アストラゼネカが最大12.7億ドルでTeneoTwo社の完全買収を7月5日に発表

M&A

アストラゼネカが7月5日最大12.7億ドルでTeneoTwo社の完全買収を発表した。アストラゼネカは、T細胞エンゲージャー療法TNB-486を獲得し、がん領域パイプラインを拡充することとなる。TNB-486は、B細胞性非ホジキンリンパ腫を対象とした第1相試験を実施しており、同社はリンパ腫領域の開発戦略を加速させるとしている。

アストラゼネカがTeneoTwo社の完全買収を発表。その条件と目的とは?

M&A

まずは発行株式すべてを取得

今回発表されたアストラゼネカの買収条件では、アストラゼネカがTeneoTwo社の発行済株式すべてを1億ドルで先行取得、最大8億500万ドルの研究開発関連マイルストーンと特定の商業的目標の達成に基づく最大3億6000万ドルの追加支払い条件をTeneoTwo社に付与、最大で12.7億ドルにのぼります。なお、この買収は、2022年第3四半期中に完了する予定です。

アストラゼネカ、オンコロジー部門の拡充をねらう

アストラゼネカは、この買収により同社の血液腫瘍領域での開発を拡充する事が出来ます。アストラゼネカ社の2021年の製品売上は365億4,100万ドル(約5兆円)でしたが、オンコロジー領域の売上は136億6,300万ドルで、製品総売上の37%を占める主要領域です。

オンコロジー領域ブロックバスター医薬品・主要製品のまとめ

2021年、アストラゼネカは13のブロックバスター医薬品がありましたが、そのうち4品目がオンコロジー領域です。発表データによると、オンコロジー領域では、以下の4製品がブロックバスター医薬品として売上で大きな貢献をしています。また、第一三共とライセンス契約をしているエンハーツも今後ブロックバスターのステータスになることが期待されています。

  • タグリッソ(50億ドル超)、
  • イミフィンジ (24億ドル超)
  • リムパーザ(20億ドル 超)、
  • カルケンス (10億ドル超)
  • エンハーツ

今後も、オンコロジー領域は、開発、アライアンスにおいて積極的な投資が継続されます。

T細胞エンゲージャーTNB-486とは

TNB-486は二重特異性抗体であり、身体の自然免疫反応をB細胞悪性腫瘍に向けることにより、単独またはCD20標的治療との併用で、臨床反応を深め、患者の予後を改善する可能性があります。

この二重特異性抗体によって、この環境における新しい標準治療となる可能性を秘めた新しい組み合わせを探求することができるようになりうるとアストラゼネカは期待をしています。

TeneoTwo社は

TeneoTwo社は、TNB-486の開発を目的として、2021年にTeneobio社からスピンアウトして設立された会社です。TeneoTwo社の設立は、Ancora Biotech社傘下のアムジェンによる最大25億ドル相当のTeneobio社買収のタイミングで同時に行われたものです。

参照記事

A Study of TNB-486 in Subjects With Relapsed or Refractory B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma
AstraZeneca to acquire TeneoTwo and its clinical-stage T-cell engager, strengthening haematological cancer pipeline

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

ASCO Banner
  • コメント: 0

関連記事

  1. アラコス社の株価88%下落。好酸球性消化管疾患対象の主要試験で失敗

  2. 【2021年12月3日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

  3. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験の成功をBMS社が発表

  4. discovery

    喘息治療薬テゼペルマブが大腸がん治療への可能性。TSLP阻害で進行を阻止できた論文発表

  5. Capricor、筋ジストロフィーでCAP-1002第二相試験発表、第三相の準備へ

  6. BeiGene社のtislelizumabが中国で新たに食道扁平上皮がんを追加承認された

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. 米メルク、アルツハイマー病新規標的探索でセレバンス社と提携

    2022.08.10

  2. ベロナ社の株価37%上昇。エンシフェントリンがCOPD対象の後期試験で…

    2022.08.10

  3. 第一三共・アストラゼネカのダトポタマブ デルクステカン併用投与が…

    2022.08.10

  4. lung

    アムジェン 肺がん治療薬ソトラシブと免疫療法の併用で肝毒性を明…

    2022.08.10

  5. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.30

  6. vaccine

    ファイザーとビオンテック、ケンタウロスを含むオミクロンBA.2特化…

    2022.07.28

  7. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  8. partners

    米メルク、中国のバイオテクノロジー企業と最大9億100万ドルでADCの…

    2022.07.27

  9. bladder cancer

    アステラセス製薬。パドセフとキイトルーダ併用が膀胱がん対象での…

    2022.07.27

  10. week5

    今週の製薬ニュースまとめ: 世界で注目の製薬ニュース5選[2022年7…

    2022.07.23

  1. ALS

    バイオジェンのトフェルセン、FDA承認申請を受理、審査へ。第3相VA…

    2022.07.27

  2. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  3. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  4. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  5. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  6. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  7. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  8. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  9. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  10. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01