ASCO2022展望「婦人科がん」:クロヴィス「ルカパリブ」の卵巣がん演題に注目

GYNECOLOGIC CANCER

世界中のオンコロジー領域の専門家がシカゴに集まり、2022年のASCO・米国臨床腫瘍学会年次総会が6月3日から、シカゴでおよびオンラインで開催されます。今回のASCO2022では、2,800以上の演題が、オンラインでは2,400以上の追加の演題が受付されています。これらの多くの演題は200以上の発表に分散され、4万人以上の専門家が出席します。

ASCO 2022では、多くの注目の最新データが発表され、それらの開発品の中には、今後のオンコロジー領域における画期的な変革を与える影響を持つものも少なくありません。

ASCO 2022で注目の演題5選。今年最大のがん領域での国際学会が6月3日から開催

製薬業界特化のリサーチ会社デルブインサイト社(DelveInsight社)では、ASCO2022の開催に先立ち、注目の演題を領域ごとにピックアップ、レポート販売で提携をしているInsights4 Pharmaが、同社発表情報を日本語に翻訳、編集してお届けいたします。今回は、婦人科がんでの発表演題に注目をします。

Delveinsight: ASCO 2022 PREVIEW GYNECOLOGIC CANCER

婦人科がんの中でも、卵巣がんは、最も死亡率の高いがんであり、ほとんどの疾患が進行した状態で診断されるため、卵巣がんを治療することは困難です。婦人科がんは、子宮頸がん、卵巣がん、子宮体がん、腟がん、外陰がんの5種類がおもに女性に発生する婦人科系の悪性腫瘍ですが、稀な腫瘍として卵管がんがあります。現在、クロヴィス・オンコロジー社やシーゲン社などが、卵巣がんに関する様々な有望な臨床結果やデータを発表する機会として注目しています。

アブストラクト5544:クロヴィス社のルカパリブ。HRD陰性患者への維持療法データ

デルブインサイトでは、卵巣がんにおいて、クロヴィス・オンコロジー社がプラチナ感受性再発卵巣がん患者におけるルカパリブの維持療法の有効性と安全性に対する演題に注目しています。

ASCO2022では、クロヴィス・オンコロジー社が、PARP阻害剤ルカパリブのプラチナ製剤感受性の再発卵巣癌で、相同組み換え欠損症を伴わないHRD陰性の患者に対する維持療法を評価した第3相ARIEL3試験の結果を公表する予定です。

2017年9月、クロヴィス社が、ルカパリブの第3相ARIEL3試験において良好な結果を発表、この結果のデータに基づき、2018年4月、ルカパリブは、相同組換え欠損(HRD)陽性状態を有する再発上皮性卵巣がんの維持療法としてFDAから承認を取得しました。

ルカパリブは、白金製剤感受性患者における白金製剤ベースの化学療法後のスイッチ維持療法として試験中であり、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)を達成しております。BRCA変異癌患者における無増悪生存期間中央値は、ルカパリブ群16.6カ月、プラセボ群が5.4カ月でした。

スイッチ維持療法へのアンメットニーズ

現在までのところ、スイッチ維持療法として使用されているFDA承認のPARP阻害剤は3剤(オラパリブ、ニラパリブ、ルカパリブ)のみです。これら3つのPARP阻害剤は、HRD陽性患者におけるスイッチ維持療法として承認されていますが、HRD陰性患者はベバシズマブによる維持療法を受けなければならないため、大きなアンメットニーズに直面しています。

プラチナ感受性再発卵巣がんにおいては、PARP阻害剤によるスイッチ維持は、ベバシズマブと比較してより大きな効果をもたらしています。そのため、ASCO2022で発表予定の、クロヴィス社の、PARP阻害剤ルカパリブのプラチナ製剤感受性の再発卵巣癌で、HRD陰性に対する維持療法を評価した第3相ARIEL3試験の結果に注目しています。

アブストラクトLBA5500:ATHENA-MONO試験。クローヴィス社のルカパリブ単剤維持療法

クローヴィス社が、第3相ATHENA-MONO試験の結果を発表します。この試験は、卵巣がんにおける白金製剤ベースの一次化学療法奏効後の維持療法としてルカパリブ単剤を評価しています。

2022年3月、クローヴィス社は、進行性卵巣がん患者を対象に、バイオマーカーの状態に関係なく、白金系化学療法による治療後の初回維持療法として、プラセボと比較したATHENA-MONO試験の結果を発表しました。PFS(mPFS)中央値は、ルカパリブ群で20.2カ月、プラセボ群で9.2カ月でした。HRD陽性のサブグループのmPFSは28.7カ月で、プラセボ群では11.3カ月でした。

同社は、本試験のデータが、2022年第2四半期にFDAに提出されるラベル拡大のための新薬追加申請(sNDA)のサポートとなることを明らかにしています。また、ATHENA-MONO試験のLBA(Late Breaking Abstract)がASCO 2022カンファレンスで発表され、先に発表されたトップラインデータを補完する本試験の追加第3相データを発表する予定です。

アブストラクト5507: チソツマブ ベドチンの再発・転移性子宮頸がんのファーストライン

チソツマブ ベドチンは、ジェンマブとシーゲンが共同開発している医薬品で、化学療法(セカンドライン/サードライン)中または施行後に病勢進行した再発・転移性子宮頸がんの成人患者を対象に承認されています。チソツマブ ベドチンの単剤療法は、GOG-3023/ENGOT-cx6/innovaTV204試験で報告された臨床的に意味のある腫瘍応答率および応答期間(DoR)に基づき、前治療歴を有するr/mCCに対して米国の加速承認を受けています。

再発・転移性子宮頸がんのファーストラインで評価をしているinnovaTV 205試験

シーゲン社は、チソツマブ ベドチン(Tivdak)と他の抗がん剤を併用した再発転移性子宮頸がん患者を対象としたinnovaTV 205試験の用量拡大コホートの中間結果を発表する予定であることを明らかにしています。今回、再発・転移性子宮頸がん患者のファーストラインおよびセカンドライン治療に焦点を当て、innovaTV 205試験の用量拡大コホートの中間結果を発表する予定です。

innovaTV 205は、再発・進行子宮頸がん患者のファーストライン治療およびセカンドライン治療のための単剤および他の特定の抗がん剤との併用の第1/2相試験として評価を行っています。2021年9月、欧州腫瘍学会年次総会において、第Ib/II相inovaTV 205試験の2つのコホートからの中間結果が発表されています。両組み合わせとも、有望で持続的な抗腫瘍活性を示し、管理可能で許容可能な安全性プロファイルを実証しています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Gilead社の抗CD47抗体magrolimabのMDSとAMLの試験の米国差し止め解消

  2. WHO、GSK社のマラリアワクチンの広範な展開を推奨

  3. answers

    抗ウイルス薬で「HPVにワクチン以外のアプローチ」キノファーマ・黒石眞史社長|ベンチャー巡訪記

  4. lung

    FDA、エンハーツの肺がん対象で優先審査権付与。年間売上40億ドルへ増加の可能性も

  5. AADC欠損症を対象とした遺伝子治療試験で劇的な改善。他の神経疾患へ応用への期待

  6. notapproved

    中国で開発のリリー社/イノベント社PD-1阻害剤「sintilimab」肺がん対象で米国FDAは承認せず

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

1分でわかる世界の製薬ニュースをメルマガで!

無料メルマガでは、世界の製薬ニュースを配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01