アイデラ社の株価61%急騰。TLR9活性化剤チルソトリモド、メラノーマ対象第2相で好結果で。

アイデラ・ファーマスーティカルズ(Idera Pharmaceuticals)社のTLR9活性化剤チルソトリモド(Tilsotolimod IMO-2125)のメラノーマ(黒色腫)対象の医師主導試験で、中間解析において主要評価項目をすでに達成したため早期に中止したと発表した。5月17日火曜日に同社の株価が61%も跳ね上がりました。(アイデラ社株価)

Tanja de Gruijl研究員は、第2相INTRIM 1試験(NCT04126876)の結果について、「切除部位に投与されたチルソトリモドは腫瘍陽性リンパ節の範囲を低下させています。今後の解析で全生存期間(OS)を改善するなら、早期のメラノーマに新しい治療選択肢を提供する可能性がある」と述べています。

メラノーマについて

メラノーマは、メラノサイトという皮膚細胞の一種に発生するがんです。メラノーマは皮膚がんの中で最も一般的ではありませんが、早期に発見して治療しなければ予後不良となります。

早期のメラノーマに対して、外科的に腫瘍切除の治療をします。しかし、手術後であっても、メラノーマ患者の3分の1近くは病気の再発を経験し、再発のほとんどは最終的に転移性疾患へと進行します。局所リンパ節転移がある場合、10年生存率は68%-24%である。

センチネルリンパ節生検(SLN生検)は、メラノーマの再発および死亡リスクを評価するための有用な予後判定ツールです。多くの場合、メラノーマの一次切除後に、アジュバント療法と呼ばれる追加のがん治療が行われます。アジュバント療法は、メラノーマの再発や転移の可能性を低減させることを目的としています。メラノーマ切除例に対するアジュバントの市場規模は、世界で年間100万例以上、米国では約30万例となっています。

多くのがんがそうであるように、メラノーマも皮膚から体内の他の部位に転移すると治療が困難になります。

TLR9活性化剤チルソトリモドとは

チルソトリモドは、現在複数の治験を実施中のTLR9活性化剤です。チルソトリモドは、自然免疫(IFN型、抗原提示)および獲得免疫(T細胞)の活性化を促進し、腫瘍の抑制・退縮に貢献することでの治療効果が期待されています。

ヤーボイ併用では効果示せなかったが

21年3月に発表した、第3相試験ILLUMINATE-301において、抗PD-1薬の効果がない進行黒色腫では、BMSのCTLA-4阻害剤ヤーボイとチルソトリモドの併用の奏効率がヤーボイ単独投与の奏効率を大幅には上回ることが出来ず、この試験結果を受けて株価は急落していました。

Idera’s TLR9-Yervoy combo sees ‘impressive’ disease control in PD-1-refractory melanoma / FierceBiotech

pT3-4 cN0M0 メラノーマ患者を対象としたチルソトリモドの第2相INTRIM 1試験

現在、原発性黒色腫の外科的切除後の生存率を改善するために広く使用されているアジュバント治療は存在しません。この第2相試験は、再切除とセンチネルリンパ節生検の併用が予定されている pT3-4 cN0M0 メラノーマ患者を対象に、次世代 CpG-ODN であるチルソトリモドの臨床活性と局所および全身への免疫刺激を誘導を評価するものです。

第2相INTRIM 1試験(NCT04126876)では、pT3-4 cN0M0メラノーマ患者214名が登録され、センチネルリンパ節生検の7~10日前に原発巣切除部位でチルソトリモドの皮内注射またはプラセボを単回投与する群に無作為に割り付けられました。

対プラセボで70%低い陽性率

主要評価項目は、センチネルリンパ節生検の陽性率です。プラセボ群では潰瘍性病変を有する患者が多かったことに注目し、アイデラ社は、トップラインの中間解析結果では、センチネルリンパ節生検の陽性率が「40%半ば」であったプラセボ群と比較して、チルソトリモド投与患者のセンチネルリンパ節生検の陽性率は70%低いものであったと述べた。「統計学的有意差は、事前に設定したp値0.008を上回りました」と同社は述べている。一方、有害事象は、注射部位反応、倦怠感、発熱、インフルエンザ様症状などであった。

アイデラ社によると、この中間結果は、センチネルリンパ節生検のフローサイトメトリーによる初期分析で主要な樹状細胞の頻度上昇を含む免疫活性化を示した既報のINTRIM 1データを検証するものであるとしています。本試験では、副次評価項目である無再発生存期間(RFS)と、センチネルリンパ節生検後5年および10年におけるOSの評価を継続する予定です。

チルソトリモドの戦略的パートナーの発掘

CEOのVincent Milano氏は、「今回の結果は、チルソトリモドの作用機序を裏付けるデータおよび有望な安全性プロファイルとともに、チルソトリモドが特定のがん患者さんに利益を提供する可能性を補強するものです。当社はチルソトリモドに関する戦略的パートナーシップの発掘を積極的に推進する予定です」と述べています。

参照記事

  • コメント: 0

関連記事

  1. Orchard社のムコ多糖症I型ハーラー症候群(MPS-IH)遺伝子治療のPh1/2が有望

  2. OK

    シチウス社、皮膚T細胞リンパ腫治療薬I/Ontakが良好なデータを示したと発表

  3. achievement

    バイオジェンとセージのズラノロン、産後うつ病対象の試験で、主要および副次的評価項目すべてを達成。

  4. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティングは個別化へ ~MRが全国各地で実施するエリア講演会を活用して個別化をすすめる~

  5. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CGRPポートフォリオを取得

  6. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率を維持がASCO2022で発表 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

1分でわかる世界の製薬ニュースをメルマガで!

無料メルマガでは、世界の製薬ニュースを配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01