ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CGRPポートフォリオを取得

ファイザーは、バイオヘブン(Biohaven Pharmaceuticals)社の1株当たり148.50ドルの現金、約116億ドルで取得、買収に合意したと発表した。11月、ファイザーは、バイオヘブンの片頭痛治療薬経口CGRP阻害剤リメゲパント(Nurtec ODT, Vydura, rimegepant)と後期開発品zavegepantの米国外での権利獲得の一環として、3億5千万ドルを支払い、同社の株式2.6%を取得していた。

ファイザーの内科部門のグローバル社長であるNick Lagunowich氏は、「Nurtec ODTは、バイオヘブン社のCGRPパイプラインと相まって、世界中の片頭痛に苦しむ患者さんに希望をもたらします。我々は、このポートフォリオの可能性を最大限に引き出すために独自の立場にあると確信しています」と述べています。

リメゲパントは欧米で承認。米国で通年8億ドル以上の予想

片頭痛の治療と予防のために米国で承認されているNurtec ODTの第1四半期の売上は合計1億2400万ドルで、通年では8億2500万ドルから9億ドルになると予想されます。先月、リメゲパントは、欧州において「Vydura」の名称で、片頭痛の急性期治療および片頭痛の予防の両方の効能で承認されました。

第3世代経口CGRP受容体拮抗薬であるzavegepantは開発後期段階

一方、第3世代の経口CGRP受容体拮抗薬であるzavegepantの経鼻剤およびソフトゲル剤は、片頭痛を適応症として現在後期臨床試験が行われているところです。

ファイザー社は、片頭痛の急性期治療薬として鼻腔内スプレー製剤の承認を求めて、3月にFDAに販売申請書を提出したことを明らかにしました。

アナリストの評価は?「歓迎されるべき買収」「ベストなタイミング」

Wells Fargo社のアナリスト、モヒット・バンサル氏は、投資家がこの買収に満足するであろうことを示唆した。「ファイザーの強力なバランスシートを考えると、これはまだ小さな買収であり、我々はより多くのこのような取引を期待する。」

Wedbush社 のアナリスト Laura Chico氏 は、この買収が「これ以上ないタイミングで行われた」と述べ、5つの前臨床資産を含む バイオヘブンの CGRP ポートフォリオは、「プライマリーケア領域における ファイザーの存在と既存のCNSフランチャイズにうまくフィットするはずです」と付け加えました。

また、Chico氏は、「競合する入札が現れる可能性を否定するつもりはないが、ファイザーの入札は公正かつ完全なものと思われる」と述べ、みずほ証券のアナリストVamil Divan氏は、他の競合他社が現れるとは予想していないと述べています。

Divan氏は、第1四半期のNurtec ODTの売上が予想を下回ったが、アッヴィも影響を受けている片頭痛領域全体のペイヤーの力学によって売上が妨げられたと考えられると指摘した。これらのダイナミクスは、「通年で、そして長期的に正常化するはずだ」と付け加えた。

買収は23年に完了。CGRPパイプライン以外の化合物で別会社運営

バイオヘブン社の株主は、現金の支払いと共に、同社の非CGRPパイプライン化合物を保持する新しい上場企業の株式の半分を受け取ることになります。

これには、ブリストル・マイヤーズスクイブから導入した抗ミオスタチンアドネクチンtaldefgrobep alfaや、カリウムチャネル活性化剤BHV-7000が含まれます。現CEOのVlad Coricが新会社のトップに就任し、バイオヘブンの社名で運営されると発表しました。

ファイザーとバイオヘブン両社の取締役会は、5月9日の終値に約78%のプレミアムを付けたこの取引を全会一致で承認しており、2023年初めに完了する予定です。

参照リンク

Pfizer to Acquire Biohaven Pharmaceuticals

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

  1. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望…

    2022.05.17

  2. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻…

    2022.05.14

  3. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  4. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CG…

    2022.05.11

  5. ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ド…

    2022.05.11

  6. 米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを…

    2022.05.10

  7. アッヴィ、第1四半期業績発表。ヒュミラの売上高が減少。海外でのバ…

    2022.05.10

  8. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでラ…

    2022.05.10

  9. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今…

    2022.05.10

  10. アストラゼネカ、SGLT2阻害剤フォシーガの売上が第1四半期10億ドル…

    2022.05.09

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01