米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを突破し、年間予想上方修正

メルク・アンド・カンパニーの22年第1四半期の業績が発表された。医薬品の売上、利益ともに前年対比で50%強と大幅に業績を伸ばした。しかしながら、新型コロナウイルス治療薬ラゲブリオ(モルヌピラビル)の売上以外では18%の伸び、また、前年の第1四半期はコロナの影響もあり業績が思わしくなかった時期との比較であることも考慮の必要がある。

メルク・アンド・カンパニーホームページ(英語)
MSD株式会社ホームページ

2022年第1四半期の業績

2022年 第1四半期のヘッドライン結果。

– 医薬品売上高: 141億ドル、53%増
– 全体の売上:159億ドル(予想147億ドル)、50%増
– 利益:43億ドル、57%増

会社からのコメント

メルクのCEOであるロバート・デイビス氏は、「私たちは…トップラインとボトムラインの力強い成長を達成しました。第1四半期の堅調な業績は、開発品の臨床的進展と幅広い成長ドライバーでの成長、効果的な営業・マーケティングの実行によってもたらされました」と述べました。

新型コロナウイルスの抗ウイルス経口治療薬ラゲブリオ(モルヌピラビル)からの収益を除くと、メルクは、主にキイトルーダに加え、ワクチンや病院急性期医療製品によって、医薬品セグメントの成長率は四半期中18%と控えめであったと述べています。

また、新型コロナウイルスの大流行が売上高に約5億ドルの悪影響を及ぼした2021年第1四半期との比較であったことも有利に業績にも寄与しました。

業績

主要製品
– キイトルーダ:アナリスト予想を約3億ドル上回る23%増の48億ドル、米国での売上は、肺がんを含む主要な癌腫での成長、およびトリプルネガティブ乳がん、腎細胞がん、メラノーマでの最近の治療初期段階の承認によって28億ドルとなりました。
– ラゲブリオ(モルヌピラビル):アナリスト予想の27億ドルに対し32億ドル、主に米国、英国、日本、オーストラリアでの売上が成長。

ワクチン領域 前年度の18億ドルに対し、25億ドル
o ガーダシル/ガーダシル9:15億ドル、59%増、アナリスト予想を約1億5千万ドル上回る。主に米国外、特に中国からの強い需要が牽引
o Proquad/M-M-R II/Varivax:4億7000万ドル、5%増
o ロタテック:2億1600万ドル、36%増、米国の公共部門の購入パターンによる。
o ニューモバックス23:1億7300万ドル、1%増

その他
– ジャヌビア/ジャヌメット 12 億ドル、5%減。米国の需要減は、一部の国際市場における需要増で一部相殺された。
– ブリディオン:3億9,500万ドル、16%増、主に当四半期における外科手術の継続的な回復による。
– シンポニー:1億8600万ドル、13%減
– アイセントレス/アイセントレス HD:1億5800万ドル、24%減 政府入札のタイミングによる影響など、世界的な需要減を反映
-リンパーザ(アライアンス収入)。米国を中心にグローバルでの継続的な取り込みにより、17%増の266百万ドル
– レンビマ(アライアンス収入)。米国および中国での需要増により75%増の227百万ドル

今後に向けて

メルクは、「成長の主要な柱であるグローバルな基礎需要が堅調に推移している」として、今年の売上高を当初の561億ドルから576億ドルの範囲から569億ドルから581億ドルの範囲に拡大すると予想しています。1株当たり利益は、前回予想の7.12ドルから7.27ドルに引き上げられ、7.24ドルから7.36ドルになると予想されます。アナリストの予測では、メルクの今年の売上高は572億ドルで、1株当たり7.28ドルの利益を上げるとされています。

最高財務責任者のキャロライン・リッチフィールド氏によると、同社は新型コロナウイルス経口治療薬ラゲブリオの2022年の予測を、約40カ国に1000万コースの治療を販売することを前提として、50億~55億ドルに引き下げたという。この範囲は、この抗ウイルス剤に関する前回の見通しである50億〜60億ドルより低い予想値です。リッチフィールド氏は、「当社にはもっと市場に供給する能力があり、パンデミックの動向次第で、さらなる流行や新型の発生が見られるかどうかが決まります」と語っています。

注:特に記載のない限り、前年同期との増減はすべて対前年同期比です。

参照記事

Merck Announces First-Quarter 2022 Financial Results

米メルク社に関する最近の投稿・ニュース

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

  1. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望…

    2022.05.17

  2. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻…

    2022.05.14

  3. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  4. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CG…

    2022.05.11

  5. ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ド…

    2022.05.11

  6. 米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを…

    2022.05.10

  7. アッヴィ、第1四半期業績発表。ヒュミラの売上高が減少。海外でのバ…

    2022.05.10

  8. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでラ…

    2022.05.10

  9. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今…

    2022.05.10

  10. アストラゼネカ、SGLT2阻害剤フォシーガの売上が第1四半期10億ドル…

    2022.05.09

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01