ロシュグループの次期CEOにトーマス・シネッカー氏。23年3月に就任へ。診断部門での業績が高評価

Thomas Schinecker

ロシュ社が、新CEOに来年3月15日付でトーマス・シネッカー氏が就任し、現CEOのセヴリン・シュヴァン氏は会長に異動することを7月21日、四半期業績発表と同時に発表した。同氏は、現ロシュ・ダイアグノスティックスCEOであるが、Covid-19のパンデミックの中での診断部門での業績が評価された。この発表に対して、ロシュグループの中外製薬も関係強化と発展を強調するコメントを発表した。

本記事のポイント
■ ロシュグループの次期CEOがトーマス・シネッカー氏に指名.限部門での診断薬の業績が高評価
■ 開発戦略には大きな変更はない模様
■ ロシュグループの中外製薬も関係強化と発展を強調

ロシュグループの次期CEOにトーマス・シネッカー氏。23年3月に就任へ

diagnosis

ロシュ社が、新CEOに来年3月15日付でトーマス・シネッカー氏が就任し、現CEOのセヴリン・シュヴァン氏は会長に異動することを7月21日、四半期業績発表と同時に発表した。シュヴァンは、2014年から同職を務めてきた現会長のクリストフ・フランツ氏が再選を目指さないことを決定したため、その後任となる。

2008年からロシュ率いてきたシュヴァン氏は、取締役会がロシュの新CEOにシネッカーを任命したことを大変うれしく思うと述べ、シネッカー氏が20年間にわたり世界中のロシュでリーダーシップを発揮してきた非常に優秀な後継者であることを強調した。

新CEOのシネッカー氏は現在、2019年に就任した同社の診断薬部門を率いており、特にCOVID-19のパンデミックに対応した同部門の業績が高く評価されています。シュヴァン氏は、コロナウイルス流行時の「素晴らしい、優れた実績」を反映したのが、シネッカー氏の昇進であると述べています。

戦略やプランに大きな変更は予定はないだろう

コンサルティング会社であるジェフリーズ社のアナリストは、ロシュがCEOを新たに任命されたことについて、ロシュのユニークな医薬品の開発に注力していることを考えると、多くの人が驚くだろうとしたが、シュヴァン氏の新CEO就任にもかかわらず、会社の戦略やプランに大きな変化はないだろうとの見方を示しました。

シュヴァン氏は、現状の戦略は継続し、医薬品と診断薬の両方の事業を進化させたいとと述べ、シネッカー氏のCEO就任によって、戦略的なレベルでの構造的またはその他の変化があるとは思えないとのています。

中外製薬の奥田CEO、今後も関係強化、発展を強調

同日、中外製薬の奥田修社長CEOは東京都内で22年度第2四半期決算説明会に臨み、「ロシュとは非常に強固なWin-Winの関係をこれまで築いてきた。中外製薬のR&Dの能力が向上していることについてロシュから大きな評価を得ている。さらに、この関係が強化・発展していくのではないかと期待し、そのように見込んでいる」と強調した。

参照記事

Roche: Change in the Board of Directors and Corporate Executive Committee in Spring 2023 [GlobeNewswire]

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ノバルティス、第1四半期で前年比を上回る売上。成長を牽引するエンレスト[2022年Q1業績]

  2. アトピー性皮膚炎の第3相試験でアブロシチニブがデュピクセントに対して有意性

  3. lung

    アムジェン 肺がん治療薬ソトラシブと免疫療法の併用で肝毒性を明らかに【WCLC22】

  4. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のライセンス権を獲得

  5. achievement

    バイオジェンとセージのズラノロン、産後うつ病対象の試験で、主要および副次的評価項目すべてを達成。

  6. cancer

    肺がんネオアジュバント対象でオプジーボ併用療法がEFSの目標を達成

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. 米メルク、アルツハイマー病新規標的探索でセレバンス社と提携

    2022.08.10

  2. ベロナ社の株価37%上昇。エンシフェントリンがCOPD対象の後期試験で…

    2022.08.10

  3. 第一三共・アストラゼネカのダトポタマブ デルクステカン併用投与が…

    2022.08.10

  4. lung

    アムジェン 肺がん治療薬ソトラシブと免疫療法の併用で肝毒性を明…

    2022.08.10

  5. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.30

  6. vaccine

    ファイザーとビオンテック、ケンタウロスを含むオミクロンBA.2特化…

    2022.07.28

  7. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  8. partners

    米メルク、中国のバイオテクノロジー企業と最大9億100万ドルでADCの…

    2022.07.27

  9. bladder cancer

    アステラセス製薬。パドセフとキイトルーダ併用が膀胱がん対象での…

    2022.07.27

  10. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.23

  1. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  2. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  3. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  4. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  5. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  6. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  7. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  8. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  9. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  10. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01