ノボノルディスク、GLP-1受容体作動薬オゼンピックが好調で22年度業績を上昇修正。第1四半期業績

ノボ ノルディスクが好調な22年の第1四半期の業績を発表した。22年にはすでに6.5%の株価上昇に加え、当初の発表した予想である年間6%の売上増から10%から14%への大幅な情報修正をした。アナリストも「想定以上」の成長であると分析している。なお、ノボ ノルディスクは、デンマークのコペンハーゲンに本社をもち、糖尿病領域、成長ホルモン領域、血友病領域を中心に医薬品を提供するグローバル製薬企業です。

ノボ ノルディスク公式ホームページ(英語)
ノボ ノルディスク株式会社公式ホームページ

2022年第1四半期の業績

2022年 第1四半期のヘッドライン結果。

– 売上高 420億DKK(60億ドル)、24%増
– 利益 142億DKK(20億米ドル)、13%増

会社からのコメント

CEOのLars Fruergaard Jørgensen氏は、「GLP-1ベースの治療薬に対する需要の増加に伴い、2022年1-3月期の売上高が増加したことを大変嬉しく思います。売上の勢いを受けて、通期の見通しも引き上げることができました」と述べています。

ノボ ノルディスク社は、週1回投与のGLP-1受容体作動薬オゼンピック(米国での商品名 Wegovy)が牽引し、2025年までに肥満治療薬の売上を250億DKK(35億ドル)以上にすることを目標にしていると発表しています。同社はこれまで、注射器の充填を担当する委託製造会社で問題が発生し、同製品に対する米国の需要に追いつくのに苦労してきています。

ノボ ノルディスクは木曜日、委託製造業者がWegovyの商業生産を再開したと発表し、2022年後半には米国でWegovyを通常通り販売できるようにする道を開いた。

その他の業績

糖尿病セグメント 333億DKK(47億ドル) 22%増
 オゼンピック 120億DKK(17億ドル) 81%増
 ビクトーザ 33億DKK(4億6900万ドル) 15%減
 トレシーバ 26億DKK(369百万ドル) 8%増
 リベルサス 21億DKK(2億9800万ドル) 183%増
 レベミル 15億DKK(2億1300万ドル) 15%減
肥満症セグメント
(サクセンダ、オゼンピック)
34 億DKK(4 億 8300 万ドル) 119%増
希少疾病セグメント 54億DKK(7億6700万ドル) 8%増
 ノボセブン 23 億DKK(3 億 2700 万ドル) 15%増

今後について

ノボ ノルディスクは、今年の売上高が10%から14%成長すると予想しており、事前の予想値である6%から10%に引き上げています。一方、営業利益は9%から13%に増加する見込みで、従来予想の4%から8%から引き上げられています。

ただし、オゼンピックを含むGLP-1製剤の数量が予想以上に増加しているため、定期的な供給体制に制約が生じる可能性があるとし、これを新しい見通しに反映させました。Jørgensen氏は、「(供給上の)問題はあるが、ノボ ノルディスクにとって深刻な問題ではない」と説明しています。

アナリストのコメント

「ノボ ノルディスクは想定以上の好調な2022年を迎え、大幅な上方修正となった」と、Jyske Bankのアナリスト、Henrik Laustsen氏は指摘し、この結果を受けて同社の株価は6.5%も上昇した、と述べました。

注:特に断りのない限り、すべての増減は対前年同期比で表示 DKK=デンマーククローネ

参照リンク

Novo Nordisk lifts 2022 outlook after strong quarter, shares jump

ノボ ノルディスク社に関する最近の投稿・ニュース

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

  1. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望…

    2022.05.17

  2. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻…

    2022.05.14

  3. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  4. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CG…

    2022.05.11

  5. ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ド…

    2022.05.11

  6. 米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを…

    2022.05.10

  7. アッヴィ、第1四半期業績発表。ヒュミラの売上高が減少。海外でのバ…

    2022.05.10

  8. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでラ…

    2022.05.10

  9. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今…

    2022.05.10

  10. アストラゼネカ、SGLT2阻害剤フォシーガの売上が第1四半期10億ドル…

    2022.05.09

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01