ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ドルで予想を上回る。

ギリアド・サイエンシズの22年第1四半期の業績が発表となった。新型コロナウイルス治療薬の抗ウイルス薬であるレムデシビルが15億ドルの売上でアナリストのコンセンサス予想を大きく上回った。また、HIV治療薬のビクタルビも予想を若干上回る37億ドルの売上をあげた。ギリアドは、通年の予想を当初の予想から変更はないとしているが、レムデシビルの売上は継続して減少していることを指摘するアナリストもいる。

ギリアド・サイエンシズ社ホームページ(英語)
ギリアド・サイエンシズ株式会社ホームページ

2022年第1四半期の業績

2022年 第1四半期のヘッドライン結果。

– 売上高:66億ドル(予想63億ドル)、3%増
– 利益:1,900万ドル(前年同期:17億ドル)

会社からのコメント

ギリアド・サイエンシズ社、CEOのダニエル・オデイ氏によると、同社の第1四半期の業績は、新型コロナウイルス治療薬レムデシビル(ベクルリー)と同様に、「HIV治療薬とがん治療薬の両方が前年同期比で成長した。これは、当社の事業の強さと多様性を反映している」。と述べた。

同社は、がん領域の四半期収益は、トロデルヴィと細胞療法の売上高の増加により、2021年の対応期間と比較して60%急増したと述べています。レムデシビルを除いた製品総売上高は2%増であった。

当期純利益は、主にギリアドが2020年にImmunomedics社を買収し、これを通じてトロデルヴィを取得したことに関連する27億ドルの研究開発減損費用によって、四半期中に大幅に減少しました。Trop-2指向性抗体はその後、さまざまな試験結果が得られており、一部のアナリストは、一般的なタイプの乳がん患者に対して臨床的に意味のある利益をもたらすかどうかを疑問視している。アンディ・ディキンソン最高財務責任者(CFO)は、現在進行性トリプルネガティブ乳がん(TNBC)および膀胱がんに対して承認されているトロデルヴィの承認拡大時期に関する不確実性が、この減損に関係していると述べている。

業績

– HIV治療薬:37億ドル、2%増、コンセンサス予想をわずかに上回る。
o ビクタルビ:22億ドル、18%増、需要増によるもの
o ゲンボイヤ:5億8,200万ドル、前年同期の6億7,300万ドルから減
o デスコビ 374百万ドル、4%増
o オデフシィ:339百万ドル、前年同期の367百万ドルから減
o ツルバダ:3800万ドル、72%減、2020年後半に米国のパテント切れ

– C型肝炎製品:価格の低下と開始患者数の減少で22%減の3億9,900万ドル
o エプクルーサおよびオーソライズドジェネリック:3億3000万ドル、前年同期の3億8100万ドルから減額
o ハーボニーおよびオーソライズドジェネリック:前年同期の56百万ドルから減少し、35百万ドル

– B型肝炎製品: 2億3500万ドル、7%増

– 細胞治療製品 2億7,400万ドル、43%増
oイエスカルタ:160百万ドルから211百万ドル、米国および欧州の大型B細胞リンパ腫、米国の濾胞性リンパ腫における継続的な需要を反映。
o テカルタス:欧州でのマントル細胞リンパ腫、米国でのB細胞前駆体型急性リンパ芽球性白血病の採用拡大により、3100万ドルから6300万ドルへ増額

– その他
o トロデルヴィ:1億4600万ドル、103%増。米国および欧州のTNBCのセカンドライン、米国の転移性尿路上皮がんでの継続的な採用が奏功。
o レムデシビル(ベクルリー):15億ドル、5%増、アナリストの予想を4億ドル上回る

今後に向けて

ギリアドは通年の製品売上高予想を238億ドルから243億ドルの間で維持し、そのうちレムデシビル(ベクルリー)が約20億ドル貢献するとの予想を継続しました。 Dickinsonは、米国では新型コロナウイルス感染症による入院が減少したためレムデシビルの売上が過去8週間で減少しており、ギリアドはウイルスの再増加を見込んでいないため、同剤の通期見通しを更新していないことを指摘しました。

同社はまた、調整後の利益見通しを1株当たり6.20ドルから6.70ドルの範囲で再表明しました。アナリストは、ギリアドの今年の売上高を245億ドルと予想しています。

アナリストのコメント

RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、ブライアン・エイブラハムズ氏は、ギリアドは「強力な四半期だった。.ベクルリーが再びコンセンサス予想を上回り、オンコロジー事業が引き続き心強い成長を見せ、安定したHIVおよびHCV事業が、現在取引されている株価よりもおそらく高い基礎底値を支え続ける」と述べています。

注:特に断りのない限り、すべての増減は対前年同期比

参照記事

Gilead Sciences Announces First Quarter 2022 Financial Results

ギリアド・サイエンシズ社に関する最近の投稿・ニュース

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

  1. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望…

    2022.05.17

  2. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻…

    2022.05.14

  3. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  4. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CG…

    2022.05.11

  5. ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ド…

    2022.05.11

  6. 米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを…

    2022.05.10

  7. アッヴィ、第1四半期業績発表。ヒュミラの売上高が減少。海外でのバ…

    2022.05.10

  8. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでラ…

    2022.05.10

  9. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今…

    2022.05.10

  10. アストラゼネカ、SGLT2阻害剤フォシーガの売上が第1四半期10億ドル…

    2022.05.09

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01