FDA、アケビア社のバダデュスタットを慢性腎性貧血治療対象で承認せず

[ Firstword Pharma 3月31日 ]アケビア・セラピューティクス・インクは、3月31日水曜日、慢性腎臓性貧血の治療対象として承認申請をしていた経口HIF-PH阻害剤バダデュスタット(vadadustat)に関して、FDAの審査完了報告通知(CRL)において慢性腎臓性貧血対象で承認されなかったと発表した。同社によると、FDAは、申請書に含まれるデータが、透析患者および非透析患者に対するバダデュスタットの「好ましい利益-リスク評価を支持しない」と結論づけたという。

同社の申請には、第3相INNO2VATE心血管系アウトカムプログラムを構成する2つの臨床試験が含まれていました。これらの試験では、バダデュスタットは、透析患者を対象とした有効性および安全性の主要評価項目において、アムジェン社のアラネスプ(ダルベポエチンアルファ)に対して非劣性であることが示されました。有効性については、ベースラインから主要評価期間までのHbの変化量の平均値を評価し、安全性については、全死亡、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中を複合した主要有害事象(MACE)が最初に発生するまでの時間を評価しています。

また、今回の申請には、透析に依存していない慢性腎臓病患者を対象に、バダデュスタットとアラネスプを直接比較する同様のプログラムであるPRO2TECTの結果も含まれています。しかし、バダデュスタットは主要な有効性目標には成功したものの、MACEに関しては非劣性を示すことができませんでした。

アケビア社によると、FDAの書簡は、この非透析患者集団における安全性の後退に加え、「透析患者におけるバスキュラーアクセス血栓症に起因する血栓塞栓イベントのリスク上昇と薬剤誘発性肝障害のリスク」を強調したものであった。FDAは「新たな臨床試験を通じて、好ましいベネフィット・リスク評価を実証する可能性を探ることができる」と示唆したという。

アケビア社のCEOであるJohn Butler氏は、「CKDに起因する貧血患者、特に透析患者に対するバダデュスタットの有益性とリスクの評価を裏付けるデータであると引き続き考えています」と述べています。CRLの詳細については、大塚製薬を含む提携先と協議し、FDAとの面談を要請する予定です」と述べています。

大塚製薬は、昨年10月に欧州医薬品庁に、慢性腎性貧血を適応症とするバダデュスタットの販売許可を申請しています。日本では2020年から承認され、田辺三菱製薬が「バフセオ」の名称で透析依存および非透析依存のCKD患者を対象に販売しています。

フィブロジェン社のロキサデュスタットもアストラゼネカ社と提携している経口HIF-PH阻害剤ですが、昨年8月にFDAの審査員が「重大な血栓塞栓症のリスク」を指摘され、承認を拒否されていますが、バフセオも同様の運命をたどることになりました。しかし、ロキサデュスタットはその後、エベレンゾ(Evrenzo)としてで欧州、日本で承認されています。

一方、グラクソ・スミスクライン社も、腎性貧血を治療するための経口HIF-PH阻害剤を開発しています。11月には、同社の候補であるdaprodustatが、ASCEND-NDおよびASCEND-D試験において、非透析および透析のCKD患者において、標準治療と比較してMACEリスクの増加を示さなかったと報告した。現在、「デュブロク」として販売されている日本でのみ承認されており、EUの規制当局による審査を受けています。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。