コンパニオン診断の市場規模、2026年に99億米ドル到達予測。標的治療への需要上昇が後押し

2022年2月、 市場調査会社MarketsandMarketsが、コンパニオン診断に関する新たな市場分析レポートを発表しました。同社の最新の調査によるとコンパニオン診断薬の市場規模は、2021年の55億米ドルからCAGR12.6%で成長し、2026年には99億米ドルに達すると予測されています。分析では、同市場の成長は、医薬品開発におけるコンパニオン診断の重要性の高まりや、がんの発生率の上昇、標的療法の導入の増加などが牽引する要因によっているとしています。

標的治療薬に対するニーズの高まり

同レポートでは、市場予測と市場を牽引する要素を分析しています。コンパニオン診断薬に対する需要の増加は、標的治療薬へのニーズの高まりが大きく影響を及ぼしています。

遺伝子配列解析やゲノミクスの進歩により、医薬品の効果は個人によって結果が異なると広く考えられるようになり、個人の遺伝的特徴やバイオマーカーをより深く理解することで、適材適所、適期、適量の薬剤投与が可能になります。製薬会社やバイオ製薬会社は、適切な候補者にターゲットとなる治療法を提供するために、医薬品開発の初期段階で患者選択型の診断フレームワークを導入する試みを継続的に行っています。このことがコンパニオン診断薬市場の成長をさらに後押ししています。

本レポートの資料請求はこちらから

    出典レポート概要

    コンパニオン診断の世界市場 – 2026年までの予測
    Companion Diagnostics Market by Product
    出版日: 2022年02月8日
    発行: MarketsandMarkets
    ページ情報: 英文 332 Pages
    価格・ライセンス: USD 4,950 ~
    販売代理店:グローバルインフォメーション株式会社
    レポート目次・詳細はこちら>>>

    コンパニオン診断薬とは?

    特定の医薬品の有効性や安全性を一層高めるために、その使用対象患者に該当するかどうかなどをあらかじめ検査する目的で使用される診断薬のことを言います。例えば、「ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌」という効能効果を有する抗がん剤の使用前に、その患者さんがALK融合遺伝子陽性かどうかを検査するために用いる診断薬がコンパニオン診断薬に該当します。(出典:JMDA)

    コンパニオン診断市場は、製品とサービスに基づいて、アッセイ、キットと試薬、およびソフトウェアとサービスに分類されます。2020年には、幅広い製品の入手が可能で、さまざまな治療分野でのアッセイとキットの使用の増加、および基礎研究におけるアッセイとキットの需要の高まりにより、アッセイ、キット、および試薬がコンパニオン診断市場の最大のシェアを占めています。

    慢性疾患への需要増加と次世代シーケンサーへの需要の高まり

    NGS(次世代シーケンシング)を用いたコンパニオン診断は、各患者の腫瘍ゲノムから分子情報を引き出し、がん治療の意思決定に役立てることを目的としています。次世代シーケンシングは、他のシーケンシング技術と比較して、複数の薬物療法のための複数のバイオマーカーを短時間で検出します。一度の検査でバイオマーカーを測定するためにNGSパネルを使用することで、様々な種類のがんの治療に役立つ可能性があります。また、NGSにおける様々な技術的進歩は、PCR、ICH、ISHなどの他の技術を提供しているプレーヤーに対して、直接的な競争力を与えています。そのため、主要な市場関係者は、NGSをベースにしたコンパニオン診断製品の開発に注力しています。

    オンコロジーのみならず、慢性疾患の早期発見とスクリーニングのために、コンパニオン診断テストの需要が増加しています。これらの検査は、薬剤の副作用を軽減し、患者の予後を改善し、高い診断精度と特異性を提供し、薬物療法のばらつきを抑え、標的療法の選択肢を特定するのにも役立ちます。同時に、医薬品開発の成功率を高めることにもつながります。

    COVID-19の影響も、制限緩和から診断市場件数も徐々に増加へ

    COVID-19パンデミックの発生は、世界中の医療のあり方を大きく変えました。COVID-19の罹患患者の入院率が上昇したことで医療に対するプレッシャーが高まり、多くの病院や診療科で患者の治療に向けた再編成が行われています。

    Evaluate Vantage社の報告によると、パンデミックへの対応として、世界中で外出禁止、ロックダウン、非常事態宣言が出され、この影響から、230万件ものがんを含む多くの診断や治療が中止または延期されていると予測、さらに、約170件の臨床試験が中断されるなど、腫瘍学分野の臨床試験にも影響が出ています。コンパニオン診断薬市場の成長にも軽度から中程度の影響が生じております。現在、米国、欧州をはじめ、各国では移動の制限が徐々に緩和されており、検査件数の回復が見うけられています。

    本レポートの資料請求はこちらから