ノバルティス、第1四半期で前年比を上回る売上。成長を牽引するエンレスト[2022年Q1業績]

ノバルティス社が第1四半期の業績を発表した。売上高では、前年比を1%上回る。成長を牽引したのは高血圧症に対するアンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬であるエンレストで前年同期対比で39%増のアナリストの10億ドルを上回る11億ドルであった。同社によると心不全に対する需要の高まりが背景としてあったとしている。

第1四半期の業績

イノベイティブメディスン売上高:102億ドル、1%増
サンド社の売上高:24億ドル、2%増
全体の売上高:125億ドル(予想128億ドル)、1%増
利益:22億ドル(予想33億ドル)、8%増

会社からのコメント

「ノバルティスは、2022年の幕開けに向けて、市場において主要な成長ブランドであるコセンティクス、エンレスト、ゾルゲンスマ、Kisqaliが牽引し、堅調な成長を実現しました。ケシンプタ、Leqvio、セムブリックス、Pluvictoなどの主要新規発売品は順調に進展しています」と、CEOのVas Narasimhan氏は述べました。

新体制と経費削減

同社は、今月初め、新体制を発表し、医薬品事業とがん関連事業を統合し、米国と海外で別々の商業組織を持つ革新的医薬品部門とすることを明らかにしました。この再編は、2024年までに少なくとも10億ドルの経費削減を目指すもので、Narasimhan氏は火曜日に、雇用の喪失は「数千人単位」になると明言しました。

この改革には、サンフォード・バーンスタインのアナリストであるロニー・ガルが率いる新しい戦略・成長部門の設立も含まれており、彼は8月1日までに入社する予定であると、ノバルティスは火曜日に発表している。

その他の業績

オンコロジー製品売上:35億ドル、7%減
エンレスト:11億ドル、39%増、予想10億ドルを上回る、心不全の需要高
レボレード:4億9,100万ドル、6%増、大半の地域で成長
タシグナ:4億6,100万ドル、10%減
メキニスト:4億300万ドル、3%増、米国、日本、新興国で成長
ジャカビ:389百万米ドル、7%増
Kisqali:239百万ドル、23%増、全地域で成長
キクリア:1億2700万ドル、16%減、米国と欧州で需要低下
コセンティクス:12億ドル、10%増、米国と欧州で数量が増加

ジレニア:6億500万ドル、14%減、競争激化の影響
ルセンティス:5億2,000万ドル、5%減、恒常為替レートベースでは横ばい
ゾレア:3億6800万ドル、10%増、重症アレルギー性喘息と慢性じんま疹の需要増が牽引
ゾルゲンスマ:3億6300万ドル、14%増、欧州と新興成長市場でのアクセス拡大
ケシンプタ:1億9,500万ドル、米国での発売が後押し
バイオ医薬品:5億1,500万ドル、1%増、欧州および国際市場で継続的成長
新興成長市場:34億ドル、6%増、中国での売上は8億8000万ドル、恒常為替レートベースでは16%増

今後に向けて

ノバルティスは、今年の全体売上高と中核営業利益が一桁台半ばで成長するとの見通しを再確認しました。イノベイティブメディスンからの売上も一桁台半ばの増加を予想し、サンドの売上は2021年とほぼ同水準と予測される。アナリストは、今年の売上高535億ドルに対し、調整後の利益を1株当たり6.21ドルと予想しています。

同社は「処方箋のダイナミクスを含む、正常な世界の医療制度への継続的な復帰」と、米国でサンドスタチンLARの後発品が発売されないことを引き続き想定していると述べています。

サンドの継続的な戦略的見直し

一方、サンドの戦略的見直しは現在も進行中であり、年末までに最新情報を提供する予定であることを改めて表明しました。一部の市場予測では、サンド社のジェネリック医薬品部門は約250億ドルで売却される可能性があるとされています。買収の可能性について、CEOは、バイオテクノロジー企業の価格は過度の水準から引き戻されたとはいえ、さらに下落する必要があると指摘しました。「また、ノバルティスが買収を検討する規模はせいぜい20億ドル程度であろう」と述べた。

アナリストのコメント

ジェフリーズ社のアナリストは、エンレストと ケシンプタの売上は予想を上回ったものの、コセンティックスの売上は予想を下回ったと指摘しています。一方、ブライアン・ガルニエのアナリスト、ジャン・ジャック・ル・ファー氏は、売上高と中核営業利益の年間ガイダンスがコンセンサスを若干下回ると指摘しています。

注)特に明記されていない限り、すべての増減は前年同期に対するものです。

参照リンク

Novartis delivers solid sales and profit growth. Strong performance of in-market brands supports confidence in mid-term growth outlook

ノバルティス社に関する最近の投稿・ニュース

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

  1. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望…

    2022.05.17

  2. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻…

    2022.05.14

  3. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  4. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CG…

    2022.05.11

  5. ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ド…

    2022.05.11

  6. 米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを…

    2022.05.10

  7. アッヴィ、第1四半期業績発表。ヒュミラの売上高が減少。海外でのバ…

    2022.05.10

  8. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでラ…

    2022.05.10

  9. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今…

    2022.05.10

  10. アストラゼネカ、SGLT2阻害剤フォシーガの売上が第1四半期10億ドル…

    2022.05.09

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01