潰瘍性大腸炎対象のPN-943、第2相試験で主要評価項目達成せず。開発中のProtagonist社の株価急落

planb

潰瘍性大腸炎治療薬PN-943の第2相試験結果が発表、主要評価項目を満たさないというトップライン報告だった。開発中のProtagonist Therapeutics社の株価が4月26日火曜日に50%下落した。しかしながら、同社の消化器内科治療責任者であるScott Plevy氏は、低用量が「主要評価項目にわたって…非常に明確で一貫した治療効果を示している。この結果は第3相プログラムの投与レジメンに明確な方向性を与える」と述べた。

中期のIDEAL試験は、中等度から重度の活動性潰瘍性大腸炎患者159名を対象に、α4β7インテグリンの経口腸管制限ペプチド拮抗薬PN-943を評価する試験です。被験者はPN-943またはプラセボの2つの用量のいずれかを1日2回、12週間投与するよう無作為に割り付けられました。主要評価項目は、便の回数、直腸出血、内視鏡的サブスコアの合計である適応メイヨー・スコアに基づき、12週時点で臨床的寛解を達成した患者の割合をプラセボと比較して測定したものです。

プラセボに対して臨床的寛解に13%の差

450mgの高用量は事前に指定した主要評価項目を満たさなかったが、150mg群とプラセボの間で臨床的寛解に13%の差があったと述べている。同社によると、modified intent-to-treat(mITT)解析の結果、臨床的寛解率はプラセボの14.5%に対し、低用量群では27.5%であったという。同社は、生物学的製剤未使用の患者さんにおいて、低用量群でプラセボ群より16%広く分離されたことを発表しました。また、組織学的寛解・改善および内視鏡的改善において統計学的に有意な差が認められ、主要な副次評価項目における有効性と「強い一致」を強調しています。

Plevy 氏は、「本試験で示された用量反応性は、インテグリン経路の他のいくつかの治療法と一致するものです」と述べています。また、CEOのDinesh Patel氏は、IDEAL試験の結果は、「パラダイムシフトであり、インテグリン- MAdCAM経路への介入によるIBD発症機構の理解や腸管制限薬の開発において、幅広い科学的関連性を持つ」と楽観的な見方を示しています。

投資家はフェーズ3試験に疑念を抱くも。。。

SVB LeerinkのアナリストであるJoseph Schwartz氏は、「主要評価項目が達成できず、統計的有意性がないことから、投資家は150mgのポジティブな結果の第3相試験での再現性を危惧するだろうと述べつつ、PN-943を、武田薬品の注射用潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬エンタイビオ(Entyvio、Vedolizumab)の経口版として捉えた場合、2030年には12億ドルのピーク売上を達成できる可能性もあるとしている。

Protagonist社は、今月初め、真性多血症治療薬候補であるルスフェルタイドの画期的治療薬指定をFDAが取り消す予定であることを明らかにしたため、同社の株価は再び打撃を受けた。

参照リンク

Protagonist Therapeutics Announces Topline Data from Phase 2 IDEAL Study of PN-943 in Ulcerative Colitis

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

  1. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望…

    2022.05.17

  2. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻…

    2022.05.14

  3. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  4. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CG…

    2022.05.11

  5. ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ド…

    2022.05.11

  6. 米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを…

    2022.05.10

  7. アッヴィ、第1四半期業績発表。ヒュミラの売上高が減少。海外でのバ…

    2022.05.10

  8. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでラ…

    2022.05.10

  9. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今…

    2022.05.10

  10. アストラゼネカ、SGLT2阻害剤フォシーガの売上が第1四半期10億ドル…

    2022.05.09

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01