米メルク、前立腺癌治療薬の開発でオリオン社と契約締結。パイプラインの強化と補完に

partners

米メルク、転移性去勢抵抗性前立腺癌の治療薬として治験中のステロイド合成阻害剤ODM-208の開発および商業化に関するグローバルな提携をオリオン社と締結。このライセンス契約で、オリオン社は、契約一時金として2億9選万ドルを受け取り、メルク社は、同社のがん領域のパイプラインを強化することができる。

本契約のポイント
■ オリオン社が契約一時金として2億9千万米ドルを受領
■ メルク社のがん領域のパイプラインの強化と補完

米メルク、前立腺癌治療薬の開発提携でオリオン社に一時金2億9000万ドル

cancer米メルクは、オリオン社の開発中のODM-208とCYP11A1(チトクロームP450 11A1を標的とする化合物の開発で協力するため、2億9000万ドルの前払金を支払うことに同意したと7月13日に発表した。ODM-208は、現在、転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)患者の治療を目的としたフェーズII試験で評価されています。

今年初めに発表されたCYPIDES試験の第I相試験の結果では、ODM-208は、mCRPC患者のすべてのステロイドホルモンの生産を阻害し、特に活性化アンドロゲン受容体(AR)変異を有する男性において「有望な」抗腫瘍活性を示すことが示された。本試験に参加した44名の患者のうち、32%がPSA値50%以上の減少を達成し、ARリガンド結合ドメイン変異を有する患者では68%まで増加しました。

米メルク社、本契約で、既存プログラムの補完

本契約により、メルクとオリオンは、ODM-208を共同開発・共同販売し、オリオンが経口非ステロイド性CYP11A1阻害剤の臨床製造と商業供給を担当することになります。

メルクの研究所の社長であるDean Liは、「CYP11A1を標的とすることは、ステロイドホルモンの生成を抑制するための有力なアプローチとなります。ODM-208は、前立腺がんに関する当社の既存のプログラムを補完する可能性があると信じています」と付け加えている。

両社は、本取引の一環として、最初の契約をMerckに対するグローバルな独占的ライセンスに変更するオプションを有していることに留意しました。このオプションが行使された場合、メルク社は開発および商業化の全費用を負担し、オリオン社はマイルストーンと2桁の売上高ロイヤルティを受け取る権利を有します。具体的な財務条件は明らかにされていませんが、オリオンは、マイルストーンの可能性について「大きなチャンスである」と述べています。

また、オリオン社CEOのTimo Lappalainen氏は、この契約により、「財務目標を損なうことなく、当社の他のプログラムへの投資を継続することができる」と述べています。

参照記事

Orion and MSD announce global collaboration for the development and commercialisation of ODM-208, an investigational steroid synthesis inhibitor for the treatment of metastatic castration-resistant prostate cancer

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

ASCO Banner
  • コメント: 0

関連記事

  1. FDAに差し止めされていたアロジェンの細胞治療の臨床試験が再開に

  2. drug

    サビザブリン「圧倒的な有効性」で新型コロナ重症者対象試験早期中止。ヴェル社株価200%急騰。

  3. 別人の血液から作るCelyad社の抗BCMA CAR-TのPh1で移植片対宿主病生じず

  4. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望な中間データを発表

  5. cancer

    肺がんネオアジュバント対象でオプジーボ併用療法がEFSの目標を達成

  6. breast cancer asco

    ASCO2022「乳がん」で注目演題8選。とくに高い「エンハーツ」「トロデルヴィ」の発表に関心

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. 米メルク、アルツハイマー病新規標的探索でセレバンス社と提携

    2022.08.10

  2. ベロナ社の株価37%上昇。エンシフェントリンがCOPD対象の後期試験で…

    2022.08.10

  3. 第一三共・アストラゼネカのダトポタマブ デルクステカン併用投与が…

    2022.08.10

  4. lung

    アムジェン 肺がん治療薬ソトラシブと免疫療法の併用で肝毒性を明…

    2022.08.10

  5. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.30

  6. vaccine

    ファイザーとビオンテック、ケンタウロスを含むオミクロンBA.2特化…

    2022.07.28

  7. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  8. partners

    米メルク、中国のバイオテクノロジー企業と最大9億100万ドルでADCの…

    2022.07.27

  9. bladder cancer

    アステラセス製薬。パドセフとキイトルーダ併用が膀胱がん対象での…

    2022.07.27

  10. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.23

  1. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  2. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  3. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  4. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  5. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  6. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  7. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  8. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  9. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  10. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01