BMS社とImmatics社 同種ガンマ・デルタ細胞療法にかんする提携契約拡大を発表

partners

ブリストル・マイヤーズスクイブとImmatics社は、既存の提携関係をもとに、Immatics社に数10億ドルの価値をもたらす可能性のある新たな細胞療法開発を開始します。この提携の拡大は、Immatics社の養子細胞治療プラットフォーム「ACTallo」に基づく複数の同種TCR-Engineered T細胞(TCR-T)および/またはCAR-Tプログラムの開発に重点を置くものです。

Immatics and Bristol Myers Squibb Expand Strategic Alliance to Develop Gamma Delta Allogeneic Cell Therapy Programs

提携内容

今回の合意により、両社はBMS社が保有する2つのプログラムにおいて協力し、両社はそれぞれ最大4つのプログラムを追加で開発するオプションを持つことになります。これらのプログラムでは、CARまたはTCRを持つガンマ・デルタT細胞を作製するImmatics社のACTalloアプローチが活用される予定です。Immatics社によると、これにより、「がん細胞表面の標的だけでなく、がん細胞表面にペプチドとして提示されている細胞内タンパク質にもアクセスすることができ、(中略)がん細胞の標的へガンマ・デルタT細胞をリダイレクトすることが可能になる」という。

Immatics社は、本契約の一部として、契約一時金6,000万ドルを受け取り、さらに1プログラムあたり7億ドル相当のマイルストンを受け取る権利を有します。また、本契約に基づく複数のプログラムにおいて、製品売上高に対して最大で2桁台前半の段階的ロイヤリティを受け取る権利を有します。Immatics社は、BMS社が保有する最初の2つのプログラムの前臨床開発を統括、一方でBMS社は、自社が保有するプログラムについてその後のすべての臨床開発および商業化活動を引き継ぎます。

Immatics社について

Immatics社は、がん免疫療法のための真の標的の発見と、これらの標的に対する強固で特異的なT細胞応答を可能にすることを目的とした適切なT細胞受容体の開発を組み合わせて行っています。この深いノウハウが、同社のAdoptive Cell TherapiesやTCR Bispecificsのパイプライン、および製薬業界のグローバルリーダーとのパートナーシップの基盤となっています。Immatics社は、T細胞の力を提供し、がんと闘う患者さんのために新しい道を切り開くことに全力を尽くしています。

Immatics社 www.immatics.com

ACTallo®について

ACTallo®は、健康なドナーから採取したガンマ・デルタT細胞を用いた、Immatics社独自の同種異系、既製の養子細胞療法プラットフォームです。同社の製造工程は、1回の白血球回収から数百回分の投与量を製造するように設計されています。ガンマ・デルタT細胞は末梢血中に豊富に存在し、固有の抗腫瘍活性を示し、固形癌に自然に浸潤し、移植片対宿主病を引き起こさないという特徴があり、この細胞タイプは同種移植のアプローチに適しているとされています。ACTallo®は、キメラ抗原受容体(CAR)やT細胞受容体(TCR)を持つガンマ・デルタT細胞を作製し、がん細胞表面の標的や、がん細胞表面のペプチドとして提示される細胞内タンパク質にアクセスするプロセスです。これにより、ガンマ・デルタT細胞をがん細胞の標的へリダイレクトすることが可能となります。ACTallo®製品は、個別化製造の必要なく、患者さんの治療に使用できるようになります。このT細胞は健康な人に由来するため、がん患者の潜在的な免疫系に依存することはありません。

3度目の提携

Immatics社にとって2019年にCelgene社と結んだ提携が初めてとなりますが、その数ヶ月後にCelgene社はBMS社に740億ドルで買収されています。当初の契約では、Immatics社が保有する3つの自己TCR-Tプログラムに対する独占的オプションと引き換えに、7,500万ドルの契約一時金が支払われており、またライセンス製品1つにつき最大5億500万ドルのオプションとマイルストンの支払いも含まれていました。2021年12月、BMS社はこの提携をさらに拡大し、Immatics社のTCRバイスペシフィック候補IMA401の開発に9億2,000万ドルを支払うことに同意しました。

BMS社は6月2日、2019年当初の契約を拡大し、Immatics社が発見したTCR標的を1つ追加し、Immatics社が2,000万ドルの前払金と、さらにマイルストンとロイヤリティを受け取る権利について公表しました。BMS社の研究・早期開発責任者であるRupert Vessey氏は、今回の提携拡大について、「がん患者に革新的な成果をもたらす可能性のある次世代細胞療法に対する当社の継続投資の重要な一部を示すもの」と述べています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでライセンス契約締結

  2. リリー社のレブリキズマブがアトピー性皮膚炎のの試験で主要評価項目を達成

  3. interview

    「日本の社会課題に解決策を」ノバルティス元社長が志向するパーパス・ドリブンな事業展開 アキュリスファーマ・綱場一成社長|ベンチャー巡訪記

  4. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライン配信(Zoom)】

  5. 星細胞腫サバイバーと介護者の旅路

  6. コンパニオン診断の市場規模、2026年に99億米ドル到達予測。標的治療への需要上昇が後押し

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

1分でわかる世界の製薬ニュースをメルマガで!

無料メルマガでは、世界の製薬ニュースを配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01