リンパーザの進行性大腸がん対象の第3相試験LYNK-003試験、無益性のため早期に終了

colorectal cancer

米メルクは、アストラゼネカと提携するPARP阻害剤リムパーザの進行大腸がん患者で検討する第3相試験LYNK-003を、無益性により中止したことを発表しました。PARP阻害剤リンパーザは、第1四半期に6億1,700万ドルの売上高を記録し、複数の癌腫で承認されている。本試験では、ベバシズマブとの併用または非併用で試験されていましたが、中間解析の後、独立データモニタリング委員会からの助言に従って終了を決定した。

本記事のポイント
■ リンパーザ進行性大腸がん対象の第3相試験LYNK-003が無益性により中止
■ PARP阻害剤リンパーザは、第1四半期に6億1,700万ドルの売上高を記録、複数の癌腫で承認されている
■ キイトルーダの比較試験でも今年始めに無益性で中止

リンパーザの進行性大腸がん対象の第3相試験LYNK-003試験、無益性のため早期に終了

fail米メルクは、アストラゼネカと提携するPARP阻害剤リムパーザ(オラパリブ)を進行大腸がん患者で検討する第3相試験LYNK-003が、無益性により中止されたことを発表しました。リンパーザ、一次導入療法後に進行しなかった切除不能または転移性の大腸がん患者を対象に、ベバシズマブとの併用または非併用で試験されていました。

メルク社によると、計画された525人に対し309人が登録されました。本試験は、リンパーサの単独投与またはベバシズマブとの併用投与により、ベバシズマブ+フルオロピリミジン系化学療法と比較して、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)を有意に延長できるかどうかを判定するために計画されました。副次的な目標としては、全生存期間(OS)、客観的奏効率、奏効期間などがありました。

いずれの実験群も有効性を示さず

LYNK-003試験の中止は、予定されていた中間解析の後、試験の独立データモニタリング委員会(DMC)からの助言に従って決定されたものです。

メルクは、対照群に対するリンパーザ単剤およびベバシズマブとの併用療法の有効性が「無益性の基準を満たした」とし、両実験群の中止を決定しました。本試験ではリンパーザに新たな安全性シグナルは認められず、単剤療法および併用療法の安全性プロファイルは、これまでに報告された試験と概ね一致していると、メルク社は述べています。メルクは、LYNK-003試験のデータを今後の科学的フォーラムで共有する予定です。

大腸がんに加え、メルクとアストラゼネカは、転移性前立腺がん、卵巣がん、乳がん、膵臓がんなど、DNA損傷応答欠損型腫瘍を対象に、リンパーザの単剤および新しい併用療法の両方を評価しています。

PARP阻害剤リンパーザは、第1四半期に6億1,700万ドルの売上高を記録し、最近米国で高リスクの早期乳がんに対する補助療法の承認を受けるなど、これら4つのがん種すべてにおいてさまざまな適応症で既に承認されています。

今年初めに、メルクは、特定の前立腺がん患者を対象にリンパーザとキイトルーダを比較する第3相KEYLYNK-010試験は、中間解析で対照群に比べOSの利点が示されなかったため、無益性で中止されたと発表しています。

参照記事

LYNK-003 Trial Evaluating LYNPARZA® (olaparib) With or Without Bevacizumab in Patients With Unresectable or Metastatic Colorectal Cancer to Stop for Futility [Merck & Co.]

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  • コメント: 0

関連記事

  1. blood

    鎌状赤血球症対象Oxbryta、米で4歳から12歳の小児に承認拡大。株価上昇

  2. partners

    塩野義製薬、20年ぶりの新クラス期待の抗真菌薬のアジアと欧州の権利を最大500億円強で取得

  3. goodresult

    複雑性尿路感染症にSpero社の経口抗生剤tebipenemが有効だったPh3論文報告

  4. covid

    中国武漢研究所の3人が、コロナ流行1ヶ月前重症になった事態を米国が調査を開始

  5. リムパーザが前立腺がんファーストライン対象のⅢ相試験で主要目標を達成

  6. 【2021年12月13日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. 米メルク、アルツハイマー病新規標的探索でセレバンス社と提携

    2022.08.10

  2. ベロナ社の株価37%上昇。エンシフェントリンがCOPD対象の後期試験で…

    2022.08.10

  3. 第一三共・アストラゼネカのダトポタマブ デルクステカン併用投与が…

    2022.08.10

  4. lung

    アムジェン 肺がん治療薬ソトラシブと免疫療法の併用で肝毒性を明…

    2022.08.10

  5. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.30

  6. vaccine

    ファイザーとビオンテック、ケンタウロスを含むオミクロンBA.2特化…

    2022.07.28

  7. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  8. partners

    米メルク、中国のバイオテクノロジー企業と最大9億100万ドルでADCの…

    2022.07.27

  9. bladder cancer

    アステラセス製薬。パドセフとキイトルーダ併用が膀胱がん対象での…

    2022.07.27

  10. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.23

  1. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  2. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  3. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  4. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  5. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  6. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  7. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  8. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  9. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  10. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01