ロシュ社の2022年第2四半期業績発表。売上は横ばいで通期ガイダンスを下方修正へ

roche

ロシュ社の2022年第2四半期決算のを発表。通期の見通しを下方修正した。ロシュのセヴリン・シュヴァンCEOは、上半期は、血友病、癌および神経疾患を治療する新薬に対する強い需要が継続したことにより、良好な業績を達成することができた、と述べています。バイオシミラー医薬品の影響が予想通り縮小したものの、ポートフォリオの継続的な刷新により、引き続き成長を続けていることを強調しました。

本記事のポイント
■ 医薬品部門の売上高は1%増の112億スイスフラン(115億ドル)
■ 新CEOにトーマス・シネッカー指名の発表も
■ 血友病、癌および神経疾患治療薬が成長も、COVID-19関連の売上が対前年で減少

ロシュ社の2022年第2四半期決算発表。通期ガイダンスを下方修正

drugs

ロシュは、今年の売上高が為替変動の影響を除いたベースで横ばいまたは1桁台前半の成長、1株当たり利益が1桁台前半から半ばの成長になるとの見通しを述べています。
同社は依然として、COVID-19医薬品および診断薬の売上高が2022年には約20億スイスフラン(21億ドル)減少して約50億スイスフラン(51億ドル)になると予測しており、バイオシミラーとの競争によって売上高はおよそ25億スイスフラン(26億ドル)押し下げられるとみています。
また、四半期の決算発表とは別に、ロシュは、来年3月15日付けでトーマス・シネッカー氏がCEOに就任し、シュヴァン氏が会長に就任することを発表しました。シュヴァン氏は、2014年から同職を務めてきた現会長のクリストフ・フランツ氏が再選を目指さないことを決定したため、その後任となります。

■ Vabysmo:88百万スイスフラン(91百万ドル)、1月に特定の網膜疾患に対するバイスペシフィック製剤の米国での承認取得に続く。
■ オクレバス:15億スイスフラン(15億ドル)、21%増、再発型および一次進行型の多発性硬化症における需要が、主に米国で「好調を維持」し、ドイツ、イタリア、スペイン、カナダでも高い服用率が得られたため
■ ペルジェタ 9%増の11億スイスフラン(11億ドル)
■ ヘムリブラ 9億7300万スイスフラン(10億ドル)、33%増、血友病A治療薬は米国、欧州およびその他の地域で引き続き「目覚しいシェアの増加」を示している。
■ テセントリク 933百万スイスフラン(959百万ドル)、13%増、米国および欧州での需要増が、日本での政府による価格引き下げによる売上減を相殺。
■ カドサイラ 17%増の5億6300万スイスフラン(5億7900万ドル)
■ アレセンサ 384百万スイスフラン(395百万ドル)、15%増
■ エヴリスディ 2億7400万スイスフラン(2億8200万ドル)、68%増、米国が20%以上、ドイツが30%以上のシェアを占める
■ ペスゴ 167%増の1億7900万スイスフラン(1億8400万ドル)、欧州と米国での「シェア増」が要因
■ ポリビー 88%増の9600万スイスフラン(9900万ドル
■ Ronapreve。22百万スイスフラン(23百万ドル)、95%減、COVID-19抗体合剤の日本での成長は欧州での売上減少により一部相殺された。

■ アクテムラ/ロアアクテムラ 6億6300万スイスフラン(6億8200万ドル)、23%減
■ ハーセプチン 572百万スイスフラン(588百万ドル)、11%減
Avastin:561百万スイスフラン(577百万ドル)、28%減
MabThera/Rituxan:5億5300万スイスフラン(5億6900万ドル)、18%減

今後の見通し

シュヴァン氏は、このガイダンスが大きな不確実性の中での慎重な姿勢を反映していると説明しながらも、金融界はさまざまなシナリオをモデル化するようにと提案しました。

パイプラインの最新情報

ロシュは、腎切除術後の転移リスクが高い腎細胞がん患者の術後補助療法としてのテセントリクの第3相試験IMmotion010が、プラセボに対する無病生存率の主要評価項目を達成することができなかったと発表しました。

注:特に明記しない限り、すべての増減は対前年同期比

参照記事

Roche achieves good results in the first six months of 2022

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  • コメント: 0

関連記事

  1. covid

    ワクチン・治療薬、有効性「推定」で承認可能に…緊急承認制度のポイント

  2. 全身型重症筋無力症を対象としたアルジェニクス社のVyvgartをFDAが承認

  3. リジェネロンの第1四半期は13%減益、抗体カクテルの売上が消える[2022年Q1業績]

  4. オプジーボ、化学療法後の食道がん術後補助療法としてCHMPから肯定的意見を受領

  5. gilead

    【ASCO2022 乳がん】トロデルヴィ、HR+/HER2転移性乳癌での効果を示すも、化学療法に比べわずか改善

  6. answers

    HGFタンパク製剤「確度高く事業化の見通し」クリングルファーマ・安達喜一社長|ベンチャー巡訪記

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. 米メルク、アルツハイマー病新規標的探索でセレバンス社と提携

    2022.08.10

  2. ベロナ社の株価37%上昇。エンシフェントリンがCOPD対象の後期試験で…

    2022.08.10

  3. 第一三共・アストラゼネカのダトポタマブ デルクステカン併用投与が…

    2022.08.10

  4. lung

    アムジェン 肺がん治療薬ソトラシブと免疫療法の併用で肝毒性を明…

    2022.08.10

  5. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.30

  6. vaccine

    ファイザーとビオンテック、ケンタウロスを含むオミクロンBA.2特化…

    2022.07.28

  7. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  8. partners

    米メルク、中国のバイオテクノロジー企業と最大9億100万ドルでADCの…

    2022.07.27

  9. bladder cancer

    アステラセス製薬。パドセフとキイトルーダ併用が膀胱がん対象での…

    2022.07.27

  10. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.23

  1. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  2. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  3. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  4. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  5. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  6. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  7. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  8. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  9. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  10. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01