100日以内に「オミクロン株」対応ワクチン出荷可能。ファイザーとビオンテック発表

ビオンテック社が11月26日金曜日に発表したところによると、ファイザー社と共同開発したコミルナティワクチンが、アフリカ南部で発生したと思われるSARS-CoV-2の変異種「オミクロン株」に対してどのような効果を発揮するか、実験室でのテストが行われており、今後2週間のうちに、ワクチンの見直しが必要かどうかについてのデータが得られる見込みです。

このニュースは、世界保健機関(WHO)が、30以上のスパイク変異を持ち、急速に拡大していると思われるB.1.1.529を、「オミクロン株」という名前を付けた懸念すべき変種に指定したことと一致しています。

ビオンテック社は、以下のように発表しています。

「B.1.1.529の変異数の多さは、これまでに観察された変異とは大きく異なる」ことを意味するとした上で、B.1.1.529が、世界的に広がった場合にワクチンの調整が必要になる可能性のあるエスケープバリアントであるかどうかについて、さらに詳しい情報が得られるだろう」

今回のビオンテック社の発表は、南アフリカの科学者が、体の免疫反応を回避して感染力を高める「非常に珍しい変異」を持つコロナウイルスの新株を検出したと発表したことを受けたものです。

100日以内にワクチンを準備

ビオンテック社は、「専門家の懸念を理解し、直ちに調査を開始しました」と述べ、「エスケープバリアントが発生した場合、6週間以内にmRNAワクチンを適応させ、100日以内に初期ロットを出荷できるよう、数ヶ月前に計画が立てられていました」と述べています。

ファイザー社のCEOであるAlbert Bourla氏は、6月に同様のスケジュールを提示し、必要性が生じた場合には新しいワクチンで迅速に対応することができると述べています。

ワクチンや治療薬を保有する各社も対応を急いでいる

世界各国の当局は、この新型亜種のニュースに警戒感を示し、EUや英国などでは国境管理を強化して、この突然変異がワクチン耐性をもたらすかどうかを科学者が調査しています。WHOのChristian Lindmeier報道官は、今回の変異の影響を完全に把握するには数週間かかると述べています。

現在のところ、B.1.1.529の感染力や致死率が高いかどうかは不明ですが、南アフリカの保健省が共有しているデータによると、この亜種が出現してからわずか2週間後の11月22日にハウテン州で検出された症例の約75%を占めていたのに対し、BetaとDeltaの亜種はそれぞれ優勢になるまでに数ヶ月を要していました。

また、アストラゼネカ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社、ノババックス社など、COVID-19のワクチンや治療薬を保有している複数の企業も、この新しい亜種への取り組みを行っていると述べています。一方、モデルナ社は、B.1.1.529をターゲットとした株別ブースターを、気になる亜種に対処するための多面的な戦略の一環として、迅速に進めていく計画を発表しました。

同カテゴリーの世界の製薬ニュース

関連記事

  1. 鎌状赤血球症対象Oxbryta、米で4歳から12歳の小児に承認拡大。株価上昇

  2. メルク、新型コロナウイルス経口薬「モルヌピラビル」のジェネリック医薬品を認める

  3. ロシュ社、がん細胞治療領域に参入。同種T細胞治療法でAdaptimmuneとライセンス契約

  4. 通院通学、大型施設いつもどおりで大丈夫?対策徹底施設での感染率が家庭より低い

  5. 【2021年12月3日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

  6. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版発行予定

 

☎ 080-9159-1217

海外情報・調査ご相談ください

平日 9:00-18:00

おすすめウエビナー

  1. drug test

    ファイザーとOPKO社、週1回投与型成長ホルモン治療薬にFDAがCRLを発行

    2022.01.25

  2. covid19

    リアルワールドデータが、オミクロン株に対してブースター接種が有…

    2022.01.24

  3. サノフィ、Exscientiaと提携。AIを活用してがんや免疫疾患の治療薬…

    2022.01.10

  4. バイオジェン、Ionis社SMA治療候補薬BIIB115の完全ライセンスを取得

    2022.01.06

  5. planb

    Avrobio社ファブリー病遺伝子治療の開発優先順位下げる発表。株価35…

    2022.01.06

  6. mask medinew

    コロナ禍だから生まれた世界の広告事例5選<マスク着用編>

    2022.01.05

  7. ガラクトース血症対象AT-007の米国申請をアプライド社が延期。株価3…

    2022.01.04

  8. approved

    クッシング症候群治療薬「レボケトコナゾール」米で承認。Xeris社株…

    2022.01.03

  9. レオ・ファーマのトラロキヌマブ、米でアトピー性皮膚炎で承認。IL-…

    2022.01.03

  10. approve

    メルクのコロナ経口治療薬モルヌピラビルFDAが承認。22年には25億ド…

    2021.12.28

  1. drug test

    ファイザーとOPKO社、週1回投与型成長ホルモン治療薬にFDAがCRLを発行

    2022.01.25

  2. covid19

    リアルワールドデータが、オミクロン株に対してブースター接種が有…

    2022.01.24

  3. 【2021年1月24日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

    2022.01.24

  4. 【2月21日】今週のオンコロジー関連ニュースのまとめ

    2022.01.21

  5. blood

    Kura Oncology社、AML治療薬の臨床試験継続へ。FDAが保留を解除

    2022.01.21

  6. 【2021年1月21日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

    2022.01.21

  7. 【2022年1月19日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

    2022.01.19

  8. M&A

    Clinigen社、Tritonによる13億ポンドの公開買い付けによる買収条件…

    2022.01.18

  9. 【2022年1月17日】1分でわかる世界の製薬ニュース:今日のまとめ

    2022.01.17

  10. aduhelm

    米メディケア、アルツハイマー治療薬アデュヘルム適用制限を提案。…

    2022.01.13