英NICE、アトピー性皮膚炎でリンヴォック、アブロシチニブ、トラロキヌマブを保険適用推奨しない

nice

4月8日、国立医療技術評価機構(NICE)は、アトピー性皮膚炎患者の治療にアッヴィのリンヴォック(ウパダシチニブ)、ファイザーのCibinqo(アブロシチニブ)、レオファーマのIL-13サイトカインを標的とするモノクローナル抗体であるAdtralza(トラロキヌマブ)をNHSの保険適用として推奨しない指針を発表しました。英国薬価監視委員会は、既存の治療法に耐えられない、あるいは反応しない患者に対する「治療法が不足していることは認識している」としながらも、3剤が既に市販されている他の製品よりも優れていると断言するには証拠が不十分であると考えていると述べています。英国では昨年、アトピー性皮膚炎を対象で、1日1回投与の経口JAK阻害剤であるリンヴォックとアブロシチニブ、トラロキヌマブが承認されていますが、これらは保険償還の対象とは推奨しないとのNICEからの勧告が発表された。

利用可能な治療と比較して、臨床エビデンスと経済モデル効果が不確実

NICEによると、入手可能な臨床試験の証拠から、リンヴォック、アブロシチニブ、トラロキヌマブはいずれもプラセボよりもアトピー性皮膚炎の症状を軽減することが示されているが、すでに利用可能な治療法と比較すると、その効果は「非常に不確実」であったという。また、「臨床エビデンスの限界は、経済モデルの結果も非常に不確実であることを意味する」とし、その結果、薬剤の費用対効果を判断することは「困難」であるとしています。

リンヴォックの定価は、用量に応じて1箱806ポンド(1050ドル)または1611ポンド(2100ドル)、アブロシチニブ、トラロキヌマブはそれぞれ1箱894ポンド(1165ドル)および1070ポンド(1395ドル)となっています。

NICEは、各社が単剤および外用剤との併用療法に関するエビデンスを提供し、評価委員会は、臨床現場で提供される可能性が高い後者に焦点を当てたと述べている。NICEは、アトピー性皮膚炎の処方は非常に多様であり、新しい治療法は既存の治療法と組み合わせて使用される可能性が高いが、「標準的な」治療シークエンスは特にないだろうと述べています。

委員会は、理想的には一連の治療法に関する費用対効果分析が意思決定に際して考慮されるべきであると考えている。しかし、NICEは、「順次投与の効果に関する臨床データはなく、提供される様々な治療順序は臨床の場で大きく異なるため、委員会は治療順序の分析は不確実であると結論付けた」と述べています。

EMAは、JAK阻害剤の安全性に関するさらなるデータを収集

米国ではFDAがJAK阻害剤を規制しているが、欧州医薬品庁(EMA)は今年初めから独自の安全性審査を開始した。NICEは、リンヴォックおよびアブロシチニブの試験で報告された有害事象の数は「概して少ない」としながらも、EMAのレビューで得られた、JAK阻害剤が心血管障害の高いリスクと関連する可能性を示唆する予備的知見を強調しています。

NICEは、「臨床専門家は、利用可能な安全性データが限られているため、JAK阻害剤の心血管障害またはがんの発症への影響を結論づけるのは時期尚早であると考えた」としながらも、「JAK阻害剤に関するより多くの安全性データが貴重であることに同意した」と評価文書に述べています。評価委員会は費用対効果を判断するためにさらなる情報を求めており、NICEは5月の会議でこのテーマを再度検討するとしている。

参照ニュース

Today NICE publishes guidance for upadacitinib, abrocitinib and tralokinumab for use in treating atopic dermatitis

  • コメント: 0

関連記事

  1. susmed

    ブロックチェーンで臨床試験を効率化「デジタルで持続可能な医療を実現」サスメド・上野太郎社長|ベンチャー巡訪記

  2. ガンマデルタT細胞療法市場、2026年まで大きく成長見込み

  3. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻害剤として初の承認を発表

  4. オプジーボ併用、化学療法後の特定の転移性大腸がんを対象として欧州において承認

  5. ukrein

    世界の製薬大手が続々ウクライナへを支援へ。ロシュ、テバ、ノバルティス、メルクなどが新たな支援を発表

  6. アイデラ社の株価61%急騰。TLR9活性化剤チルソトリモド、メラノーマ対象第2相で好結果で。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

1分でわかる世界の製薬ニュースをメルマガで!

無料メルマガでは、世界の製薬ニュースを配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01