ギリアド社、HR+/HER2-乳がん試験でトロデルヴィがOSを3カ…

      2022.09.06

    9. week5

      今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年8…

      2022.09.04

    10. goodresult

      アムジェンのルマクラスの肺がん第3相臨床試験で主要目標を達成

      2022.09.04

    1. partners

      ノボ、フォルマ社を11億ドルで買収。フォルマ保有の鎌状赤血球症の…

      2022.09.01

    2. ranking

      日本の製薬会社売上ランキング:5年間のランキングの推移でみる製…

      2022.08.21

    3. fail

      サノフィ、経口乳がん治療薬SERD2回目の試験も失敗。開発を中止

      2022.08.18

    4. FDA

      FDA MaaT Pharma社のマイクロバイオーム療法の試験実施保留扱いを…

      2022.08.15

    5. breast cancer

      メナリーニ社の経口SERDエラセストラント、乳癌対象でFDAの優先審査…

      2022.08.15

    6. goodresult

      BMS、多発性骨髄腫対象のアベクマの試験結果発表。早期治療薬として…

      2022.08.15

    7. ProQR社、生き残りをかけてAxiomer技術を用いたRNA編集プラットフォ…

      2022.08.12

    8. M&A

      ファイザー社、グローバル・ブラッド・セラピューティクス社を50億…

      2022.08.03

    9. ALS

      バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

      2022.07.27

    10. crohns diseasae

      アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

      2022.05.12

    1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

      2022.02.21

    2. medinew

      2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

      2022.02.16

    3. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

      2022.02.06

    4. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

      2022.02.03

    5. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

      2022.02.01