日本の医薬品市場、2026年にはドイツに抜かれ4位に「毎年改定がイノベーション相殺」

日本の医薬品市場は2026年にドイツに抜かれ世界4位に後退する――。米IQVIAが今月発表した最新の世界市場予測で、こんな見通しが示されました。22~26年の日本市場の年平均成長率はマイナス2%~プラス1%となり、先進10カ国の中で唯一のマイナス成長が見込まれています。

「一分でわかる世界の製薬ニュース」をメルマガで

banner

世界の製薬ニュースを「日本語」でお届けします!
● 世界で最も注目されている製薬ニュースを
● メルマガ会員登録は無料、毎日配信
● 海外のニュースも日本語でしっかり読めます

メルマガ会員登録はこちらから

日本市場 年平均マイナス0.5%

米調査会社IQVIAが今月発表した最新の医薬品市場予測レポート「The Global Use of Medicines 2022 OUTLOOK TO 2026」によると、2021年の日本の医薬品市場は854億ドル。17~21年の5年間の成長率は年平均マイナス0.5%で、先進10カ国に中国、ブラジル、インド、ロシアを加えた14カ国で唯一のマイナス成長となりました。

【医薬品市場の国別成長率】<国名><2021年(十億ドル)><年平均成長率17~21年><2026年予測(十億ドル)><年平均成長率22~26年予測>全世界/1,423.5/5.1%/1,750~1,780/3~6%|【先進国】1344.9/4.9%/1,635~1,665/2.5~5.5%|米国/580.4/4.9%/685~715/2.5~5.5%|日本/85.4/▲0.5%/73~93/▲2~1%|EU4カ国+英国/209.7/4.8%/245~275/3~6%|ドイツ/64.6/6.2%/76~96/4.5~7.5%|フランス/42.0/3.0%/48~52/2~5%|英国/36.6/5.9%/46~50/4~7%|イタリア/36.5/3.0%/41~45/2~5%|スペイン/29.8/5.4%/32~36/1.5~4.5%|カナダ/27.4/5.2%/32~36/3~6%|韓国/17.9/6.0%/21~25/3.5~6.5%|オーストラリア/14.4/0.6%/15~19/1.5~4.5%|その他先進国/115.2/4.7%/132~152/3~6% |【新興国】354.2/7.8%/470~500/5~8%|中国/169.4/6.1%/190~220/2.5~5.5%|ブラジル/31.6/11.7%/47~51/7.5~10.5%|インド/25.2/11.1%/37~41/8~11%|ロシア/18.8/11.4%/27~31/7.5~10.5%|その他新興国/109.2/8.3%/151~171/6.5~9.5%|【低所得国】19.0/0.1%/21~25/2.5~5.5%|l※成長率は為替変動の影響を除いた数値。新型コロナウイルスワクチンは除く米IQVIA「The/Global/Use/of/Medicines/2022/OUTLOOK/TO/2026」をもとに作成

21年の世界市場は1兆4235億ドルに達し、過去5年で年平均5.1%拡大。最大市場の米国は5804億ドルで年平均4.9%成長し、2位の中国も1694億ドルで年平均6.1%の伸びとなりました。日本に次いで成長率が低かったオーストラリアは年平均0.6%増、フランスとイタリアは年平均3.0%増で、ほかの先進国は5~6%の成長率でした。

レポートでは日本市場について「長引く(新型コロナウイルスによる)パンデミックの影響と中間年改定により成長鈍化が続く結果となった」と指摘。過去10年間で市場全体に占める長期収載品の割合は27%から13%へと半減しました。新薬(特許で保護されているブランド薬)の割合は47%から54%に上昇しましたが、長期収載品の薬価引き下げと後発医薬品のシェア拡大によるマイナスがそれを上回っています。

22~26年 マイナス2%~プラス1%を予測

日本市場の低成長は、向こう5年間も続く見通しです。レポートでは、22~26年の市場成長率を年平均マイナス2%~プラス1%と予測。マイナス成長が見込まれるのは、先進10カ国と主要新興国4カ国の中で日本だけです。長期収載品の市場は22~26年に年平均12%のマイナスとなり、市場全体に占める割合は7%まで縮小する見込み。「毎年の薬価改定がイノベーションの進展を相殺し、日本市場は26年まで減少傾向が続く」と見通しています。

【医薬品市場/世界上位20カ国】(数値は米国を100とした場合の各国の市場規模を指数化したもの)<2016年><2021年><2026年予測〉1/米国/100.0/米国/100.0/米国/100.0/2/中国/27.6/中国/29.2/中国/29.3/3/日本/19.2/日本/14.7/ドイツ/12.3/4/ドイツ/10.5/ドイツ/11.1/日本/11.9/5/フランス/7.9/フランス/7.2/フランス/7.1/6/イタリア/6.9/英国/6.3/ブラジル/7.0/7/英国/6.0/イタリア/6.3/英国/6.8/8//スペイン/5.0//ブラジル/5.5/イタリア//6.2/9/カナダ/4.7/スペイン/5.1/インド/5.6/10/ブラジル//4.0/カナダ/4.7/スペイン/5.0/11/インド/3.3/インド/4.3/カナダ/4.8/12/オーストラリア/3.1/ロシア/3.2/ロシア/4.1/13//韓国/2.9//韓国/3.1//韓国/3.3/14//ロシア/2.4/オーストラリア/2.5/メキシコ//2.5/15/メキシコ//1.9/メキシコ/2.1/トルコ/2.4/16/アルゼンチン/1.6/ポーランド/1.6/オーストラリア/2.4/17/ポーランド/1.6//サウジアラビア/1.5/アルゼンチン/1.8/18/サウジアラビア/1.5/ベルギー/1.5/ポーランド/1.6/19/スイス/1.3//トルコ/1.4//サウジアラビア/1.6/20/オランダ/1.3//アルゼンチン/1.3/ベルギー/1.5|※米IQVIA「The/Global/Use/of/Medicines/2022/OUTLOOK/TO/2026」をもとに作成

世界の医薬品市場は22年から26年にかけて年平均3~6%成長し、26年には最大で1兆7800億ドルに達する見込み。米国は年平均2.5~5.5%の拡大で6850~7150億ドルとなり、中国は2000億ドルを超える市場になる可能性があります。

26年までの世界市場の拡大を支えるのは、がん(年平均成長率9~12%)、免疫疾患(6~9%)、糖尿病(6~9%)といった領域。がんの世界市場は26年に3060億ドルに達する予測です。抗凝固薬と皮膚疾患も年平均8~11%増と高い成長が見込まれています。

米国市場を100として各国市場を数値化した場合、26年の日本市場は11.9と21年から2.8ポイント低下。21年は米国と中国に次ぐ3位でしたが、26年にはドイツに抜かれて4位に後退する見込みです。ドイツ市場は21年の11.1から26年に12.3まで上昇すると予測されています。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

  1. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望…

    2022.05.17

  2. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻…

    2022.05.14

  3. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  4. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CG…

    2022.05.11

  5. ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ド…

    2022.05.11

  6. 米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを…

    2022.05.10

  7. アッヴィ、第1四半期業績発表。ヒュミラの売上高が減少。海外でのバ…

    2022.05.10

  8. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでラ…

    2022.05.10

  9. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今…

    2022.05.10

  10. アストラゼネカ、SGLT2阻害剤フォシーガの売上が第1四半期10億ドル…

    2022.05.09

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01