BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今年の売上横ばいと見通し変更

ブリストル・マイヤーズスクイブ社が22年第1四半期の業績を発表した。同社の主力薬である エリキュースとオプジーボは前年比2桁で成長、アベクマおよびブレヤンジ、レブロジルの売上増により、新製品ポートフォリオの売上が大幅に伸びた。一方で、レブロジルのジェネリック侵食速度が速く、今年の売上は横ばいとの見通し変更した

ブリストル・マイヤーズスクイブ公式ホームページ(英語)
ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社公式ホームページ

2022年第1四半期の業績

2022年 第1四半期のヘッドライン結果。

– 売上高:116億ドル(予想:114億ドル)、5%増
– 利益:13億ドル、前年同期の20億ドルから減少

会社からのコメント

CEOのジョバンニ・カフォリオ氏は、「引き続き戦略的優先課題を遂行し、堅調な売上・利益の伸びを実現し、製品パイプラインを進展させています」と述べています。

ブリストル・マイヤーズ スクイブは、主力薬である エリキュースおよびオプジーボの2桁成長と、細胞治療薬アベクマおよびブレヤンジ、貧血治療薬レブロジルの売上増により、新製品ポートフォリオの売上が前年同期の1億6100万ドルから3億5000万ドルに増加しました。

しかし、レブラミド(先月テバが米国でジェネリック医薬品を発売)やアブラキサンが、ジェネリックとの競合、侵食により売上を落としております。

業績

-エリキュース:32億ドル、11%増、米国における「強い基礎的需要」に支えられたもの
-レブラミド:28億ドル、5%減、EUとカナダでジェネリック品の侵食で23%減、ただし売上高はアナリスト予想の25億ドルより多い
– オプジーボ:12%増の19億ドル、米国での売上は前年同期比16%増の11億ドル、海外売上は6%増の8億2400万ドル
– ポマリスト/イムノビド:8億2600万ドル、7%増、早期治療ラインに移行し、治療期間が延長したため
– オレンシア:7億9200万ドル、4%増、米国での需要増と市場シェア拡大による継続的な成長
– ヤーボイ:5億1,500万ドル、13%増
– スプリセル:4億8300万ドル、3%増
– アブラキサン:2億1400万ドル、32%減
– Reblozyl:1億5600万ドル、39%増、米国での「強い需要」に後押しされる
– エムプリシティ:7500万ドル、12%減
– アベクマ:6700万ドル、「引き続き強い需要」を示し、同社は2022年半ばの生産能力拡大に向けて順調に推移していると指摘。
– ブレヤンジ:4400万ドル、「需要の増加」に後押しされ、細胞療法をより早いセカンドラインの大型B細胞リンパ腫の設定に移行すべきかどうかを議論するために6月24日にFDA諮問委員会が招集された。
– ゼポシア:3600万ドル、100%増、潰瘍性大腸炎への拡大など需要の増加によるもので、同社は下半期にさらなる売上を見込んでいる。
– オヌレグ:2300万ドル、53%増

今後に向けて

ブリストル・マイヤーズスクイブは、これまで一桁台前半の成長を目安としていた今年の売上高を、464億ドルに達した2021年と「同程度」になると予想しています。

一方、一株あたりの利益は7.44ドルから7.74ドルの範囲になると予想され、事前予想の7.65ドルから7.95ドルから引き下げられました。

アナリストは、今年の売上高が500億ドルで、調整後の利益が1株当たり7.73ドルになると予測しています。

レブラミドの海外市場での売上が予想を上回るペースで減少していることを受けての予想業績修正であり、同製品の年間売上は現在90億ドルから95億ドルと推定され予測から5億ドル引き下げられると述べています。最高財務責任者のデビッド・エルキンス氏は、「米国外で見られるのは、複数のジェネリック医薬品の参入です。そのジェネリックの侵食は予想以上に速く、それがレブラミドの予測を引き下げた理由です」と述べています。エルキンス氏は、血液がん治療薬の米国での後発品参入は第1四半期は遅かったが、第2四半期には競争が激化すると予想している。

4月には、ファースト・イン・クラスのミオシン阻害剤Camzyos(マバカムテン)が閉塞性肥大型心筋症の治療薬としてFDAに承認、また3月には、第3の免疫チェックポイント阻害薬として、転移性メラノーマに対して抗LAG-3抗体レラトリマブとオプジーボとの配合剤、Opdualagがアメリカで承認されています。

同社は「これらの有望な製品パイプラインと強固な財務の柔軟性は、当社が持続的な成長を実現するための強固な基盤を提供します」と述べています。

注:特に記載のない限り、すべての増減は対前年同期比

参照記事

Bristol Myers Squibb to Report Results for First Quarter 2022 on April 29, 2022

ブリストル・マイヤーズスクイブ社に関する最近の投稿・ニュース

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

  1. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望…

    2022.05.17

  2. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻…

    2022.05.14

  3. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  4. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CG…

    2022.05.11

  5. ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ド…

    2022.05.11

  6. 米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを…

    2022.05.10

  7. アッヴィ、第1四半期業績発表。ヒュミラの売上高が減少。海外でのバ…

    2022.05.10

  8. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでラ…

    2022.05.10

  9. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今…

    2022.05.10

  10. アストラゼネカ、SGLT2阻害剤フォシーガの売上が第1四半期10億ドル…

    2022.05.09

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01