【2022年1月3日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

世界の製薬業界の方々が注目しているニュースを日本語でお届けいたします。これを読めば世界の業界人が今何に注目をしているかが「1分」でわかります。「1分で分る世界の製薬ニュース」は製薬・バイオ業界の世界の「今」が読めるBioTodayとの協賛でお届けいたします。なお、BioTodayの全文購読には法人もしくは個人での別途ご契約が必要です。

「一分でわかる世界の製薬ニュース」をメルマガで

banner

世界の製薬ニュースを「日本語」でお届けします!
● 世界で最も注目されている製薬ニュースを
● メルマガ会員登録は無料、毎日配信
● 海外のニュースも日本語でしっかり読めます

メルマガ会員登録はこちらから

新型コロナウイルス感染症

Kiniksa社の抗GM-CSF抗体のCOVID-19第3相試験失敗

2021/12/29
GM-CSF受容体αサブユニットに結合してGM-CSF活性を阻害するKiniksa Pharmaceuticals社の抗体mavrilimumab(マブリリムマブ)を新型コロナウイルス感染症(COVID-19)入院患者に投与した第3相試験で残念ながら目当ての効果が認められませんでした。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98157

Nykode社のT細胞養成COVID-19ワクチンのPh1/2投与開始

2021/12/29
抗体ではなくT細胞による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)除去免疫を引き出すNykode Therapeutics社のワクチンVB10.2210のPh1/2試験(VB-D-01)が最初の投与に漕ぎ着けました。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98158

オミクロン株を阻止する抗体を幾つか同定~オミクロン株はACE2により強く結合

2021/12/29
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)オミクロン(Omicron)株スパイク蛋白質受容体結合領域(RBD)はヒトのACE2により強く結合し、さらにはマウスのACE2にも結合するとわかりました。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98159

米国のオミクロン株感染数増加は来月1月末までに恐らく山場を迎える

2021/12/30
米国での新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)オミクロン(Omicron)株感染数増加は来月2022年1月末までに恐らく山場を迎えるとの見解を同国政府感染症顧問Anthony Fauci(アンソニー・ファウチ)氏が示しました。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98165

PfizerワクチンのCOVID-19入院予防はオミクロン株優勢になっても保たれていた

2021/12/30
南アフリカの保険会社Discovery Healthのデータを調べたところ新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)オミクロン(Omicron)株感染優勢の時期(先月11月15日から今月12月7日)のPfizer/BioNTechのワクチンBNT162b2二回目接種14日以降のSARS-CoV-2感染(COVID-19)入院予防効果は70%でした。 https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98167

日にち薬とワクチン接種普及でCOVID-19続発症の殆どが解消するかもしれない

2021/12/31
新型コロナウイルス感染(COVID-19)判明後の症状や病気一揃いの受診を調べたところ入院患者と入院せずに済んだ患者のどちらも調べた症状や病気の殆どの受診がCOVID-19判明に先立つ12か月間より増えていました。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98170

Novavax社がCOVID-19ワクチンの取り急ぎの認可を今月中に米国FDAに申請する

2022/1/3
サポニンアジュバントMatrix-M込みの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)蛋白質ワクチンNVX-CoV2373の米国FDAへの取り急ぎの認可申請に向こう1か月以内に漕ぎ着けるとの見通しをNovavax社が去年の大晦日12月31日に発表しました。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98172

Revive社の抗COVID-19経口チオール薬のPh3試験被験者集めは今年1Qに完了予定

2022/1/3
軽~中等度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者へのRevive Therapeutics社の経口チオール供与薬・bucillamine(ブシラミン)の第3相試験の領分が米国外に広がり、トルコを含む東欧からも被験者を募るようになっています。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98174

オンコロジー

エンハンサー依存癌はSWI/SNF複合体ATPアーゼ欠如で困り果てる

2021/12/29
ヒストンに巻き付いたDNAを顕にして転写因子が到達できるようにする蛋白質の一団SWI/SNF複合体の変異が5に1つ(20%)以上の癌に認められます。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98155

J&Jが骨髄腫薬teclistamab(テクリスタマブ)を米国FDAに承認申請した

2021/12/30
多発性骨髄腫を治療するJohnson & Johnson(J&J)のBCMA×CD3二重特異性抗体teclistamab(テクリスタマブ)が米国FDAに承認申請されました。 https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98162

BMSのRevlimid後継薬3つがリンパ腫/骨髄腫試験で効果の片鱗を見せ始めている

2022/1/3
年間売り上げ10億ドル超えの多発性骨髄腫薬REVLIMID(レブリミド、lenalidomide)の獲得はBristol Myers Squibb(BMS)のCelgene社買収の主な目当ての一つでした。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98176

自己免疫性疾患

アトピー性皮膚炎を治療するLEO Pharma社の抗IL-13抗体Adbryを米国FDAが承認

2021/12/29
中等~重度のアトピー性皮膚炎を治療するLEO Pharma社の皮下注射IL-13阻害抗体Adbry(tralokinumab、トラロキヌマブ)が米国FDAに承認されました。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98156

Xeris社のクッシング症候群高コルチゾール血症治療薬Recorlevを米国が年末承認

2022/1/2
クッシング症候群患者の高コルチゾール血症治療薬Recorlev(levoketoconazole)の米国FDA承認をXeris Biopharma社が昨年2021年暮れの12月30日に発表しました。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98171

循環器系疾患

心血管疾患リスク上昇と関連するカルニチン分解に携わる腸細菌遺伝子を同定

2021/12/31
肉に豊富なアミノ酸・L-カルニチンの腸微生物消化で動脈硬化/血栓促進分子・TMAO(トリメチルアミン-N-オキシド)が生じることと心血管疾患を生じ易くなることがどうやら関連します。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98168

中枢神経系疾患

リファンピシン+レスベラトロール点鼻薬が認知症マウスに有効~臨床試験準備中

2021/12/29
抗生剤として知られるrifampicin(リファンピシン)とその害を無くすることが期待されたレスベラトロール(resveratrol)を一緒に認知症模倣マウスに点鼻投与したところ肝毒性指標の増加は期待通り生じず、アミロイド重合体の蓄積が減って認知機能がより改善しました。

https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98160

Jazz社のかつてない作用機序の心的外傷後ストレス障害(PTSD)薬のPh2開始

2022/1/3
Jazz Pharmaceuticals社のこれまでにない作用の心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬JZP150(PF-04457845)の第2相試験に最初の被験者が組み入れられました。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98173

感染症

HIVインテグラーゼ阻害剤ドルテグラビル込み3剤治療がHIV小児により有効

2021/12/30
無作為化試験ODYSSEYの結果、HIVインテグラーゼ阻害剤dolutegravir (ドルテグラビル;Tivicay) を含む3剤によるHIV感染小児治療が同剤非使用のいつもの治療に勝りました。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98163

その他

韓国のSamsung GroupがBiogenを買う交渉をしているらしい

2021/12/30
韓国のニュースKorea Economic Dailyが投資銀行関係筋から得た情報によると、同国のSamsung GroupがBiogenを買う交渉をしています。 ” https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98164

Biogen社買収交渉の噂は正しくないとSamsung BioLogicsが発表

2021/12/30
韓国の新聞Korea Economic Dailyが伝えたSamsung GroupがBiogenを買う交渉中との情報は正しくない(not true)とSamsung BioLogicsが言っています。

https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98166

PfizerがCodex DNA社のDNA/RNA生成システムBioXPを目的に叶うように誂える

2021/12/31
Codex DNA社のDNA/RNA生成システムBioXPがPfizerの創薬目的に叶うように仕立てられ、Pfizerはそうしてできた改良版を場合によっては独り占めしうる選択権利を手に入れます。
https://www.biotoday.com/view.cfm?n=98169

同カテゴリーの世界の製薬ニュース

1分でわかる製薬業界情報

世界の製薬情報を日本語でお届けします。
 

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

  1. IPF

    ベーリンガー、経口PDE4B阻害剤の第2相でIPFの進行を遅らせる有望…

    2022.05.17

  2. approved

    BMSのマバカムテン、閉塞性肥大型心筋症対象で、米FDAがミオシン阻…

    2022.05.14

  3. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  4. ファイザーがバイオヘブン社を116億ドルで買収へ。偏頭痛治療薬、CG…

    2022.05.11

  5. ギリアドの第1四半期業績、レムデシビル15億ドル、ビクタルビ22億ド…

    2022.05.11

  6. 米メルク、第1四半期売上・利益50%増。モルヌピラビルが30億ドルを…

    2022.05.10

  7. アッヴィ、第1四半期業績発表。ヒュミラの売上高が減少。海外でのバ…

    2022.05.10

  8. opportunity

    ギリアド社、ドラゴンフライ社のNK細胞エンゲージャーTriNKETsでラ…

    2022.05.10

  9. BMS第1四半期業績発表。レブロジルのジェネリック侵食速度速く、今…

    2022.05.10

  10. アストラゼネカ、SGLT2阻害剤フォシーガの売上が第1四半期10億ドル…

    2022.05.09

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01