フェネック社、難聴治療薬で2度目のFDA却下見込み発表で株価下落

フェネック・ファーマシューティカルズ(Fennec Pharmaceuticals)の株価は、同社が化学療法による難聴予防薬の完全応答書(CRL)を再び受け取る見込みであると述べたことで、月曜日に48%も下落した。

フェネック社は、シスプラチンによる化学療法に伴う耳毒性を予防するために、チオ硫酸ナトリウムの静脈内投与製剤を「Pedmark」の名称で、限局性非転移性固形腫瘍の1カ月以上18歳未満の患者を対象に承認を求めています。

フェネック社によれば、FDAは「Pedmark」の承認を得るために解決しなければならない医薬品メーカーの施設の「不備」を確認したとのことです。

この申請に対する決定は、11月27日に予定されていました。フェネック社は、不備の詳細については明らかにしませんでしたが、正式なCRLを受け取った後、問題点や再提出に必要な手順についてFDAと協議する予定であると述べています。

昨年も指摘されていた同様の問題

ペッドマーク社は、昨年8月にもFDAから拒絶されており、その際も承認前査察で見つかった医薬品メーカーの欠陥を指摘されていました。

その際、フェネック社は、臨床上の安全性や有効性に問題はなく、さらなる臨床データを提供する必要はないとしていました。同社は、最初のCRLにどのように対処したかを掘り下げることなく、今年の初めに申請を再提出しました。

この種の難聴にはまだ確立された治療薬は承認されていない

「Pedmark」は2つの第3相試験で評価されています。Clinical Oncology GroupのACCL0431プロトコルでは、新たに診断された肝芽腫、胚細胞腫瘍、骨肉腫、神経芽腫、髄芽腫など、限局性および播種性疾患に対して通常シスプラチン集中療法を行う5つの小児がんのうちの1つを登録し、SIOPEL 6では、限局性腫瘍の肝芽腫患者のみを登録しています。

2018年にNEJM誌に掲載された後者の試験では、Pedmarkは、全生存期間やイベントフリーの生存期間を損なうことなく、シスプラチン誘発性難聴の発生率を投与しなかった人に比べて48%減少させた。

この種の難聴に対する確立された予防薬は現在のところ存在せず、一方で 「高価で技術的に難しく、最適ではない人工内耳だけが、何らかの利益をもたらすことが示されている 」と指摘しています。

CEOのRosty Raykov氏は、Pedmarkが認可されれば、小児患者のシスプラチン誘発性耳毒性のリスクを軽減し、FDA認可の最初の治療法になると述べています。なお、本剤は欧州医薬品庁でも審査中です。

関連記事

  1. 米、アルツハイマー薬アデュヘルム承認に関わる論争でFDAの迅速承認パスウェイレビュー開始

  2. answers

    「サプライチェーンを構築し、腸内細菌叢移植療法を早く患者に届ける」メタジェンセラピューティクス・中原拓CEO/石川大CMO|ベンチャー巡訪記

  3. medinew

    【コラム】JMDC COOに聞く!リアルワールドデータでのアウトカムの考え方

  4. イスラエルでのPfizerのCOVID-19ワクチン四回目接種で感染率低下~経過も改善

  5. scuel

    【PR|DL資料あり】SCUEL DATA REPORT 診療報酬改定2022 <地域のかかりつけ医の今>

  6. hospital

    オーチャード社の遺伝子治療薬OTL-101、希少な免疫不全症の子供の治療に可能性

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

「1分でわかる海外製薬ニュース」

無料で、海外製薬ニュースを日本語で配信しています。
 

  1. colorectal cancer

    マイクロサテライト安定性BRAF V600E変異大腸癌でビラフトビ併用に…

    2022.06.25

  2. approved

    ノバルティス、欧州でタブレクタがMETエクソン14読み飛ばし異変の非…

    2022.06.22

  3. 肺炎

    米メルク、21価の肺炎球菌ワクチン「V116」良好な第1/2相結果。7月…

    2022.06.22

  4. ADC

    HER3乳がん対象のパトリツマブ・デルクステカンの良好なデータを第…

    2022.06.21

  5. breast cancer

    サノフィ、AMEERA-4試験中止も、大規模試験開始で目指す最初の術前…

    2022.06.21

  6. SLE

    デュクラバシチニブ、全身性エリテマトーデス(SLE)への第II相試験…

    2022.06.20

  7. partners

    バイオジェン、Alectos社のパーキンソン病治療薬候補GBA2阻害剤のラ…

    2022.06.20

  8. lung cancer

    抗TIGITへ暗雲。ロシュ、チラゴルマブ小細胞肺がん対象で全生存期間…

    2022.06.15

  9. lung cancer

    第一三共のパトリツマブ デルクステカン、乳癌に続きHER3肺癌でもAS…

    2022.06.15

  10. blood

    CAR-T療法「​​Carvykti」が多発性骨髄腫において「2年後」も奏効率…

    2022.06.10

  1. crohns diseasae

    アッヴィのリンヴォックが、クローン病で1年治療効果維持の評価項目…

    2022.05.12

  2. 【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 

    2022.03.23

  3. 2022年4月13日(水)Vaczine Analytics社ご紹介セミナー【オンライ…

    2022.03.01

  4. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  5. アムジェン、第4四半期業績発表。全体として増収もエンブレルは減収

    2022.02.10

  6. 塩野義、新型コロナ経口薬、日本で早期承認取得検討。ファイザー治…

    2022.02.09

  7. ファイザー、新型コロナ経口薬パクスロビド売上220億ドル(約2.5兆…

    2022.02.09

  8. ワクチン未接種の死亡率、ブースター接種と比べて97倍にもなると米C…

    2022.02.07

  9. Libtayo

    サノフィとリジェネロン、子宮頸がん対象のLibtayoのFDA申請を取り…

    2022.01.31

  10. blood

    ギリアドのマグロリマブ併用投与の血液腫瘍対象の試験をFDAが一部保…

    2022.01.27

  1. 【ケーススタディ】10年後上市をめざす化合物の評価と価値最大化の…

    2022.02.21

  2. medinew

    2022年3月2日(水)オンライン開催:医薬品デジタルマーケティング…

    2022.02.16

  3. insights4webinar

    2022年3月16日(水)開催定例ウエビナー:ケーススタディで学ぶ「エ…

    2022.02.15

  4. 2022年2月24日(木)オンライン開催:1ヶ月かかっていた医師のリサ…

    2022.02.06

  5. 2022年2月16日(水)開催 無料オンラインセミナー:データを活用し…

    2022.02.03

  6. 米国市場進出への新しいオプション。コストを抑え、最速で新薬の上…

    2022.02.01